「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味は?使い方や注意点も解説

「何卒よろしくお願い申し上げます」という言葉は、ビジネスシーンでよく目にしますよね。とくに、ビジネスメールでは定型文のようにたくさん使っている方も多いでしょう。

ですが丁寧で便利な言葉ゆえに、言葉の意味をよく考えて使用している人は少ないのではないでしょうか?相手を敬う気持ちで丁寧に使ったつもりが、もしも使い方を間違えると不自然な文章になってしまい、恥ずかしい思いをするかもしれません。

この記事では、「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方や、使う際の注意点を詳しく解説していきます!クライアントとの信頼をつくるためにも、ビジネスシーンでの正しい意味・使い方を確認し、相手の気持ちに寄り添った丁寧なコミュニケーションをとりましょう!


目次

「何卒よろしくお願い申し上げます」の正しい使い方を知りたい!



「何卒よろしくお願い申し上げます」は、相手への敬意を表す際に使われる言い回しですが、意味をきちんと理解して使わなければ、逆に失礼になってしまうなんてことも……。そうならないためにまずは、改めて言葉の意味から確認していきましょう!

「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味とは


ビジネスで使うシーンの多い「何卒よろしくお願い申し上げます」という言葉。便利な言葉ですが、改めて意味を説明できる方は少ないのではないでしょうか?「便利だし……」となんとなく多用していても、間違った表現方法を使っていると、相手からの印象はよくありません。今一度意味を理解し、正しく使用していきましょう。


「何卒」の意味




1.相手に強く願う気持ちを表す。
2.手段を尽くそうとする意志を表す。
デジタル大辞泉


「何卒」という言葉は、「どうぞよろしくお願いいたします」と、相手へ強く願う気持ちを丁寧に表現する際に使われます。丁寧な言葉で、相手を敬う気持ちが込められているので、目上の人とのやりとりに適しています。逆に、親しい人や社内の同僚には堅すぎる表現のため、「どうぞ」を使うとよいでしょう。

ほかには、「なんとかして手段を尽くす」という意味を持ち、自分の強く切実な意思を、相手に伝えたい時にも使われます。

ちなみに読み方は「なにそつ」ではなく、「なにとぞ」です。メールや手紙で使われることが多く間違えやすい言葉なので、口頭で使用する際には注意しましょう。


「よろしく」の意味




1.ちょうどよいぐあいに。程よく。適当に。
2.人に好意を示したり、何かを頼んだりするときに添える語。
3.「よろしくお伝えください」の意で、別の人への好意を伝えてもらうときに用いる語。
4.《「宜」の漢文訓読語から》(「よろしく~べし」の形で)当然。ぜひとも。
デジタル大辞泉


「何卒よろしくお願い申し上げます」という挨拶表現に使われる「よろしく」には、 「程よい具合」や「適当」といった程度の意味があります。後ろに「お願い申し上げます」がつくので、「お願いね!」という懇願の程度を示していて、基本的には相手に何かをお願いするときに使われます。

そのほかに、ビジネスシーンにおいて、「~さんによろしくお伝えください」と言われることもあるでしょう。しかし、「よろしく伝えるってどういうことだろう……」と一見意味がよくわかりませんよね。

この言葉は、その場に相手がいなくて伝えることができないといった状況下で使われ、
1.お礼を言いたい時や謝罪をしたい時「よろしいように伝えてね」
2.「いつもお世話になっているので挨拶を伝えておいてください」
といった意味合いがあります。


「お願い申し上げます」の意味



「お願い申し上げます」は、「願う」と「言う」を組み合わせた言葉です。「申し上げる」とは、「言う」という意味の謙譲語であり、目上の人や取引先にお願いごとをする場合に使用する丁寧な表現です。「よくしてくれることを相手に願う」ことを意味しています。

同じく謙譲語・丁寧語で「お願いいたします」という言葉もありますが、前につく「何卒」は丁寧な表現なので、後ろに続く言葉も丁寧な形が望ましいでしょう。社外の方とコミュニケーションをとるときなどは、「お願い申し上げます」のほうが、より丁寧な表現で適切といえます。

「何卒よろしくお願い申し上げます」のビジネスシーンでの使い方


とくにビジネスシーンでは使用の頻度が高いこの言葉。毎回同じ言葉で、なんとなく使用している方も多いのではないでしょうか?うまく使いこなせるように、シーン別に正しい使い方をみてみましょう。


ビジネスメールや文書の締めとして使う場合


文書の締めの挨拶として使う場合は、相手へ丁寧な印象を与えることができます。

「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」


こちらはビジネスメールの文書の締めとして、よく使用される定型文ですよね。

「今後とも変わらぬおつきあいのほど、何卒よろしくお願い申し上げます」


「変わらぬお付き合いのほど」をプラスすると、より丁寧な印象です。これらは継続して仕事の依頼を行う場合や、仕事を引き受ける場合に使用すると、スマートに文章がまとまるでしょう。

「本年も、何卒よろしくお願い申し上げます]


