【新】さしすせそのモテ技が最強すぎる!使いこなして合コン勝ち組に♡

合コンの必勝法として知られる「さしすせそ」。誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。男性の自尊心をくすぐる王道のモテ技に、実は新バージョンが誕生していたんです!

今回は、「旧さしすせそ」から「新さしすせそ」まで、モテ女が使いこなす定番フレーズについて徹底解説していきます。注意点もしっかり押えて、合コンを成功させちゃいましょう!



目次

モテ技のさしすせそを使いこなそう♡




「合コンのさしすせそ」は、女性が男性を褒めるために用いる基本的な5つの言葉の頭文字を取ったものです。実際に、これらを上手に使えば相手の心をわしづかみにできます。つまり、さしすせそを使いこなせる人はモテるのです。

今や定番となった5つのフレーズに加え、「新さしすせそ」、さらに知る人ぞ知る「まみむめも」もマスターすれば、意中の彼を射止められる確率がアップしますよ。

合コンのさしすせそってなに?




まずは、定番の「合コンのさしすせそ」について解説していきます。使うべきタイミングについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

≪さ≫さすが~♡


王道中の王道と言っても過言ではないのが、「さすが」です。相手のアイデアや意見に対して肯定的な態度や尊敬の意を示すことで、自尊心をくすぐります。特に自信家や承認欲求の高い人には効果抜群です。

男性は、常に女性からかっこいいと思われたい生き物です。合コンの場では、自分を良く見せるために「こんな仕事をしているんだ」「この前こんなことがあってね」と積極的にアピールしてくるでしょう。そんなときに、尊敬の念を込めて「さすが!」と言ってみてくださいね。

≪し≫知らなかった!




より多くの知識を持っている、あるいは知的な会話ができる男の方がモテる、と思っている男性は少なくありません。そのため、知識やうんちくを披露したときに、「知らなかった」と言われると優越感に浸れます。

話を真剣に聞くのはもちろんのこと、質問を投げかけてさらに会話を広げられれば完璧です。一区切りついたら、「あなたのおかげで良いことが知れました」と感謝の気持ちを伝えるのも忘れないようにしましょう。

≪す≫すごい!


「さすが」と並んでどんな会話でも自然と使いやすいのが、「すごい」です。他人から言われて嬉しくない人はいませんよね。女性も参加する飲み会の席では、自分の武勇伝や成功体験について語りたくなってしまうものです。そんな話題になったら、この言葉で褒めましょう。

ただし、ただ単に「すごい!」を連発しているだけでは、心に響かないかもしれません。どこがどんな風にすごいのかを具体的に伝えれば、「この子はきちんと俺の話を聞いてくれているんだな」と好感度がアップしますよ。

≪せ≫センスいいね




「センスいいね」は、ファッションや持ち物を褒めるときに活躍します。外見で気になったポイントがあれば、ぜひ直接伝えてみましょう。また、選んだお店・オーダーしたドリンクやフードのセンスを評価するときにも役立つフレーズですね。

1点だけ注意してほしいのは、いかにも高価な物を身につけている点やルックスの良さばかりを褒めない、ということです。悪気はなくても、「お金を持っていそうだから近寄ってくるのかな?」「外見で判断されてるのかな?」と疑われてしまう可能性があります。

≪そ≫そうなんだ~




「そうなんだ」は普段の会話でも頻繁に登場しますが、実はこれもモテ女が使うテクニックの1つです。多用しても違和感がないため、会話の中で積極的に取り入れましょう。聞き手からの反応がきちんとあれば、話し手も安心してトークを続けられます。

うんうんとうなずくだけでも「聞いている」ということは伝わるのですが、「そうなんだ」という言葉には肯定し認めるという意味も含まれます。話を最後まで聞いたうえで「そうなんだ~」とリアクションを返せば、彼についての情報が得られるはずですよ。

新さしすせそが誕生してた♡


合コンのさしすせそには、実は新たなバージョンが誕生していたことをご存じですか?男性の心を掴むのに効果的なフレーズが盛り込まれているので、要チェックですよ。新旧ともに、上手に使いこなせるモテ女を目指しましょう!

≪さ≫最高!




