清潔感のある女性の特徴とは?気をつけるポイントや習慣を徹底解説!

凛とした美しさも、ほんわりとしたキュートさも演出してくれる「清潔感」。女性なら誰でも身につけたいものですよね。この記事では清潔感のある女性の特徴や習慣、気をつけるポイントなどに焦点を当てて徹底解説していきます。

清潔感を身につけることができれば、恋愛、婚活、面接、就活など、プライベートからビジネスシーンまで役に立つこと間違いなし!魅力あふれる清潔感を得るために、ぜひ読みすすめてみてくださいね。


目次

清潔感のある女性になるには?


「あの人そんなに美人じゃないのに、なんだかモテるし、魅力的なのよね」
そんな人が、あなたの周りにもいませんか?女性が魅力的に見える理由はひとつじゃありません。その人がまとっている雰囲気、オーラのようなものにも影響されているのです。

その中でも特に手に入れたい清潔感のある女性のイメージは、見た目と内面の両方を磨くことで身につけることができます。清潔感のある女性になるためには、いったいどうしたらいいのでしょうか?その方法を考えていきましょう!

そもそも「清潔感」とはどんな意味?


それでは、そもそも「清潔感」とはどんな意味なのでしょうか?その言葉の意味を調べてみると、

・汚れのない、清潔な感じ
・人格が正しく、誠実であるさまを意味する表現

となっていました。清潔感という言葉が表すのは、見た目だけじゃなく、人格を表す表現にも使われるとは、ちょっと驚きですね。清潔感のあるイメージを得るためには、身も心も清廉潔白であることを目指す必要があると言えそうです。

「清潔感」のある女性を目指すなら「清潔」にするだけじゃダメ


女性なら誰もが清潔感のある女性になりたいもの。「私はちゃんと毎日お風呂に入って清潔にしているから大丈夫!」という人も、ちょっと気をつけなきゃいけません。なぜなら清潔感と清潔とでは、意味合いが違ってくるからです。

例えば、お風呂に入って体や髪を綺麗に洗っても、その後ちゃんとケアをしてあげなければ、お肌はカサカサ、髪はボサボサになってしまいますよね。確かに清潔ではあるのでしょうが、残念ながら清潔そうには見えないのです。清潔感のある女性になるためには清潔にした後の、きちんとしたケアまでを含めたものと心得ておきましょう。

清潔感のある女性の特徴とは?



清潔感のある女性は、お肌や髪、指先などから、洋服や靴、持ち物、そして香りなどに至るまで、きちんとケアをしています。すみずみまで行き届いた女性らしい「気くばり」が清潔感を生み出すのです。
それではいったいどんなことに気をつければいいのか、清潔感のある女性の特徴を見ていきましょう。

せっけんの香りがする


一瞬すれ違ったときに、せっけんの香りがふわっとしたら清潔感を感じることこのうえなしですよね。見た目だけではなく、香りも清潔感を醸しだす重要なポイントのひとつです。

せっけんの香りから想像されるのは、お風呂、洗濯、柔軟剤など生活に関わるものから、香水、整髪料、コスメなど、さまざまなケア用品まで、いずれも清潔感につながるものばかりです。せっけんの香りをきっかけに「この人、きっときちんとした人なんだな」と印象づけることができます。


髪がきれいにまとまっている


清潔感のある女性の特徴のひとつとして「髪」は大きなポイントになります。「あの人きれいだな〜」と思う人の髪がボサボサ!なんてあり得ませんよね。毛質は人それぞれで、みんな同じようにとはいきませんが、髪がきれいにまとまっていると、周りに好印象を与えることができます。

さらに、きちんと洗髪されていること、トリートメントや保湿などがされていること、毛の根元から毛先までムラなくヘアカラーが行き届いていることなども重要です。サラサラ、ツヤツヤとした美しい髪は、清潔感のある女性を演出してくれます。

お風呂あがりのようなツヤツヤお肌


まるで「今お風呂からあがったの?」と思えるようなツヤツヤなお肌は、女性の憧れですよね。お肌のコンディションは清潔感を左右する大きなポイントになります。ですが「美しいお肌は1日にしてならず」です。日頃のスキンケアや紫外線ケアを習慣化することが必要となります。

