結婚する人は直感で分かる!?運命の相手だと感じる瞬間をご紹介♡

出会った瞬間に「この人と結婚する!」と思えるような、ドラマチックな出会いに憧れますよね。しかし、なかなか素敵な出会いはなくドラマの中だけの出来事なんじゃないか、と寂しくなることもあります。

出会いと別れを繰り返し、辛い経験も味わってようやく結婚相手に巡り会えた、といった人がほとんどだと思います。では実際に、将来の結婚相手は直感で分かるものなのでしょうか?詳しく掘り下げていきましょう。



目次

私この人と結婚するかも!と感じる相手に出会いたい♡




「出会った瞬間に結婚するかもって直感した」そんな出会いに、結婚願望がある人なら憧れますよね。実際どれだけの既婚者が結婚相手について直感が働いたことがあるのでしょうか?この記事では、既婚者の経験談などから分かった直感が働いたときの感覚や、運命の相手だと感じる瞬間についてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この人と結婚する!と直感する瞬間とは?




ここでは、「この人と結婚する!」と直感する瞬間についてご紹介します。直感とは自分の過去の経験や知識など、さまざまなものが結びついて生まれるものなので、信じるに値するのではないでしょうか。もしあなたが最近、これから紹介することと似たような感覚に遭遇していたら、結婚が近いかもしれませんよ。

ビビッ!ときた


結婚相手に直感が働いたことを表現するのに、「ビビッ!ときた」という言い方がよく使われますよね。言い換えると、「大きな衝撃を受けた」「運命を感じた」ということになるのでしょう。一目惚れにも近い感覚かもしれません。実際に経験していない人には信じられないかもしれませんが、本当にそう感じる人が意外と多いのです。

安心感や他の人にない居心地の良さを感じた


安心感や居心地の良さを感じる相手なら、ずっと一緒にいたくなりますよね。会話中に沈黙が続いても苦にならない相手、自分の過去の失敗や恥ずかしいことを隠さず話せるぐらい気が許せる相手……。



そんな風に一緒にいるときに自分がリラックスしていられる相手なら「結婚して幸せな家庭を築けそうだな」とイメージが膨らみ、「これは運命に違いない!」と感じることがあるようです。この感覚は、付き合いの長さは関係ありません。初対面や出会ってから日が浅くても自然とわいてくるでしょう。

相手との共通点が多い


例えば、服や趣味などがなんとなく似ていたり、自分と雰囲気が似ていたりと共通点が多いと話が弾みますよね。そのようなときは、不思議と結婚相手としての直感が働くことがあるようです。



初めて会ったのに昔から知っているような感覚がある


初めて出会ったはずなのにどこか懐かしく、昔から知っているような感覚がある場合、「この人と結婚する!」という直感が働くことがあります。



「ソウルメイト」という言葉を聞いたことがありますか?ソウルメイトとは、前世で何度も出会っていて、現世でも会うことが約束されている運命の人のことです。前世の記憶が残ってる人はいないはずですが、「どこかで会ったような……」と感じるなら、その相手はソウルメイトである可能性が高いですよ。

長い時間一緒にいても飽きない


誰だって出会ったばかりのころは気持ちが盛り上がっているので、飽きるという感覚はありませんね。しかし付き合いが長くなると、一緒にいてもつまらないという気持ちになることがあります。



長い時間一緒にいても飽きない、一緒にいることが自然で当たり前と感じるのは、家族のように相手を思っているからでしょう。その相手はあなたにとってかけがえのない存在だということです。それに気づいたときに結婚相手だという直感が働くようです。

相手との子どもが欲しくなる


「この人との子どもはどんな顔かな、見てみたいな」と、ふと相手が将来の結婚相手だという直感が働くことがあります。人間の本能として自分のDNAを残したいと思うのは自然な思考といえます。相手をその候補と考えるのは、結婚相手としてふさわしいと感じているのでしょう。



笑いのツボが一緒


一緒にテレビでお笑い番組などを見ているときに、笑いのツボが一緒だった!そんなときに、その相手が人生を共にする人かもしれないとの直感が働くこともあります。



笑いの感覚が一緒であれば、毎日一緒に暮らしていく上で心地よく楽しく過ごせますよね。笑いのツボがずれていても結婚生活には問題なさそうですが、些細な幸せが共有できるのは大切なポイントといえるでしょう。

結婚願望が強くなったタイミングで出会う




結婚はタイミングが大事だとよく言われます。結婚願望が強くなったタイミングで出会った人が、運命の相手である可能性は高いです。また、あなたが出会った相手に運命を感じた場合、相手も同じように感じていたというケースが多いのです。

結婚する人を決めるときに直感を信じるメリット・デメリットは?