数ある褒め言葉の中で、この上なく相手を称えられるのが「最高」です。合コンとなれば、大抵の人はその場を盛り上げるための話題やネタをいくつか用意してきます。そのネタに対して「最高!」の一言があれば、当然テンションはマックスになるでしょう。

最高の「最」という字には「これ以上ない」という意味がありますから、頻繁に口に出すのは禁物です。「言って良いのは1回の合コンにつき1回だけ」とあらかじめルールを作っておくのが良いでしょう。意中の彼がいれば、その人のトーク中に使ってみてくださいね。

≪し≫信じられない


男性を気持ちよく持ち上げるためには、「信じられない」もうまく活用しましょう。たとえば、とっておきの面白ネタを披露してくれたときなら「信じられないくらい面白い!」ということを、自慢話をされたときなら「信じられないくらいすごいね」ということを表現できます。

使うタイミングによって意味合いが異なるので、さまざまな話題で活躍する万能なフレーズです。とはいえ、声のトーンやイントネーションを間違えると、マイナスの意味に捉えられてしまう可能性があります。テンションは高く、リアクションは大きめを心がけましょう。

≪す≫素敵♡




「素敵」は、外見やトーク、お店選びのセンスなど、あらゆる部分を褒めるときに使えます。旧さしすせその中の「すごい」「センスいいね」は王道で使いやすいですが、それゆえに、心の底から思っていなくても簡単に口に出せてしまったり、無意識のうちに連発していたり、というケースも少なくありません。

それと比べて「素敵」は、意識しないとなかなか出てきづらい言葉です。おそらくほとんどの人は、女性から素敵といわれる機会はあまりいないでしょう。だからこそ、意中の彼の心を惹きつけるためにはぜひマスターしてほしいのです。「何が素敵なのか」「どう素敵なのか」を明確に伝えることを意識してくださいね。

≪せ≫誠実だね




大抵の女性が恋人に対して誠実さを求めていることを、男性は理解しています。誠実の定義は人それぞれですが、とにかく「○○さんって誠実ですね」と言われたら「もしかして俺に気がある?」と意識してしまうのです。

脈ありアピールをしやすいので、気になる彼と距離を縮めたいときには非常に有効です。本命以外に言うと勘違いされやすいので、相手・シーンは選びましょう。

≪そ≫それってこういうことだよね?


2人の会話をより広げるための鍵となるのが、「それってこういうことだよね?」と相手の話を自分なりに解釈して聞き返す方法です。うんうんと相槌を打ったり「そうなんだ~」と返したりするのももちろんOKですが、この手法を用いるとより一層真剣に話を聞いていたことをアピールできます。

かなり頭を使わなければいけないので上級者向けのテクニックではありますが、その分うまく使いこなせれば彼との距離もグッと縮まるでしょう。たまに質問を挟むことで、相手も話しやすくなるはずですよ。

合コンのさしすせそには注意点がある




せっかく「合コンのさしすせそ」を覚えても、上手な使い方ができなければ逆効果になってしまいます。間違ったアプローチをしないように、いくつか注意点も押えておきましょう。

タイミングには要注意


今回ご紹介したフレーズが効果を発揮するのは、会話の中で自然に取り入れられた場合です。さしすせそを使いたいからといって、おかしなところで言ったり反応を間違えたりしたら元も子もありません。

使いこなすには、まず聞き上手になることを意識してみましょう。話をしっかりと聞いたうえで、流れを見極めて使うのが大切です。

連発しすぎはダメ




合コンに何度か参加したことのある人であれば、「さしすせそ」を認知している可能性があります。そのため、頻繁に使用すると「あからさますぎる」「下心がある」と避けられてしまう恐れもあるでしょう。

たしかに褒め言葉やおだてに弱い男性は多いですが、言えば言うほど喜ぶというわけではありません。まったく心にないことを言うのは、女性自身にとってもだんだんと苦痛になります。「合コンのさしすせそ」は、心の底からそう思ったときにこそ使うべきなのです。

表情や声色にも気をつけて




実際にさしすせそを用いるときには、表情や声色にも意識を向けましょう。発言した本人が本当に「すごい!」「さすが~」と感じていたとしても、真顔だったりテンションが低かったりすると真意が伝わりにくくなってしまいます。

本心で「最高!」「素敵」と思っていれば、自然と笑顔になったり目がキラキラしたり、声のトーンも明るくなるものです。同じフレーズを使っても、表情や声色次第で印象は大きく変わってきますよ。

