安眠を叶えるための方法を解説!効果のある飲み物やサプリも紹介♪

1日が終わり、今日もさまざまなことを頑張ったあなた。疲れを癒すためにベッドに入ったはいいものの、なかなか寝つけない……、ということはありませんか?なんとか眠れても目覚めが悪かったり、体中が痛かったりと、眠りに関する悩みは尽きないものです。

そこで今回は、安眠を叶えるための方法についてご紹介します。環境を整えるほか、飲み物やサプリを取り入れてみるのもおすすめです。自分にぴったりの方法を試して、今日はぐっすりと眠りましょう。


目次

疲れているのに安眠出来ないのはなぜ?


体はへとへとに疲れているのに、よく眠れないのはなぜなのでしょうか。「明日も朝早いのに」と焦るあまり、余計に眠れなくなってしまうこともありますよね。実は、質のいい眠りにつくためには、いくつかのポイントをおさえておく必要があるのです。

心身ともにリラックスした状態でなければ、ぐっすりと眠ることは難しいでしょう。あなたの睡眠時間やベッドルームの環境など、今の状況を思い浮かべながらチェックしてみてくださいね。

安眠がもたらす健康的な影響



毎日しっかりと安眠することは、健康でいるために必要不可欠と言えます。体だけでなく心も健康であるために、日々の睡眠を見直してみましょう。今回ご紹介する以外にも、たくさんの「いい影響」が期待できますよ。

世界と比べても多忙な人の割合が高いと言われる日本人は、睡眠時間も短い傾向にあります。仕事や家事、育児などをパワフルに頑張るためにも、睡眠の質を大切にしていきましょう。

疲労回復


そもそも「疲れている」というのは、積み重なった疲労により体が「もう動けない」とSOSを出している状態です。このとき、しっかりと疲労を取り除いておかないと、翌日に頑張るエネルギーを補充できなくなってしまうのです。

たとえ横になって休んでいても、起きている限り脳は働き続けてしまいます。体と心を同時に休ませるために、十分な睡眠を心がけましょう。

美肌効果



一見結びつかないように思える「睡眠」と「美肌」の関係ですが、高価なスキンケアアイテムにも匹敵する美肌効果を得られるのが睡眠だと言われています。日中、紫外線などによってダメージを受けている肌にとっても、休息時間は必要なのです。

寝ている間には、細胞の生まれ変わりを助ける「成長ホルモン」や、抗酸化力の高い「メラトニン」などが分泌され、肌のダメージを修復してくれます。体にもともと備わっている力を最大限に利用し、つるつるすべすべの肌を手に入れたいですね。

頭の回転が速くなる


睡眠によってしっかり休息できた場合、脳の機能が向上し、血流がアップします。血液は体の隅々まで酸素を運んでいるため、脳にも新鮮な酸素が行きわたることになります。

脳は体の中でもっとも酸素を使う器官とも言われています。そのため、睡眠の質や時間がパフォーマンスに大きく影響してくると言ってもいいでしょう。

ストレス解消



日々たくさんのことを経験している私たちは、寝ている間に記憶の整理を行っています。「覚えておくべきこと」や「大切なこと」をインプットするのはもちろん、「傷ついたこと」や「忘れたいこと」を排除し自分を守っているのです。

しっかりと睡眠を取らない場合、嫌な経験はいつまでも整理されずに残ってしまいます。それはいつしかストレスに変わり、心だけでなく体にも影響を及ぼしてしまうことになりかねません。

成長を促す


先ほどご紹介した「成長ホルモン」は、体の成長を促すためにも必要なホルモンです。身長を伸ばしたり体重を増やしたりする「成長」だけでなく、臓器を健康に保ったり、脂肪の分解を促進したりといった役割も担っています。

「成長ホルモン」という名前のイメージから、大人にとっては必要がないと思われがちなこちらのホルモン。健康に生きるために必要なもののため、良質な睡眠で分泌を促してあげましょう。

寝不足がもたらす健康的な影響



十分な睡眠が健康にいい影響を及ぼすのに対し、寝不足はさまざまな不調をもたらす可能性があります。病気ではないのになぜか不調だという場合や、うまくいかないことが多い場合は、自分の睡眠を見直してみるのも1つの方法と言えますね。

「目覚め方改革プロジェクト」が行ったアンケートでは、男性よりも女性のほうが家事や育児などにより睡眠不足になりやすいという結果が出ています。自分では足りていると思っていても、体は悲鳴を上げているかもしれません。

生活習慣病の元凶


生活習慣病は、食生活や飲酒・喫煙といった生活環境が影響して起こる病気の総称です。比較的軽度なものから心筋梗塞や脳梗塞などの重大なものまでさまざまですが、睡眠不足も生活習慣病を引き起こす元凶となることがあります。

睡眠不足は体の酸素不足を引き起こすほか、ホルモンバランスを崩したり、ストレスによる精神疾患の恐れがあったりといいことがありません。日々蓄積された睡眠負債は、いつか体に大きな影響を及ぼすでしょう。

自律神経の乱れ



歩いたり食べたりといった行動は、私たちの意識のもと行われています。一方、心臓を動かしたり、体温を調節したりといった現象は自律神経によって管理されています。私たちが意識しなくても呼吸が止まることがないのは、自律神経のおかげと言えるでしょう。

この自律神経の働きが乱れてしまうと、体にさまざまな支障をきたします。どこも悪いところがないのに具合が悪かったり、常にドキドキして不安になってしまったりと、長い間不調に苦しむことも珍しくありません。

