シーツを洗濯して衛生的な就寝を♪洗濯・干し方のポイントを解説!

毎日使うシーツ、どのくらいの頻度で洗濯をしていますか?毎日使うものだからこそ、清潔な状態を保ち、気持ち良く衛生的に使用したいですよね。

シーツは大きい分洗濯をしにくいですが、どのようにしたらいいのでしょうか?今回はシーツの洗濯や洗う頻度・干し方のポイントを解説します!良かったら参考にしてみてくださいね。

目次

毎日使うシーツを清潔に保ちたい!



毎日使うシーツ。汚れていたら、就寝時に不快な思いをしますよね。でも実はシーツはキレイに見えても、目に見えない汚れがたくさんついていることがあるのです……!ではシーツを清潔に保つには、どうしたらいいのでしょうか?

シーツが汚れてしまう理由に合わせて、洗濯の仕方や洗う頻度、さらに干し方のポイントなどを解説していきます。毎日使うシーツだからこそ、清潔さを保ち快適に使いたいですよね。

シーツに汚れが蓄積する理由



キレイに見えても、実は汚れていることもあるシーツ。ではシーツの汚れはどこからきているのでしょうか?まずは気になる、シーツの汚れが蓄積してしまう理由から見ていきましょう!

寝ているときに汗をかくから


人が寝ているときにかく、汗の量をご存知でしょうか?人は寝ている間に、最低でもコップ一杯分の汗をかいてしまうと言われています。コップ一杯というと約200〜300mlにもなるので、これは結構な量となります。そして汗には、汚れや悪臭の元になってしまう「皮脂」も含まれています。

ハウスダストをキャッチしているから


寝ている間にかく汗や人の体温は、シーツにダミやノミが繁殖をしやすい環境を作っています。ダニやノミは小さくて目には見えませんが、大量に発生するとシーツが汚れてしまうだけではなく、身体にアレルギーなどの悪影響を与えてしまうことも……。

髪の毛が抜けるから



人は寝ている間も、髪の毛が抜けてしまいます。1本2本ならまだ目立たないしあまり害もないのですが、それが日々積み重なると髪の汚れも合わさり、清潔さに欠けていってしまいます。

カビが生えてしまうから


シーツに汗などで汚れが蓄積されていくと、カビが繁殖する可能性もあります。シーツはダミやノミだけではなく、カビにとっても繁殖しやすい環境となっています。

気が付かないうちにシーツにカビが発生し、そのまま使用し続けていると、カビを体内に吸い込んでしまう可能性もあります。

シーツのベストな洗濯頻度



シーツが汚れてしまう理由を解説させていただきましたが、できるだけダニやノミ、カビなどは発生してほしくないですよね。ではシーツの洗濯はどのくらいの頻度で行ったら、清潔さを保てるのでしょうか?ベストな洗濯頻度を時期ごとに解説していきます。

夏の暑い時期


クーラーを使用している人もいるかもしれませんが、夏はとにかく暑いです。人によっては汗をかく量も増えてしまい、シーツが汚れやすくなっています。湿度が高く、冬よりもダニ・ノミ・カビなどが発生しやすい状況となっているので、最低でも週に1回は洗濯をするのがおすすめです。

冬の寒い時期



冬は寒くて汗をかかないから、あまり洗濯しなくても大丈夫かな?と思ってしまいがちですが、冬でも同じように寝汗はかきます。ただ夏ほどではないので、洗濯の頻度は2週間に1回ほどで大丈夫です。もちろん、もっと洗いたい!という人は、夏と同じく週に1回でもOKです。

花粉や黄砂で外に干しづらい時期


花粉や黄砂の時期でも寝汗はかくので、やはりシーツの洗濯は必須です。ただ花粉症の人がシーツを外に干してしまうとアレルギーがでて、ゆっくり休めなくなってしまう可能性があります。

基本的に花粉症の人はこの時期の外干しはキツイので、日当たり・風通しのよい室内での部屋干しかコインランドリーの使用となりますが、そうなるとなかなかこまめに洗うこともできません。

汚れはもちろん気になりますが、シーツを洗濯できるかどうかの環境によって、週1回もしくは2週間に1回など、できる範囲で洗濯をしましょう!

正しく洗えてる?シーツの正しい洗濯方法



シーツの正しい洗濯方法は、ご存知でしょうか?洗濯機にシーツと洗剤を入れたら終わり!というわけではなく、シーツにはシーツにあった洗濯方法があります。ではシーツの正しい洗濯方法とは、どういったものでしょうか?

洗濯前に必ず洗濯表示をチェックする


シーツにもいろいろな種類があり、素材もさまざまです。洗濯の前には必ず「洗濯表示」をチェックしてください。洗濯表示を確認しないでそのまま洗ってしてしまうと、生地が傷んだり縮んでしまったりする可能性があります。

もし洗濯表示を見て家で洗うのが難しいと判断した場合は、クリーニングに出すことも選択肢の一つです。

ゴミがついていないかの確認



シーツを洗濯機に入れる前には、必ず「ゴミがついていないか」の確認をしましょう!シーツにゴミがついたまま洗濯をしてしまうと、ゴミが固まってしまい、シーツに張り付いてしまうことがあります。粘着テープ(コロコロ)などを使用して、洗濯前にはゴミのチェックをしてください。

ネットに入れて洗濯する


シーツはそのまま洗濯機には入れずに、ネットに入れて洗濯します。洗濯機にそのまま入れるとねじれたり絡まったりしてしまうシーツも、ネットに入れてから洗うことで、ねじれや絡まりを防いでくれます。

ネットに入れるときはそのまま入れず、じゃばら状にシーツを折りたたんでください。キレイに畳んで入れることでシワができにくく、さらに洗剤がシーツ全体に行き渡りやすくなります。

シミがあるかチェックをする


シーツにシミがあるかどうかのチェックも大切です。シミは時間が経つと落ちにくくなってしまうので、見つけたら早めに落とすようにしましょう!

