人を見下す人の特徴&心理とは?対処法で馬鹿にする人を撃退しよう!

人から見下されて、嫌な気分になった経験はありませんか?「この人は、どういう神経しているんだ?」と思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

今回は、見下す人の心理や特徴、上手に打ち負かす方法を紹介します。また、見下されないようにするための方法や自分が見下す性質かもしれないときの改善方法も伝授するので、チェックしてみてくださいね。


目次

人を見下す人は印象最悪!上手に距離を取ろう♡



常に上から目線で接してきたり、自分のほうが優れていることをわざわざアピールしてきたりする人っていますよね。なぜそのような振る舞いをするのでしょうか。ほとんど毎日のように関わる人がそういった性質の場合、正直疲れますし、ストレスがたまってしまいます。

そんな人に振り回されないよう、心理や特徴を理解してみましょう。心理や特徴がわかれば、心に余裕を持って対応できますよ。上手に距離を保って平和な日常を過ごしてみてくださいね。

人を見下す人の特徴とは?どんな共通点がある?



馬鹿にしたような言いまわしをする人には、類似点があると言います。特徴を頭に入れておけば、上手に距離をとった状態で対応ができ、嫌な気分になることも少なくなるでしょう。深く関わることはせず、イライラのない毎日を送ってくださいね。

自慢話ばかりする


見下す振る舞いをする人は誰よりも優れていることをアピールしたいため、いつも自慢話ばかりしています。常に優位に立ちたい感情があるので、些細なことでも得意げにアピールしてくるでしょう。

自分のことだけでなく身内や友達の自慢話も得意です。認められたいがために誇張した話をしてくることもあるでしょう。きっと「自分の周りにはすごい人がたくさんいるんだよ」「自分が優れているからすごい人が集まるの」ということをアピールしたいのですね。

お高くとまっている



見下す人はお高くとまっているうえに負けん気が強いです。注目される人物を目の敵にする傾向があり、引きずり落とすために手段を選ばないでしょう。敗北を自覚していても認めたくない気持ちが強いため、相手をコケにすることで自分の誇らしさを守っているのです。

忠告やダメ出しを受け入れない


馬鹿にした態度で接する人は、周りからの忠告やダメ出しを嫌います。仕事などで自分の間違いを指摘された場合、口答えをしたりご機嫌ななめになったりするでしょう。

忠告する側は意地悪で言っているわけではなく、当事者を心配する気持ちから伝えてくれています。それが理解できず、悔しい気持ちでいっぱいになってしまうのですね。

自分は間違っていないと思っている



他人を下に見る人は自分のやっていることや述べていることが、常に間違っていないと信じています。自分とは違う考え方をしている人が話をしている途中で割り込んで意見したり、何かを決めるときにも自分の思い通りにしようとします。

間違っているなんてこれっぽっちも思っていないので、意見の合わない相手を馬鹿にする態度をとるのです。

上の立場の人と下の立場の人への振る舞いが違う


見下す振る舞いをする人は目上には遠慮がちな態度をとるのですが、後輩や劣っている相手にはきつく当たる傾向があります。学歴や勤め先などで自分勝手にランク付けをしており、自分より劣っていると思い定めたとたん、馬鹿にしたような態度で接してきます。

協調性に欠ける



馬鹿にするような態度をとる人は相手のことを考えずに突っ走るところがあるため、譲り合って協力しようという優しさがありません。周りからはわがままで付き合いにくい人と思われることが多いでしょう。

チームを組んで何かを成し遂げようとするときも、自分の中の勝手な約束事を押しつける要素が強いため、乱されることもしばしばです。

お礼を伝えたり謝ることができない


馬鹿にする人は、周りから助けてもらっても「ありがとう」という気持ちになれません。自分がナンバーワンと思っているので、してもらって当然という気持ちでいっぱいです。また、お高くとまっているので良からぬことをしたと思っていても謝ることもしないでしょう。

人を見下す人の心理状態をピックアップ!



学歴や勤め先などで人を上下に分けて不当な扱いをしたり、鼻で笑うような態度をとったり……、不愉快にさせる人の心の中はどのようになっているのでしょうか。心の中を理解すれば馬鹿にしたような態度をとる相手との接点の持ち方が見つけ出せるかもしれませんね。

ねたみの感情がある


人を見下す態度をとる人は、心の中に大きなねたみの感情を抱えている場合があります。お高くとまっているので自分より優れていることを見逃すわけにはいかないのでしょう。

例えば仕事の能力にねたみを抱えていたとします。そうすると「顔では勝っているから私のほうが断然ハッピー」と、あり得ないところで張り合ってきます。注目されている相手を低く見ることで、自分を誇りに思う気持ちを保とうとしているのですね。

