元カレに会いたいときの対処法!復縁したいならすぐに連絡してはダメ

たまにふと、好きだった人を思い出すことってありませんか?誰だって「元カレに会いたい……」と、感じる瞬間はあったでしょう。どうして過去の恋人なのに、今「会いたい」と思ってしまうのか、気になりますよね。

ここでは、元カレに会いたいと思う心理とそのときの対処法についてまとめてみました。連絡はしても良いのか、復縁したい場合はどうしたら良いのかなど悩める女性のために、詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。


目次

『元カレに会いたい』と悩んだ経験はありませんか?



好きになったけど別れてしまった元恋人。その相手に「会いたい」と思う瞬間って、女性なら誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。新しい彼氏ができていても、元カレを思い出してしまうこともあります。

会いたいと思うのは、未練なのでしょうか。それとも、ただ寂しいだけなのか。自分の気持ちがわからず、悩んでしまいますよね。元カレに会いたいと思う気持ちの正体について探り、その気持ちはどう対処できるのかを一緒に見ていきましょう。

元カレに会いたいと感じる瞬間とその心理


はじめに、会いたいと感じる心理について確認していきます。なぜ、元カレに会いたいと思ってしまうのか。その気持ちの理由を知っていきましょう。

今の彼と喧嘩したとき



新しい恋愛をしていても、元カレに会いたいと思う瞬間はあります。それは、今の彼と喧嘩をしてしまったとき。交際が上手くいっていないと、ついつい今の彼と元カレを比べてしまいます。

あの人はこうだったと良いところを思い出すと、無性に会いたくなり、慰めてほしいと感じるのです。幸せだった頃に戻りたいとさえ、考えてしまうこともあるでしょう。今の彼と別れたいとか、元恋人への未練ではなく、ただ今が悪い状況だから、過去の幸せと比較して会いたいと思ってしまうのです。

寂しいとき


別れてすぐの時期や新しい恋人ができないとき、寂しさを感じてしまいます。その寂しいという気持ちが、元カレに会いたいと思わせるのです。元カレと一緒にいた時間を思い出すと「あの頃は幸せだったな」と、過去を懐かしみます。

幸せだったからこそ、今の1人が寂しく、孤独に思えてしまうのです。そのため、もう1度元カレに会いたい、会ってあの頃の気持ちをまた感じたいと強く考えてしまい、会いたい気持ちが膨れ上がるのでしょう。

あるきっかけで思い出したとき



元カレからプレゼントされた物や一緒に写った写真、思い出の場所などきっかけがあると、ふいに「元気かな?」と考える瞬間があります。すっかり相手のことを忘れていたのに、思い出すきっかけがあると記憶が蘇るのはよくあることです。

懐かしさから会いたいと感じるのでしょう。1度交際した人であり、今では良い思い出。会いたいに深い意味はないけど、なんだか会いたいなと思う瞬間はあるのです。

まだ好きだから


元カレのことが忘れられなく、別れたことを後悔している場合も会いたいと思ってしまいます。少し時間が経って、気が変わり復縁したいと思うこともあるでしょう。好きな気持ちが残ってるからこそ、また会いたいと強く感じてしまうのです。

復縁できなくても会って話すだけでも良い、顔を見れるだけでも良い。そんな元カレに対する強い恋愛感情が、会いたい衝動を駆り立ててしまうのでしょう。未練があると毎日相手のことを考え、後悔や寂しさ、恋しさで胸がいっぱいになります。

どうしても元カレに会いたいときの対処法


会いたい気持ちを持ち続けるのは、つらいものですよね。どうしたらその気持ちを解消することができるのでしょうか。続いて、元カレに会いたいときの対処法をご紹介します。

部屋の掃除や断捨離をする



物を捨てる、整理するという行動は自分の気持ちにも直結します。今の部屋の状態はあなた自身を映す鏡のようなものです。それをきれいにし、掃除をすることで気持ちも同じようにさっぱりします。

いらない物を捨てる断捨離をして、気持ちも部屋もきれいに整理してみてください。掃除に集中することで、元カレのことを考える時間も減ります。思い切って掃除や断捨離をすると、もやもやした気持ちも一緒に掃除され、気持ちも晴れやかになるでしょう。

体を動かして気を紛らわす


ただぼーっとしていると、元カレのことばかり考えてしまうためつらいでしょう。しかし、体を動かしている最中は、それに集中しているため元カレのことは頭をよぎりません。ストレス解消にもなりますし、ダイエットにもなり良いことばかりです。

