電話が苦手な人の心理とは?原因を知って克服する方法をチェック!

メールやLINE、SNSが主なコミュニケーションツールとなっている今、電話で話す機会はだんだんと減ってきているのかもしれません。電話をかけるのがついつい億劫になっていたりしませんか?

でも社会で生きていくうえで、電話は必ずかかわりのあるツールです。リアルタイムでつながれたり、文面では伝えきれないニュアンスを伝えられたり、電話には電話のメリットがあります。

それに声の力は、ときには百の文字よりも気持ちを伝えることができるほど、とても大きな力があります。電話にしかない良いところはたくさんありますよ。苦手な電話を克服して、コミュニケーションの幅を広げてみませんか?


目次

電話が苦手な人は多い!慣れたら意外と平気かも♡


固定電話がない家庭もふえているなか、電話を使うことが減ってしまって、電話が苦手……、と思う人が多くなっています。そう、根本的な原因のひとつは、慣れていないことかもしれません。馴染みがないから電話への苦手意識が生まれてしまうので、逆に考えれば、慣れてしまえば簡単なことなのかもしれません。


電話が苦手な人の心理状態とは?なぜ嫌なのか?


電話が苦手と思ってしまうのは、どんな心理からなのでしょうか?いろいろなパターンから考えてみましょう。あなたにあてはまるパターンは、あるでしょうか?

電話に慣れていないから



先ほどお話したとおり、これが大きな原因かもしれません。友達や恋人との気楽な間柄でさえLINEやSNSで済ませることが多いので、仕事での電話となるとますます気が滅入ってしまいますよね。

LINEとはちがって知らない人からもかかってくるし、ビジネス用の定型文やルールもあるので、それに慣れるまでは努力が必要です。

話にタイムラグがないから


メールなら言葉を受けとってから考える時間がありますが、電話だとすぐにレスポンスが必要です。焦ってあたふたしてしまうことも……。ある程度、話の進めかたを準備していても、電話の相手から予想どおりの答えが返ってくるとは限らないから、どこか、ぶっつけ本番!みたいなところもありますよね。

聞きとれないことがある



相手の携帯の電波状態が悪かったり、早口な人や滑舌の悪い人との会話になると、聞きとりにくいこともあります。とくに聞きなれない名前や社名などは、一度聞いただけでは分かりにくいことが多いですよね。何度も聞き返してしまって、気まずい思いをした経験もあるのではないでしょうか。

行きちがいが発生する


音声なので、メールのように記録が残らないのも苦手な理由のひとつです。大事なことは間違いがないようにメモをとっておかないと、忘れてしまう可能性もあります。相手と、電話の内容について言ったかどうかでトラブルになってしまうこともあったかもしれません。

相手の都合がわからない



電話の相手が今どんな状況なのか分からないのも、不安な心理にさせてしまう原因です。もしかしたら忙しいときで、電話をかけたらイラっとされないかな、迷惑に思われないかな……、なんて気をもんでしまって、なかなか電話をかけられないこともあるかもしれません。

焦ってしまう



「もしもし……、」と相手が電話に出たとたんに、焦って頭が真っ白になり、伝えたかったことが飛んでいってしまってドギマギ……、なんて経験はありませんか?

伝えなければいけなかった用件が抜けてしまうと、もう一度電話をかけなおすことになってしまい、「やっぱりメールにしておけば良かったな……」なんて後悔してしまいますよね。

電話が苦手な状態が続いてしまう大きな原因とは?


一度、苦手だと思ってしまうと、このままではいけないとわかっていても電話を避けてしまうもの。なかなかチャレンジできないのは、どうしてなのでしょうか?

電話対応で迷惑をかけたトラウマがある



対応のしかたや言葉づかいで相手を怒らせてしまったり、伝言メモのとり忘れで、折りかえしの電話をしてもらうにも情報が足りなかったりして迷惑をかけた経験があると、トラウマになってますます電話から遠ざかってしまうもの。

電話で苦い経験をしてしまうと、自分は電話が苦手なんだ……、という心理がうまれて、職場で電話が鳴っても積極的に出なくなってしまうことも。これではますます慣れることができずに、悪循環になってしまいます。

電話に慣れないまま時が過ぎた


親しい人との連絡はもちろん、プライベート以外の連絡も今はメールやLINE、アプリを使ったりする場合が多くなってきています。

友達どうしでもLINEでこと足りてしまうから、電話=緊急の用事、みたいな特別な感覚になり、プライベートでも電話の機会が減ってしまいますよね。

周りで聞かれるのが嫌



静かな職場での電話は、周りの人に会話がまる聞こえ。監視されているような気がして緊張してしまい、いつまでも慣れない人もいるのではないでしょうか。そのうえ「さっきの言い方、ちょっと違うんじゃない?」なんて注意されると、よけいに委縮してしまうかもしれません。

苦手な電話を乗り越える対処法【彼氏編】


電話が苦手な男性は多いですが、女性でも苦手な人は一定数います。でも、付き合っている彼との電話でさえも避けてしまうことになると、恋人関係にヒビが入ってしまうきっかけになるかも……。大切な人を失う前に、克服しておきたいですね。


メールやLINEの補填として活用する


文字だけで微妙なニュアンスや気持ちを伝えるのは、とても難しいですよね。勘違いからケンカになってしまうこともあるかもしれません。LINEでは伝わらないなと感じたとき、電話してみるとあっさり誤解がとけることもあります。


それにとりとめもないこと、たとえば「明日のデートは映画が観たいな!友達がおすすめしてくれてね、主演の女優さんのファッションがステキなの!私が好きなあのブランドの服がたくさんでね、それに……」なんて話も、LINEだと文字がズラリと並んでしまって、彼は引いてしまうかも。

