ブラウスとシャツの違いとは?種類からおすすめコーデまで徹底解説!

新たなトレンドが生み出され続けるレディースファッションの中でも普遍的に人気なブラウス。きれいめからカジュアルまでさまざまなスタイルに使えて季節を問わず着られる便利なトップスです。オシャレをするのが好きな人なら1人1枚は持っていると言っても過言ではありません。

そんなブラウスとよく似ているのがシャツ。どちらも誰もが知っている定番アイテムですが、違いを理解している人は意外と少ないです。

こちらの記事では、ブラウスとシャツにはどんな違いがあるのかという解説から、それぞれにおすすめのコーデなどをご紹介していきます。普段何気なく着ているブラウスやシャツの魅力をたっぷりお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


目次

定番アイテム「ブラウス」と「シャツ」の違いを知ってる?


ブラウスやシャツといえばどんなイメージがあるでしょうか?コットンやポリエステルなどの薄手の生地で作られたトップスで、どちらも日常着としてカジュアルに着られています。この2つはよく似ているので混合しがちですが、実は違いがありそれぞれの魅力があります。

こちらではブラウスとシャツの違いだけでなく、オシャレに着こなすためのコーデ例をご紹介していきます。大人のカジュアルスタイルにぴったりのブラウスとシャツを、ぜひ取り入れてみてください!


ブラウスとシャツの違いとは?


一見同じような2つのアイテムですが、実は根本的な違いがあるんです。ここからは、ブラウスとシャツについてそれぞれの特徴や違う点をご紹介するので、ぜひ確認してみてください。


ブラウスとは


ブラウスは女性用の上着という定義で作られていて、男性用のワイシャツと同じような型のものからフリルやレースなどがついたフェミニンなものまで幅広いデザインがあります。薄手ですが1枚でも様になる上着なので、えりやそでなどの装飾が特徴的なものが多くファッション性の高いアイテムです。


シャツとは


シャツはもともと男性用の肌着として作られた洋風の衣服です。日常着として着られているTシャツやポロシャツなども名前の通りシャツの1種といえますが、今では特にスーツの下に着るようなえり付きで前をボタンで止める型のものをシャツと呼ぶことがほとんどです。男性用という定義はなくなり、男女ともにカジュアルに着られるようなファッショナブルなものがたくさん販売されています。


ブラウスとシャツの違いは?


上の見出しでご紹介した通り、女性用の上着として作られたブラウスと男性用の肌着として作られたシャツには成り立ちに根本的な違いがあります。しかし当初はインナーとして着用されていたシャツも、ファッションの多様化とともに中に着るだけでなく上着として羽織ったり1枚で着たりと着用方法が変わったので、今となっては衣服としての機能に明確な違いはありません。

一般的には、前開きになっていてボタンで止めるタイプの薄手のトップスは「シャツ」それ以外の1枚で着られるデザインの薄手のトップスは「ブラウス」という名称に区別されるようになりました。


ブラウスにはたくさんの種類が!


1枚だけでもオシャレに着こなせるブラウスは、デザインやシルエットが豊富でさまざまなタイプのものがあります。ここからは、たくさんある種類の中から特に代表的なブラウスをご紹介していきますので、ぜひお気に入りを見つけてみてください!


フリルブラウス


えりもとやそで口、身頃などにひだ飾りがあしらわれたものをフリルブラウスといいます。幅広なフリルはゴージャスでエレガントなのに比べて、ひだの間隔が狭い小ぶりなフリルはガーリーでかわいらしくなり、フリルの種類によっても印象の違った着こなしができます。


ボウタイブラウス


えり部分に紐がついていて結べるようになっているものをボウタイブラウスといいます。紐は蝶結びにするのがポピュラーですが、結ばずにそのままたらすのもアリ、ひとつ結びにするのもアリです。首もとで揺れるボウタイはゆるっとした女性らしさを演出しながらも、クラシカルなムードも出せるのできれいめで大人っぽいコーディネートにぴったりのブラウスです。


