無神経な人の特徴&心理とは?デリカシーがない人への対処法も解説♡

あなたの職場や友人関係に、イラッとする発言やデリカシーがない発言が多い人はいませんか?こういった無神経な人は、何を考えているのか不思議に思いますよね。この記事では、無神経な言動を繰り返す人の特徴をご紹介します。

無神経な人と上手に付き合っていくための対処法についても解説していきますので、人間関係に悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね!


目次

無神経な人にイラッとする!!どう対処するべき?



身近に無神経な人がいると、心無い言葉を言われたり空気を読まない言動をされたりしてストレスがたまってしまいますよね。また、職場に無神経な人がいると職場の雰囲気も悪くなりやすく、業務に支障が出ることも。このように周囲を振り回してしまう人には、どのように対処できるのでしょうか?

無神経な人の特徴を解説



どのような人が無神経といわれてしまうのでしょうか?まずはその特徴をご紹介します。もしかしたら、あなたの周りのトラブルメーカー的な人がこれらの特徴に当てはまるかもしれません。

人が嫌がることを言う!


人の嫌がることを言わない(しない)というのは、みんな子供の頃から言われている当然のことですよね。しかし、無神経な人は無意識に人の嫌がることを言ってしまいます。

「最近太ったね」「肌荒れてない?」といった見た目のコンプレックスを指摘する発言や必要以上の叱責などセクハラ・パワハラ的な発言が当てはまります。

口が軽い


人から受けた相談内容を周囲にもらしたり、公表していない趣味や恋人の存在をばらしたりといった行動も無神経な人の特徴です。うわさ話が好きな人には内緒の話をしたくありませんよね。

また「〇〇さんがあなたの悪口を言ってたよ」という報告をする人もいます。その一言で人間関係が悪くなってしまうことが想像できない人がいるのはとても残念なことです。

人との距離感が近い



知り合ったばかりの人や職場の人とは、心地よく過ごすために適度な距離感が大切です。しかし、距離をどんどん詰めてきて相手に窮屈な思いをさせる人もいます。

連絡先を交換すると、時間帯を考えず連絡をしてきたり、返事を待ちきれず何度も連絡が来たりする可能性もあるので要注意です。

上から目線が多い


人の失敗を「自分だったらそんな失敗しないなぁ」とバカにしたり、「私の彼氏はなんでも買ってくれる」と自慢したりなど「自分の方がすぐれている」「自分の方が恵まれている」というマウンティング行為をしてくる人も無神経ですよね。

また、おせっかいなほどアドバイスが多い人も無神経な印象を与えます。言われた人がどう思うか考えてないため、こういった発言が多くなってしまうのでしょう。

聞いてはいけないことを聞いてくる


家族構成やお金のことは、あまり親しくない相手に詳しく聞くことはタブーとされています。ですが、そんなことも構わずに質問をしてくる人はデリカシーが無いですよね。

恋人がいないとわかると「恋愛興味ないの?」「〇〇さんとかどう?」とさらに質問攻めにあうことも!新しく知り合った人が答えにくいことばかり質問してくる場合は警戒が必要ですね。

自称サバサバ系



「私サバサバしてるから、思ったことすぐ口に出ちゃうんだよね」と保険をかける人もいますが、だからといって無神経な言動が許されるわけではありませんよね。とくに、自分から「私サバサバしてるから」という人には要注意です。

自分の発言はよくても、人から傷つけられることがあれば過剰な反応をして大騒ぎするなど、実は根に持ちやすい性格をしている可能性もあります。

余計な一言が多い


仕事や相談ごとにアドバイスをしたりおせっかいを焼いたりする人は多くいます。ですが、アドバイスをするだけでなく「だからダメなんだよ」「〇〇しないなんて信じられない!」といった余計な一言がある人はデリカシーが無いですよね。

デリカシーのない発言はされた本人だけでなく、それを見ている周囲の人も嫌な気持ちにさせてしまいます。余計な一言を言ってしまう人がいる職場やグループは、その人の扱いに困っている場合も多いのではないでしょうか。

周囲の状況を読まない



仕事をしていると、締め切りが迫っていて仕事に集中しなければならないときやトラブルで切羽詰まってしまうこともありますよね。自分は余裕がある状態でも、隣の席の人はとても忙しそうにしているなど、人によって仕事のペースも違います。

そういった状況が読めず、忙しそうな人に何度も話しかけたり、急ぎではない質問をする人もデリカシーがないですよね。こういう人が職場にいると、職場の空気が悪くなってしまいます。

大雑把でがさつ


無神経な人の特徴は発言に注目されがちですが、人を思いやらない性格は行動にも表れます。人の持ち物や公共のスペースを雑にあつかう人に良い印象は持たないですよね。たとえば、人の家に遊びに行って散らかす、人に借りた物を壊すといった行動をする人を無神経だと感じる人は多いのではないでしょうか。

また、職場では自分のデスクを散らかしてしまい、隣や向かいの席の人に迷惑をかける人もいます。人の気持ちがわからない人は、自分のことも客観的に見ることができないのかもしれません。

無神経な人の心理とは?なぜデリカシーがないのか?