このように、新年の挨拶にも使用することができます。

何かを依頼する場合


「何卒」をつけると、依頼内容を強調した表現になります。

「何卒ご回答くださいますようよろしくお願い申し上げます」


依頼に対して回答してほしいときに使用します。

「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」


依頼内容を検討してほしいときに使用します。

「ご査収のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」


「中身を確認して受け取ってほしい」という意味です。資料などを提出する際に使用します。

「ご確認のほど何卒よろしくお願い申し上げます」


確認してほしいときに使用します。

これらは、お願いや依頼をした後の締めの言葉として使われます。丁寧な言い回しで、強い気持ちをもってお願いする意味合いを持ちます。

「何卒ご回答くださいますようよろしくお願い申し上げます」のように、「何卒」と「よろしくお願い申し上げます」の間に依頼内容を入れてもよいでしょう。

謝罪する場合


ビジネスシーンで相手に謝罪・お詫びをする場面にも「何卒よろしくお願いいたします」を使用できます。

「何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます」



相手から許しを得たいときに使用します。深い敬意を示しながらもお願いをするフレーズです。

「ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」


「理解してくれるよう、お願いします」という意味です。

「お許しいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」


「許してくれるように、お願いします」という意味です。ほかにも同じ意味で、「お許しいただけますよう」としても、丁寧です。

これらのフレーズをお詫びメールの締め結びに使用すると、「何卒」という丁寧な言葉の効果によって、相手の気持ちをやわらげたり、自分のイメージダウンを防ぐことができます。素早い対応を心がけ、丁寧な言葉で謝罪の気持ちを伝えることで、相手との関係性の修復につながるでしょう。

「何卒よろしくお願い申し上げます」への返事・返信の仕方


「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方についてはわかりましたが、逆に相手から受け取った時の返事に困る……。という方もいるのではないでしょうか?それでは、次は適切な返事の仕方について確認していきましょう。シーン別に例文もご紹介します!


ビジネスメールや文書の文末にあった場合


ビジネスメールの文末の結び・締めの挨拶言葉として使われることが多いこの言葉。返事の例文や、プラスアルファ加えるとより丁寧な表現についてみていきましょう!

「こちらこそ、よろしくお願いい申し上げます」


「こちらこそ」をつけることによって、丁寧さが伝わります。なおかつ、どのような内容にも当てはまるので万能です。

「何かと至らない点もあるかと存じますが、こちらこそよろしくお願い申し上げます」


「こちらこそ」にくわえて、「何かと至らない点もあるかと存じますが」などをつけ加えると、より丁寧です。

例:イベント手伝い前日にきた挨拶メールへの返信
「いつもお世話になっております。
承知いたしました。
何かと至らない点もあるかと存じますが、このイベントが成功しますよう、私も微力ながらお手伝いできればと思います。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。」

ビジネスメールで依頼された場合


依頼された場合は、依頼されたことを入れて返すことがポイントです。例えば、下記の例のように「~時に~へ集合」という依頼内容であれば、「それでは、~時に~へ伺います。」など、繰り返すことで丁寧なうえに確認にもなり、認識違いを防ぐことができます。

また、「承知いたしました」や「かしこまりました」は、要望や決定事項を受け入れたことを丁寧に表している表現です。「何卒」に合わせて、丁寧な返事をすると印象がいいでしょう。

例:打ち合わせの日程メールへの返信
「お世話になっております。
日程のご連絡を頂き、誠にありがとうございます。
承知いたしました。
それでは、~月~日~時に、貴社にお伺い致します。
当日はどうぞよろしくお願い申し上げます。」

ビジネスメールで謝罪された場合



謝罪メールを受け取った時は、

1.はやめの返信を心がける
2.メールを受け取ったことを知らせる
3.謝罪してくれたことへの配慮
4.怒っていない
5.今後も変わらぬお付き合いをしたい

以上の5点をうまく伝えることがポイントです。

例文:確認ミスが起き、謝罪メールがきたときの返信
「いつもお世話になっております。
先ほどは、ご丁寧にご連絡いただき、ありがとうございました。
こちらこそ確認が足らずに、申し訳ございませんでした。
どうかお気になさらないでください。
常日ごろからご丁寧に対応をして頂き、こちらこそ感謝申し上げております。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。
貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」

ミスをしてしまったり、迷惑をかけてしまい謝罪メールを送るときは、誰だってすごく落ち込んでいることでしょう。謝罪メールの返信は、相手の立場になって考えることが大切です。相手が安心出来るよう早めに、ポイントを押さえて寄り添った返信をするように心がけましょう。

「何卒よろしくお願い申し上げます」を使う際の注意点


使用する頻度の高い便利な言葉ですが、使う際の注意点はあるのでしょうか?不自然な使い方をして相手に失礼のないように、チェックしていきましょう。

親しい人や部下には使わない


近しい人へ使うには、丁寧すぎてしまい、堅苦しい不自然な印象を与えてしまいます。距離を感じる文章になってしまうため、親しい人や部下には違う言い回しをしましょう。

「どうぞ」や「どうか」をつけ足さない


先ほどもあったように、「どうぞ」や「どうか」は、「何卒」と同じ意味を持っているため、二重に使ってしまうと変な文章になってしまいます。一緒には使用しないようにしましょう。

次のページ
1
2

関連記事