年下の女の子が持つ魅力とは?武器を知って年上男性と素敵な恋をしよう♡

経験豊富で経済力も包容力もある、そんな年上の男性に惹かれる女性って多いですよね。では反対に、年上男性は年下の女の子のどんなところに魅了されるのでしょうか。

今回は、年下女子の魅力を徹底解説していきます!「年上の彼にどうアプローチすれば良いのかわからない……」そんな人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



目次

年下の女の子って何が武器になるの?




年上の男性に恋をしていて、ふとした瞬間に「子どもっぽいと思われていないかな?」「恋愛対象になるのかな?」と不安に思ってしまうケースは少なくありません。彼と同年代、あるいは彼よりも年上の女性が近くにいたら、大人の魅力に圧倒されてしまうこともあるでしょう。

しかし、年下には年下にしか出せない魅力・使えない武器がたくさんあります。そこをしっかりと押えれば、有効なアプローチ方法も見えてくるはずですよ。

男性が思う年下の女の子の魅力


まずは、年下の女の子の魅力についてご紹介します。この点があなたの長所ということになりますから、恋愛で活用できるようにしっかりとチェックしておきましょう。

素直で可愛い




まだまだ知らないことが多いからこそ、素直でいられるのが年下女子の魅力です。さまざまな経験を積めば、その分豊富な知識が身につきます。ゆえに、他人の意見やアドバイスを素直に受け止められなかったり、時には意固地になってしまったりする人もいるのです。

人の言うことを素直に聞き入れたり、わからないことはわからないと相談したりする女性の方が、良い印象を抱かれやすいです。男性は、頼られたり甘えられたりすると自尊心がくすぐられるため、これらの行為を自然にできるとモテますよ。

守ってあげたくなる




自分よりも弱い人をかばったり守ったりしてあげたくなる欲求のことを、「庇護(ひご)欲」と言います。この欲を上手にかき立てられる女性は、モテる傾向にあります。

人生経験や仕事の経験が浅い分、年下女子はちょっとしたミスをしたり、わからないことがあって困ってしまったりするシーンも多いでしょう。本人は「迷惑かも」と思うかもしれませんが、周囲の人たちにはそんな姿が魅力的に見えている可能性もあります。

元気があふれている


アウトドア好きな男性であれば、彼女ともスキーやハイキングなどアクティブなデートを楽しみたいと思うこともあるでしょう。そんな人にとって、同年代や年上と比べて元気が良く、体力にも自信のありそうな年下の女の子は非常に心惹かれる存在です。

特に、彼女と趣味を共有したい・一緒に楽しみたいと思っている人たちからは、支持を集めやすいでしょう。気になる彼の趣味に興味・関心を示せば、「今度一緒にやってみる?」と誘われることもあるかもしれません。

子どもっぽさがあって愛おしい




同年代や年上の女性には大人の色気がありますが、それに対抗できる年下特有の武器が「子どもっぽい可愛さ」です。はしゃぐ姿やワガママな態度など、思わず「幼稚だな……」と呆れられてしまうような仕草でも、相手が年下であれば話は変わってきます。

「年下だから仕方ないか」と許してあげたくなるのと同時に、無邪気に喜んだり楽しんだりする姿を見せられると微笑ましくてたまらなくなってしまうのです。たとえ計算された子供っぽさだったとしても、そのあざとさに気づかず心を奪われてしまう人は意外と多いですよ。

健気な姿が可愛い


なんとかして年上の彼と釣り合う女性になりたい、そんな思いを誰もが一度は抱くでしょう。ちょっと背伸びしたファッションに挑戦してみたり、大人っぽい香りを身にまとってみたり……。そんな年下女子の健気(けなげ)な姿には、思わずキュンとしてしまうものです。

ファッションやメイクなどの見た目だけでなく、仕事や勉強を一生懸命に頑張る姿勢も周囲の人たちからは評価されています。職場や学校が同じなら、健気さをアピールするチャンスはたくさんありますよ。

