口周りのニキビは何故できる?原因と直し方&予防策もピックアップ!

口周りのニキビ、気になりますね。ニキビがあると、メイクやヘアスタイルを頑張っても仕上がり感がいまひとつな気分になってしまいます。

でも、スキンケア方法を見直しながらニキビができにくくなる生活に変えていけばニキビを減らしていくことができます。口周りのニキビの打倒に向けて、今日から早速ニキビ対策を始めましょう!


目次

口周りのニキビに悩む20代以上の女性は多い!



多くの女性が抱えている肌悩みについてのアンケートで、20代30代女性のほぼ半数の人がニキビやニキビ跡を悩みとして挙げています。

皮脂腺の働きが主な原因となったニキビがTゾーンにできやすい10代の頃と比べ、20代からは口周りやフェイスラインに、いわゆる大人ニキビが現れやすくなるからです。口周りにニキビができると朝から憂鬱になったり、化粧を落とした素顔をみられたくないことから温泉やプールへ出かけることが億劫になったり、自分に自信が持てなくなったりする、という声も聞かれます。

さらには、ニキビがあると肌が汚く見える、印象が悪くなるなどと周囲の人から言われて傷ついてしまうことも少なくありません。たしかに大人ニキビは原因が特定しにくく、厄介です。でも、悩み解消に向けて行動をおこしていけば、少しずつでもきれいな肌を取り戻していくことができます。


口周りのニキビができる原因とは?



ニキビが口周りに現れるには、いくつかの原因が考えられます。複数の原因が重なり、ニキビがさらに増えてしまうこともあります。

お肌の乾燥




口周りはもともと額や頬と比べて皮脂が少ない部位です。空気の乾燥の影響も受けやすく、カサカサになりがちです。
また肌のべたべた感の解消やニキビ対策のためにと過度な洗顔をしたり、乳液やクリームの使用を避けたりすると肌は乾燥します。

肌が乾燥すると皮膚自体の代謝が悪くなり、角質が硬くなります。また肌を潤すために多くの皮脂が分泌されることにもなります。すると毛穴に皮脂分が詰まりやすくなり、ニキビが発生しやすい肌環境になってしまいます。

食生活の乱れ



食生活の乱れによる胃腸の不調も口周りのニキビの一因です。

刺激物や甘い物の食べ過ぎで胃腸不良になると、皮膚をきれいに整える役目を持つビタミン類が十分に摂取されにくくなります。皮脂が少ない口周りはその影響を受けやすく、本来皮膚が持っている抵抗力が落ち、ニキビができやすい環境を作ってしまいます。

また、栄養バランスが悪い状況は便秘を引き起こしがちです。便秘によって体外に排出されなかった有害物質が血液に混ざって皮膚にも運ばれ、ニキビが悪化しやすくなります。

ストレス



ストレスが溜まると、ホルモンのバランスが崩れて皮脂が多く分泌されるようになったり、味が濃い食べ物が欲しくなったりします。また眠れない日が続くことで肌のターンオーバの周期も崩れがちです。

これらのことが、毛穴の詰まりを起こし、ニキビをできやすくします。免疫力も低下するので、炎症を起こしているニキビも治りにくくなります。

長時間のマスクの使用




長時間のマスク使用による肌トラブルも原因のひとつです。

マスクをつけたり外したりする際、知らず知らずのうちに繊維が肌をこすり、デリケートな皮膚の表面を削ってしまいます。さらにマスクの中は温度と湿度が高いため、ニキビを作るアクネ菌が増殖。乾燥やこすれでバリア機能が低下している肌にとって、ニキビができやすい状態を作っていることになります。

またマスクを外すと、マスクの中にこもっていた気温と湿度が一気に外へ逃げるのと同時に、皮膚の水分も一緒に奪われていくことに。すると口周りの肌が極度に乾燥し、肌トラブルを招ききやすくなります。

口周りのニキビの効果的な治し方をチェック!



口周りのニキビは、きちんと対処していけば改善することができます。

ただ方法を間違えてしまうと、さらに悪化させたり、長引かせたりすることもあります。ニキビができている肌はとてもデリケート。焦らずじっくり治していきましょう。

刺激物の摂取を控える!




