写真写りが悪い自覚のある人必見!悪くなる原因と改善する方法を紹介

スマホで気軽に写真を撮れる分、写真写りの悪さにコンプレックスを抱く人も増えてきていると言われています。なかには、「実物と全然違う!」と悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

今回は、写真写りが悪くなってしまう原因から具体的な改善法まで、余すところなく解説していきます。自然な笑顔を作る方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



目次

私だけ写真写りが悪い…どうすれば良くなるの?


「ほかのみんなは可愛いのに、どうして私だけ写真写りが悪いの……?」と頭を抱えてしまう人は、以外と多いものです。友達とのお出かけも、家族との旅行も、写真を撮るたびにテンションが下がってしまったら、楽しくないですよね。



しかし、今回ご紹介するいくつかのポイントを押えれば、写真写りは劇的に良くなります。悩みを解消して、より素敵な自分を写真に収めましょう!

写真写りが悪くなる原因


まずは、写真写りが悪い人にありがちな4つの原因をご紹介します。当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。

前髪が重め


キュートな雰囲気の漂う重めバングですが、目元に影ができやすくなるというデメリットもあります。その結果、顔全体が暗く見え、写真写りが悪くなってしまうのです。



また、パーマなどボリュームのあるヘアスタイルは顔が膨張して見えたり、ボサボサのままだと清潔感がなくなったりします。髪型は、写真写りの良し悪しに直結する、重要なポイントです。

姿勢が悪い


これは普段の生活においても言えることですが、背筋を伸ばした人と猫背の人を比べると、どうしても後者の方が老けた印象になりがちです。姿勢が悪いと顔の締まりも悪くなり、だらしなく見えてしまいます。全身写真だけでなく、アップ写真を撮るときにも、姿勢には注意しなければいけません。

メイクが崩れている


ばっちりメイクをして出かけても、時間が経てばアイラインがよれてきたり、ファンデーションが崩れてきたりしますよね。そのままの状態で撮影してしまうと、写真写りが悪くなる可能性があります。



特に、チークやリップは重要です。これらが落ちかけていると、頬や唇の血色が悪くなり、不健康なイメージになってしまいます。

アングルが悪い


人間の顔は左右対称だと美しく見えると言われていますが、実際にはそのような人は滅多にいません。真正面から撮影すると左右の非対称さや歪みが強調されてしまうため、この角度は良いアングルとは言えないでしょう。

また、多くのスマホには広角レンズが使用されていて、特にインカメで撮影したときには面長に写りがちです。これを改善するためには、スマホと顔の距離や角度を調整する必要があります。

写真写りの悪さを改善する方法


写真写りが悪い原因を確認したところで、次は具体的な改善法を見てきましょう。1つ意識するだけで、劇的に写真写りが良くなる可能性もあります。ぜひ試してみてくださいね。



姿勢を正す


姿勢の悪さが写真写りにも影響することは、すでにお伝えしましたよね。写真を撮るときには、まず姿勢を正すよう心がけましょう。とはいえ、撮影の瞬間だけ姿勢を良くしようと思っていると、案外忘れてしまうことも多いですよね。

姿勢が悪いと自覚のある人は、普段から背筋を伸ばして生活してみましょう。顔全体もキュッと引き締まって、フレッシュな印象になりますよ。

あごを引く


カメラに向かってまっすぐ顔を向けるのではなく、少しあごを引いて上目遣いのような目線を意識してみましょう。あごがカメラから遠ざかることで小顔効果に期待でき、その分、目の大きさも強調できます。



ただし、普通にあごを引くだけだと、二重あごになってしまう可能性もあります。これに加えて、首を伸ばす動作もセットで覚えておきましょう。

眉毛を少し上げる


撮影するときに少し眉毛を上げると、目の中に光が入りやすくなります。目がキラキラと輝くため、表情が魅力的になり顔全体も明るく写るというメリットがあるのです。しかし、眉毛を上げすぎると驚いたような顔になってしまうので、あらかじめちょうど良い加減を研究しておく必要があります。

化粧直しをする


自撮りが大好きな友達と出かけるときには、当然写真を撮る機会も多くなりますよね。いつカメラを向けられても大丈夫なように、化粧直しはこまめにしておくのがベストです。



ファンデーションやアイラインは、お手洗いのついでに、よれていないかチェックしておきましょう。飲食などで落ちてしまいがちなリップは、撮影前にサッと塗り直すと良いですよ。

顔の角度を変える


ほとんどの人間の顔は左右非対称である、とお伝えしましたよね。そのため、可愛く見える角度は人それぞれ異なりますし、少しの角度の違いが、写真写りの良し悪しに大きく影響することもあります。

自分が一番可愛く見える角度を見つけるためには、とにかくさまざまなアングルから撮りまくるしかありません。上下左右あらゆるアングルを試し、微調整を繰り返しましょう。

明るい色の洋服を着る


暗いトーンの洋服は、顔全体の印象まで暗くしてしまいます。「今日は写真をたくさん撮りそうだな」と思った日には、顔全体がパッと明るく見えるような鮮やかなカラーを選んでみましょう。