これから成長していくポテンシャルを秘めている




あどけなさや子どもっぽさが残る年下女子は、これからさらに成長するかもしれないというポテンシャルを秘めています。彼女が成長していくのを間近で見たい・自分がその助けになりたいと考える男性もいますから、そのような人には成熟した大人の女性よりも年下の方が刺さるでしょう。

相談事を親身になって聞いてくれたり、解決策を一緒に考えてくれたりする人がいるならば、それはあなたに気があるというサインかもしれません。

若いというだけで魅力的に映る


年下の女の子の魅力を6つご紹介しましたが、実は「自分より若い女性」というだけで魅力を感じるケースも少なくありません。子孫繁栄のための本能が働く場合もあれば、若いからこそのお肌のハリやスタイルの良さなど、視覚的な面で惹かれる場合もあるでしょう。

つまり、「年下である」というステータスだけでも、恋愛においては十分な武器になるということです。若い女性がモテると言われるのも納得ですね。

男性が思う年下の女の子を可愛いと感じる瞬間




同じような言動をしていても、同世代・年上の女性と年下の女の子とでは、印象が違ってくる場合があります。では、男性が年下女子を可愛いと感じるのは、どんな瞬間なのでしょうか。

ドジをしたとき


天然でドジな女はモテる、という話を聞いたことがありませんか?一生懸命なのにドジをしてしまった姿を見ると、微笑ましくて思わず口元が緩んでしまうものです。「俺がカバーしてあげなきゃ!」という庇護欲もかき立てられるため、自然と惹かれてしまうのかもしれませんね。

仕事をテキパキとこなす姿も素敵ですが、少しくらい隙がある方が「可愛い」と思われやすいです。特に普段しっかりしている人がドジをすると、思わずキュンとしてしまうでしょう。

頼ってきたとき




高いところにある物を取ってほしい、重い荷物を運ぶのを手伝ってほしいなど、どんな些細なお願いでも異性から頼られることを嬉しいと感じるのが男性心理です。それと同時に、「この子は俺のことを頼ってくれるんだ、かわいいな」と思うこともあります。

1人でなんでもできてしまう人よりも、周囲の助けを借りながら仕事を進めている人の方がチヤホヤされやすいのはこのためです。気になる彼がいるならば、「○○さんにしか頼めなくて……」と特別感を出して相手の自尊心をくすぐってみましょう。

無邪気なとき




すでにご紹介している通り、年下の女の子の無邪気な姿は異性の目を惹きます。満面の笑顔で挨拶してくれたとき、美味しそうな食べ物を見て目を輝かせているとき、お土産を喜んでくれたときなど、グッとくるポイントはいろいろとあるでしょう。

年上女性だと子どもっぽいと言われてしまうような仕草でも、年下女子なら「可愛いアピールになる」というのはかなりの強みです。嬉しさや楽しさを素直に表現すると、好印象を与えられるでしょう。

ちょっとしたワガママを言ってきたとき


ちょっとしたワガママを可愛いと思ってもらえるのも、年下ならではの特権です。相手のことを考えずに身勝手な発言をする人はマイナスなイメージを持たれがちですが、それが年下の女の子だと「ワガママなところも可愛い」「自由奔放で愛らしい」というプラスのイメージに変わります。

もちろん行き過ぎた言動は厳禁ですが、多少であれば年下のワガママを受け入れたくなってしまうのが男性心理なのです。実際、自分よりも若くて可愛い女の子に振り回されたいという願望を持つ人も少なからずいます。

ヤキモチを妬いてきたとき




好きな人やお兄ちゃんのような存在の人が自分以外の誰かと親しくしているのを見たら、付き合っているわけではなくてもヤキモチを妬いてしまいますよね。

彼女気取りをされると男性側も困ってしまいますが、「この前話してた○○さん、キレイだったからちょっと嫉妬しちゃった……」程度なら可愛いと感じます。ヤキモチを妬く=その人に好意があるということですから、彼もあなたの気持ちに気がつくはず。そこから、2人の距離がグッと縮まる可能性もあります。