「さしすせそ」を意識しすぎない


さしすせそは、あくまでも合コンの成功率を高めるための会話術の1つです。使わないからといって意中の彼に振り向いてもらえないわけではありませんし、反対に使ったからといって必ず振り向いてもらえるとも限りません。

「積極的に取り入れないと!」と意識するあまり、会話自体を楽しめなくなるのは損です。無理に盛り上げようとする必要はありません。テクニックに囚われすぎず、さまざまな角度から有効なアプローチを仕掛けていきましょう。

自分なりの言葉に置き換えて使おう




今回ご紹介したさしすせそは、あくまでも「基本の形」です。そのときの状況や感じ方によって、自分なりの言い回しに変えてもまったく問題ありません。むしろ自分の言葉で表現した方が、あなたの素直な気持ちや感情を伝えやすくなるでしょう。意中の彼を振り向かせるには、飾りすぎていない「本当のあなた」を見せることも重要ですよ。

「さしすせそ」以外にもモテ50音を発見!


最後に、一般的にはあまり知られていない、「さしすせそ」以外のモテ50音をご紹介します。男性を持ち上げるのとはまた違ったアピールができるので、モテたい女性必見です!

≪まみむめも≫で謙虚にアピール♡




モテ女が活用する「まみむめも」は、「待ってたよ」「見ないで~」「無理しすぎないでね」「メイク頑張っちゃった!」「もしよかったら……」の5つです。自分の謙虚さをアピールしたいときに、ぜひ役立ててくださいね。

待ってたよ


デートの待ち合わせに早く着きすぎてしまった、あるいは彼が遅れてしまったときに活用してみましょう。待っていたことに対して嫌な素振りを見せず、笑顔や照れ顔でこのセリフを言われたら、「なんて謙虚な子なんだ……」とキュンキュンすること間違いなしですよ。

見ないで~




男女問わず、「見ないで」と言われたら余計に見たくなってしまうのが人間の心理です。ダメなものほどやりたくなる、そんな経験誰でも一度はありますよね。意中の彼と目が合ったとき、恥ずかしそうに「見ないで~」と顔を隠してみましょう。本気で嫌がるのではなく、照れ笑いを意識するのがポイントです。

無理しすぎないでね


彼の仕事や勉強が忙しそうだったら、「無理しすぎないでね」と相手の体調を気にかけましょう。片思い中だけでなく、恋人や夫婦になってからも気遣う心を持つことは重要です。同じ職場なら、缶コーヒーなどを差し入れるのも良いでしょう。

メイク頑張っちゃった!


このフレーズには、「あなたにかわいく見られたくてメイクを頑張った」という意味が込められています。勘の良い人なら、そのことに気がついて「俺のために頑張ってくれるなんてかわいいじゃん!」と胸キュンしてしまうかもしれませんね。

もしよかったら……




ハンカチやティッシュ、絆創膏などを常に携帯している女性だけができるモテテクニックです。たとえば彼が何かをこぼしてしまったとき、さっとティッシュを手渡せれば「この子は気が利くな」と思ってもらえます。女子力の高さもアピールできるので、これらのアイテムは常に持ち歩きましょう!

≪たちつてと≫は使わないように注意!


男性は女性が思っている以上にデリケートで、些細な言動でプライドや心を傷つけられてしまうこともあります。使わない方が良い「たちつてと」とは、「たいしたことないね」「ちがうよ」「つまんない」「テキトーでいいよ」「とんでもない」を指します。

たいしたことないね・ちがうよ・つまんないの3つは相手を否定するもの、テキトーでいいよは相手の好意を受け流すもの、とんでもないは褒めてくれた相手の気持ちを否定するものなので、どれも男性からは好かれません。つい口に出てしまう人は、注意してくださいね。

さしすせそだけじゃない!モテ技を使いこなして彼をメロメロに♡




男性を褒めるには「さしすせそ」が定番ですが、今やそれにも新バージョンが誕生し、さらに謙虚さをアピールする「まみむめも」まで登場しています。注意点も押えたうえでこれらを最大限活用できれば、合コンの成功率も上がります。

もちろん、合コンだけでなく日常生活でも活躍するテクニックばかりです。彼の心を射止めるために、ぜひこれらのモテ技を活用してみてくださいね。

(まい)
1

関連記事