体重の増加


ハードな筋トレや厳しい食事制限など、普段からダイエットを頑張っている女性のみなさん。思うように体重が減らずに悩んだ経験はありませんか?実は、睡眠不足によって体重が減らなくなったり、逆に増えてしまったりする可能性があるのです。

まず第一に、疲れた状態では体を動かすのがおっくうになり、カロリー消費量が減少します。そして、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンが増えることで摂取カロリーがアップ!これでは、どんなに頑張っても体重を減らすことは難しいですよね。

免疫力の低下



「寝る子は育つ」という言葉は、よく寝ることで成長ホルモンが分泌され、体が丈夫になることからきています。壊れたり傷ついたりした細胞を治し、新しい細胞を作り出すのは成長ホルモンの力によるもの。子どもだけでなく、大人にとっても大切なホルモンなのです。

冬場に心配な風邪やインフルエンザにかからないようにするには、細菌やウイルスに勝てる強い細胞を作らなくてはいけません。しっかりと体を休めて成長ホルモンを分泌させ、元気に冬を迎えたいですね。

気持ちが不安定になる


よく眠れなかった日の朝は体が重く、前向きな気持ちになりにくくなってしまいます。勉強や仕事のパフォーマンスが低下すれば、ミスが増えて悲しい気持ちになることも多いでしょう。普段は気にならない些細なことにも敏感になり、常にイライラがつきまといます。

友達との喧嘩や仕事上のミスの中には、しっかりと睡眠を取っていれば防げるものも少なくありません。日中ぼーっとすることで起こる重大な事故を防ぐためにも、日々ゆったりとした気持ちで過ごせるといいですね。

心当たりはない?安眠を妨げる要因とは



これほどまでに生活に大きな影響を及ぼしている「睡眠」ですが、あなたは今十分な睡眠が取れているでしょうか。これからご紹介する「安眠を妨げる要因」に当てはまるものがある場合は、睡眠の質が低下している場合があります。

寝る前にカフェインを摂取している


コーヒーやお茶など、カフェインの入った飲み物は私たちの生活に欠かせないものです。しかし、寝る直前にカフェインを摂ってしまうと、脳が活性化して眠りにつきにくくなってしまいます。少なくとも寝る3~4時間前の摂取は控えるようにしましょう。

寝る前にブルーライトを浴びている



ブルーライトは一般の光よりも目に届きやすいため、その明るさによって脳が夜だと認識できなくなってしまいます。その結果、「そろそろ寝る時間だ」という体内時計のバランスが崩れ、眠れなくなったり、眠りが浅くなったりしてしまうのです。

寝る前にお酒を飲んでいる


寝る前にお酒を飲むという習慣は、決して珍しいことではありません。実際、適量のお酒は入眠しやすくする効果が期待できますが、お酒が抜け始めると眠りが浅くなってしまう場合があるのです。長く、深い睡眠を目指すのであれば、寝る前のお酒は控えておきましょう。

寝る直前まで食事をしている



食べ物が消化されるまでの時間は、平均2~3時間程度だと言われています。消化される前に眠りにつこうとしても、胃腸は活動している最中です。体の中がしっかりと動いている間は、眠りにつきにくいのもうなずけますね。

それでも無理に寝てしまうと、胃腸の働きは低下してしまいます。消化不良を引き起こす可能性があるため、食事は寝る2~3時間前には済ませておくといいですね。

体が冷え切っている


女性に多い悩みの1つに、「冷え」があります。通常、日中に上がった体温がゆっくりと下がることで眠気が起こると言われていますが、冷えに悩む人は体温が上がりきらず、眠気が起きにくくなってしまうのです。冬はもちろん、夏でも手足が冷たい人は要注意ですよ。

考えごとをしている


悩みごとがあったり、明日が不安だったりしたままでは、なかなか眠りにつけませんよね。これが慢性化してしまうと、「不眠症」になる可能性があります。起きている間に気持ちの整理をし、リラックスした状態で入眠することが大切ですね。

質のいい眠りにつく方法



それでは、実際に質のいい眠りにつくためにはどうしたらいいのか、その方法について見ていきましょう。簡単に試せる方法もたくさんあるため、今日の睡眠時から試してみてはいかがでしょうか。ベッドルームが安らぎの空間になれば、眠るのも楽しみになりそうですね。

入眠儀式をする


「入眠儀式」というと聞き慣れない言葉ですが、いわゆる「寝る前にするルーティーン」のことです。トイレに行ったり水を飲んだりといった基本的なこともいいですが、おすすめは日記を書くこと。1日の体験を自分の言葉でまとめれば、より思い出に残るようになるでしょう。

寝心地のいいパジャマを着る



サテン生地やコットン、リネンなど、一口にパジャマと言ってもさまざまな種類が存在します。実際に店頭で触って確かめ、お気に入りの肌触りのものを選びましょう。着心地のいいパジャマなら、横になった瞬間の気持ちよさも倍増ですね。

照明を調節する


普段寝るとき、お部屋の照明は落としているでしょうか。真っ暗派の人や、ぼんやりと明るい状態がいい人、かなり明るくないと眠れない人までさまざまです。照明で寝づらさを感じている場合は、いつもより少し明るめや暗めに調節してみてはいかがでしょうか。

寝具を見直す



さまざまな生活雑貨の中でも、寝具はこだわりが出やすいと言われています。なかでも枕は自分に合ったものを選ぶのが難しく、枕専門店が存在するほど。究極の寝心地を体感するために、プロにお任せするのも1つの方法と言えますね。

1
2

関連記事