体を動かし、汗を流すと気持ちがリフレッシュでき、悩んでいた心もすっきりします。ポジティブな気持ちになれ、悩んでいたことさえも忘れてしまうでしょう。ジムに通う、ジョギングをする、ヨガをするなど自分ができる運動から始めてみてください。

友人に話してみる



自分の胸の内を話すことで、すっきりする場合もあります。ですので、友人を頼り、元カレに会いたいと思っていることを話してみてください。きっと話をする友人は、あなたが元カレと交際している際に、良いことも悪いことも聞いているはずです。

そのため、今のあなたに対して良いアドバイスをしてくれます。客観的な意見やあの頃の不満や別れた理由などを聞けば、次第に会いたい気持ちは薄れていくはず。友人に話すと自分を客観的に見ることができますし、気持ちも吐き出すことができるため、抱えていた気持ちも軽くなっていくでしょう。

相手の悪いところを思い出す


思い出というものは、美化されて心に残ってしまうものです。きっと元カレの良い部分が強く思い出されて、会いたくなっているのでしょう。しかし、交際している中で嫌だなと思った部分はいくつかあるはずです。

それを思い出すことで、会いたい気持ちを抑えることができます。元カレと喧嘩したこと、嫌だなと思えた性格や癖などを思い返してみましょう。ノートに書き出してみるのもあり。良い思い出だけではなく、悪い思い出も蘇り、会いたいと思っていた気持ちが次第に薄くなっていきます。

カレに会いたいと感じたら連絡しても良い?


どうしても気持ちが抑えられない場合、連絡をとりたいと考えてしまうでしょう。しかし、本当に連絡をしても良いのか、わからないですよね。ここでは、その判断基準について、ご紹介します。まずは、自分の気持ちと向き合い、連絡をとっても良いのか、ダメなのかを見極めてみてください。

人肌恋しいだけじゃないかを考える



恋人と喧嘩をした、恋人ができず寂しいなど単純に人肌恋しいため、元カレの存在を思い出していませんか?ただなんとなく誰かにそばにいてほしいと思っているだけならば、連絡はしない方が良いでしょう。

それは一時的な感情であり、元カレへの恋愛感情ではないからです。落ち着いたら会いたいという気持ちはさっぱりと忘れてしまいます。その一時的な感情が元で、元カレの都合の良い女性になってしまったり、今の彼との関係が悪くなる可能性だってあります。1度今の会いたい気持ちの理由を考えてみることも大事です。

復縁したいなら連絡はしないほうが◎


まだ気持ちが残っていて、復縁を望んでいるならば連絡はしない方が良いです。未練をのぞかせると、鬱陶しい、めんどくさいと思われる可能性があります。連絡をしてもきちんと対応してもらえず、今よりも距離ができてしまうことも。

そうなると復縁は遠のきます。しつこく連絡をすると嫌われてしまう場合もあります。むしろ連絡をしない方が彼の関心を引くことができ、連絡が来るかもしれません。復縁を望むならば、あなたからは行動に移さず、会いたくても少し我慢をし、時期を待つ方が良い方向に進むこともあるのです。

彼女がいるなら控える


元カレはもう未来に進み、新しい恋に踏み出している状態ならば連絡は控えるべきです。なぜなら、あなたが連絡をしたことがきっかけで相手の恋愛に水を差してしまう可能性があるからです。彼女の立場からしたら、元カノから連絡が来るのは正直良い思いはしないでしょう。

彼も彼女に嫌な思いはさせたくないと考えているでしょうし、未練があると思うと少し迷惑に感じられてしまいます。もう先に進んでいる人からしたら元恋人は過去の人。今の幸せを大事にしていきたいはずですから、元カレの状況も考え、連絡は控えた方が良いでしょう。

友人としてならありかも



もう過去を引きずっていなく、未練がない状態ならば連絡しても問題はないでしょう。お互いに交際していた事実はありますが、それを過去のものとして受け入れられている状態ならば、理解し合える仲の良い友人に戻れる可能性があるからです。あなたがもう吹っ切れているならば、別れてから時間も経っていることでしょう。

ですので、相手も同じように気持ちの整理がつき、異性としてではなく友人として向き合っていける状態かもしれません。もちろん、相手の気持ち次第の部分もありますが、あなたがもう元カレとの復縁を求めていないならば、1度連絡をとり、近状を話してみるのも良いかもしれません。

元カレに連絡するときのポイントは?


