失恋した友達へ慰めの言葉をかけてあげたい!最適な言葉と注意点を解説

大好きな人に振られてしまったり、恋が実らなくて失恋したり……。大事な友達が落ち込んでいると、何とかして慰めてあげたい気持ちになりますよね。どうにか元気になってもらいたくてあらゆる言葉をかけたいものですが、時にはその言葉が逆効果になってしまうこともあります。

そこでこの記事では、失恋した友達を慰めるための最適な言葉や、元気になる方法、そして逆効果にならないようにする注意点を解説していきます。大切な友達に寄り添えるような慰めの方法を紹介していくので、参考にしてみてくださいね。


目次

失恋した友達を慰めるときは優しく寄り添って!



失恋したばかりだと、かなり落ち込んで気分もネガティブになっていることが多いはずです。そんなときには無理に明るく接するのではなく、友達の心に寄り添ってあげるのが得策ですよ。親身に話を聞いてあげるだけでも、あなたの温かさはとてもうれしいものです。

失恋は時間が解決してくれるものではありますが、今、落ち込んでいる友達を慰めるためには、「あなたは素敵だよ」「大事な友達だよ」という存在価値を示すこと、さらには現状の不安感に対して「大丈夫だよ」という態度や言葉を表すのが効果的であるとされています。


失恋したあとの心理とは?



友達が失恋したときに慰める方法は、失恋したあとの心理状態を考えると適切なものが見つかります。個人差はありますが、失恋すると目の前が真っ暗になって何もかもがイヤになってしまうという人は多くいます。

自分が失恋したときにどういう気持ちになったか、もしくは失恋した経験がなくても、どんな気持ちになるかを考えてみれば、自然と答えが見つかるかもしれませんよ。そこでまずは、失恋したあとの心理について、多くの人が当てはまるであろう状態を紹介していきます。

落ち込み過ぎて人前に出るのが億劫になる



恋人に振られた場合でも、片思い中の恋が実らなかった場合でも、どちらにしろ失恋すると気分が落ち込んでしまいますよね。

恋をしているときは何もかもが楽しくて、積極的になったり明るくなったりする傾向にあります。しかしその一方で、その恋が無くなってしまった途端に、反動で人前に出るのが億劫になるんです。

自分に自信がなくなってしまう



振られた原因にもよりますが、「自分が悪かったのでは?」と考えてしまうことによって、自己肯定感が下がって自信がなくなってしまう人も多くいます。自分の何がいけなかったのかを考え過ぎて、どんどんネガティブになってしまうんです。

未来が見えず、食欲もわかない



この先の未来を考えていた恋人との失恋は、急に目の前が真っ暗になってしまうこともあります。未来が見えなくなると、生きる意味さえ見いだせないほど落ち込む人も多く、食欲もなく食事がのどを通らないという状態に陥ることもあります。

何もかも頭に入らない


失恋すると、恋人や片思い中の楽しかった思い出を反芻(はんすう)してしまい、他のことが頭に入らないことも。何を言われても上の空になってしまったり、同じことを何度も言われてもミスをしてしまったりする場合もあるんです。

やる気がおきない



失恋して悲しい気持ちになると、楽しいことや新しいことに挑戦する意欲や積極性が無くなることもあります。何もかもが嫌になってやる気がおきなくなるので、生活状態が悪くなったり不摂生になったりしてしまうこともあります。


失恋した人が友達にしてほしいこととは?



失恋したあとによくみられる心理状態について紹介しましたが、では、そんなときには何をしたらいいのでしょうか?失恋して落ち込んでいる人が、友達にしてほしいことはどんなことなのかを解説していきます。

ただただ話を聞いてほしい



失恋して落ち込んでいるときには、とにかくただ話を聞いてほしいのが一番です。話すことで頭の中が整理されることもあるので、話を聞いてもらえば失恋のショックがやわらぎます。

好きだった人には伝えられない切ない想いや悔しい感情をただ聞いてもらうだけで、気持ちを落ち着かせられますよ。

一緒にお酒を飲みながら笑わせてほしい



お酒が好きなら、一緒に飲んで笑うことで楽しい気持ちになる人もいます。アルコールを飲むことで一時的ではありますが、気分が高揚して楽しくなり悲しい失恋の記憶を忘れられます。気心の知れた友達であれば、たくさん笑ってバカ騒ぎをするだけでも気をまぎらわせられるんです。

気分転換に遊んでほしい



アクティブに外出するのが好きなら、失恋のことを忘れられるような遊びに付き合ってほしい人もいます。遊園地などのテーマパークに行くのはもちろん、買い物や旅行などのお出かけでも楽しい気分になるので、失恋の傷みをまぎらわせられます。

趣味に付き合ってほしい



気分転換に遊びに行くのと同じく、自分の趣味に付き合って欲しい人もいます。アウトドアやスポーツ、カフェ巡りや神社巡りなど、好きなことをしているときは楽しい気分になれるので、その趣味に付き合ってもらえれば、悲しい気持ちがやわらぎます。

一緒にいてほしい



恋人に振られたときなどは、ずっと一緒にいた人がそばからいなくなるという孤独を感じる人も多くいます。その場合には、ただ一緒にいてくれるだけでうれしいんです。1人でいるといろいろと考え込んでしまうので、隣にいてくれるだけでいいという人も多いんですよ。


失恋した友達へ贈る慰めの言葉【明るく励ます】



失恋した人が友達にしてほしい行動について紹介しましたが、次はそれをふまえたうえで、失恋した友達へ送る慰めの言葉を紹介していきます。まずは明るく前向きになれるように励ます言葉です。

「もっといい人に出会えるよ」



失恋したばかりだと、友達の目にはその男性しか見えていません。そして、その男性が目の前からいなくなったことに対する不安や絶望に襲われてしまっています。他にもいい男性がたくさんいるということを伝えることで、新しい恋に目を向けてもらうことも励ましの言葉として使えますよ。

「一緒に次の出会いを探しに行こう♪」



自分にも恋人がいない場合には、一緒に出会いを探そうと誘うのもいいですよ。1人ではなく、一緒にいるよという安心感と、前を向くという希望を示せる言葉なので、楽しい気分にさせられますよね。

「自分磨きのチャンスだよ」



失恋すると自分のどこがいけなかったのかを考えてネガティブになってしまいます。その気持ちを払拭させるためにも自分磨きは効果的ですよ。ダイエットしたり服やメイクを変えたりすることで、気がまぎれるだけではなく、新しい気分になるので気分転換をしてあげられます。

「チャンス」という前向きな言葉を使うことで、悲しみを楽しみに変えてあげられるんです。

「きっと試練だったんだよ」



失恋を試練だったととらえて、次の恋に前向きになるようにしてあげるのもいいですよ。今までの恋がすべてではなく、次の恋のための試練だったと解釈することで、逆境を乗り越えていこうという気持ちにさせてあげられます。

「とことん付き合うよ!」



友達が気分転換できるように「とことん付き合う」という言葉をかけてあげるのもおすすめです。友達が今やりたいことを一緒にしてあげることで、気分転換になり寂しさをまぎらわせてあげられますよ。特にやりたいことがなくても、自分の失恋話や気分転換にとことん付き合ってくれる友達がいるだけで元気をもらえるんです!

1
2

関連記事