3分間スピーチのコツを徹底解説!もう困らないネタ探しの秘訣や例文も必見

会社や学校の朝礼で3分間スピーチを実施しているところは多くあります。スピーチの順番が回ってきた日の朝はとても憂鬱ですよね。ですが、3分間スピーチはコツをつかむことで一気に簡単になるんです!

この記事では、3分間スピーチが上手になれるコツを解説していきます。ネタ探しや例文もご紹介していくので、もう3分間スピーチに悩むことはなくなりますよ。


目次

3分間スピーチのコツを知って憂鬱さを吹き飛ばそう!



3分間スピーチには、ネタを見つける大変さと話のネタを3分間スピーチに膨らませる大変さがありますよね。実は、ネタ探しも話の構成も、どちらも簡単にできるコツがあるんです。

さらに、3分間スピーチのコツをつかむと、憂鬱さがなくなるだけでなく、仕事に役立つ能力も鍛えられます!学生さんなら、就活で一歩リードできるかもしれません。そう思うと、3分間スピーチをポジティブにとられられますよね。

絶対にプラスになる!3分間スピーチで身につく力とは



3分間スピーチは話題を考えるのも面倒だし人前で話すのは恥ずかしい……。と思っている人は多いのではないでしょうか。実は、3分間スピーチは真面目に取り組むことで役立つ能力を養うことができるんです!まずは、3分間スピーチで身につく力についてご紹介します。

自分の意見を簡潔にまとめる力


会議や打ち合わせで意見を聞かれても、うまく意見をまとめられなかったり、意見を言っているうちに「結局私は何を言いたいんだっけ?」と思考が迷子になってしまったりすること、ありませんか?

3分間スピーチは、自分の意見を簡潔にまとめる練習になります。「私はこう思います。なぜかというと~」という形を意識することでスピーチ以外の場面でもスムーズに意見を言えるようになりますよ。

文章を構成する力


人が3分間で話せる内容を文字にすると600~750字です。これはとても長く感じますよね。ですが、実際に600字程度で話題を提供し、話を掘り下げる本題に入り、自分の意見で締めくくるというのは意外と難しいのです。

決められた時間や文字数で伝えたいことをまとめるのは、文章を構成する力を身につける練習にぴったりです。文章を書くのは意外と時間がかかるものですが、文章構成力が身につくと、仕事で送るメールや報告書といった文章もすらすら書けるようになりますよ。

伝える力



3分間スピーチは、伝える力を鍛えることができます。伝える力が鍛えられると、自分の話に説得力が増します。営業の人は、お客さんに商品の魅力をしっかりと伝えられますし、営業以外の人も、上司や先輩相手への受け答えがスムーズにできるようになるでしょう。

また、本当に言いたい事が伝わらない・誤解されるといったことが減るので、仕事がスムーズにでき、ストレスが減るかもしれませんね。

人の心をつかむ力


スピーチは、みんなの興味をひく話題や話の構築だけでなく、実際に話すときに聞き取りやすい声のトーンや表情にも気を使いますよね。

3分間スピーチは、人に好印象を与える話し方を練習できる場でもあります。人前でも堂々と話すことができ、なおかつ人の反応に合わせて話し方を変える技術が身につけば、人の心をぐっとつかめるようになりますよ。

思考力


スピーチを時に、「この話題について私が伝えたいことは……」「なぜそう考えたのかという理由は……」と、頭の中で話したい事を整理させますが、これを繰り返すことで思考力が身につきます。

思考力が身につくと、仕事で行き詰まったときやプライベートで悩んだときなどでも、冷静に対処できるようになります。

3分間スピーチを成功させるコツ♡【主題】を決めよう!



続いては、スピーチを成功させるコツについて解説していきます。まずは、一番最初に考えるスピーチの主題についてです。

3分間スピーチで一番伝えたいこと(主題)を決める


3分間スピーチは、何を一番伝えたいかという主題を決めるところから始まります。ニュースについてはもちろん、「この映画のすばらしさを伝えたい」「お得な情報を伝えたい」といったことでもOKです。

話題になっているニュースでも、あなたがそのニュースについて伝えたいことや感想が思い浮かばなければ、スピーチの文章はなかなか思い浮かびませんよね。そういった場合は、思い切って違う主題を探した方いいかもしれません。

主題は1つに絞る


伝えたいことが多すぎて、話がまとまらないといったことはよくあります。「ネットショッピングが便利」といった主題を決めても、「便利な技」「気をつけたい落とし穴」と、情報を盛りだくさんにしても、それを3分ですべてを伝えるのは大変です。

3分間スピーチでは、ひとつの主題をじっくり話すことを心がけるといいですよ。「ネットショッピングが便利です。理由は~」と話し始め、「~といった理由で、ネットショッピングが便利です」と締めくくれば、スマートなスピーチに聞こえますね。

3分間スピーチを成功させるコツ♡【基本構成】を覚えよう!