イライラしている



日々のイライラを発散するために、不愉快な言動をひっきりなしに言う人もいます。スランプに陥っているのは周りのせいと考える性質があるため、自分をこんな状態にした人に対して悔しい思いをさせようとしている可能性があります。プライドを保つための言動でイライラを解消しているのですね。

自分自身に酔いしれている


自己陶酔しやすい人も、軽視する態度を取りやすいです。褒められ続けて育ってきた人や、努力しなくても何でもそつなくこなせてきた人に多く、自分は並外れた才能の持ち主であると信じています。しくじった経験が少ないので、他人を下に見てしまうのでしょう。

コンプレックスがある



コンプレックスを抱えている人も、馬鹿にする言動を繰り返しやすいでしょう。コンプレックスを知られることに恐怖心があり、見下す行為に出ることでこっそりなかったことにしているのです。意識して相手を落とすことで、安心感を得ているのですね。

人を見下す環境で育ってきた


家庭内で周りの子を見下すような発言が繰り返されていたり、「あなたが一番すばらしいね」「誰にも負けてないよ」と、ことあるごとに比較していたりする親のもとで育った場合も、同等な振る舞いをしやすいです。小さなころから見下すことが染みついているので、なかなか手ごわい相手でしょう。

自分が見下されていると思っている



見下す人の多くは、周囲の人々から見下されていると思っています。過去に馬鹿にされたり鼻で笑われたり、苦しみを味わったことがあるのでしょう。

そのときと同じ苦しみを味わいたくない気持ちから、高圧的な態度を取ってしまいます。そのような人には周りのみんなが敵に見えているのですね。

人を見下す失礼な人を上手に撃退する方法とは?



友達が見下す人である場合は、連絡をとる回数を少なくすることで会う機会も減らせるでしょう。しかし勤め先にそのような人がいる場合は、毎日のように顔を合わさなければいけません。同じ部署にいる場合、頻繁に接しなければいけない状況もありますよね。

相手を低く見る失礼な人を撃退する方法を頭の片隅に入れておき、少しでもストレスなく過ごすようにしてみてくださいね。

さらりと受け流す


馬鹿にするようなことを言ってきたら、さらりと受け流すようにしましょう。毎回のようにうんざりする話を真に受けていれば、気分が悪くなるだけです。相槌を打つなど最小限の受け答えをしているうちに、「この人に言っても満たされないな」と思い、次第に話しかけてくることが少なくなるでしょう。

気にしない



いちいち不愉快な気持ちにさせる相手の話すことを真に受けて悩むのは、時間の無駄遣いです。気にしないことが一番ですよ。その人はあなただけでなく、ほかの人にも同じことをしているのではないでしょうか。

みんなが落ち込んでいる姿を陰で見て、快感を得ていることでしょう。そういう人なのです。そんな人のことは放っておきましょう。

自分の話はできる限りしない


見下す相手には自分の話をできる限りしないことをおすすめします。そのような人は馬鹿にできるネタを常に探しています。私的な話をすれば相手にネタを提供することにつながりかねません。プライベートなことなどは知られないように注意しましょう。

「あなたは偉大な人」と適度に褒める



見下す言動を繰り返す人には、「あなたは偉大な人」と言葉や態度で示してみましょう。認めてもらえたことで機嫌が良くなりますし、認めてくれている人にはわざわざ上から目線で攻めてくることはしないでしょう。

ただし褒め過ぎると余計につけ上がることも考えられます。エスカレートしないよう、褒め過ぎには注意してくださいね。

冗談めかしながら指摘する


あまりに上から目線がひどい場合は、「やばいね、その上から目線」と言ってみるのも一つの手です。もしかしたら本人は、自分のしていることに気づいていないかもしれません。

また、馬鹿にしていることが察知されていないと思っている人もなかにはいるでしょう。察知されていると気づいた瞬間、「この人には勝てない」と思い、控えめになるかもしれませんね。この対処法を使うときは本気モードではなく、冗談めかしながら言うことが大切ですよ。

言わせないくらいスキルを磨く



二度と見下した発言を受けないよう、スキルを磨くのも一つの対処法です。馬鹿にする人の大半は自分に酔いしれていて、誰よりも優れていると思っています。ギャフンと言わせるために能力を向上させ、立派になった姿を見せつけてみましょう。自分のためにもなり、一石二鳥ですよ。

人から見下されやすいのは何故?下に見られがちな人の特徴!



次は見下されやすい人にスポット当ててみましょう。なぜか見下されることが多いな……、と感じる人にはどのような共通点があるのでしょうか。心当たりがある場合はぜひチェックしてみてくださいね。

次のページ
1
2

関連記事