思わせぶり女の特徴と心理!知られざる男性の本音やデメリットも紹介

恋人を探している


恋人が欲しいと思っている女性で、まずはたくさんの男性と仲良くなり、そのなかからふさわしい相手を見つけようとする人もいます。そのため、多くの男性に好印象をもってもらおうと行動します。その気持ちや努力がどんな男性も魅了する行動へとつながり、思わせぶりと見られるのです。

要注意!思わせぶり女のデメリット




思わせぶりな態度をとることにはどんなデメリットがあるのでしょうか?人間関係や恋愛の行方にも関わるので、見落とさないように確認してくださいね。

男好きだと思われる


思わせぶりな女性の最大のデメリットと言えるのが、男好きというレッテルを貼られることです。誰にでもよい顔をする姿に、恋人は「付き合った後、男性関係のトラブルを起こすのでは……」と、ネガティブな想像してしまいます。最初から恋愛対象として外されることもあるでしょう。意図せず思わせぶりな態度をとってしまう女性は、特に気をつけたいですね。

好きな人に勘違いされる


思わせぶり女性が、男性との会話が盛り上がっているところを、たまたま好きな人に見られてしまうと大変です。話し相手が意中の人と思われ、大きな誤解を与えてしまいます。もう少しで両思いだった彼に勘違いされ、本命の心が離れていったらすごく残念ですよね。誰これかまわず愛想を振りまくのはやめようと思えるでしょう。



同性からの評判が落ちる


男性からの評判は良くても、同性から「あざとい」と見られることも。男性の前でだけ態度を一変させる、彼女がいる人に積極的に絡もうとする場面を目撃されれば、一瞬で軽蔑されてしまいます。気がついたときには、男性からは人気なのに女性からは冷ややかな目で見られていた……、なんてことが起きるでしょう。



浮気を疑われる


彼氏ができてからも、別の男性に思わせぶりな態度をしていると、彼氏に浮気を疑われる心配があります。不安になった彼氏から、男性と関わるのをやめてほしいとお願いされてしまう女性もいるのではないでしょうか。彼氏一筋のつもりでも、恋人や周りの人にはそう映っていません。誤解だと言ってもわかってもらえないかもしれません。

本命から遠ざかってしまう


男性から「落とすのが簡単な子」と思われることもあります。そのため不特定多数の男性から狙われるでしょう。そのため競争率が高まるので、さっさと諦めてしまう人もいます。

もしそのなかに好きな男性がいたら、恋は実らずに終わってしまいますよね。多くの男性から言い寄られてモテモテなのに、どこか寂しい気持ちになります。

気をつけて!思わせぶりになりかねない言葉




そこまでボディタッチや男性が喜ぶ態度をしていないにもかかわらず、なぜか思わせぶりになってしまう女性もいます。そんな人は言葉にも注意してください。男性の気を引きやすいセリフを紹介しますので、好きではない男性と話すときには気をつけましょう。

「彼女いるの?」


代表的な思わせぶりな言葉が「彼女いるの?」という、恋人の存在を確かめるものです。男性は聞かれると、「いない」という答えを期待しているのかなと感じます。答えた後の態度によっては、気があると思われてしまうので、極力避けた方がよいでしょう。もし会話のなかで聞かなければならない流れになったら、さらっと質問してその後は深く追求せず、話題を切り替えてくださいね。

「かっこいい」


男らしさを認めてくれる言葉をかけられて、喜ばない男性はいないですよね。その中でも、ストレートに心に響く言葉が「かっこいい」です。男性は、言ってくれた女性をどんどん意識するようになり、いつの間にか好きになってしまうかもしれません。髪型や体型、性格など男性自身に向けて言ってしまうと、勘違いされる可能性が高まります。さりげなく持ち物を褒めるときぐらいに留めておきましょう。

「彼氏だったら楽しそう!」


男性の妄想を掻き立てるような「彼氏だったら楽しそう!」という言葉は特に要注意です。男性の頭の中で「彼女になりたい!」という言葉に変換されてしまいます。その場の空気やノリで「じゃあ付き合う?」と言われてしまうケースも考えられるでしょう。



気がない人だったらもちろん断ればよいのですが、変な空気が流れ今後の関係がギクシャクすることも覚悟してください。あなたのことが本気だった男性なら、すごく傷ついてしまいます。相手が好きな人ではないのなら、極力避けた方がよいセリフです。

「休日何してるの?」


なんとなく聞いたつもりだったのに、お誘いを待っていると誤解されがちな言葉が「休日何してるの?」というものです。相手は自分のプライベートに興味がある、一緒にどこかに行きたいんだと思い、喜んで返事をするでしょう。



逆に向こうからオフの日を聞かれ、予定が合えばデートを提案されるかもしれません。断り切れないと好意があると勘違いされるので、この質問は控えた方がよいですね。

「今度飲みにいこう」


「今度飲みにいこう」というセリフも好きだと勘違いされる、思わせぶりフレーズです。お酒の場に誘うということは、解放的になって、もっと打ち解けたい気持ちがあるとみなされます。

「みんなで」と言えば友達感覚だと思われますが、「2人で」と言えば、男性は大きな期待を抱きます。社交辞令で言ったとしても、本気と思われることがあるので気をつけましょう。

思わせぶりな自分を卒業してステキな恋愛をしよう♡



いかがでしたか?女性の思わせぶりな態度の特徴や心理を知ることで、男性との関わり方を見直すきっかけになったのではないでしょうか。好意的な態度は時に男性を明るい気持ちにさせ、仲良くなれるきっかけにもなります。

しかしそこには勘違いや、恋愛成就の障壁などのデメリットがあることも忘れないでおきたいですね。ここで学んだことを心がければ、恋愛面での誤解ゼロで、大好きな人と憧れのカップルになれる日がやってくること間違いなしです!

(まい)
1
2

関連記事