洗うときにはシミの部分に漂白剤を塗り、汚れ対策をしてから洗うようにしてください。ただ、色がついているシーツの場合は色落ちしてしまう可能性があります。酸素系漂白剤を使用し、色落ちするかどうかを目立たない場所で確認してから、他の部分に使用するようにしてください。

洗濯が終わったらすぐに干す


シーツを洗ったら、すぐに洗濯機から取り出して干してください。洗濯機に入れたまま時間が経ってしまうと、シーツにシワがついて取れにくくなり、さらに湿気があるので雑菌がついてしまいます。脱水が終わったらすぐに取り出し、干してしまいましょう!

防水加工のシーツは手洗いする


防水加工のシーツは防水処理がされているので、脱水をするときに水分が抜けない可能性があります。防水加工がされたシーツを洗う場合は、できるだけ手洗いをしてください。

洗ったシーツの干し方



シーツはかなり大きいので、干すときに場所を取りますよね。できれば早く、そしてキレイに乾いて欲しい!では洗ったシーツの干し方は、どうしたらいいのでしょうか?見ていきましょう。

風通しのいい場所で布同士が重ならないように干す


洗ったシーツを干すときは布同士が重なることがないようにし、ピンと張った状態で干します。布が重なってしまうと乾きにくくなってしまうので、必ず重ならないように干してくださいね。

もし物干し竿が2本あるようだったら、その両方を使用してMの字になるように干すと、風の通りが良くなり、乾きが早くなります。どちらの場合もシーツが飛んでしまわないよう、忘れずに洗濯ばさみで固定してください。

日光に当てすぎない



洗濯物は「日光に当てて乾かせたい」という思いもありますが、シーツは意外と紫外線に強くありません。あまり日光に当てすぎるとシーツの寿命が縮んでしまうので、日当たりには気をつけてください。もし家の中で風通しのいい場所があるようなら、部屋干しでも大丈夫です。

コインランドリーの乾燥機を使えばダニ対策にも


コインランドリーの乾燥機を使用すると、シーツのダニ対策になります。家の洗濯機に乾燥機能がついている場合は、それを利用してもOKです。乾燥機を使用するときは生乾きにならないよう、シーツだけで乾燥させるように、他の洗濯物は入れないようにしてください。

乾いたから大丈夫!とそのまま放置してしまうと、シワができてしまうことがあります。乾燥後は早めに取り出して、キレイに畳んでしまいましょう!

シーツの洗濯が億劫な人におすすめの工夫



大きいので洗うのも干すのも、手間がかかるシーツ。時間もかかるし「シーツの洗濯は面倒くさいな」と思う人もいますよね。最後は、シーツの洗濯が億劫な人におすすめの工夫をご紹介させていただきます。面倒なシーツの洗濯も、できる工夫をして、億劫さを軽減させましょう!

消臭・抗菌・ダニ防止のシーツを選ぶ


シーツにもさまざまな種類があります。速乾タイプから、消臭・抗菌・ダニ防止まで、いろいろな機能がついてるシーツもあります。菌が増えるのを抑えてくれる効果があるシーツを選べば、シーツの洗濯が楽になります。

交換シーツを多めに用意しておく



交換するシーツがなかったり、1枚しか用意してなかったりすると「すぐに洗って乾かさなくちゃ」と焦ってしまい、替えるのが億劫になってしまいます。シーツが汚れたな、と思ったときにすぐにキレイなシーツに替えられるよう、シーツは数枚用意しておきましょう!

クリーニングに出す


どうしても洗うのが面倒くさい、億劫だという人には、クリーニングに出すことをおすすめします。クリーニングならお天気も気にしなくていいので、洗いたいときにいつでも出すことができます。

クリーニングに出しに行くのが面倒な人は、専用の袋に詰めて送り、仕上がったら家で受け取れるというサービスをしているクリーニング店もあるので、自分にあったクリーニング店を選ぶと、とても便利です。

シーツの正しい洗濯方法を覚え、清潔なシーツで快適睡眠を♪



シーツにはいろいろな種類があるので、購入前に機能を重視して選んでもいいですよね。そしてシーツの洗い替えは数枚あると、とても便利です。

大きいので少し洗濯は大変ですが、できればシーツの洗濯頻度は週1回から2週間に1回、ポイントを参考に洗濯してみてくださいね。もし家で洗うのが面倒な場合はクリーニングを利用してしまいましょう!日々使うシーツは清潔に保ち、衛生的なシーツで気持ちよく就寝できたらうれしいですね。

(まい)
1

関連記事