恋愛に疲れを感じやすい女性の特徴とは?再び前を向く方法もご紹介♪

長い片思いや彼氏からの束縛に「恋愛するの疲れた……。」と感じた経験はありませんか?恋愛に疲れを感じている時期は、心が限界を迎えているのかもしれません。恋愛に疲れを感じやすい女性の特徴や恋愛に疲れる原因、心を癒やす対処法やおすすめ映画を紹介します。参考にしていただき、無理のない恋愛をしてみてくださいね。


目次

なんだか恋愛に疲れてしまった



恋愛は相手がいなければ始まりません。相手の気持ちを考えたり、相手の行動に自分の気持ちが左右されたりする恋愛なので、当然悩みが生じます。蓄積した悩みに疲れ、「もう恋愛なんて……。」という気持ちになるのもしかたないですよね。

恋愛に疲れたときには恋愛から離れることも必要です。離れれば「やっぱり恋愛ってすてきだな」と感じることもできます。恋愛に疲れやすい女性の特徴や原因を知り、疲れない恋愛を探してみてはいかがでしょうか。きっとまた恋愛に対して前向きな気持ちになれますよ。

女性が恋愛に疲れたと思う瞬間



「恋愛なんて心配ばかり」「振り回されるのはもううんざり」など、恋愛は楽しいことばかりではありません。ではどのような瞬間に女性は「恋愛に疲れた」と実感するのでしょうか。恋愛に疲れる瞬間を紹介します。

自分の気持ちが相手にうまく伝わらなかったとき


片思いをしている相手に自分の「好き」という気持ちがきちんと伝わらないと思った瞬間、これ以上思い続けても無理なのかな?と恋愛から遠ざかりたくなる気持ちになるようです。

何回も何回も告白しても両想いになれない、告白を冗談で返される……、そんなシーンを経験すると「恋愛に疲れた」と感じるのも無理はありません。

相手の気持ちがわからなくなったとき



好きな人の愛情たっぷりの言葉や行動が感じられると、たとえ嫌なことがあってもハッピーな気分になるものです。この状態であれば恋愛に疲れることはありませんが、好きな人の言動から愛情が感じられなくなると不安しかありません。

愛情が感じられていなければ浮気しているのかな?何か悪いことしたかな?など、ありとあらゆることを考えてしまいますよね。心配や不安でいっぱいになり「もういいや」となってしまうのです。

彼氏からの束縛でがんじがらめになっていると感じたとき


好きな気持ちが強すぎて、彼女を独占したいという思いから束縛に至るケースがあります。若干の束縛であれば少しうれしい気持ちにもなりますが、度を超した束縛は恐怖でしかありません。

仕事や学校で疲れている場合、デートはせずにゆっくりひとりの時間を持ちたいときもあります。そんなときに束縛されると「恋愛に疲れた」となってしまうようです。

彼氏とけんかをしたとき



交際期間が長くなれば、けんかをすることもあるでしょう。けんかの原因はカップルによってそれぞれですが、「仲直りするための話し合いをしても余計にこじれるだけ」「今は会いたくない」など、考えるだけでも疲れを感じてしまいます。

けんか自体は悪いことでは決してなく、けんかをきっかけに関係が良くなる場合もあります。ただ、けんかが長引いたり、たびたびけんかをしていたりすれば「どうでもいいや」と疲れが蓄積する結果になります。

恋愛以外のことで疲れているとき


仕事や学業など恋愛以外のことで疲れているときにも、恋愛に疲れを感じる瞬間になり得ます。少しゆっくりしたいな、寝たいなと思っているときに彼氏から会いたいとねだられたり、電話で長々と話をされたりすると、どっと疲れがたまるでしょう。

疲れているときは余裕がないので、彼氏にもそっけない態度を取ってしまいそうですね。

恋愛に疲れやすい女性の特徴とは



さまざまなシーンで恋愛への疲れを感じるようですが、感じやすいかそうでないかは人それぞれです。その違いは自身の性格や考え方の違いからきています。それでは恋愛に疲れやすい女性には、どのような特徴があるのでしょうか。

自分に自信がない


まず初めに紹介する恋愛に疲れやすい女性の特徴は、自分に自信がない人です。自分に自信のない女性は自分自身に魅力を感じていない人がほとんどでしょう。いつか嫌われてしまうのではないかとずっと不安に思ってしまうのです。

楽しい恋愛中なのに不安な気持ちばかりになってしまえば、自然と恋愛に疲れたと感じることになるでしょう。

まじめ



まじめな性格も恋愛に疲れやすい人の特徴です。まじめな人は性格上、何でも完璧にこなしたいと考える人が多いです。彼氏好みの女性でありたいという気持ちは、誰しもが持つものですが、まじめな人はその努力をし過ぎてしまうのです。

つき合い始めたばかりの頃は、その努力も楽しいでしょう。しかし月日が経つにつれ、しんどくなってきます。彼氏にとって完璧な女性にならなければと頑張りすぎ、その結果疲れ切ってしまうのでしょう。

彼氏に依存し過ぎる


彼氏に依存し過ぎる人も、恋愛に疲れやすい人の特徴といえます。彼氏に依存し過ぎるということは、生活自体が彼氏中心になります。彼氏と会わない日に何をしたら良いかわからなくなったり、電話がつながらないと不安で、ソワソワしてしまったりするでしょう。