でも電話で話すと。スッと情報が相手に入りやすく、「そんなにみどころがある映画なら観てみたいな」と思ってもらえるかもしれませんよ。

「間」を大事にする


お互いが黙ってしまって、沈黙がつづくと気まずい……、なんて思っていませんか?でも、そいういう「間」って必要なもの。とくに恋人との電話なら、なおさらです。

無理に会話を続けるより、黙っていても、つながっている空気感が心地いい関係を育てましょう。そいう関係でいられるのが、彼との関係を長続きさせるコツかもしれません。

家でリラックスしながら会話を楽しむ



家でリラックスしながら会話できるのも、電話のメリットです。すっぴんにルームウエアやパジャマで、ベッドに寝ころんだりソファでテレビを観たりしながら……♪ 気負わずに心地よく会話を楽しんでみましょう。

彼の前でどれだけすっぴんな心でいられるかは恋人関係でとても大切なことです。あなたの一番リラックスできるすっぴんスタイルを見つけてみてくださいね。

電話が苦手だと相手に伝えておく



あらかじめ彼には、電話が苦手なことを伝えておくのも方法のひとつです。彼に「嫌われているのかな……。」という誤解をさせないようにする、というのもあるのですが、苦手なことを分かってもらえているだけで、気負わずにリラックスして電話に向きあえるという効果があります。

大丈夫!電話が苦手な男性は多いから、きっと理解してくれます。もし電話が得意な彼だったとしても、あなたが電話で話しやすいようにリードしてくれるはずです。

切りぎわを決めておく


電話が苦手な理由のひとつに、切りぎわが難しいというのもありますよね。なかなか切るタイミングが難しくて、ダラダラと会話して疲れてしまうことも。

「充電がなくなりそう」や「お風呂に入らないと」など、あらかじめ切る理由を決めておくといいですよ。話しはじめに、「〇時まで話そうね!」と言っておくのもおすすめです。

苦手な電話を乗り越える対処法【仕事編】


仕事をするうえで、電話は欠かせないですよね。苦手と言っていられないのが現実です。電話対応が原因で転職してしまう人もいるとか。そんなことにならないように、今のうちに解決しておきましょう。


内容をメモにまとめておく


苦手な人は、相手が電話に出たとたん頭が真っ白になってしまうこともあるかもしれません。1つの用件を話しているうちに、別の用件が抜けてしまうこともあります。あらかじめ伝える内容を書いておくことで、冷静に落ち着いて話すことができます。

よく使う定型文を紙に書いて貼っておく



「ありがとうございます。○○株式会社○○課の○○です。」のような電話に出るときの定型文や、敬語・謙譲語の使い分けに慣れないうちは、紙に書いて見やすいところに貼っておくといいでしょう。セリフがいつでも見れることで安心感につながります。そのうち紙を見なくてもスラスラと言えるようになるはずです。

折りかえしの電話が必要な場合に聞いておかなければいけない内容も、箇条書きにして貼っておくと、聞き忘れの防止にもなります。

ゆっくり話す


苦手な電話を早く終わらせたいという気持ちで、つい早口になってしまいがちですが、これは逆効果です。早口になると気持ちもますます焦るし、相手もつられて早くなり、よけいにうまく話せません。

ゆっくり話すことで、気持ちも落ち着くし、相手も聞きとりやすいのです。ていねいな印象にもなっていいことづくめですよ。

対応が上手な人のマネをする



もしかすると、これが一番現実的で、かつ効果的な克服法かもしれません。職場や電話の相手のなかで、上手だな、聞いていて心地いいな……、と思う人がいたらその人のマネをしてみましょう。いつのまにか、それはマネではなくなって自分の言葉に馴染んでいきます。

苦手な電話を乗り越える対処法【その他】


その他のさまざまなシーンでも、いろいろな克服方法があります。

着信音を変えてみる



電話で嫌な経験をしてしまうと、着信音を聞いただけでその思い出がよみがえって、ネガティブな気持ちになるかもしれませんね。単純かもしれませんが、音があたえる心理的な影響は大いにあります。着信音を変えてみることで、うまくいくかも!と気持ちが切りかえられるかもしれません。

電話したい相手の気持ちを考える


多少、言いまわしやマナーを間違えてしまっても、一番大切なのは電話の相手への誠意です。どうすれば、相手が気持ちよく話せるのかを考えましょう。


電話を通すと声は低く聞こえてしまうもの。ふだんより少し高めのトーンで、口角をあげて話すことで印象が良くなります。顔は見えなくても、対面しているときのように笑顔で話すと好印象になりますよ。

電話の前に深呼吸&ウォーミングアップ


電話するまえに、お腹まで深く深呼吸してみましょう。そうすることで、全身に酸素がいきわたって、リラックスしてのぞめます。滑舌よく話すために口のウォーミングアップもしてみてくださいね。明るくハキハキと話しましょう。

電話を克服して、コミュニケーションツールを増やそう



電話には、メールにもSNSにもない良さがあります。リアルタイムで繋がれたり、文面では伝えきれない微妙なニュアンスを伝えられたりします。メールのやりとりではクールな印象の人なのに、声を聞いたら優しい感じを受けた!なんてこともあります。もちろん逆もしかりで、声の力は大きいです。

いろいろな克服法をお話してきましたが、あなたの悩みに合う方法を試してみてください。電話を克服すれば、一歩ふみこんだコミュニケーションがとれます。電話というツールを増やして、コミュニケーション美人を目指しましょう!

(まい)
1

関連記事