よく道を聞かれる人はいいオーラが出ている?特徴から悩みまで全解説♡

外出中、道を聞かれることはありますか?道を聞かれる回数が多い人は「私を選ぶのはなぜ?」と、少し疑問に思いますよね。

道を聞かれやすい人には特徴があり、悩みもあります……。そして道を聞かれる回数が多い人は「いいオーラが出ている」と言われますが、それはどういったことでしょうか?外出中、道を聞かれることが多い人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

よく道を聞かれるのはなぜ?


外出中、知らない人から「道を聞かれる人」と「聞かれない人」がいます。そして一度道を聞かれた人は、高い確率でまた違う人から、道を聞かれてしまいます。ではなぜ同じ人が何回も道を聞かれるのでしょうか?

よく道を聞かれる人の特徴



実は道を聞かれやすい人には特徴があり、声をかけられやすい理由があります。自分自身と特徴を照らし合わせてみて、何か当てはまるかどうか、チェックをしてみてくださいね。

優しそう


道を聞くのは迷っていて助けてほしいという気持ちがあるからで、聞いたら回答を得たいと思っています。何回も人に聞くのは勇気がいるし、時間もかかってしまうので、最初から話しかけにくい人や教えてくれない雰囲気を出している人よりも、優しそうで聞いたら丁寧に教えてくれそうな人が選ばれやすくなるのです。

時間に余裕がありそう



足早に移動している人は急いでいるようで声をかけにくいイメージがありますが、ゆっくり歩いている人は時間にゆとりがありそうで、急いでいないようなイメージを受けます。そして声をかけたら話を聞いてくれそうな雰囲気もあるので「道を聞いてみよう」となるのです。

女性


性別によっても違いがあり、男性よりも女性のほうが声をかけやすく、道をたずねやすいと言われています。女性には母性があり、男性よりも柔和な印象があるので、声をかけやすくなります。さらに若い女性よりも落ち着いた雰囲気のある40代~50代くらいの人のほうが話しかけられやすく、道を聞かれる可能性が高くなるでしょう。

賢そうな雰囲気



道を聞くときに説明がわかりにくいと、さらに迷子になってしまう可能性が出てきます。道を聞くときは心理的にも「わかりやすく」説明してもらえることを期待します。そのため、人に道を聞くときは「順序立ててわかりやすく道を教えてくれそう」な、賢そうな雰囲気がある人を選ぶのです。

話しやすそう


知らない人に声をかけるとき、緊張したり勇気が必要だったりする人もいます。できるだけその気持ちを和らげようと、道を聞くときは「話しやすそうな雰囲気」の人を探して声をかけます。

頼れそう


道を聞いたときに頼りにならないと困ってしまうので、無意識に「頼れそうな雰囲気」のある人が選ばれます。頼れそうな印象を受ける人のほうが、しっかりと順序立てて教えてくれそうなイメージがあるからです。

人見知りをしなそう



人見知りをせず、誰とでも分け隔て(へだて)なく話せる人は、声をかけられやすい傾向にあります。声をかけやすい雰囲気があるので、道を聞かれる機会も自然と多くなっていきます。

世話好きそうに見える


道を聞くときは、聞いたら詳しく教えてくれそうな「世話好きそうに見える人」を選ぶ傾向があります。特に年配の人などは自分が道を知らなくても、さらに通りすがりの人に声をかけて聞いてくれたり、目的地まで一緒に道案内をしてくれたりする人もいるので、選ばれる可能性が高くなるでしょう。

道を聞かれる人はいいオーラが出ている



人には誰でも「オーラ」があり、よく道を聞かれる人は「いいオーラ」が出ているとも言われています。ただ「オーラ」と言われても、ちょっと抽象的でわかりにくいですが、わかりやすく説明すると「目には見えない、生きている人などの命から出ているエネルギー」となります。

では、道を聞かれやすい人から出ていると言われる「オーラ」とは、一体どういったものを指すのでしょうか?

「道を聞かれる人になりなさい」という意味



「道を聞かれる人になりなさい」という言葉を知っていますか?もしかしたら「あまり聞いたことがない」という人もいるかもしれませんが、その意味は一体どういったものなのでしょうか。いくつかの理由や意味があるので、一つずつ説明していきます。

褒められている


知らない人に道を聞くとき、人は無意識に相手のオーラを見て(感じて)います。そしてそのオーラが立派で信頼できると思われる人に「道を聞こう」となります。

「立派なオーラを持っている人」は、オーラだけではなくその人自体が立派であると思われます。そしてそれは遠回しに「相手を褒めている」ことになります。

穏やか



道を聞くときに「答えてくれなそうな人」「雰囲気があまり良くない人」には、なかなか話しかける勇気が出てきません。「道を聞かれやすい人」は「穏やかで平和的なオーラ」があり、話しかける人は無意識にそのような人を選んでいます。さらに穏やかなオーラを持つ人は平和主義が多く、周囲から愛されるタイプが多いです。

優しい


「よく道を聞かれる人になりなさい」と言われる最大の理由として「優しいオーラ」が出ているというのがあります。大多数の人は、知らない人に道を聞くなら「優しそうな人」を選びますが、それは目には見えなくても優しいオーラが出ていて、それを無意識に感じとっているからです。

上記の3つの理由を合わせると、道を聞かれやすい人は「周りにもわかるいいオーラを持っている人」ということになり、それらを踏まえて「道を聞かれる人になりなさい」と言われることになります。

人を惹きつけるオーラ



人それぞれ違うものですが、オーラは誰でも皆、持っているものです。目には見えませんが、オーラにはカラーがあるというのも有名な話で、カラーによって種類や意味が変わってきます。よく知られているのが「赤いオーラは怒りを表す」「緑のオーラは癒し・愛を表す」などです。

そして道を聞かれやすい人は、オーラの中でも特に「人を惹きつけることができるオーラ」が出ていると言われています。「オーラ」は目では見ることはできませんが、感覚的に無意識で感じ取ることができ、その「人を惹きつけるオーラ」に自然と引き寄せられてしまいます。

よく道を聞かれる人のあるある悩み



よく道を聞かれる人の特徴はわかりましたが、では道を聞かれやすい人にはどんな悩みがあるのでしょうか?人から話しかけられ道を聞かれるのはいいことばかりではなく、やはり悩みも出てきてしまいます。「あるある悩み」と同じように、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

土地勘がない


道を聞かれても、そこが地元や知っている場所ではなく「土地勘がない」場所のときがあります。「聞かれたから教えてあげたいけど、知らない場所なので教えられない」そんなときは困ってしまい、相手に申し訳なく思ってしまいます。

方向音痴



話しかけられるのも道を聞かれるのも嫌ではないけれど、実は「方向音痴」で……。という人もいます。東西南北が咄嗟(とっさ)に出ないので、聞かれた方角が答えられなかったり、上手く説明ができなかったりして困ってしまいます。

外国人から聞かれる


道を聞かれやすい人は、日本人だけではなく「外国人」からも聞かれやすい傾向にあります。目的地を知っていれば「日本語で道を教える」ことはできますが、英語で目的地までの説明をする自信がないと、何と伝えたらいいのか困ってしまいます。

ちなみに、外国人が話しかけたり道を聞いたりする人を選ぶ基準も「優しい」「教えてくれそう」な人となっていて「英語が話せそう」な人が選ばれるわけではないようです。

次のページ
1
2

関連記事