スマホ依存をやめたい人必見!携帯を触らないようにする方法とは?

今や生活のなかでマストアイテムとなったスマホ。そんなスマホにばかり頼りっきりの「スマホ依存症」になっている人はいませんか?ここではスマホ依存症に陥っている人の特徴や原因、やめることで得られるメリットをたっぷり紹介します。スマホばかり見てしまう自分とさよならして、視野を広くもち、生き生きとした日々を送りましょう!



目次

スマホ依存をやめると嬉しいメリットもいっぱい♡


現在では、多くの人がスマホを持っていますよね。一台にたくさんの機能が搭載されているので、生活のさまざまな場面で大活躍します。でもだからこそ、いつでもスマホに釘付けになっている「スマホ依存症」になってしまう人がたくさんいるのも事実です。

ここで、そんなスマホ依存症から抜け出す秘訣を学びましょう。スマホ依存症になっている人の特徴や、夢中になってしまう理由を紹介します。やめたときのメリットも要チェックです。そしてスマホ中毒を克服するためのコツを実践すれば、メリハリのある毎日を過ごせるようになりますよ!スマホと上手に付き合える大人の女性になりましょう!



「スマホ依存をやめたい」のに止められない人の特徴!


スマホの画面を見つめてばかりの自分に嫌気がさしているのに、どうしてもブレーキがかけられない人は、普段どんな行動をしていることが多いのでしょうか?その特徴を紹介しますので、自身の生活を振り返りながらチェックしてみてくださいね。



常にスマホを手に持っている


スマホ依存症の疑いがある人は、いつもスマホを手に持っています。片時も離すことはありません。仕事や勉強中にもデスクの上に置き、いつでも見られるようにしています。少し席を離れるときでも、必ず持っていくでしょう。



食事中もSNSをチェックしている


SNSが原因でスマホ依存症になってしまう人もいます。自由な時間だけでなく、食事中にもスマホをテーブルに置いて、気になる投稿をチェックします。会食中の会話が途切れる、行儀が悪いと思われるなど、場の雰囲気を乱してしまうかもしれません。



通知音や着信音に過敏


SNSやアプリの通知音、通話の着信音に過敏になってしまうのも、スマホ依存症の人の特徴です。別の人のスマホの音にも、自然と反応してしまいます。自分のスマホから聞こえたのではないとわかったとしても、気になったついでに自身のものを見てしまうでしょう。

なんでもスマホで済ましている


スマホは電話やメール、時計はもちろん、それ以外にも数え切れないほどの役割を果たしてくれます。これまで別のアイテムを使っていたけれど、今ではスマホでひとまとめに済ませている人もいるでしょう。持ち物もすっきりするし、助かりますよね。


でもついついハマってしまうゲームやSNSなどの娯楽やコミュニケーションもスマホの中で楽しんでいる人は、いつの間にか手放せなくなってしまうでしょう。気がついたら、スマホを見つめることで一日が終わっていたなんてこともありえます。

スマホがないと不安になる


お出かけの際、うっかりスマホを家に置いてきてしまったという経験はありませんか?スマホ依存症の人にとっては、このミスは一大事です。一日中スマホのことが気になって、気持ちが沈んだままになってしまいます。せっかくの楽しい予定もつまらないと感じるでしょう。



「スマホ依存をやめたい」のに止められない原因とは?


スマホばかり覗き込んでいるのをやめたいという気持ちがあるにもかかわらず止められない原因はどこにあるのでしょうか?やめたいけれどできなくて悩んでいる人は、自身を理解するためにもしっかりチェックして、解決への糸口を見つけましょう。



暇な時間が多すぎる


やることがないからと、暇つぶしでなんとなくスマホを見ることが増えていませんか?そこでたまたま興味深いサイトやアプリに出会ったことで、スマホ依存症になってしまう人もいます。目的はなくても、つまらない時間をなんとかしたくてスマホに頼ってしまうと中毒になりやすいです。



SNSチェックが日課になっている


SNSのチェックが毎日のルーティンに組み込まれている人は、スマホを見ずにはいられないでしょう。フォロー中の投稿を見ることは、生活の一部になっているので、できない日があると気持ちが落ち着きません。一つの投稿を見ると、そこからどんどん他のものも見たくなってしまいます。



