『生きている意味がわからない』原因を特定して元気な心を取り戻そう

人生を楽しく豊かなものにしたい。それは誰もが望む願いですよね。そんな思いを抱きつつも、今「生きている意味がわからない」という悩みに直面している人はいませんか?ここではそんなふうに考えてしまう原因や対処法を紹介します。生き生きと毎日を謳歌する、ステキな女性になりましょう!



目次

生きている意味がわからないと感じたことはありませんか?


悩みがたくさんある、生きがいや楽しみがない……。そんなときに「生きている意味がわからない」という考えが心に浮かんでしまう人もいるのではないでしょうか。答えがすぐに出てこないし、解決するためにどうしたらよいのかもわからず、困ってしまうでしょう。



ここでは生きる意味がわからなくなる理由をはっきりさせて、生きることに自分なりの価値を見出す方法を徹底解説します。ここで紹介したことを参考にすれば、気持ちがすっきりして「明日からもがんばろう!」と思えますよ。モヤモヤした気持ちに別れを告げて、ポジティブに人生を歩む女性に変身しましょう!

生きている意味がわからないと感じる瞬間とは?




人が生きることに疑問を感じてしまう瞬間は、実は日常にあふれています。その代表的な例を詳しく紹介しますので、自分がそう思ってしまったときに当てはまるものはないかチェックしてくださいね。心の奥に潜む本音を知るためにもきっと役立ちますよ。

同じことを繰り返す毎日がつまらない


特に問題なく過ごしているけれど、家と職場・学校の往復だけでハリがない毎日だと、生きることに疑問が浮かびます。面白みもない、淡々とした未来を想像して「このままでよいのだろうか」と思ってしまうでしょう。虚しさで、心が空っぽになった感覚になります。しかし何かしたいことがあるわけでもないので、いざ行動に出ることもありません。



人間関係で嫌なことがあったとき


人の心に大きく影響する人間関係。そこで嫌なことがあると、気持ちが一気に沈んでしまいますよね。強い関わりがある人たちとうまくやれなくなると、辛い毎日を過ごすことになり、そのうちなんのために生きているのだろうと思ってしまうでしょう。



ミスやトラブルが続いたとき


ちょっとしたミスやトラブルは誰にでもあることです。しかしそれらが同時に起こったり、解決してもすぐに新たな問題が浮かんできたりするようでは、心身ともにまいってしまうでしょう。やがて生きることの意味についてまで考えるようになり、暗い気持ちになってしまいます。

自信を失ったとき


これまで一生懸命やってきたのに全然成果が出ない、自分のなかでは満足していたのに周りに比べたらまだまだだったなど、打ちひしがれてしまうようなことがあったときも、なぜ生きているのだろうと感じてしまう瞬間と言えます。



努力することが無駄に思えてきて、次第に無気力になってしまいます。いきなりガクッと落ち込んでしまうパターンなので、周りからも心配されるでしょう。

生きている意味がわからないと感じる原因




どうして人は生きている意味がわからないと感じてしまうのでしょうか?そこにはさまざまな原因が考えられます。これから紹介する例をもとに、自分の心と一度じっくり向き合う時間を作るとよいでしょう。解決への道が開けてきますよ。

夢や目標を持っていない


今どうしても成し遂げたい夢や目標がありますか?夢や目標があれば、壁にぶつかって落ち込んでも、達成するためにすぐに気持ちを切り替え、乗り越えようとがんばれます。また、叶えられたときの喜びから、またがんばろうというやる気も起こるでしょう。



だから生きている意味はないと考えることもありません。逆にないという人は、内側から幸せを感じる機会がなく、小さなことでも諦めやすくなってしまうので、ちょっとした嫌なことがあるだけで人生そのものに疑問を抱えてしまいます。

毒親など家庭に問題がある


がんばっても褒められることなく、少しのことですぐに叱られて育った人は、大人になっても周囲の顔色を伺い、自信がもてない大人になってしまいます。自分を出せず、失敗を恐れてばかりいるので、常に息苦しさを感じているでしょう。楽しいと思えるときもあまりなく、いつも生きることの意味を探しています。



真面目で考え方がネガティブ


常にマイナス思考で、真面目すぎる人も要注意です。なんとかなるという考え方がなかなかできず、小さなことでも深刻にとらえてしまいます。物事に柔軟に取り組むことが苦手で、がんばりすぎてしまうところも、すぐにネガティブになる気持ちに大きな影響を与えています。


誰かに励まされても、ガクッと沈んでなかなか立ち直れません。そして悩みがどんどん広がっていくなかで、人生についてネガティブに考え込んでしまうでしょう。

周りと自分を比較してしまう


生きている意味がわからなくなる人のなかには、周りと自分を比較してしまう人もたくさんいます。さまざまなことで自身と他人を見比べ、劣っていると感じると、大きなショックを受けます。自分の存在価値を見失ってしまい、この先の人生は暗いものだと見なしてしまうでしょう。

過去や未来に固執してしまう


「昔あんなことしなければ……」「これから先どうなるんだろう」と過去や未来のことばかり考えてしまうのも、生きる意味がわからなくなってしまう一つの原因です。やり直せない過去やまだ誰にもわからない未来を重視しすぎては、肝心な今が疎かになってしまいますよね。今を精一杯生きられないことで、過去を誇り、未来に希望をもつチャンスをつかみ損ねてしまってはすごく残念です。

生きている意味がわからないと感じるときに考えたいこと




悲観的になってしまったら、これから解説するポイントについてぜひ考えてみてください。張り詰めていた気持ちがほぐれて、新しい考え方ができるようになるでしょう。これから先、困難に直面したときにも活かせることばかりですよ。

今つまらなくても、この先に必ず生きがいが見つかる


日々のルーティンの繰り返しにつまらなさを感じている人もいますよね。しかしそれは、生活の基盤が安定しているとプラスに考えてください。落ち着いた毎日のなかでこれから新たな出会いや趣味が見つかり、それらが生きがいになることも十分にありえます。まだまだ諦めず、小さな楽しみを見つけることが大事ですよ。



次のページ
1
2

関連記事