ナチュラルアイメイクの方法を解説!自然だけど映えるモテメイクを♡

ナチュラルなメイクに憧れるけれど、ついついメイクが濃くなってしまう……。ということはありませんか?逆に、ナチュラルすぎるとすっぴんみたいであかぬけない、と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

素材をいかしたメイク方法を理解して、自然なのに盛れるナチュラルアイメイクに挑戦してみましょう!ぜひ参考にして、みなさんもナチュラル美人を目指してみてくださいね。



目次

ナチュラルかつ盛れるアイメイクが知りたい♡




盛れるナチュラルメイクには、いくつかのコツがあります。ここからは、ナチュラルアイメイクのコツとやり方、おすすめアイテムの紹介をしていきます。さらに、一重さん、二重さん、奥二重さんに似合うナチュラルアイメイクや、すっぴん風メイク、お仕事メイクのやり方まで公開しちゃいます!

ナチュラルなアイメイクのコツは?




ナチュラルだけどおしゃれ感もしっかり出したい!という人のために、あかぬけたナチュラルメイクを作るコツを紹介していきます。

アイライナーはブラックよりブラウンが◎


ブラックのアイライナーは目を強調させて、ぱっちりとした目に見せてくれます。したがって、目の主張が強くなってしまうのでナチュラルアイメイクにはほど遠くなってしまいます。

よりナチュラルな目に見せたいのならば、ブラックよりブラウンの方が、柔らかい印象を与えます。「アイラインを引かないと目の印象が寂しい。だけど主張しすぎるのも嫌だ!」という人は、ブラウンのアイライナーを試してみてください。

アイシャドウは単色使いでナチュラルに


アイシャドウでさまざまな色を使うと、どうしてもメイクが濃く見えてしまいますよね。そんな悩みがある人は、思い切ってアイシャドウの単色使いをしてみましょう。ツヤ感のあるアイシャドウを使うとおしゃれに仕上がりますよ。



ナチュラルメイクだけど、少し華やかな印象に見せたいという場合は、同系色のアイシャドウを使って自然なグラデーションを作ってみてください。

アイシャドウはラメを控える


ラメのアイシャドウは目元がキラキラしてとてもかわいいのですが、ナチュラルメイクには少し華やか過ぎる場合もあります。マット感があるものやツヤ感があるもの、パールが配合されているものが自然に見えておすすめですよ。

ラメを使ったアイメイクをしたい場合は、濃いめの色を控えたり、アイラインを控えたりして、引き算メイクをしてみましょう。

アイラインはまつ毛を埋めるように


アイラインは1本のラインを描くのではなく、まつ毛とまつ毛のすきまを埋めるように、点々と描いていくとナチュラルに仕上がります。アイラインが太くならないように気をつけましょう。



ロングマスカラで自然にぱっちりと


マスカラはロングタイプのものを選ぶと、よりナチュラルに見えます。ダマになってしまってはナチュラルメイクが台なしなので、まつ毛にマスカラが付き過ぎてしまったら、コームでとかして整えましょう。ボリュームタイプのマスカラは、メイクしている感が出過ぎてしまうため、ロングタイプがおすすめなのです。

まぶた別!ナチュラルアイメイクの基本のやり方




ここからは具体的なナチュラルアイメイク方法を紹介します。一重さん、二重さん、奥二重さんに似合うメイク法をそれぞれ紹介していきます。

《一重さん》のナチュラルアイメイクのやり方


一重さんは、アイシャドウにグレーやブルーなどの寒色系を使うのがおすすめ!目が腫れぼったく見えてしまって悩んでいる人は、これらの色を試してみてください。



アイシャドウはグラデーションで立体感を作る


同系色のアイシャドウでグラデーションを作ると、立体感が出て目の立て幅を大きく見せられます。まず始めに淡い色をまぶた全体に乗せ、目のキワに向けて濃くなるように色を乗せていきましょう。

アイラインは目尻に向けて自然に跳ね上げる


一重さんは、極細のアイラインを使うときれいに仕上がります。目尻から自然に跳ね上がるように引くと、顔にメリハリが出ますよ。

マスカラは下まつ毛にボリュームを


上まぶたはアイシャドウで立体感を出したので、下まぶたはマスカラを使ってボリュームを出し、自然に目の縦幅を大きく見せましょう。

《二重さん》のナチュラルアイメイクのやり方


ぱっちりとした目が特徴の二重さんはメイクが濃くなりがちなので、カラーは控えめに乗せていきましょう。



アイシャドウはふんわりと乗せる


二重さんには、ブラウンやくすみピンクなどの暖色系が似合います。アイシャドウはふんわりと乗せると、ナチュラルで優しい印象になります。

アイラインはしなくてもOK


もともと目が大きくぱっちりとしている二重さんは、抜け感を出すためにアイラインを描かない、という方法もあります。もしアイラインを描く場合は、ブラウンのアイテムを使うと自然に仕上がりますよ。