主題が決まったら、主題についてどう話すかといった構成を作ります。実は、基本的なパターンに当てはめることで簡単にスピーチの構成を作ることができるんです!ここからは、ぜひ覚えたいスピーチの基本構成についてご紹介していきます。

序論→本論→結論の構成が相性◎


3分は、スピーチの時間としては短いもの。ですので、伝えたいことをコンパクトにまとめないといけません。そこでおすすめなのが、序論で話題を提供し、本論で具体例を挙げ、結論で意見を述べるというスタイルです。

「私は、エコバックは複数持っています(序論)」→「日用品をたくさん購入するときや、コンビニでちょっとだけ買い物をするときなど、用途によって使いたいエコバッグの形はさまざまです(本論)」→「なので、私はエコバックは複数持つべきだと思います(結論)」

この構成は、論文やレポートでも使われているテクニックです。この構成に当てはめてスピーチをすると「仕事ができそう!」という印象を与えられますよ。

過去→現在→未来に置き換えてもOK!



話の構成を過去→現在→未来に置き換えると、小さな話題でも大きく話を広げやすくなります。

「私は以前、朝が苦手でなかなか起きられませんでした(過去)」→「寝る前の習慣を見直して、質の良い睡眠を心がけています(現在)」→「ランニングや読書といった朝活を習慣化させるのが目標です(未来)」

早寝早起きをしたいというだけの話題でも、朝が苦手だったという過去と朝活をしたいという未来で時間の流れを作るだけで、ストーリー性が生まれますね。寝る前の習慣と質のいい睡眠のとり方の具体例をいくつか挙げたら、あっという間に3分のスピーチができあがりです!

「投げかけ」で共感を得られるスピーチに!


洗濯で役立つ雑学に「靴下を裏返して洗濯すると毛玉ができにくい」というものがあります。ですが、この雑学をそのままスピーチに使っても、そんなに反応は期待できなさそう。そんなときは「困っていませんか?」と投げかけることでスピーチの質がぐっと上がります。

「靴下にすぐ毛玉ができて困っているという人、いませんか?(投げかけ)」「私も靴下の毛玉を取るのが面倒だったんですが、解決方法を見つけました!(前置き)」「靴下は、裏返して洗濯すると毛玉ができにくいんです(本題)」「みなさんもぜひやってみてくださいね(結論)」

この方法だと、「私も靴下の毛玉に困ってる!」と共感されやすいので、ぐっとスピーチに聞き入ってもらえますよ。お客さん相手にも応用がきくので、接客業の人におすすめです。

好きな事を熱弁



こんなことを3分間スピーチでしゃべっていいの?と思うかもしれません。ですが、あなたの好きなことを「どうしたらみんなに興味をもってもらえるか」という観点で話すと立派なスピーチに変わります。

「私は『鬼滅の刃』という漫画が好きです」「大正時代という時代設定なので、建物や服装にモダンな雰囲気を感じられてとてもおしゃれです(理由1)」「子供に読ませたくないという意見も聞きますが、生きる、死ぬ意味を話すきっかけになるので、私はぜひ子供にも読んでもらいたいです(理由2)」

好きな理由を述べて、ぜひ読んでもらいたいです!と締めることで、好きな話題でもスピーチの構成ができあがります。3分間スピーチがマンネリ化してるなぁと思う人は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

3分間スピーチを成功させるコツ♡【時間配分】を覚えよう!



話す内容がまとまったら、3分でどのように話すか考えたいですよね。3分間スピーチには、理想の時間配分があります。

〈序論〉は30秒


「今日は、〇〇について話をします」といった、話題について触れる序論は30秒が目安。長すぎると本当に伝えたいことが伝わらなくなってしまいます。反対に、短すぎると内容が薄く感じられることも。序論は、話題の提供だけでなく、スピーチを聞く人の心をつかむ役割も果たします。

〈本論〉は1分


本論は、1分ほどかけて話すのがおすすめです。「〇〇についての理由は〇〇です」と、いくつかの具体例や理由を述べる部分ですが、感想や意見を挟まずに端的に述べることで1分に収まります。

〈結論〉は1分半


結論は、本論で話したことをもとに感想や意見を述べる部分です。感情のこもった言い回しや伝えたいメッセージなど、たっぷりと時間を使うことで、印象にのこるスピーチになりますよ。