結婚相手を決めるときに、直感を信じる人はたくさんいます。しかし、直感で結婚すれば幸せになれるのか、ちょっと不安でもありますよね。ここでは、直感を信じることのメリットとデメリットについてまとめてみました。

直感を信じるメリット


条件などを無視して直感を信じて結婚した人のほとんどは、現在の結婚生活に満足しているようです。直感というのは外れにくいのかもしれません。考えすぎず、自分の気持ちに素直になったり、感覚を信じてみることも大切ですね。



直感を信じるデメリット


直感だけを信じて結婚してしまった場合に、起こりうるデメリットもあります。例えば相手が借金を隠していたり、ギャンブル好きだったり、キレやすい性格だということに結婚生活を送ってみてから気付く場合などがありますね。

経済的な面でのトラブルが起こるケースが多く見受けられます。たとえ直感が働いたとしても、最低限のリサーチはしておくべきでしょう。

結婚する人を決めるときに直感以外で大事なポイントは?




結婚相手を決めるときに、直感以外でも大事なポイントがいくつかあります。ここでは、既婚者の経験をもとにご紹介していきます。

相手の家庭環境について知っておく


お互いの家庭環境の違いは、愛があれば問題ないと思いがちです。しかし、結婚生活を送るうちにそのお互いの家庭環境の違いによるトラブルなどが起こる可能性が高いのです。

例えば、カップル二人だけではなくお互いの家も関係してくる行事の際に色濃く表れます。結婚式、出産、初節句、家を建てるなどさまざまな行事の際にもめてしまうのです。結婚前に相手の家庭環境について知っておくことは、必ずあなたのためになりますよ。

性格や価値観が合うか


お互いに好き同志で結婚したとしても、元は他人同士。性格や価値観が完全に一致しないのは当たり前だけれど、ある程度は合わないと一緒にやっていけません。結婚前に性格や価値観が合うかどうかは冷静に判断しましょう。



相手の経済力と金銭感覚


結婚相手の収入については、恋人同士の段階では聞きにくい部分ではあります。しかし、知らなくてもなんとかなるだろうと目を背けてしまってはいけませんよ。結婚してからの喧嘩の原因の多くは経済的問題からとも言われています。

また、金銭感覚が似ているカップルの方が上手く生活していけるので、デートの際にはそういった部分も見逃さないで観察した方がいいでしょう。

ちょっと待った!結婚するタイミングではないのはどんなとき?




さて、あなたが結婚したいと思っている相手とのベストな結婚のタイミングはいつなのでしょうか?ここでは、結婚するのはちょっと待った方が良いタイミングについてまとめました。

結婚よりも趣味や仕事を優先したいと思っている


趣味や仕事で充実した毎日を送っている場合、特に仕事が好きでやりがいを感じている人は、結婚により出産・育児など状況が大きく変わることを恐れることがあります。特に女性の場合、出産後も仕事を続けたいと思うなら、相手と話し合い気持ちを理解してもらいましょう。



話し合いの結果、あなたの意向を尊重して育児・家事に協力的な姿勢を見せてくれるなら、結婚の話を進めてみましょう。相手の反応次第では、その時点では結婚のタイミングではないと考えた方がいい場合がありますよ。

結婚を考える余裕がない


毎日が忙しすぎて結婚を考える余裕がないときは、話を進めるのを待った方がいいでしょう。これは、カップルのうちのどちらかが多忙であるケースも該当します。人生が大きく変わる結婚は、お互いにじっくり向き合って話せる状況を作ることが重要です。

どちらか一方ではなく、お互いに仕事でひと段落ついたような状況の際に結婚話を進めれば、順調に進んでいく可能性が高いですよ。

結婚を決意するまでの信頼関係が築けていない




恋人同士の関係と結婚の間には大きな差があります。女性の場合、出産を考えるとなるべく結婚を急ぎたくなるし、男性の場合は本当の意味での信頼関係を築くのに女性よりも時間がかかりがちです。どちらか一方だけ結婚に焦りを感じていたら、結婚するタイミングではないでしょう。

周囲から急かされての結婚


結婚は周囲の人が決めるものではありません。自分自身が自発的に考えて結婚したいと思うこと、相手もそう思うことが一番大切なポイントです。



特に、友人たちの結婚ラッシュには、取り残されたくないと焦ってしまいますよね。親からの孫の顔が見たいとの催促にも影響を受けがちです。そんな状況で結婚してしまうと、将来後悔してしまうことも大いにあり得ますよ。自分のペースや気持ちを大切にしてくださいね。


結婚するなら直感を大事にしつつリサーチもしよう




自分の直感を信じて結婚を決めて、結果的に大成功だと感じている既婚者の方が多い点から、直感のままに突き進んで行くことは良い判断だといえるでしょう。

同時に、結婚相手と性格や金銭感覚など、今後トラブルになりかねない問題についても観察しておくことも重要です。自身の直感と最低限のリサーチを忘れなければ、きっと夢に描いていたような結婚生活が待っていますよ。

(まい)
1

関連記事