現状に満足していない


実生活において楽しいことがない、変わらない毎日に飽き飽きしているという人は、スマホに夢中になりやすいです。刺激が欲しくてゲームやアプリにハマったり、インフルエンサーのおしゃれで優雅な生活をチェックしたりします。淡々とした現実から目を背けてしまっている状態です。



人間関係がうまくいっていない


スマホ依存症の人は、人間関係のいざこざで落ち込んでいる、周りとうまくコミュニケーションがとれず悩んでいることも多いです。そこから周りの人たちと直接関わるのが億劫になり、スマホばかり見るようになってしまいます。

寂しさから、出会い系やマッチングアプリにのめり込んでしまう人もいるでしょう。また、友達がSNSに投稿したら、即座に「いいね」やコメントで反応して、関係を壊さないようにしようと気を遣い過ぎている場合もあります。

トレンドの最先端にいたい


ネットにつないだスマホがあれば、どこにいようと一瞬で最先端の情報を手に入れられますよね。新しいもの好きで、誰より先にトレンドを知りたい人には、欠かせないツールと言えるでしょう。話のネタ、仕事や生活の知恵、流行のファッションやメイクなどをいつも熱心に調べているので、周りからもいつもスマホを見ている人と思われてしまいます。



スマホ依存をやめると得られるメリットを理解しよう♡


これまでスマホばかり触っていた人は、やめるとこれまで気づかなかったさまざまなメリットに出会えます。その例を紹介しますので、詳しくチェックしましょう。これまでの生活がよい方向へとガラッと変わるかもしれませんよ!



時間を有意義に使える♡


特に目的もなく、ダラダラとスマホを見ていると、あっという間に時間が過ぎていてびっくりしますよね。でもそれがなくなると、もっと有意義なことができる時間を作れます。新しいことを始められる、物事を一つ一つ丁寧にこなす余裕ができるなど、いいことずくめです。

人とのコミュニケーションが増える


誰かといるときもスマホをいじってばかりだった人は、やめてみると目の前の人と交わすコミュニケーションのよさを再確認できます。相手の話を集中して聞けますし、表情やジェスチャーにも目がいくようにもなるので、会話も弾みます。いろいろな人と会って話したくなるでしょう。



自分の目で確かめようとする力がつく


今では知らないことがあっても、スマホで調べればすぐに答えがわかるので、そこで十分満足してしまいますよね。でもスマホから離れると、自分の力で確かめようとする力がつきます。


人に聞く、本で調べる、実際に足を運ぶなど、アクティブに物事を調べようと思うでしょう。そこから新たな楽しみの発見や、ステキな出会いも期待できますよ。

健康的な生活ができる


スマホ依存症になって、小さな画面を見続けることは、背筋が曲がり姿勢が悪くなる、首が痛くなる、視力が下がるなどの健康面におけるリスクがあります。

また、ベッドに入った後もスマホをずっと見ていて寝つきが悪くなれば、睡眠時間が削られ、すっきり目覚められません。スマホを見る時間を減らせば、このような体への影響も少なくなるでしょう。これまでよりも、元気な自分になれそうですね。

ストレスが減る


スマホの使い過ぎをやめると、たくさんの情報によって、一喜一憂し、不安定になることがなくなります。SNSを見て、自分と他人の生活を比べてしまう、自身の投稿に対するコメントをすぐに気にしてしまう人は、スマホを見ない時間を増やすことでストレスが減り、穏やかな気持ちになれます。



スマホ依存をやめたい方におすすめの方法をピックアップ!


スマホ依存から脱却したい人にぜひ試してほしい、おすすめの方法を伝授します。いろいろな対策を組み合わせれば、さらに効果アップです。続ければ、使いすぎることなく、ベストなタイミングや用法でスマホが扱えるようになりますよ!



通知をオフにする


アプリやSNSの通知をオフにすると、新しい情報が入ってくるたびに反応しなくてもよいので、スマホのことがそれほど気にならなくなるでしょう。一日のうちでスマホを覗く回数を自然と減らせますし、設定を変えればすぐにできるので、ぜひやってみてください。

仕事や勉強中は電源を切る


スマホをすぐに見られる状態にしておくと、仕事や勉強にも身が入りません。スマホを気にすることで、思考や判断が遮られるので、パフォーマンスも下がってしまいます。


大事なことをしている最中は思い切って、電源を切りましょう。そうすれば、すぐに見られなくなるので、スマホを触ろうという気持ちがなくなります。やるべきことにきちんと集中できるでしょう。

1
2

関連記事