好きな人に嫉妬してしまうのはなぜ?心理やあるある行動を徹底解説!

好きな人に嫉妬したりやきもちを妬いたりした経験はありますか?「嫉妬なんてしたくない」と思ってはいても、うまくコントロールできずに悩んでいる人は多いようです。嫉妬の原因や心理を知れば、もっと恋を楽しめますよ。よくある行動やデメリットを確認しながら、嫉妬心への対処法を探っていきましょう!



目次

好きな人に嫉妬してしまうのは本当に大好きな証拠♡


恋をしていると、好きな人を思い浮かべるだけで幸せな気持ちになりますよね。しかし嫉妬のせいで気分がブルーになり、恋がつらくなる女性もいます。



嫉妬は悪いものと見なされがちですが、大好きな相手だからこそ芽生える感情です。前向きな気持ちで恋ができるよう、この記事では自分の嫉妬について理解するためのヒントをご紹介します。

好きな人に嫉妬してしまう!その原因とは?




恋愛での嫉妬とは、好きな人が自分以外の人やものに意識が向いていることを妬む気持ちを指します。自分も相手も困らせてしまう5つの原因をチェックしましょう。

相手のことが好きすぎる


嫉妬の根本にあるのは、相手への愛情です。ところが好きすぎるあまり、その想いに応えてもらえないことを不満に感じます。思いが強すぎて恋愛依存になってしまうと、束縛が強くなる傾向があります。

自分に自信を持てない


嫉妬しやすい人の特徴として、自己評価が低い点が挙げられます。自分に自信が持てないせいで、好きな人や周囲の女性への評価が異常に高くなり、「わたしなんて好きになってもらえない」とネガティブに捉えてしまいます。

ほかの女性に取られることへの恐怖心


好きな人が自分以外の女性に取られるかもしれないという不安は、恋をしていると誰でもありますよね。しかし、不安が募ると相手に対する執着心が増すため、失うことへの恐怖心が生まれるでしょう。すると、好きな人の何気ない行動にも嫉妬するようになります。



自分を特別な存在だと思っている


好きな人にとって自分が特別な存在だと強く認識している女性も要注意です。自分よりも好きな人との距離が近く親し気にしている女性を見たとき、「わたしがいるのに」と対抗心を燃やすでしょう。

負けず嫌い


元々負けず嫌いの性格であれば、妬みが生じやすいです。たとえば、「わたしの方が彼を好き」「あの人には負けたくない」という見方を持つでしょう。自分と周囲の女性を比べて、ますます妬みが強くなっていきます。

好きな人に嫉妬してしまうのってどんなとき?




普段は恋を楽しんでいても、ふとしたときに嫉妬が顔を出す瞬間がありますよね。よくある5つのシチュエーションを具体的に見ていきましょう。

ほかの女性と2人で出かけたとき


女性と2人きりで外出していることを知ると、良い気持ちはしませんよね。相手は仲の良い友達やお世話になっている人だと理解していても、自分の知らない場所で関係が進展するのを恐れています。

ほかの女性が好きな人に好意を寄せているとき


明確なライバルがいる場合は、相手の女性に好きな人を取られる可能性が高まるので、嫉妬が表に出やすいです。男性本人はその好意に気づいていなくても、同性は敏感に察知し対抗心を燃やします。



自分以外の女性と連絡を取っているとき


異性と連絡をまったく取らないことは難しいですが、好きな人が女性と頻繁に連絡をしていれば、関係を怪しむ女性もいます。自分が介入できないやり取りに不安を感じ、ずるいと思ってしまうんです。

ほかの女性に優しくしているとき


純粋な親切心から優しくしていても、相手が女性であるだけで嫉妬心に火が着きます。心に余裕がない状態なので、異性に優しくするのは好意があるからだと思い込んで、気持ちが暴走することも。



連絡が返ってこないとき


LINEやメールをして返事がなかなか返ってこない場合、「ほかの女性といるのかも」「わたしのこと嫌いなのかな」と物事を大きく捉えてしまうことも。本当の状況を知らないため、憶測から悪い方向に考えてしまうようです。

好きな人に嫉妬したときに取ってしまうあるある行動とは?




嫉妬しているときには、自分では気づいていなくても行動に表れることがあります。女性がよくやってしまう行動を4つまとめました。

不機嫌になる


口数が減ったりしかめっ面になったりしと、不機嫌な態度を見せることが増えます。言葉ではっきり伝えられない人や、気持ちを抑えようと頑張っている人に比較的多い行動と言えるでしょう。

連絡をしなくなる


自分からは連絡をせず、好きな人からの連絡を待つタイプの女性もいます。そこには「心配してほしい」「好意や嫉妬に気づいてほしい」という想いが込められているでしょう。同時に、男性の好意を確認するための駆け引きとも言えます。

行動を把握したがる


好きな人が今誰といて何をしているのかを知りたいと思うのは当然の心理です。とはいえ、常に行動を把握しようとするのは、女性の影がないかをチェックしていると考えられます。ついつい質問責めをしてしまう傾向があります。



次のページ
1
2
3