ヒールが痛いは勘違い!対処法で快適パンプス生活!靴選びのコツも解説

ヒールのある靴は「おしゃれには必須」とも言えるほど重要なアイテムですよね!ただ残念ながら、ヒールを履くと足が痛くなってしまうこともあります……。

ではどうしてヒールを履くと、足が痛くなってしまうのでしょうか?痛みの原因や対処法、靴選びのコツを知っていると、履いていて快適なパンプス選びができるようになります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

ヒールを履くと足が痛い原因や対処法が知りたい



「洋服に合わせるならヒールが一番」「仕事にはヒールじゃないと」「ヒールが好き」など、ヒールのある靴を履く理由は人それぞれですが、大人になるとヒールの靴を履く機会は多いですよね。

なかにはヒールを履いても「痛くならない、大丈夫!」と、トラブルがない人もいるかもしれませんが、足のどこかが痛くなってしまう人も多いです。では、ヒールを履くと足が痛くなる原因や対処法はあるのでしょうか?まずは足が痛くなる原因から見ていきましょう!

ヒールを履くと足が痛い原因とは



靴にはいろいろな種類がありますが、特にヒールは足に負担がかかりやすい構造となっています。ヒールを履くと足が痛くなってしまう原因はいくつかありますが、自分はどの理由が当てはまるか見ていきましょう。

サイズが合っていない


靴を選ぶうえで大切なのは「サイズが合っていること」ですが、足が痛くなってしまう人のなかには「デザインが好きだから」「いつものサイズだから」と、足に合わないサイズでもそのまま履いてしまう人がいます。

人によって足の幅や厚みなどが違うので、いつものサイズでも合わない場合があります。そしてサイズが合わない靴を履いていると、靴擦れや足の変形が起き、痛みが出てきてしまいます。

「足が痛くならないように、大き目のサイズを選ぶ」というのも実は間違いで、大きいサイズを選んだ結果、靴の中で足が動いてしまい、痛みが出てしまうこともあります。「この靴を履きたい!」という気持ちから、サイズが合わない靴を履くことは、足にとって「デメリット」が多くなってしまいます。

外反母趾


足の指先が変形してしまったり、さらには痛みが出てきてしまったりすることもある「外反母趾」ですが「名前を聞いたことがある」という人も、多いのではないでしょうか?

外反母趾は足の指先が変形してしまう状態で、靴を履くと指先や骨が圧迫されて、痛みが出てきてしまうことがあります。特にヒールのある靴はつま先が細くなっているデザインが多く、さらにヒールはつま先に体重がかかりやすいので、痛みが出る可能性が高くなってしまいます。

偏平足



偏平足は、土踏まずの部分が減っていってしまい、足の裏が平らになってしまっている状態です。土踏まずには歩いたり走ったりするときの衝撃を和らげる役目や、身体のバランスを保つ大切な役目があります。そのため偏平足になると足に負担がかかり、疲れやすく、足に痛みが出てしまう場合があります。

体重がかかる


サンダルでもパンプスでも、ヒールを履いていると足がつま先立ちをしているような状態になります。常につま先で立っているような状態なので、体重は主につま先にかかってしまい、圧迫されて痛みが出てきてしまいます。

そしてつま先をかばうために踵(かかと)に体重をかけると、さらに足の痛みが広がってしまい、つま先だけではなく足の裏全体が痛くなってしまうこともあります。

靴擦れができる



ヒールのある靴は、デザインが凝っていておしゃれな靴が多いです。でも「サイズが合っていない」「自分の足の形に合わない」「素材が硬い」ような靴だと、足にマメができたり皮がむけたり、靴擦れを起こして痛みが出てきてしまいます。

ヒールの痛みを軽減する方法



ヒールのある靴を履いて痛みが出ても、おしゃれのために我慢してしまう人もいますよね。けれど、痛みを我慢したまま履き続けるのは、辛いうえに足に負担がかかり、あまり良くないことです。

できるだけ痛みを軽減し、ヒールのある靴でも足への負担を減らし、少しでも履きやすくすることを考えていきましょう!では、ヒールの痛みを軽減する方法とは、どんなものがあるのでしょうか?方法はいくつかあるので、自分に合いそうな方法を試してみてくださいね。

インソールを入れる


足の痛みを軽減するには、インソールがおすすめです。靴の中にインソールを敷くことによって、硬い靴底の衝撃を吸収してくれて、足の痛みを緩和してくれます。

インソールにはつま先だけのもの、土踏まずにクッション性があるもの、サイズを調整してくれるものなど、いろいろな種類があります。自分の足の状態や靴の状態によって、適したインソールを選ぶようにしましょう!