たまにタメ口が出てしまうとき


相手が年上なら敬語を使うのが常識ですが、話が盛り上がってきたときなどにうっかりタメ口をきいてしまうこともありますよね。恐らくそれは、あなたの中に「この人ともっと近づきたいな」という願望が隠されているからです。

普段からきちんとした敬語を使っているのであれば、相手に嫌な顔をされることはないでしょう。むしろ、「タメ口を使っちゃうくらい、俺に心を開いてくれているのかな?」と可愛く思ってもらえることもあります。

男性が思う年下の女の子と付き合うメリット




年下女子にしか出せない魅力・使えない武器が多くあることを、わかっていただけたでしょうか。次は、実際に年下の女の子と付き合った場合、男性側が得られるメリットについて解説していきます。

若々しくピチピチしている


普段からどんなに高価な化粧品を使っていても、頻繁にエステに通っていても、やはり年齢には抗(あらが)えません。もちろん実年齢よりも若く見える人はいますが、若いからこそのピチピチなお肌には敵わないのです。

男性は、すっぴん美人を見ると思わずドキッとしてしまいます。職場ですっぴんは難しいかもしれませんが、なるべくナチュラルなメイクを心がけると、「あの子はメイクを落としても美人かも」と好印象を抱かれやすくなるでしょう。

甘えてもらえる




彼女からとことん甘えてほしいと思っている人は多いです。しかし、同い年だったり彼女の方が年上だったりすると、どう彼氏に甘えて良いのかわからないケースがしばしばあります。あるいは、恥ずかしさが勝ったり、甘えるのは良くないと思い込んでいたりすることも考えられます。

一方で年下女子は、比較的素直に甘えられます。2人の年齢差が大きいと、より一層甘えやすくなりますし、彼氏の方もついつい甘やかしたくなるでしょう。可愛い彼女の姿を見てキュンキュンできるのは、大きなメリットです。

優越感に浸れる


女性から甘えられたい・頼られたい、あるいは守ってあげたいという男性の欲求を、すべて満たしてくれるのが年下の女の子です。年下女子にとっても年上は頼りがいがありますから、お互いにメリットのある関係と言えるでしょう。

経験豊富な年上男性から見れば、年下女子はまだまだ経験も知識も不足しています。それが必ずしも悪いというわけではなく、彼の征服欲と優越感を満たすという点ではむしろプラスになるのです。

同年代カップルと比べてケンカが少ない




年の差カップルは、同世代同士と比べてケンカが少ないと言われているのをご存じですか?すでにご紹介している通り、大半の男性が、年下の女の子のちょっとしたワガママや未熟な態度は受け入れられる・許せると思っています。そのため、些細なきっかけからケンカに発展することが滅多にないのです。

誰でも大好きな彼氏・彼女とはできればケンカしたくないですから、これもまたお互いにとってのメリットということになります。

男性が思う年下の女の子と付き合うデメリット


年下の女の子を彼女にすると上記のような点がメリットになりますが、その反面デメリットが生じることもあります。年下女子との交際で不満や不安を抱きやすいポイントについても、確認しておきましょう。

ジェネレーションギャップ




自分の世代とは違う情報や価値観を持っているという点で年下に惹かれるケースもありますが、その一方でジェネレーションギャップを感じてしまうのも事実です。カラオケに行ったときや学生時代の話をするときなど、お互いの年齢差を感じやすいシチュエーションはさまざまに考えられます。

世代間の違いを面白い・楽しいと思えれば良いのですが、時には彼女の話題についていけず負い目を感じてしまうこともあるでしょう。

リードして引っ張っていかないといけない


年下の女の子を守ってあげたいと思う反面、リードしなければならないという使命感にも駆られます。もともと人を引っ張っていくのが上手なら問題ありませんが、苦手だと負担になってしまうこともありそうです。

男女問わず、誰でもふと甘えたくなるときってありますよね。年下の彼女に甘えられるのは慣れているけど、甘える機会はなかなかない……。そんな点も、デメリットになる可能性があります。

1
2

関連記事