連絡すると決めても、なかなか勇気が出ない……。その場合は、今からご紹介するポイントを押さえて、連絡をしてみてください。上手く連絡すれば、きっと元カレも返信して、やり取りを続けることができるでしょう。

相手の誕生日やイベントがあるときに送る


何かしらきっかけがあると、連絡はしやすいものです。そのため、相手の誕生日やお正月、クリスマスなどのイベント時にメッセージを送ってみると良いでしょう。「誕生日おめでとう」と連絡をすればきっと相手も返事をしてくれます。そこから連絡を取り合うきっかけを作ることができるはずです。

元カレに連絡をするときは勇気がいるので、タイミングをうまく掴むことで自然な流れで送ることができます。気軽さも感じられるため、相手も身構えることなく返信を送りやすいでしょう。

内容は返事がしやすい短い内容で



連絡をする際は、なるべく短文で返事しやすい内容にしてください。未練や寂しさを感じさせ、長々とした文章は読むのが大変であり、それに返信するのも正直めんどうです。むしろ逆効果で、元カレに引かれてしまう場合もあります。

返信がほしいならば、簡潔に気軽に返事ができる内容が1番です。「元気にやってる?」「最近どう?」など、相手に問いかけつつも短い文章で送ると相手も楽に返事を返すことができますよ。

返事は催促しない


彼女がいる、仕事が忙しいなどの理由から返信ができない可能性もあります。返信がないからと、催促してしまうと逆効果です。めんどう、重いと思われ、嫌われてしまうかもしれません。

ですので、返信がない場合はそれを受け入れることも大事です。元カレの状況を考え、無理に返信を求めないようにしましょう。少し待っていたら、返信が来ることもあるので気長に待ってみてください。

元カレと会うことになったときの注意点は?


連絡をしたことで、元カレと会えることになった!しかし浮かれすぎは禁物です。会う際に注意してほしい点があります。それを意識しないと、会えた時間が無駄になることも……。お互いに気持ち良く再会するために、注意点もしっかりと確認してくださいね。

あまり多くを語りすぎない



今の恋人の話や別れた後の話など、ペラペラと元カレに話しすぎるのはNGです。その話を聞いても相手は気分が良くなることはなく、むしろ「彼氏がいるのに会うんだ」と軽く見られてしまう可能性があります。別れた後の話をされると未練を感じ、重いと思われることも。

そして相手のことも詮索しすぎないことが大事です。しつこく感じられてしまい、印象も悪くなってしまいます。会っても多くは語らず、なるべく他愛のないことを話すよう意識しましょう。聞き役に回るのも良い方法です。

都合の良い女にはならない


あなたがまだ元カレに未練があると、会えたことが嬉しく、今後も同じように会いたいと思ってしまいますよね。ついつい相手の気持ちをこちらに向けようとし、言うことを何でも聞く、体を許すなど都合の良い女性になってしまいがちです。しかし、それは良い結果を生みません。

むしろ復縁はなくなり、元カレの気持ちも戻ってこないでしょう。ただの都合の良い女性になり、彼女になることは難しくなります。そのため、どれだけ未練があっても絶対に相手の都合の良い女性にならないように注意しましょう。

優しくしない



冷たすぎる態度はもちろん良くありませんが、優しすぎる態度もいけません。その優しさにつけこみ、都合の良い関係を結ぼうとしてくるかもしれません。未練があった場合は、その優しさから「復縁できるかも?」と期待を持たせることになり、誤解を与えてしまいます。

あなたが元カレに未練があろうとなかろうと、優しすぎる態度は期待や誤解を生む結果になるのです。そのため、会うときは平然とした態度で接し、女性の友人と一緒にいるような感じで接すると良いでしょう。

いきなり復縁を迫らない


未練があり、復縁を望んでいる場合は会えることでその気持ちを伝えたいと思ってしまいます。しかし、それはNGです。なぜなら、相手には彼女がいるかもしれませんし、もう心残りはないかもしれません。

その場合、復縁を迫られてもヨリを戻す選択はせず、断るでしょう。先走った気持ちは失敗を招きやすくなってしまいます。まずは彼女の有無や相手の気持ちを会話の中で知っていき、そのうえでどう行動するか考えると良いですよ。復縁したい気持ちは抑え、まずは彼と会えたことに喜び、この関係を維持できるようにしましょう。

元カレと会いたい心理を理解することが大事



元カレに会いたいと思う瞬間は、誰にだってあります。1度好きになった人なのですから、当然の気持ちでしょう。しかし、その心理の答えを見つけることが重要です。復縁したいのか、それとも寂しいだけかで対処法も変わっていきます。

1番はあなたがどうしたいのかです。会いたい理由を見つめれば、自ずと答えは出てきます。自分の気持ちと向き合い、そのうえでどう行動するかを決めてくださいね。

(まい)
1

関連記事