仕事でのイライラが限界!その原因と上手に解消する方法を徹底解説

毎日を過ごす中で、多くの時間を費やしているのが仕事。どうしても考え方の合わない人とうまく付き合わなくてはいけなかったり、理不尽な態度をとられてしまったりと対人関係でイライラを感じる場面も多いですよね。

またもっと効率的に仕事ができたらいいのにと、自分の仕事がうまくいかないときにもイライラを感じることもあるでしょう。そんな仕事のイライラもそのままにしておいてしまうと、より大きなストレスを生んでしまう原因になりかねません。

今回は仕事のイライラの原因と上手に解消する方法をご紹介していきます。


目次

仕事でのイライラが止まらなくて辛い…


多くの時間を過ごす職場では、気の合う仲間と過ごすばかりではありませんよね。うまくコミュニケーションがとれなかったり、なかなか自分の意見を受け入れてもらえなかったりと理想どおりにいかず、イライラしてしまうタイミングもあるのではないでしょうか。

イライラが重なり続けると、もう自分自身が何に対してイライラしてしまっているのかわからなくなってきますよね。


仕事でイライラしてしまうタイミングって?


仕事のイライラを解消するためには、まず自分が一体何に対してイライラしているのか原因を知ることが重要です。

職場の人間関係なのか、仕事量や待遇についてなのか、はたまた仕事がうまくいかないからなのか、イライラしてしまうタイミングはさまざまですよね。一度自分と照らし合わせて、チェックしてみてくださいね。

仕事が多くて忙しすぎる



イライラしてしまう原因として、仕事量が多いことがあげられます。次から次へと時間内に終わらないような仕事がふられて、残業や早朝出勤を強いられる毎日。

自分の仕事でいっぱいいっぱいで心に余裕がなくなってしまい、周りの人にも穏やかに接することができずに自己嫌悪に陥ってしまいます。また自分のスケジュール管理能力がないと思われてしまうそうで、上司や同僚に相談できずに一人でイライラをため込んでしまう人も少なくありません。

後輩が仕事ができない



仕事のできない後輩が近くにいると、その分フォローに回らなければいけなくなり自分の負担が増えてしまうことでイライラしてしまいますよね。自分のほうがもともとの仕事量が多いのに、どうして後輩の分まで私がやらないといけないのと、誰だって不満に思うはずです。

上司の無茶ぶりが多い



毎日の仕事をこなすことで精一杯で、やっと一息ついたと思ったら上司が次から次へと仕事を頼んでくる。そんな場面には誰しもイライラしてしまいますよね。上司の無理難題な要求や、上司が原因のミスの尻拭いをさせられることが続くと、仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。

同僚の理解が得られない



共に忙しい仕事をこなしている同僚も、場合によってはイライラの原因になります。せっかく仕事から離れて気分転換できる休憩時間やランチタイムも、仕事の愚痴ばかり話す同僚と一緒ではイライラばかりがたまってしまいます。

自分ばかりが頑張ってるアピールをしてきたり、自分の話をするばかりで話を聞いてくれなかったりする同僚とは、一緒にいるだけでストレスになってしまうので注意しましょう。

仕事がうまくいかない



普段なら難なくこなせる仕事が、うまくいかなくなってしまったときにもイライラを感じてしまいます。ちょっとした不注意やミスが重なっていくと、その分仕事量も増えてしまうし、どうしてこんなこともできないんだろうと自己嫌悪に陥ってしまいます。

仕事でイライラしてしまうことのデメリット


仕事中のイライラが止まらないということは、自分の感情のコントロールがうまくできていないということになります。もちろんそのような状態が続いてしまうと、さまざまなデメリットを引き起こしてしまうのは当然のこと。

仕事でのイライラを少しでも小さくできるように、自分だけでなく周囲にも与えてしまうイライラの影響を一緒に確認していきましょう。

集中力がなくなる



イライラした感情に支配されてしまうと、物事を冷静にとらえて判断する力が鈍くなってしまい、集中力が低下してしまいます。仕事に集中できないので、仕事自体がうまくいかなくなって、余計にイライラしてしまう負の連鎖に陥ってしまうこともあるでしょう。

イライラしているのが周りにも伝わってしまう



もし自分の周りにイライラしているのが伝わってくる人がいたなら、なるべく近づきたくありませんよね。周囲の人にいつもイライラしている人だと思われてしまうと、その分コミュニケーションをとる機会が減ってしまい、周囲からの評価も下がってしまいます。