ツヤツヤお肌の人に清潔感を感じるのは、生活スタイルがきちんとしていて、「毎日ちゃんとお肌のケアをしてるんだろうな」と想像させるからとも言えます。内面的な美しさも加味されて、より魅力的に見えるのです。


指先や手がきれい


人の印象を左右するポイントで重要度が高いのが「手」です。会話をするときや食事をするときなど、目を向けることが多いのが、相手の「手」だからです。人とのコミュニケーションの第一歩とも言える「手」がきれいだと好印象ですよね。ネイルケアやスキンケアがされている「手」は、人にきちんとした印象を与えることができます。

服装がきちんとしている


清潔感のある人は、お肌や髪などが整っているだけじゃなく、服装もきちんとしています。キレイめファッションを着ているだけではなく、スタイルはさまざまでも、きちんと洗濯されてアイロンがかかった洋服は清潔感を醸しだしてくれます。「洋服にアイロンをかけて、きちんと畳んだり、収納しているんだろうな」「物を大切に扱っているんだろうな」などと想像することができますよね。


靴がきれい


「おしゃれは足もとから」と言われるように、ファッションは足元のおしゃれも重要です。清潔感のある女性は靴もきれいにしているのは言うまでもありません。高級な靴でなくとも、汚れやすり減りがなく、きちんとお手入れされている靴を履いていると、心まで美しく思えるものです。

バッグやポーチの中が整理されている


清潔感のある女性は、バッグやポーチなどのお手入れにも手を抜きません。美しい女性の手にボロボロのバッグやポーチが握られていたとしたら、ガッカリですよね。いくら使い勝手が良いとしても、ボロボロになるまで使い古すことはありません。

また、表面だけではなく中身も重要ポイントです。間違っても物がグチャグチャに放り込まれているなんてことはありません。小物ひとつずつもきれいに保ち、きちんと整理整頓されています。

規則正しい生活をしている



清潔感の意味は先述した通り、見た目だけではなく人格や誠実さなども表します。日頃から規則正しい生活をしていると、食生活や運動習慣を充実させたり、さまざまなセルフケアにも時間をとって取り組めるので、清潔感を身につけることができます。

姿勢がきれい


あなたの周りに美人なタイプじゃないのに、なんだかきれいに見える「雰囲気美人」さんはいませんか?ここで言えるのは、人の印象は顔だけではないということ。雰囲気美人さんをよく見てみると、とっても姿勢が良いのがわかると思います。

清潔感のある女性は、姿勢が良く「凛」とした雰囲気や、女性らしい「ふんわり」とした雰囲気をまとっています。きれいな姿勢はそういった雰囲気を増し、清潔感を感じさせてくれるのです。

言葉遣いがきれい



清潔感のある女性は言葉遣いがとてもきれいです。穏やかな口調や上品な言葉は、人に癒しや安心感を与えて好印象を生み出します。ここまであげてきた清潔感のある女性の特徴をすべて持っていたとしても、美しい言葉遣いを兼ねそなえていなければすべて台無しにしてしまうと言っていいでしょう。

また、言葉遣いだけではなく、話し方や声の音量なども同様に育ちの良さや人柄が映し出されます。穏やかさや優しさが伝わるような話し方をする人に清潔感を感じるのです。

清潔感のない女性の特徴


ここまで、清潔感のある女性の特徴を見てきました。見た目だけではない、人格までも清潔感に満ちた女性像は、どれも参考にしたい素敵な特徴ばかりでしたね!それではここからは、それとは逆に清潔感のない女性の特徴を見ていきたいと思います。

誰でも清潔感のない女性には見られたくないもの。人と人が向き合うとき注目しやすいポイントから、その特徴をとらえていきましょう。もしかしたら気づかぬうちに自分も当てはまってしまっているかも!ちょっとドキドキしながらチェックしてみてくださいね。


髪にフケやべたつきがある


人が人と向き合うとき注目しやすいポイントのひとつはヘアスタイルです。その髪が脂ぎってベタベタしていたり、フケがついていたりしたら不潔なイメージを持たれてしまうのは仕方ありません。また、パーマやカラーリングによる髪の傷みや、伸びかけのパーマ、ヘアカラーの色ムラが出ていたりするのもNGです。

また、女性の長い髪は美しさの象徴ともされますが、一方、極度に長すぎたり、伸ばしっぱなしの髪は、同じく不潔な印象を与えてしまうことがあります。髪を伸ばしている途中だとしても、前髪や毛先くらいは定期的に整えておく必要があります。