レースブラウス


レースブラウスには総レースで作られたものもあれば、そでや胸もとなどの1部分だけレースの装飾になっているようなものもあります。フェミニンな雰囲気たっぷりでとても華やかなので、ドレスアップスタイルにもぴったりのエレガントなブラウスです。


セーラーブラウス


もともとは軍服に採用されており、日本では学生服として普及しているセーラー服。大きなえりが特徴的ですが、これを日常着向けファッションに落としこんだトップスをセーラーブラウスといいます。

学生服のイメージが強いせいか幼くなるのを心配される人もいますが、上手に取り入れれば目を引くデザインがワンポイントになって新鮮な着こなしができるのでぜひチャレンジしてみてください。


パフスリーブブラウス


パフスリーブブラウスは、そでがふんわり膨らんだやわらかな雰囲気のアイテム。丸みのあるシルエットが美しくフェミニンさを演出できます。ボリューミーなデザインで、気になる肩や二の腕のカバーもできるので着痩せ効果もバツグンです。


ペプラムブラウス


キュッとしぼられたウエストからひらひらと広がるすそが特徴なのがペプラムブラウス。ボディラインをより美しく強調する女性らしいシルエットで、タイトなボトムスと合わせればメリハリをつけられます。着丈が長めのものならお尻をカバーできるので、体型が気になる人でも挑戦しやすいです。


ブラウス×パンツの大人カジュアルコーデ♡


ここからはいよいよ、ブラウスやシャツを取り入れたおすすめコーデをスカートスタイルとパンツスタイルに分けてたっぷりご紹介していきます。まずは、ブラウスとパンツの組み合わせからです。フェミニンなブラウスにパンツを合わせれば、甘さとかっこよさを兼ね備えたステキな着こなしができますよ。


シフォンブラウス×ショートパンツ


やわらかいシフォン生地のドット柄ブラウスは可憐でかわいらしさ満点。フリルが揺れる甘めテイストのブラウスにあえてカラッとした質感のショートパンツを合わせれば、カジュアルダウンできて甘さ控えめの大人ガーリーコーデになります。


ノースリーブブラウス×デニムストレートパンツ


肩からすそまで大胆にフリルがあしらわれたブラウスは、ブラックで大人っぽい印象に。深い色味のデニムパンツは、エレガントなブラウスにも相性ぴったりでカジュアルになりすぎずシックにキマります。立体感のあるフリルブラウスで上半身にボリュームを出しパンツは細身なものを選んでいるので、脚がスラッと引き締り、スタイルアップ効果もバッチリです。


ベージュブラウス×スキニーデニム


ふわっとしたブラウスにはハイウエストのスキニーデニムを合わせてメリハリを意識。フェミニンなピンクベージュのブラウスは、ギャザーのドレープ感がとろみ素材に馴染んでいてやわらかなムードが漂うアイテムです。

ブラックのデニムできれいめにまとめてシューズにはクラシカルなローファーを持ってくると、上品さをしっかり残した大人の装いになります。


パフスリーブブラウス×カラーパンツ


ボリューミーに膨らんだそでが目を引くパフスリーブブラウスは、くしゅっとした素材感がチャーミング。ベージュのブラウスと似たトーンのピンクのパンツは薄めの色味同士なので、タックインしてぼやけて見えるのを防ぎます。

センタープリーツの入ったカラーパンツをハイウエストで履けば脚長効果もバツグンで、全体的にやわらかい雰囲気ですがスタイリッシュにまとまります。


ボウタイブラウス×ストレートパンツ


落ち着いた色味のボウタイブラウスをシンプルなパンツにタックインしてベルトを締めたスタイルはきっちりした印象に。えり部分の紐をあえて結ばずにたらした状態で着ることで、堅苦しくなりすぎず抜け感を演出できます。

差し色にはバッグやベルトで濃いブラウンを持ってきてさらっとした控えめなムードを守りつつも、さりげなくアクセントがきいた大人の装いです。


1
2

関連記事