ハンカチを入れる



外出先で急に足が痛くなってしまった……。そんなときは、手持ちの薄手ハンカチを足の痛い場所に入れると、クッションの役目をしてくれて足の痛みを軽減してくれます。ちょうどいいハンカチがない場合は、ティッシュペーパーでも代用できます。

耐震マットを入れる


「靴に耐震マット?」と思うかもしれませんが、耐震マットは意外と優秀で使えるアイテムです。靴に合わせたサイズに簡単にカットできるので、内側に敷いてインソールとして使用することができます。

貼ったあとに剥がすこともできるので、自分の足に合った場所に自由に移動させて貼ることもできます。インソールとして使用する以外にも、小さめに切って踵に貼ることや、痛みが出やすい場所に貼ることもできます。

テーピングする



ヒールを履くと足が斜めになり体重が前にかかるので、つま先に痛みが出てくることがあります。そのなかでも痛みが強く出やすいのが、中指と薬指です。

その痛みを軽減するためには「テーピング」が最適です。中指と薬指にぐるぐるとテーピングをするだけでOK、痛みが緩和されます。

休憩&マッサージ


「足に痛みが出てきてしまった」「足が痛くなりそう」そんなときは、少し休憩してマッサージをするのも、痛みの軽減効果が期待できます。

パンプスを脱ぐことで開放感があり、足が解放されることによって痛みが軽くなります。脱いだら軽くマッサージをして、歩いていてまた痛くなりそうなときは休憩し、少しでも足を休めてあげてください。

『ヒールが痛い』から卒業!パンプスの選び方



いつまでも痛みの出るヒールを履いているのは辛いものですよね。日々、仕事でヒールを履かなければいけない人ならなおさらです!できれば、足に合った快適パンプスを選びたいものです。

ではどんなパンプスを選んだら「ヒールが痛い」から、卒業できるのでしょうか?足が痛くならない、パンプスの選び方のコツを解説していきます!

試着をして店内を歩いてみる


パンプスを履いたときに足が痛い、靴擦れができてしまう……。その理由として「靴のサイズが合っていない」というのがあります。「いつもこのサイズだから、今回も同じで大丈夫」と買う前に試し履きをしないのは、靴のサイズを選ぶときの危険な間違いです。

ブランドや靴の種類によって、サイズ感が変わってくることがあります。必ず足にフィットしているかどうかを確認して、実際にお店で試し履きをして歩いてみましょう。フィット感のチェックは下記を参考にしてください。

靴のフィット感チェック!


・踵に隙間がなく、フィットするか
・前にすべらず、きちんと止まるか
・歩いてみて、ぐらぐらしないか
・履いてみて足のサイズ(幅も含む)に合っているか

以上のことを意識してフィット感を確かめながら、試し履きをして店内を歩いてみてください。もしどうしてもサイズ選びに自信がないようだったら、百貨店などのシューフィッターサービスを利用することも考えてみてくださいね。一度正確なサイズがわかると、次からは自分でも選びやすくなります。

太いヒールのものを選ぶ



ヒールのあるパンプス系は、スニーカーなどよりも足への負担が大きくなり、重心が取りにくい構造となっています。特にピンヒールは安定感があまりなく、足に痛みも感じやすい場合があります。

パンプスを選ぶときは、できるだけヒール部分が太くなっていて、安定感のあるものを選ぶと歩きやすく、足の痛みが出にくくなります。特に仕事で長時間立ったり歩いたりする人は「ヒールの太さを重視」して選ぶことをおすすすめします。

「もしかして、ヒールのないパンプスの方が足にはいいのかな?」と思ってしまいがちですが……。逆にヒールのないペタンコなパンプスは、体重移動がしにくく、疲れやすくなってしまいます。パンプスのヒールの高さは「3センチ~4センチが理想的」で、高くても「6センチまで」を目安としてください。

次のページ
1
2

関連記事