肌の理想の水分量とは?潤い肌に導く方法とスキンケアアイテムをご紹介♡

いつまでも若々しく美しい肌でありたいという願いは、女性なら誰もが持っていますよね。赤ちゃんのようなしっとりもちもちの肌になれるかどうかは、水分量が大きな決め手になるんです。

かさついてしまう肌の水分量を上げるために、すぐに始められる改善方法とおすすめの保湿アイテムをご紹介します。すっぴんでも怖くない潤い肌を目指しましょう!



目次

理想的な肌の水分量はどのくらいなの?


女性の繊細な肌にとって乾燥は大敵。でも、しっかり保湿しているはずなのにかさつきが気になり、スキンチェッカーで水分量が足りないとわかることもありますよね。どうすれば潤うのか悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

実は、理想的な肌の水分量は約40~50%となっています。一方、実際の平均値は約30~40%で、多くの女性が健康的ではあるものの理想には届いていないのが現状です。

数値が理想に近づけば近づくほど、一年中乾燥知らずの美しい肌になれます。この記事では、水分量を効果的に上げるためのスキンケアをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



肌の水分量が減って乾燥すると現れる症状!


「肌質が変わってきたかも……」と思ったら、それは乾燥のせいである可能性が高いです。肌の水分量が少ないまま放っておくと現れる5つの症状を見ていきましょう。

肌がかゆくなる


肌がかゆく感じることはないですか?乾燥した皮膚は表面の角質層がめくれ上がり、本来隠れているはずのかゆみを伝える神経「C線維」が肌の表面の近くまで伸びてしまいます。そのため、小さな刺激にも過敏に反応してかゆく感じるんですね。



化粧ノリが悪い


粉吹き肌になって化粧ノリが悪くなるのも、乾燥による症状です。また、皮脂でテカって化粧がヨレやすいとオイリー肌と勘違いしがちですが、なかには乾燥しすぎた皮膚を潤わせようと皮脂が過剰分泌している場合もありますよ。



大人ニキビができやすい


大人ニキビの原因は乾燥です。肌を生まれ変わらせるサイクルであるターンオーバーが乱れるため、残った古い角質が毛穴をふさいで皮脂が溜まり、菌が増殖してニキビになります。口周りなどに乾燥しやすい部位にできるのが特徴です。



シワになりやすい


浅く細かい表皮ジワは、水分不足で肌のキメが乱れることで生まれます。目や口の周りは皮膚が薄く皮脂が少ないため、乾燥しやすくなるので小ジワができやすくなりますよ。



シミやくすみで肌が暗くなる


乾燥すると、紫外線によって作られたシミが増えやすくなるそうです。しかも、肌は低下したバリア機能を補おうと角質を厚くしていきます。角質は黒っぽい色をしているので、角質が厚くなると肌がどんどんくすみ、透明感が失われるでしょう。



肌の水分量が減ってしまう原因とは?


肌の水分量が減る原因は結構たくさんあります。つまり、乾燥対策を十分しているつもりでも、見落としている部分が乾燥を引き起こしているかもしれないのです。次の6つの原因からどれに当てはまるか考えてみましょう。

紫外線


生活の中で肌に最も刺激となるのは紫外線です。肌の表面の角質層は、紫外線を直接受けるためダメージが大きく、皮膚が本来持つバリア機能が低下していってしまいますよ。



空気の乾燥


冬は空気が乾燥していて、肌の水分を奪います。一方、夏でもエアコンで冷房をかけると、空気中の水分まで吸収して室内の空気を乾燥させるので、夏の室内でも注意が必要です。



洗顔による刺激


顔の皮膚はほかの部位に比べて薄く、毎日の洗顔で少し力を入れただけでもダメージを受けやすくなっています。強い洗浄成分が配合された洗顔料も、刺激となって肌を攻撃しますよ。



保湿ケアの不足


保湿力の高いアイテムでスキンケアしていても、肌にしっかり入っていないという場合もあります。成分が自分の肌に合っていなかったり、ケアの仕方が間違っている可能性も考えられますね。



生活習慣の乱れ


栄養が偏った食事や睡眠不足などの生活習慣の乱れが続いていると、体の新陳代謝が悪くなると共にターンオーバーが乱れます。バリア機能や保水機能が低下して乾燥しやすくなりますよ。



加齢


避けては通れない原因が加齢です。30歳ごろからターンオーバーの乱れや女性ホルモンの減少が見られ、肌の水分量をキープしにくくなります。長年の刺激で皮膚が弱くなっていることも影響しているでしょう。



肌の水分量を上げるためにできること♡


毎日さまざまなことで刺激を受けて水分を失ってしまう肌。「わたしの肌はもう潤わない」なんてあきらめないでください。効果的に水分量を上げるために合わせて実践したい、7つの方法をまとめました。

こまめにお水を飲む


成人は体の約60%が水分で、体内の水分が減ってしまうと肌も乾燥していくため、こまめに水を飲むようにしてみましょう。血流が良くなって肌に栄養が届きやすくもなります。1日に1.5リットル以上飲むことを目指して、定期的な水分補給をしてくださいね。



バランスの良い食事を心掛ける!


栄養バランスの良い食事を摂ることも大切です。たんぱく質・必須脂肪酸・ビタミンは、肌の健康を保つために特に重要な栄養素なので、ぜひ積極的に摂ってください。少量を多品目食べるようにすると、一度の食事でたくさんの栄養を補給できますよ。



質の良い睡眠を十分にとる


人によって適切な就寝時間は異なるので、睡眠は質の高さを重視してください。まずは決まった時間に眠る習慣をつけるのが大切です。そして、眠りを妨げるブルーライトを放出するスマホは就寝の2時間前には見ないようにし、入浴は90分前までに済ませておくと、ぐっすり眠りやすくなります。



紫外線対策をしっかりする


紫外線は2月後半から増え始め、曇りの日でも浴びているため、一年中きちんと紫外線対策をする必要がありますね。たっぷり保湿をしてから日焼け止めを塗るのが効果的です。日中はメイクの上からスプレータイプの日焼け止めを使い、効果を持続させてくださいね。



洗顔やクレンジングを見直す


時間をかけて顔をゴシゴシこすり洗いしたり、熱いお湯ですすいだりすると肌のダメージが大きくなります。すばやく優しく洗って、ぬるま湯でしっかりすすぐようにしてください。洗顔料をしっかり泡立てることもポイントです。



保湿ケアはセラミド配合のアイテムを選ぶ


スキンケアアイテムを選ぶときは、セラミドを配合した製品を選びましょう。セラミドとは肌のバリア機能を正常に働かせるための必須成分です。水分を捕らえて潤いを保つ成分なので、注意して探してみてください。



1
2

関連記事