思春期ニキビの原因や治し方をご紹介!即効で治すケア方法やNG行動も

思春期の頃、ふと鏡を見たときに顔にできたニキビを見つけては思わずため息をこぼしたことはありませんか?早く治そうと思わずニキビを潰した……なんて人もいるのではないでしょうか?思春期ニキビとは主に中学生から高校生のころにできやすいと言われており、どうやってケアをすればいいのか戸惑う人もいるかもしれません。そこで、思春期にできたニキビの正しいケアと、絶対にやってはいけないNG行動をご紹介します。


目次

ケアしても出来てしまう「思春期ニキビ」の正しい治し方を教えて!


 ケアをしても次々とできてしまう思春期ニキビ。以前はそこまで病気として認知されてきませんでしたが、現在は異常性ざ瘡という病気として認知されています。適切な治療をしなければニキビ痕として一生残ってしまう可能性があります。では、なぜ思春期ニキビができてしまうのでしょうか。


思春期ニキビのできる原因って?



顔や背中などにできた思春期ニキビを何とかしたい!一生懸命洗顔をして、化粧水もつけてしっかり保湿をしているのに、なぜか次から次へとニキビができてしまうのか……それにはこんな理由があります。

ホルモンバランスの乱れ



実は思春期になると女性も体内にある「男性ホルモン」の分泌が増えます。男性ホルモンの分泌が12~18歳がピークと言われていますが、この男性ホルモンが増えることで皮脂の分泌が増えます。お肌も皮脂でベタベタし、ニキビができやすい環境になります。

毛穴が詰まっている



男性ホルモンの分泌が増えることで、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。毛穴が詰まってしまうと、毛穴の中でニキビの原因になる「アクネ菌」が増殖してしまい、炎症が起こりやすい状況になります。炎症を起こした状態を赤ニキビといいますが、炎症が進み膿が溜まると今度は黄色ニキビになります。

栄養バランスの乱れ


中学生くらいになると、自分の体型が気になってしまいつい朝食を抜いてしまうなんて人もいるのではないでしょうか。ダイエットをすると体内でビタミンB群が不足してしまい、代謝がうまく行われず皮脂のコントロールが乱れ、肌が脂っぽくなることでニキビができやすい環境になります。

睡眠不足



友人と夜遅くまで連絡していたりドラマを見ていたら、いつの間にか深夜になっていた。楽しい気持ちは分かりますが、夢中になり過ぎてつい睡眠不足になっていませんか?私たちは眠ることで日中傷ついた細胞を修復し、新しい皮膚を作っています。ところが、睡眠不足になってしまうと傷ついた細胞の修復も十分にできず、ターンオーバーも乱れて古い角質が残ることで毛穴が詰まってしまうことも。

体を冷やすファッション



冬でも足を出したファッションを好んで着る人も居ますが、体を冷やしてしまうと血行が悪くなります。血行が悪くなると代謝が低下してしまい、十分な栄養が細胞へ行き渡らなくなってしまいます。冷えは万病のもととも言いますが、肌が乾燥したりホルモンバランスも乱れてしまうため、肌荒れが起こりやすくなってしまいます。夏もエアコンで体が冷えてしまうので、なるべく体は冷やさないようにして下さい。

紫外線のダメージでニキビができてしまうことも


紫外線を浴びることで肌がダメージを受け、コメドというものができやすくなります。コメドができると毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビができやすい状態になります。また、紫外線はニキビを悪化させてしまい、炎症がひどくなる可能性も。運動部の人は特にニキビが悪化しやすくなります。

ニキビのできる場所別!思春期ニキビの原因は?



ほほやおでこ、小鼻など人によってもニキビができる場所は異なります。そして、できる場所によってもニキビができる原因は異なってきます。では、部分別でニキビができる原因を見てみましょう。

おでこのニキビ



おでこにできるニキビの原因は2つあります。1つは自律神経の乱れです。自律神経が乱れてしまう原因がストレスと睡眠不足です。夜の22時から2時まではお肌のゴールデンタイムという言葉を聞いたことはありますか?この時間は肌の修復が行われる時間になるので、遅くてもなるべく23時までには眠るようにし、ホルモンバランスを整えるように心がけてください。

2つ目はシャンプーやリンス、洗顔料の洗い残しがある場合が考えらえます。特に生え際にできるニキビは、この洗い残しの成分が肌に対して刺激になってしまい、ニキビができてしまう可能性があります。髪や顔を洗う際はこの生え際の洗い残しには気をつけましょう。

