「面白いこと」を探している人の心理とは?人気の「面白い」を解説!

日々仕事や勉強、家事などを頑張っている中で、ふと「面白いこと」を探したくなる瞬間はありませんか?楽しみが1つあるだけで、毎日を有意義に過ごせますよね。

しかし、いざ面白いことを見つけようと思っても、なかなか思いつかないことがあります。自分が今何をしたいのか、どんなことができるのかなどをチェックし、自分にぴったりの面白いことを見つけましょう。



目次

「面白いこと」は日常にたくさん隠れている♪



念入りな予定を立てて行く旅行や、思い切ってたくさんの買い物をした日などは、普段とは違う「非日常」を味わえて楽しいですよね。しかし、これらは時間やお金に余裕がなければできないことです。もっと気軽に楽しめることがあれば……、と悩んでいる人はいませんか?

実は、普段の日常の中にも、面白いことはたくさん隠れているのです。いつもとは少し視点を変えて過ごしてみることで、新たな発見ができるかもしれませんね。

「面白いこと」を探している人の心理とは?



そもそも、人はどうして面白いことを求めるのでしょうか。1人でできることであったり、はたまた大人数でやることであったり、人によって面白いと感じることはさまざまです。

大切なのは、今自分がやりたいことや欲しいものなどはなんなのかを知ることです。心の底から楽しめてこそ、充実した気持ちになれるのではないでしょうか。

常に刺激が欲しい


新たな発見や心躍るような体験を求める人にとっては、刺激を感じることこそが「面白いこと」と言えます。毎日のように刺激のある日々を過ごしていると、自然と明日を迎えるのが楽しみになりますね。

代わり映えしない毎日にうんざりしている


面白いことを求める人というのは、同じことを繰り返すだけの単調な毎日を嫌う傾向にあります。やらなくてはいけないことばかりで1日が終わってしまい、気がついたら次の日の朝になっている……、といったような、忙しい毎日を送っている人にも当てはまるでしょう。

今の自分を変えたい



コンプレックスを抱えていたり、自信が持てなくてあと1歩を踏み出せなかったりする人は、自分の良さが発揮できる場所を見つけることが大切です。心から楽しめることが見つかれば、よりイキイキとした自分に出会えるかもしれませんね。

ひとりぼっちが苦手


1人でいることが苦手な人や、ぼーっとした時間が苦痛だという人にとって、大勢で楽しむ時間は必要不可欠です。このタイプには、自分が楽しみたいという気持ちはもちろん、周りの人を楽しませたいというサービス精神のある人が多いでしょう。

気分転換をしたい


職場や学校で嫌なことがあったり、なんとなくモヤモヤした気分だったりする場合、パッと気分が明るくなるような楽しいことを見つけたくなります。心身ともにリフレッシュすれば、嫌な気持ちも吹き飛んでしまいそうですね。

ストレスを発散したい



自分の好きなことに熱中している時間は、日々の疲れやストレスを忘れられる貴重なものです。ストレスをうまく発散することは、精神面だけでなく健康上でも大切なこと。心から楽しめることを見つけ、ストレスを溜めこまないようにしたいですね。

楽しい気持ちを共有したい


面白いという気持ちは、自分の中に留めておくだけでなく、大勢と共有することでより大きく膨れ上がります。気の合う仲間と一緒なら、大切な思い出になること間違いありません。後から思い出について話し合い、再び楽しい気分になれるのも素敵ですね。

そもそもなぜ?「面白いこと」がない原因



日常にたくさん潜んでいるにもかかわらず、なぜ多くの人が面白いことを見つけられないのでしょうか。生活状況や精神状態が原因となっていることも多いので、自分の状態を思い返しながらチェックしてみてくださいね。

職場と家の往復しかしていない


勤務時間が長かったり、ハードな仕事をこなしたりしていると、職場と家を往復するだけの毎日を過ごすことになりがちです。他のことを考える余裕がなくなるため、やりたいことや楽しいことまで気が回らず、いっぱいいっぱいになってしまうことも。