マスカラはナチュラルに


まつ毛はボリュームを出さずに、長さを出すとよりナチュラルです。マスカラはロングマスカラを使うと良いでしょう。

《奥二重さん》のナチュラルアイメイクのやり方


二重幅の狭い奥二重さんは日本人に多く、優しい印象が特徴です。



マットのアイシャドウをサラッと乗せる


奥二重さんは、場合によってはまぶたが腫れぼったく見えてしまうことがあるので、重く見えないベージュがおすすめです。パール入りのものより、マットのアイシャドウが軽く見えるでしょう。

涙袋を作ってみる


涙袋に淡い色のアイシャドウを乗せると、デカ目効果が期待できます。アイブロウパウダーやアイシャドウで涙袋の影を作って、自然に強調させても良いですよ。

アイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋めるように


アイラインは太くならないように、まつ毛の間を埋める程度で良いでしょう。さらに目を大きく見せたい場合は、目尻から2mmほどラインを伸ばしてみましょう。

すっぴん風~お仕事メイクまで!ナチュラルなアイメイクのやり方




さまざまなシーンで使えるナチュラルメイクを紹介していきます。ナチュラルメイクといえど、TPOに合わせてメイクを楽しみたいですよね。ポイントを押さえていきましょう。

濡れ感が色っぽいナチュラルアイメイク


すっぴんのようですっぴんではない、ナチュラルさが特徴です。彼とのお家デートなど、気合いを入れ過ぎずにかわいく見せたいときにおすすめです。

クリームアイシャドウで濡れ感を


アイシャドウはグラデーションせずに、あえて淡い色の単色をベタ塗りで乗せてみましょう。クリームアイシャドウを使えば濡れ感が出るので、単色でも素敵に仕上がりますよ。

目のキワにブラウンアイシャドウで締め色


目のキワはアイラインを引かずに、締め色のアイシャドウを乗せて目をナチュラルに強調しましょう。色はブラウンを選ぶとナチュラルに仕上がります。

カールマスカラでガーリーに


女性らしさをとり入れるために、くるんと上向きのまつ毛を作りましょう。ビューラーでまつ毛を上げたら、カールキープ効果のあるマスカラを塗って、ガーリーに仕上げます。

グリッターを乗せてうるうるした目に


ナチュラルだけどちょっぴりおしゃれ感も出したいときにピッタリのアイテム。目元をキラキラさせちゃいましょう。



アイシャドウの明るいカラーをまぶた全体に


目元をパッと明るくするために、くすみピンクやベージュのアイシャドウをまぶた全体に乗せます。

グリッターシャドウを黒目の上と下にオン


ラメ感の強いシャドウやグリッターシャドウを、黒目の位置の上下に乗せます。指でポンと乗せると良いでしょう。

ペンシルアイラインでまつ毛とまつ毛の間を埋める


アイライナーはペンシルを使うと、くっきりし過ぎずナチュラルに仕上がります。まつ毛を埋めるように、点々と描いていきます。

透明マスカラでナチュラルにカールをキープ


ビューラーでまつ毛にカールをつけたら、透明のマスカラでキープさせましょう。

お仕事にもOK!ブラウン系ナチュラルアイメイク


濃すぎず薄すぎない!毎日のお仕事で使えるアイメイクの方法を紹介しています。



ブラウンアイシャドウで立体感を


ビジネスシーンには定番のブラウンがベストです。まぶた全体に淡い色を乗せ、目のキワにブラウンの締め色を乗せましょう。立体感が出て目を大きく見せられます。

アイラインは目尻から自然に伸ばす


ブラウンのリキッドアイシャドウを使って、上まぶたのまつ毛を埋めましょう。最後に、目尻から3mmほどラインを伸ばします。キリっとさせたいときには自然な上向き、優しい見た目にしたいときはたれ目風に伸ばすと良いですよ。