人を嫌な気持ちにさせる発言や度が過ぎた冗談は、その場の空気を読めば自然と避けられる言動ですよね。ですが、なぜ無神経な人は周囲を凍り付かせるような発言をするのでしょうか?ここからは、無神経な人の心理について解説していきます。

人からどう思われても平気


自分が悪口や無神経な発言をされても平気だからという理由で、人を傷つける言葉を使ってしまう人もいます。自分が何を言われても平気だから、相手も平気だろうという心理でいるのでしょう。

そういう人には「人の気持ちも考えて」といった忠告はあまり通じません。無神経な人は、同時に感受性も乏しい人が多い傾向があると言えますね。

目下の人には何をしてもOKと勘違いしている



無神経な人のなかには「嫌なことは嫌とはっきり言えばいいのに」「答えにくい質問なら答えなければいいのに」と思っている人もいるでしょう。ですが、役職や年齢の差などの上下関係がある場合は、目上の人に対して簡単に断ったり態度に出したりすることは難しいですよね。

また、ひどいことを言われた人がその場をやり過ごすために我慢をしている可能性もあります。そのことに気づかず「この人には何を言ってもOK」と思ってしまうため、デリカシーのない発言を繰り返してしまうのでしょう。

冗談を言っているつもり



容姿をけなす冗談や言葉遣いの荒いつっこみなど、お笑い芸人がやって初めて成立する冗談を実際にしてしまう人もいます。

キツい冗談で人を傷つけておきながら「冗談もわからないなんて!」と責任転嫁する場合もあるので、自分が悪いことを言っている自覚は無いのでしょう。

「自分はできる人」と勘違いをしている


「自分は仕事ができる!」「考えが達観している!」という自信から周囲に高圧的な態度をとってしまい、その結果無神経と思われる人もいます。自信を持っていても、思いやりのある人であれば後輩の成長をだまって見守ったり、さりげない一言で間違いを正すことができます。

反対に、思いやりのない人は自分の意見を押し付けたり、「どうしてできないの?」といった言葉で相手を傷つけたりと、一緒に仕事をしていて苦痛を感じさせることも。自信を持つことは大切ですが、だからといって上から目線で接していいわけではありません。

無神経な人との上手な接し方や付き合い方をご紹介!



無神経な人が近くにいると、傷ついたりストレスがたまったりしてしまいますよね。続いては、無神経な人への上手な接し方や付き合い方をご紹介します。友人関係や職場で使える方法があるので、ぜひ試してください。

なるべく関わらないようにする


あなたの周りの無神経な人が友人であれば、誘いを数回に1回は断ったり、職場の人であれば休憩の場所やタイミングをずらしたりすることで関わりを薄くできます。無神経な人に頭を悩ませる時間が減ると、自然とストレスも軽減されますよ。

こういう人だと思って割り切る!



職場ではどのような性格の人がいても簡単に関係を断ち切ることは難しいものです。ですが、無神経な人には「この人はこういう人!」と割り切ることで振り回されたりストレスがたまったりすることから解放されるかもしれません。

具体的には、何を言われても真に受けない、適当な相槌で乗り切るといった方法があります。あるいは「こんな態度は周囲を嫌な気持ちにさせるんだな」と反面教師にしてしまいましょう!

気持ちを言葉にして伝える


無神経な発言をされたとき、傷つくと同時に驚いて何も言い返せないといったケースは多いのではないでしょうか。そのときは、落ち着いて「そう言われると傷つくなぁ」「その言い方、他ではしないほうがいいよ」と気持ちを言葉にして伝えてみてください。

あなたがどんな気持ちになったか伝えることで、無神経な人も人の気持ちについて考えるきっかけになるかもしれません。

周囲の人に相談する



無神経な人からの攻撃的な発言があなたに集中している場合、周囲に相談して味方を作っておくことで解決される場合もあります。仕事に支障が出ているのであれば、席替えや異動といった方法で無神経な人を遠ざけてくれることもあるでしょう。

自分だけでは解決できないと思ったら、先輩や上司に相談してくださいね。そのときに、実際に言われた言葉やされたことを書き留めておくと役に立つかもしれません。

相談や秘密を話さない


無神経な人は、上から目線でアドバイスをしたり、口が軽かったりといった特徴があります。ですので、相談ごとやあまり人に知られたくないことを話すとあっという間に噂になってしまうことも。

それを防ぐためには、そういう人には知られたくないことを話さないことが一番です。内緒にしたい相談は、信頼のおける人を選んだ方がいいですね。

開き直ってすべて肯定してみる



デリカシーのない発言をされたとき、うまく受け答えできずに苦笑いを返してしまうこともありますよね。そうすると、後になって「なんで言い返せなかったんだろう」「なんでそんなこと言われないといけないんだろう」とへこんでしまう人もいると思います。

そんなときは、開き直って相手の言うことをすべて肯定してみるのもおすすめです。たとえば「仕事ができないね」と言われたら「そうなんです。私仕事できないんです」と言い切ってしまいましょう。あくまで真に受けず、適当な感じを出す事がポイントです。

言われたことをオウム返しすることで「自分はひどいことを言ってるのかもしれない」と相手に気づいてもらう可能性もありますし、求めてたリアクションと違うと思えば無神経な発言をやめてくれるかもしれません。

無神経な人とは上手に距離を置こう!



いかがでしたか?周囲にストレスを与える無神経な人には共通する特徴や心理状態がありました。あなたの身近にいる困った行動をする人が、これらの特徴に当てはまった!という人も多いのではないでしょうか。

ですが、無神経な人には上手に付き合っていく対処法もたくさんあります。簡単に実践できる方法もあるので、ぜひ試してみてください。デリカシーのない人からのストレスを軽減して、すっきりとした日々を過ごしましょう!

(まい)
1

関連記事