ほほのニキビ



ほほにニキビができてしまう原因は脂っこい食べ物やスナック菓子を食べることで脂質や糖質の取り過ぎになってしまうこと、便秘や冷え性によって代謝が落ちてしまう、胃腸の機能の低下などが理由になります。バターやベーコン、チョコレートにチーズは脂質も糖質もたくさん含まれています。食事も洋食が多い場合は和食に切り替えることで、糖質と脂質をコントロールできるのでおすすめです。

背中や胸元などのデコルテ



背中や胸などのデコルテと言われている部分にできるニキビは真菌というカビが原因の可能性が考えられます。背中ニキビは「毛のう炎」と言われており、黄色ブドウ球菌や細菌、マラセチア菌という真菌が原因で起こります。この細菌や真菌が毛包に侵入して増殖してしまうことでニキビが発生してしまいます。

フェイスライン


大人ニキビができやすい場所があごや口周りのUゾーンと言われる場所ですが、思春期の人でもできる可能性はあります。寝不足や栄養バランスの偏った食事やストレス、乾燥などが考えられます。ニキビになると皮脂のべたつきが気になって保湿をあまりしない人も居ますが、乾燥は皮脂の分泌を促進し、さらにニキビが悪化する原因になります。

思春期ニキビを即効で治す方法はある?



できてしまった思春期ニキビを早く治したい。10代はまだ新陳代謝も活発で傷の治りも早いのですが、もっと早くニキビを治す方法があります。

まずは清潔に!でも洗顔のやりすぎもNG



ニキビの原因であるアクネ菌の増殖を抑えるには肌を清潔にすることが1番。ですが、清潔を心がける余り1日何回も洗顔をしていませんか?実は洗顔をする度に肌に必要なうるおいまで奪ってしまいます。うるおいが失われた肌は乾燥してしまい、バリア機能が低下するため肌荒れが起こりやすくなったり、余計に皮脂が分泌されます。洗顔は1日2回までにすること。洗う際はゴシゴシこするのではなく、ふわふわの泡で優しくなでるように洗ってください。

病院で薬を処方してもらう



皮膚科を受診すると、アクネ菌を殺菌したり炎症を抑える薬を処方してくれます。薬を塗ることでニキビの炎症を抑えてくれるため綺麗に治ります。ニキビの状態によっては先生が専用の器具を使って押し出すこともあります。黄色いニキビや黒いニキビが気になる人は皮膚科を受診しましょう。

ニキビ専用のコスメを使用する


通常の化粧品では保存料や香料、シリコンなどの刺激によってニキビが悪化してしまう可能性があります。ニキビ肌専用のコスメなら、皮脂の過剰分泌を抑えたり、アクネ菌を殺菌し、肌に適度なうるおいを与えます。泡立てネットを使用してふわふわの泡で洗い流し、肌ざわりのいいタオルでそっと抑えるようにして肌の水分を取りましょう。

睡眠時間をしっかり確保する



ニキビを早く治すためにも、しっかりと寝る時間を確保しましょう。眠ることで肌荒れを修復しストレス解消に繋がります。ストレスホルモンは皮脂を過剰に分泌させてしまうので、ニキビを悪化させずしっかり治したいという人はゆっくり休んでください。

しっかりご飯を食べる


3食しっかりとバランスを考えた食事をすることで、体に必要な栄養を補うことができます。例えばいつもスナックばかり食べているという人はドライフルーツに置き換えたり、体のことを考えた自然派食品を取り入れるといいでしょう。ただし、ナッツ類は脂肪分が多いので、食べすぎには要注意です。

適度な運動をして老廃物の排出を促す


体に溜まった老廃物の排出を促すには、適度な運動をすること。運動をすると血液の循環も良くなり、冷え性の改善や代謝アップにも繋がります。汗を流すと毛穴も開いて老廃物が出やすくなりますが、汗をそのまま放置すると雑菌が繁殖しやすくなるので気をつけましょう。

手軽に買える!思春期ニキビに効果的な食べ物・飲み物



スキンケアだけではなく、毎日口にする食べ物や飲み物からもニキビを内側からケアすることができます。普段あまり食べ物や飲み物に気を使わない、自分の好きな物しか口にしていないという人も、美肌を目指すために体に良い物を摂るようにしてみませんか?

飲むヨーグルト



ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、腸内環境を整える効果があります。女性の人で便秘に悩む人が多いのですが、腸内環境が乱れてしまうとニキビができやすくなってしまいます。ただ、飲むヨーグルトには砂糖が添加されており、飲みすぎは糖質の取り過ぎになるので気を付けてください。

野菜ジュース



野菜ジュースにはビタミンCやEが含まれており、脂質の代謝を促したり抗酸化作用があるためニキビを予防したり回復を促します。トマトジュースもリコピンが含まれ、美白効果や抗酸化作用があるので、毎朝コップ1杯程度飲むようにしましょう。

1
2

関連記事