明るいものを選んでいるのに肌がトーンダウンして見える場合は、パーソナルカラーにマッチしていない可能性があります。生まれ持った肌・髪・瞳の色などで似合うカラーが異なるため、パーソナルカラーを把握しておくと洋服選びがグッと楽になりますよ。

他人の表情・ポーズをまねする


ファッションやヘアメイクの雑誌で活躍しているモデルは、とても写真写りが良いですよね。もちろんプロのカメラマンに撮ってもらっているから、というのも1つの理由でしょう。しかし、より重要なのは、モデル自身が自分をより美しく見せるためのポーズ・表情を把握している点です。

あなたに似ている芸能人がいれば、その人の表情やポーズを積極的にまねしてみましょう。あなた自身の魅力をより一層引き出してくれる写り方が、見つかるかもしれません。

普段から写真をたくさん撮る


写真を撮る機会が少ない人の場合、ただ単に、写真に写っている自分の顔に慣れていないだけということも考えられます。つまり、ほかの人から見るととても素敵に写っているのに、本人は「写真写りが悪い」と思い込んでしまっている可能性があるのです。



普段から写真をたくさん撮るようにすると、だんだん自分の顔に慣れてきます。ベストな角度や表情の研究にもなりますよ。

アイテムを使って写真写りを良くする方法


ここまでご紹介してきたもの以外に、アイテムを使って写真写りを良くする方法もあります。上手に取り入れればオシャレ度アップにも繋がるアイテムばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

メガネ


大きめのメガネをかけると、相対的に顔が小さく見えると言われています。なかでも太めの黒縁が特徴的なメガネは、顔全体がキュッと引き締まった印象になり、さらにこれ1つでオシャレ上級者にも見えますよ。



ただし角度によってレンズが反射してしまう可能性もあるので、度なしでも大丈夫な人はレンズが入っていない伊達メガネを使うのが良いでしょう。

カラコン


コンタクトの装着に抵抗のない人であれば、カラコンを使ってみるのもおすすめです。黒目のフチが強調されると目全体の印象も強くなるため、より魅力的な目元を演出できます。

黒やこげ茶色のものを選べば、目元だけ浮いてしまう心配もありません。裸眼と同じくらいの直径なら、直接見られてもバレないくらい自然な仕上がりになりますよ。

マフラー・ストール


マフラーやストールは、首を覆うだけでなくフェイスラインも隠せます。丸顔・エラが張っているなど、輪郭にコンプレックスを抱いている人にはぜひ活用してほしいアイテムです。小顔効果に見える分、デカ目効果にも期待できますよ。



写真で可愛く笑うコツ


カメラを向けられた途端、緊張して顔が強ばってしまうこともありますよね。そのままの状態では、良い表情を写真に収められません。この悩みを解消するために、可愛く笑うためのコツもご紹介します。

楽しいことを想像する


素敵な笑顔を作るためには、ポジティブな気持ちでいることが大切です。目の前のカメラにとらわれすぎず、自分が楽しいと思うことや好きなものを想像してみてください。過去に起きた面白い出来事を思い出してみるのも良いでしょう。あれこれと想像を巡らせることで、自然な笑顔を引き出せるはずです。



どうしてもカメラを意識しすぎて顔が強ばってしまう人は、息を吐いてリラックスしてみてください。肩の力を抜けば、やわらかい表情が作れますよ。

口角ではなくほっぺを上げるイメージで笑う


「とにかく笑顔を作ってください!」と言われたら、まずは誰もが口角を上げようとするでしょう。しかし、それだけだと、目が笑っていない不自然な顔つきになりがちです。

思いっきり心から笑っているとき、多くの人の目は三日月型になっています。この状態を再現するためには、口角だけでなくほっぺ全体を上げるイメージで笑いましょう。自然と目が細くなり、より魅力的な笑顔になります。

歯を見せた方が明るい表情になる


口を閉じたやわらかな微笑みも素敵ですが、歯を見せて笑った方が明るい印象になります。特に歯が6本以上見える笑顔は、「幸せに見える表情」と言われているのです。



口元を軽く開いた状態でリラックスし、そこから口角を横に引っ張るように意識するだけで、自然な笑顔が作れます。歯を見せて笑うのが苦手な人は、ぜひ練習してみてくださいね。

写真写りが悪い悩みは解消できる!素敵な笑顔を写真に収めよう♡




友達とのお出かけ・彼氏とのデート・家族との旅行など、さまざまなシーンでの思い出を一瞬で保存できる写真は、とても便利ですよね。しかしその反面、自分の写真写りの悪さに悩んでしまう人も少なくありません。

今回ご紹介した改善法を試せば、だんだんと写真写りに変化が見られるようになるでしょう。特に、普段から自分の得意な角度・表情を研究しておくことは、とても重要です。コンプレックスを解消し、素敵な笑顔を写真に収めてくださいね。

(まい)
1

関連記事