実はこんなところに♪3分間スピーチに使えるネタをご紹介



続いては、実際に3分間スピーチに使えるネタをご紹介します。ニュースや話題を検索しなくても、意外なところにスピーチのネタがあるかもしれませんよ。

季節やその月にまつわること


月初めや季節の変わり目に順番が回ってくると、ネタ探しに困ることはありません。というのも、季節の花や旬の食べ物など、触れやすい話題がたくさんあるからです。

たとえば「秋はさつまいもがおいしい季節です。さつまいもは、おかずになるだけでなく、スイートポテトや芋けんぴなどお菓子にもたくさん使われています」このようなスピーチだと、とてもライトな話題でも季節の秋と結びつけることで違和感なく話ができますね。

日常生活で見つけたこと


3分間スピーチに使えるネタは、日常生活にもたくさん転がっています。通勤途中や家で過ごしているときにちょっと思った事でも、スピーチの構成に当てはめると意外と使えるかもしれません。

「会社の最寄である〇〇駅の由来について」「みんながよく飲んでいるコーヒーの効果について」といった話題は、職場の人も身近に感じやすいのでおすすめです。

家族や友達の話



同じ会社の人は毎日同じ空間で過ごしているので、価値観が固まってしまうこともありますよね。そういうときに、あなたの家族や友達の話を話題にすると新鮮な気持ちになれますよ。

「学生の弟が、自分も早く社会人になりたい。バイトと部活から解放されたいと言っていた」「リモートワークのときお母さんが家事で忙しそうにしていた」こういった話題は、会社の中ではなかなか思いつかないですよね。ネタに困ったときは、会社の外の人をヒントにネタを探してみてくださいね。


仕事の効率が上がる方法


インターネットで「仕事」「効率」と検索すると、さまざまな仕事の効率アップの方法が見つかります。こういった仕事に関する話題も、3分間スピーチにはおすすめです。

「もっと仕事ができるようになりたいので、仕事の効率を上げる方法について調べてみました」と言えば、上司や先輩からの評価がアップするかも!ほかにも、仕事のやる気を出す方法やおすすめのルーティンなど、仕事に役立つ情報は3分間スピーチのネタとして重宝します。

体調管理や健康法の話


さまざまな年代の人がいる職場では、「この話題はおじさんにウケないかな?」と不安になったりすること、ありますよね。体調管理や健康法といったネタは、老若男女を問わないので使いやすい話題です。

「簡単なストレッチを紹介するので、みんなでやってみましょう」と、動きをつけてみんなに参加してもらうのも楽しいですね。

困ったときに!3分間スピーチの例文集



ここからは、困った時に使える、スピーチの例文をご紹介します!少し短めの例文にまとめてありますので、あなたの経験や意見で肉付けをして、3分間スピーチを完成させてくださいね。

時事ネタを使った例文


「キャッシュレス決済が当然となってきている世の中ですが、まだ現金しか使えない場面が多くあるのをご存じでしょうか。

私は、先日コインパーキングを利用しましたが、精算機では現金の取り扱いしかありませんでした。その時は財布を持っていたので小銭で精算できましたが、近所の買い物だと財布を持ち歩かないこともあるので、少しドキっとしました。

ほかに、病院や役所の手続きでは、まだクレジットカードやスマホ決済が導入されていないそうです。キャッシュレス決済が進んでいる現在でも、まだまだ現金は必要だと感じました」

自分の好きなこと・人を話題にした例文


「私は『プラダを着た悪魔』という映画が好きです。仕事に行き詰ったときややる気がでないときは決まってこの映画を見ます。今日は、私が『プラダを着た悪魔』を見てなぜ仕事のやる気が起きるか、理由を紹介します。

上司であるミランダは、一見典型的なパワハラ上司です。ですが、仕事への情熱や家族に対しての想いを見ることで「上司にもこういう事情があるんだ」と気づかせてくれます。

また、ダメ出しをされながらも仕事を頑張る主人公のアンディの姿は、見ているだけで「私も頑張らないと!」と思わせてくれます。また、最後にはミランダに認められるまでに成長するアンディは、私の目標です。

上司側の視点が見えることと、主人公と自分を重ね合わせることで仕事のモチベーションがアップします。『プラダを着た悪魔』は、働く女性におすすめの映画です」

3分間スピーチはコツを覚えたら憂鬱じゃない♡



多くの会社で実施されている3分間スピーチですが、話のネタや構成はコツをつかめば簡単に成功できることがわかりました。また、スピーチの真剣に取り組むことでさまざまな力を身につけられます。

みなさんも、コツを覚えて3分間スピーチに楽しく取り組んでみてくださいね。

(まい)
1

関連記事