そんな状況になると情緒不安定になり、対人関係や仕事、学業にも影響を及ぼしかねません。さまざまなことがうまくまわらなくなってしまうので、恋愛そのものを疲れたと感じることになります。

彼氏に尽くし過ぎる



好きな人に喜んでもらいたいたいという思いは、誰しもが抱くものです。しかし尽くし過ぎる女性は、そんなことばかり考えているうちにストレスがたまり、だんだんと気疲れしてしまいます。また、尽くされるのが好きな彼氏と交際すると、その要求の多さに疲れを感じるでしょう。

自分を演じている


好きな人には自分のことをよく知ってもらいたいけれど、なかなかすべてをさらけ出せるものではありません。しかし、恋愛に疲れやすい女性は、自分を良く見せたいがために、必要以上に演じている場合があります。

始めのうちはそれでも耐えられるかもしれませんが、本当の自分が出せないことにだんだんと疲れてしまうでしょう。

恋愛に疲れてしまう原因は?



恋愛に疲れやすい女性にはそれなりの特徴がありました。自分の性格や心理が原因となっている場合が多いのですが、それ以外にも原因があります。恋愛に疲れやすい特徴を持ち合わせていない人は、どのようなことが原因で疲れが表れるのでしょうか。

自分の時間が少ない


交際し始めのころは毎日でも好きな人に会いたいと思うでしょう。休日はよっぽどの予定がない限り、デートをしている人もいるのではないでしょうか。しかし、月日が経つと久しぶりに友達と遊んだり、家で自分の好きなことをしたりしたいと思いますよね。

自分の時間が少ない状況が長く続くと、ほとんどの人が恋愛に疲れを感じるでしょう。彼氏にきちんと言える女性であれば良いのですが、そうでない場合はどんどん疲れがたまり「恋愛なんてめんどくさい」という感情がわいてしまうのです。

彼氏の気持ちがわからない



彼氏の気持ちがわからない状態が続けば、恋愛に対して「疲れた」という気持ちを持ってしまうでしょう。喜んでもらいたかったのに喜んでもらえなかったり、そっけない態度だったりした場合、「なぜ?」と思ってしまいますよね。

うれしい気持ちを素直に言葉にすることに恥ずかしさを覚える男性はわりと多いです。悪気はないけれど恥ずかしくて素直に顔や声に出せない……。彼氏がそういう人だとわからなければ、私だけが好きなのかな?という気持ちになり、一気に疲れを感じてしまうのです。

過去の失恋が忘れらない


大好きだった人に振られた、とても傷ついた恋愛をした場合、二度と同じ思いをしたくない気持ちから「恋愛はもういいや」と思ってしまうことがあります。また、同じ思いはしたくないという気持ちから、素を出せていないことも疲れを感じさせる原因です。

金銭的に無理なつき合い方をしている



金銭的に無理なつき合い方をするのも、恋愛に疲れを感じる原因となります。恋愛相手の収入が良かったり実家がお金持ちだったりする場合、彼に合わせたい心理が働くことがあります。ブランド品で身をかためたり高級なディナーで食事をしたりすることがあるかもしれませんね。

毎回のデートで出費が増えれば、精神的に疲れを感じるでしょう。自分は何のために働いているのかわからなくなり、楽しいデートも悪夢に感じてしまいそうです。自分に合わない交際は負担になるだけですね。

小さなことでもけんかになってしまう


けんかになるということは、自分の言いたいことや伝えたいことが吐き出せている証拠です。けんかをすることは決して悪いことではありませんが、それが電話やデートのたびにとなるとお互い疲れを感じてしまうでしょう。

仲直りするまで時間がかかる、この先もずっとこんな関係なのかな?と思ったら「もういいや」という気持ちにもなりますよね。

恋愛に疲れたときの対処法【内面編】



恋愛に疲れたとき、どのような対処法があるのでしょうか。上手に対処しないと恋が終わってしまったり、次の恋愛に進めなかったりする可能性もあります。

まだ彼とこの先も一緒にいたい、すてきな人と出会いたいと思うのであれば、対処法を参考にして実践してみてください。内面編と行動編に分けて対処法を紹介します。

自分はどうしたいかを考える


恋愛に疲れを感じたら「彼氏好みの彼女になろう」「彼の喜ぶ顔が見たい」という感情は一度捨て、自分はどうしたいか考えるようにしてみましょう。さまざまなシーンで「前まではこうしていたけど、本当にそれでいいの?」と自分に問いかけてみてはいかがでしょうか。

固定概念に囚われすぎない



恋愛に疲れたときは、自分の中でこり固まっている考えを一度取っ払ってみましょう。理想やまじめな考えと現実とのギャップの幅が狭まり、恋愛に疲れを感じにくくなりますよ。彼氏とのつき合いが理想とは別のものになることもあります。しかし新しい幸せの形が発見できるかもしれません。

彼氏や恋愛の依存をやめる


彼氏ができると彼氏のことだけしか考えられない人は、彼氏や恋愛に依存するのをやめてみましょう。仕事や学業など、あなたの人生にはたくさんやらなければならないことがあるはずです。

ほかに目を向けられないと、この先もずっと疲れる恋愛しかできないかもしれません。精神的に自立すれば、おのずと疲れる恋愛から逃れることができるでしょう。

恋愛に疲れたときの対処法【行動編】



恋愛に疲れたときの対処法として行動編を紹介します。具体的に行動にうつせば、しんどい恋愛をその時間忘れることができ、精神的にリラックスした状態に戻れます。

1
2

関連記事