マスカラは上品に


マスカラもブラウンのものを使うと、馴染みが良くナチュラルです。ビューラーでまつ毛を上げ過ぎないように注意しましょう。自然なカールがポイントです。

ボルドーアイシャドウでちょっぴりクールに


ナチュラルだけどモードな大人女性になりたい、という人におすすめなメイクです。ボルドーカラーを使って、スモーキーメイクに挑戦してみましょう。



まぶたにベージュカラーを乗せてくすみを飛ばす


まぶた全体にベージュのアイシャドウを乗せて、目のくすみを飛ばし明るく見せます。マットのアイシャドウを使うと大人っぽく仕上がります。

目のキワにボルドーをオン


細いチップでボルドーカラーのアイシャドウをとり、目のキワに乗せます。目尻は4mmほど、跳ね上げるように伸ばします。目の下も目尻側の3分の1に乗せます。アイラインは使いません!

ロングマスカラでセクシーに


ビューラーで軽くまつ毛を上げて、目尻側を中心にロングマスカラを塗ると、よりセクシーに仕上がりますよ。

アイラインやマスカラなし!ナチュラルアイメイクのやり方


よりナチュラルに仕上げたいときは、アイラインやマスカラを抜いてみましょう。今までとは違った抜け感が出ておしゃれです。

ピンクのアイシャドウでかわいいナチュラルアイメイク


ピンク使って、ガーリーなイメージのナチュラルアイメイクに仕上げましょう。すっぴん風なので、彼とのお家デートにもぴったり!



アイホールはホワイトベージュで明るく


目の印象を明るくするために、まぶた全体にホワイトベージュのアイシャドウを乗せます。ちょっぴり大人な雰囲気を出したいときはゴールドベージュもGOOD。ゴールドとピンクも相性抜群です。

ピンクのアイシャドウを二重幅より広く乗せる


二重幅より広い範囲に、ピンクをふわっと乗せます。甘めで女の子らしい雰囲気のメイクです。

抜け感がおしゃれなナチュラルアイメイク


ナチュラルなのにデカ目効果もバッチリ!理想の目元ですよね。ブラウンを乗せて、陰影をつけたメイクに挑戦しましょう。



アイホールにイエローベージュやオレンジベージュを乗せる


まぶた全体にイエローベージュやオレンジベージュのアイシャドウを乗せます。ピンクベージュでちょっぴりガーリーにしても素敵です。

二重幅にブラウンをオン


二重幅にブラウンのアイシャドウを乗せて、目力をアップさせます。あまり広範囲に乗せすぎてしまうと、メイクが濃くなってしまうので注意して下さい。

ピンクブラウンで血色感のあるメイクに


目が全体的に暗く、疲れて見えるときは、ピンクブラウンを使って血色感を出しましょう。単色のアイシャドウを重ね塗りすれば、簡単にグラデーションを作れますよ。



ツヤ感のあるクリームアイシャドウをチョイス


クリームアイシャドウのツヤは、高級感が出て大人の雰囲気になります。ピタッと密着してヨレにくいのも特徴です。

グラデーションに乗せていく


単色のクリームアイシャドウを全体に乗せます。さらに目のキワが濃くなるように重ね塗りをしていくと、自然なグラデーションに仕上がります。

華やかにしたいときはビューラーでまつ毛を上げる


華やかな雰囲気にしたいときは、ビューラーを使ってまつ毛を上げてみましょう。目をぱっちりと見せてくれますよ。

ナチュラルなアイメイクをつくる♡おすすめアイテム




アイシャドウやアイライン以外にも、きれいなナチュラルアイメイクを演出してくれるアイテムがあります。これから紹介するアイテムを使って、さらに素敵なナチュラルアイメイクに挑戦してみてくださいね。

ナチュラルなカラコン


カラーコンタクトを使って黒目を大きくすることで、目をぱっちりと大きく見せられます。ナチュラルなメイクでも自然と目力がアップします。カラコンの着色直径は、13.2mm前後のサイズがよりナチュラルでおすすめです。サイズが大きすぎてしまうと、目が強調され過ぎてしまうため、注意が必要です。

目元のくすみを飛ばすコンシーラー・アイシャドウベース


目のクマやくすみが残っていると、顔が疲れているように見え、顔全体が暗くなります。そんなときはコンシーラーを使って、くすみをリセットさせましょう。目元専用のコンシーラーや、筆タイプのコンシーラーが使いやすいですよ。

また、アイメイクの前にアイシャドウベースを仕込んでおくのも良いでしょう。目元をパッと明るくさせ、さらにアイシャドウも崩れにくくなります。

1
2

関連記事