味が濃い料理や香辛料、糖分やカフェイン多い食べ物飲み物、そしてアルコール類は刺激物と呼ばれ、胃の粘膜を強く刺激します。

胃の不調はニキビの元。刺激物や油分の多い食事を控えるだけでもニキビのでき方が穏やかになっていきます。

腸の働きを整える



腸の働きを整え便通をよくすれば、体内の毒素はスムーズに排出されます。食事メニューの中に海藻類や野菜類を取り入れて、食物繊維を必要量摂取できるよう心がけましょう。腸内の善玉菌を増やすために、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を取り入れることも忘れないでくださいね。

丁寧なスキンケアを心がける



お化粧を落とさずに寝てしまったり、逆にゴシゴシ洗顔したりすることは肌の健康状態を損ねてしまいます。

お化粧はきれいに落としてから寝ること、洗顔をきちんとしたら水分と適度な油分を補って保湿をすることを怠らないでください。肌の表面がきれいに整い、ニキビができにくい環境を整えていくことを心がけましょう。

生活リズムを整える



食事時間や睡眠時間がバラバラな日が続くと、肌のターンオーバが乱れがちに。そうすると、皮膚細胞の生まれ変わりを妨げる事態になってしまいます。

なるべく生活のリズムを崩さず、きちんと睡眠時間をとるといった基本的生活習慣を見直すことが、肌荒れを防ぐことにつながります。


炎症が酷いなら皮膚科に行く



口周りのニキビがなかなか治らないときや炎症を起こしている場合は、皮膚科専門医に診てもらうのもおすすめです。素人判断でニキビをいじってしまうと、ニキビ跡ができてしまうことにもなりかねません。

皮膚科では症状をきちんと見極めたうえで、市販薬とは異なる処方で、肌の乾燥を防ぐクリームやできてしまったニキビにつける薬をだしてもらうことができます。さらに医療機器を使用した治療法を受けることも可能です。

口周りのニキビに効果がある食べ物とは?



顔にできるニキビの中でも、口周りのニキビは食べ物の影響を強く受けていることが多くあります。ニキビができにくい食材を積極的に取り入れるようにしましょう。

ブロッコリー



ブロッコリーは体内のコラーゲンの生成に深く関わるビタミンCを豊富に含んでいます。コラーゲンは肌のハリと弾力には欠かせない大切なタンパク質。皮膚を健康な状態に戻していくために、ビタミンCが豊富なブロッコリーを積極的に食べるようにしましょう。

そのほかビタミンC摂取には、イチゴやパプリカなどもおすすめですよ。

ひじき



腸内環境を整えるためにぜひ取り入れたい食材がひじきです。腸の働きを促すミネラル成分や食物繊維が豊富で、便秘解消に効果的です。腸が整えば、老廃物が体内に留まることもなく、肌は自然ときれいに。またひじきは低カロリーであることも嬉しい注目点です。

キメの整った肌を目指し、ひじきを煮たり、ご飯に混ぜ込んだりして、メニューに加えてみましょう。

豆類



皮膚を構成するタンパク質を豊富に含む食品が豆類です。タンパク質は血液の生成や基礎代謝とも深く関係しているので、美肌作りには必須の栄養素。納豆や豆腐、煮豆、豆乳などの中から必ずひとつは食事に取り入れることを心がけて見てください。

なお、肉類からタンパク質をとりたいときはなるべく脂肪分が少ない赤みの肉をチョイスしてくださいね。

レバー




貧血に効果的な食べ物として知られているレバーは、肌をきれいにする食材としても欠かせません。レバーはビタミンB群が豊富で、皮脂を押さえたり代謝を押さえたりする働きがあるからです。

どうしてもレバーが苦手な人は、やはりビタミンB群を多く含むうなぎ、カツオ、さんまやかぼちゃなどを食べるようにしましょう。

アボガド




血行が悪いと新陳代謝も悪くなり、口周りのニキビを作る原因になってしまいます。そこで、血行促進に効果的なビタミンEが多く含まれるアボガドを取り入れるようにしましょう。

アボガドはビタミンA、B1やビタミンCも多く、きれいな肌を目指す人にぴったりな食べ物です。

1
2

関連記事