指先の印象が悪い


メイクやヘアスタイルをバッチリ決めても、爪が汚ければ台無しです。爪の間に汚れが詰まっていたり、手入れされていない爪が伸びてしまっているなんて残念極まりないですよね。また、ささくれが目立っていたり、手指の先がガサガサと乾燥していたりすると「ちゃんとケアしない人なんだな」という印象を持たれてしまいます。

それとは逆にネイルサロンに通っているような美しい爪をしていても、極端に長すぎたり過剰なデコレーションを施されていると、「ちゃんとお風呂に入れているのかな?」「家事ができるのかな?」などと、不潔さを感じさせてしまうこともあります。


お肌ガサガサ・髪がボサボサ


女性の美の大敵である「乾燥」は、ときに不潔感を感じさせます。お肌が粉を吹くようにガサガサだったり、洗いっぱなしのボサボサの髪は、せっかくきれいに洗われていても不潔に見えてしまいます。清潔感は清潔なだけではなく、きちんとケアする細やかさや生活習慣も加味されて感じるもの。ケアされていないお肌や髪は乱れた生活習慣や性格を想像させ不潔さを感じさせてしまうのです。

服や持ち物が汚れている


お肌や髪、爪などの印象に加え、洋服やバッグなどの持ち物も汚れていると、やはり不潔感を抱いてしまうのは言うまでもありません。服がシワになっていると、服の保管状況の悪い荒れた部屋を想像させ、汚れた持ち物を持っていると、汚れが気にならない人と認識されてしまいます。

いくらお気に入りの服や小物だとしても、きれいに保てるボーダーラインを超えたら少し不潔に見えてしまうかもしれませんね。

デスクの整理整頓ができていない



清潔感のない女性は、持ち物が汚れているだけでなく、職場などのデスクやロッカーがグチャグチャになっている傾向があります。細かな所まで気にしない性格は清潔感とはかけ離れた印象を与えてしまうのです。

また、物を大切に扱わない大雑把な性格も清潔感のない女性の特徴のひとつと考えられます。物を放りなげたり、無造作に積み上げたまま放置していたり、デスクを見ればその人の性格も想像できてしまいます。本人がその場にいなくても、デスクを見られただけで不潔なイメージを与えてしまうなんて、本当に残念な現象です。

清潔感は言葉にも出る!気をつけたい仕草のポイント


清潔感からかけ離れた女性の特徴は、印象的でしたね。ここまでは見た目の不潔感を取り上げてきました。次は、見た目だけではなく人の内面から感じる清潔感について解説していきます。清潔感のある女性になるために、気をつけたい仕草のポイントとは?一緒にチェックしていきましょう!


丁寧で綺麗な言葉遣い


清潔感は言葉遣いからも感じることがあります。なぜなら、丁寧で綺麗な言葉遣いは「育ちの良さ」を連想させるからです。丁寧な言葉は相手への気づかいができる証明のようなもの。中には「言葉はぶっきらぼうでも優しい人」も確かにいますが、残念ながら清潔感とは結びつきません。

たとえ仲の良い友達同士の会話であったとしても、「親しき仲にも礼儀あり」の精神で、言葉遣いに気をつけてみるのがポイントです。誰に聞かれても恥ずかしくない言葉遣いを心がけましょう。

品のある笑い方


楽しい会話のとき、自分がどんな笑い方をしているか意識したことはありますか?笑顔が多い女性は魅力的ですが笑い方には要注意!大きな口を開けて大声で笑う笑い方は、下品に見えてしまうことがあります。清潔感を醸しだすためには、周りの雰囲気を見極めてTPOに合わせた笑い方を目指してみましょう。自分の笑い方が他人からどのように見えるのかを意識すると、改めるポイントが見えてきます。


姿勢を正す


清潔感を目指すなら、姿勢を正してみましょう。正しい姿勢は見た目だけではなく、心もビシッと整えてくれる効果があります。背中を丸めて足を組んで座っていては清潔感を醸しだすことができません。

背骨をスッと伸ばして、足を閉じて座るだけでも、いつもと違った良い緊張感が生まれ、生活態度を改めるきっかけとなります。姿勢を正してきちんとした生活習慣を続けていくと、自然に清潔感も身につけられます。

1
2

関連記事