心身ともに疲れている



落ち込んでいるときはもちろん、体が疲れているときも面白いことは見つかりにくくなります。心や体をしっかり休められずにいると、だんだんと笑顔も減っていってしまいますよね。

他人と自分を比べがち


自分よりも優れた人や美しい人などを見ると、「自分なんか」と卑屈な気持ちになってしまうことがあります。何をしてもうまくいかない気がしてしまい、チャレンジ自体を止めてしまう人も少なくありません。

本当にやりたいことに気がついていない


本当はやりたいことがあっても、これに気がつかずに別のことをしていると、「あまり面白くない」と感じてしまいがちです。本当は何がしたいのか、自分の気持ちと向き合ってじっくり考えてみるのが大切です。

ネガティブになりがち



元々ネガティブ思考だという人は、日常に潜む面白いことになかなか気がつきません。失敗を恐れるがあまり新しいことに挑戦しなくなり、せっかくの楽しみを見逃している可能性があります。

人間関係がうまくいっていない


友達や彼氏、家族などとの関係がうまくいっていないときは、普段は面白いと感じることでも心から楽しめない場合があります。心のどこかに人間関係のことが引っ掛かり、何をするにも普段の実力が出せなくなってしまうでしょう。

「面白いこと」を上手に見つけるポイント♡



では、面白いことを見つけ出すには、どんなことに注意すればいいのでしょうか。身の周りに隠れている面白いことを発見するためには、いくつかのポイントがあります。ぜひ日々の生活に取り入れ、自分だけの楽しみを見つけてくださいね。

興味があることはとにかくやってみる


もっとも大切なことは、たくさんのことにチャレンジするということです。少しでも興味があることは積極的に挑戦し、「もう1度やりたい」と思えることを探しましょう。

気になることリストをつくる


「やりたい」「欲しい」といった願望は、頭の中で願うだけでなく、文字としてアウトプットすることで叶いやすくなると言われています。自分が気になっていることを書き出し、時間があるときに少しずつ達成していきましょう。

行ったことのない土地に行ってみる



過ごし慣れた場所で、改めて新しいことを見つけるのは難しいですよね。そんなときは、1度も訪れたことのない土地に出かけ、体験したことのない1日を送ってみましょう。これまでには見つからなかった、新しい「面白いこと」を発見できるかもしれません。

周りの人の体験を真似する


友達や仲間の体験談を聞き、興味がそそられるものがあれば自分でやってみるのも1つの方法です。おすすめの休日の過ごし方や、楽しめる趣味などを周りに聞くのもいいですね。

夢や目標を作る


仕事や勉強だけでなく、趣味や娯楽にも目標を立ててみてください。「ここのメニューは全部食べてみたい」「秋だけでなく春にも来てみたい」などの目標があれば、自然と前向きに取り組めるようになります。

今まで面白いと思ったことを振り返る



昔のアルバムや日記などを振り返り、楽しかった場所やおいしかった食事などをもう1度体験しに行くのも素敵ですね。繰り返し体験することで、前のときには気がつかなかった新しい発見に出会えるかもしれません。

昨日の自分と比べてみる


周りの人と自分を比べるのではなく、過去と今の自分を比べてみるのはいかがでしょうか。どんなところが成長したか、何ができるようになったかなどを振り返りながら、この先どうなりたいのかを考えることが大切です。

おすすめの「面白いこと」特集【趣味編】



それではいよいよ、おすすめの面白いことをチェックしていきましょう。まずは気軽に始められる「趣味」の中からご紹介します。果たして、興味がそそられるものはあるでしょうか?

話題の映画を観る


自分にとって何が楽しいかわからない場合は、世間で多くの人が絶賛している話題のものを体験してみるといいでしょう。なかでも映画は、ストーリーや出演者、音楽、ロケ地など、さまざまな観点から作品を楽しめるというメリットがあります。

1
2
3

関連記事