自分ばかりが損をしてしまうので、イライラした感情は早めに解消したいですね。

エネルギーを大量に消費してしまう



イライラや悲しみ、怒りなどのネガティブな感情はエネルギーを大量に消費してしまいます。ネガティブな感情が続くとなかなか寝付けないなど、回復したくても睡眠で休養がうまくとれない状態になります。

眠れないから疲れもとれずに集中力も低下してしまうので、仕事の効率も下がってしまいますよね。

血圧が上がる



血圧というものは、日常の些細なことで上昇してしまうものです。特にイライラする感情や怒りの感情、また自分への過度なプレッシャーなどは、血圧にとても影響する刺激になります。

急激な血圧の上昇は、健康に悪影響を及ぼす危険があるので、イライラや怒りの感情は避けて過ごしたいですね。

仕事中のイライラを上手に解消する方法


ここまではイライラする原因や、デメリットなどをご紹介しました。仕事中にイライラしていても良いことはないとわかっていても、どう対処したらいいか難しいですよね。ここからは仕事中のイライラを上手に解消する方法をチェックしていきましょう。

トイレに行って気持ちを切り替える



自分がイライラしてしまっていることに気がついたら、ほんの少しの時間でも仕事から離れるのがおすすめです。気分転換にトイレに行って、リラックスした時間を少し持つことで気分を変えることができます。

深呼吸やストレッチをして身体を動かすことも、気分転換として効果的なのでぜひ試してみてくださいね。

完璧じゃない自分を許してみる



イライラする原因のひとつに、理想と現実のギャップがあります。もっと効率的にできるはずなのに、どうして上手にできないんだろうと理想の自分と差を感じ、自分を無意識のうちに責めてしまっていることがイライラに繋がっていることもあるでしょう。

そんなときは一息ついて、うまくいかない日だってあると緩く受け止めてみるのがイライラ解消に繋がります。

身の周りを整理整頓してみる



イライラした状態で、散らかったものを見るとなんだか余計にイライラしてしまいますよね。心の乱れは部屋の乱れにも繋がるので、まずは身の周りの整理整頓をしてみると効果的です。デスク周りがきれいに整った状態なら、集中力も上がり仕事の効率も上がりますよね。

相手に期待するのをやめる



どうしてこんなこともわからないの?と相手にイライラしてしまうときがありますよね。自分の常識や価値観は、同じ職場で働いているからといって、相手も同じ認識であるとは限りません。相手が自分とは全く違う考えを持った人間であることを理解すると少し気持ちが楽になります。

イライラする原因を追究してみる



なんだか無性にイライラしてしまうときには、自分がどうしてイライラしているのか紙に書き出してみるのがおすすめです。仕事の量が多すぎるのか、誰かに言われた言葉が気になっているのかなど原因がわかることで、心の整理ができ、イライラした感情を客観的に見ることができますよ。

思い通りにいかないことを受け入れる


仕事で失敗してしまったときや思い通りに進まなかったときも、イライラしてしまいますよね。うまくできなかった自分を責めても、過ぎてしまったことは取り戻せません。気持ちを切り替えて自分を成長させる機会だと前向きにとらえてみましょう。

好きなことに打ち込む時間をつくる



朝から晩まで仕事をして、帰ったら眠るだけなんて生活を続けていてはストレスもたまっていく一方です。休日に遅くまで寝ていたい気持ちを少し抑えて、好きなことに打ち込む時間をつくってみてはいかがですか?

これといった趣味がなくても、明るい時間に出かけてカフェに行くだけでも気分転換になりますよ。

有給休暇で自分を癒す



どうしてもイライラがたまって仕事に対するモチベーションも上がらないときは、思い切って有給休暇をとって非日常な時間を過ごしてみましょう。

温泉に泊まって日ごろの疲れを癒したり、普段は見ることができない素敵な景色を見に行ったりと、自分を思いっきり癒してあげる時間をつくるのがおすすめです。

仕事でイライラが止まらない!そんなときに気をつけること


どうしてもなかなかイライラが収まらない日もきっとあるはず。そんなときも周囲とのトラブルだけは避けていきたいですよね。なるべく平穏に過ごしたら、あとは自分を労ってあげましょう。なかなか収まらないイライラは、自分をもっと甘やかしてあげる良いチャンスかもしれません。

1
2

関連記事