ハーブティーの効果♡寝る前におすすめの種類や正しい飲み方・注意点も紹介

健康志向の高い女性に人気のあるハーブティー。ほっと心やすらぐおしゃれなドリンクというイメージですが、ハーブティーはさまざまな身体の不調改善や美容、病気の予防などに効果があるとされています。

体調に合わせたハーブティーで、自分自身をケアすることができたら素敵ですよね。しかしハーブティーの種類は100以上もあるので、何を飲んでみたらいいか悩んでしまいますよね。

今回はハーブティーのうれしい効果や正しい飲み方、注意点などを一緒にチェックしていきましょう。


目次

ハーブティーには女性にうれしい効果がたくさん♡


ハーブティーと聞くと上品でおしゃれなイメージがありますよね。なんだか少し格式高いイメージを持っている人もいるかもしれません。

ハーブティーにはリラックス効果だけではなく、美容に効果があるものやダイエット中におすすめしたいもの、生理痛を緩和してくれるなど女性にうれしい効果がたくさんあります。


ハーブティーの種類


ハーブティーを暮らしに取り入れたいけれど、種類が多すぎてどれを選んだらいいか悩んでしまいますよね。まずハーブティーには二通りの楽しみ方があることをご存じでしたか?それぞれに特徴があり、違った味わいを楽しむことができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フレッシュハーブティー



根付いているハーブを収穫し、新鮮な状態で熱湯を注いだり、水で煮出したりしてつくるハーブティーをフレッシュハーブティーといいます。摘みたての爽やかでフレッシュなハーブを楽しむことができるのがフレッシュハーブティーのうれしいポイント。

ペパーミントやローズマリーなど生命力の高いハーブに適した楽しみ方なので、家庭菜園で育てたハーブでフレッシュハーブティーをつくるのもおすすめです。

ドライハーブティー



フレッシュハーブを乾燥させたものがドライハーブです。フレッシュハーブと比べて長期保存ができるので、ハーブが収穫できない時期にも楽しむことができます。

乾燥させることによって栄養価が高まり、香りや効果効能が約3倍になるドライハーブ。ドライハーブティーは熱湯で蒸らすだけと手軽につくれるので、ハーブティーに初めて挑戦する方はドライハーブから挑戦してみるのがいいでしょう。

ハーブティーの効果



大地にしっかりと根を張ってたくましく育ったハーブは、古くから薬草として利用されてきました。さまざまな不調や痛みの緩和などの健康に対するものだけでなく、アロマテラピー効果や美容に効果があるハーブなど、その種類はさまざまです。

アロマテラピー効果



ハーブティーに使用するハーブは、アロマテラピーで使われる「精油」の原料でもあります。豊かな香りを楽しめるハーブティーを味わうと、日常の緊張感をゆるめたりイライラや不安感を穏やかにしたり、ストレスを感じた心を癒してくれます。

ほっと一息つくときに普段コーヒーブレイクをする方は、気分を変えて葉や花の香りを楽しむティータイムを取り入れてみてくださいね。

薬理効果



ハーブティーに使用するハーブは、香りや味わいを楽しむものだと思っている人は多いでしょう。しかし、病気の治療や予防、健康増進などの医療分野で活躍しているハーブもたくさんあります。

ハーブティーは健康維持や美容に効果のある成分を、消化器官からスムーズに取り入れることが望める方法です。

【効果別】自分に合ったハーブティーを見つけよう!


さまざまな効果をもたらしてくれるハーブティーですが、具体的にどのハーブティーにどんな効果があるのか知りたいですよね。

ハーブティーは1種類ばかりを飲み続けるのではなく、何種類かを交互に飲むほうが効果を得られるそうです。自分の身体に合ったハーブティーを見つけてくださいね。

美肌効果抜群の「ローズヒップティー」



ハーブティーのなかでも人気の高いローズヒップティーは、赤く色味がきれいで名前からしても女子力が高そうですよね。実はこのローズヒップティー、美容にいいとされる成分を豊富に含んでいる女性にうれしいハーブティーなんです。

ローズヒップティーにはレモンの20倍ものビタミンCが含まれているといわれています。またビタミンCが壊れてしまうことを防ぐビタミンP、アンチエイジング効果が期待できるビタミンAやビタミンEなど、美肌効果抜群の成分が多く含まれています。

妊活中の女性におすすめ「ルイボスティー」



妊活中の女性におすすめしたいのがルイボスティーです。ルイボスティーにはポリフェノールやミネラルが多く含まれていて、抗酸化作用が卵子の質を向上させる効果があるとされています。

ルイボスティーはノンカフェインなので、カフェインを控えたい妊婦さんにもぴったりなハーブティーです。冷えの改善やむくみの解消、美容にも効果があるとされているので、妊娠中の女性にも優しいハーブティーといえます。

また妊娠中の胎児の発育に必要なカルシウムや亜鉛、鉄なども含まれているので、妊娠中にはぜひ取り入れてみてくださいね。

風邪の初期症状には「レモングラスティー」



爽やかなレモン風味と香りが楽しめるレモングラスティーは、食中や食前に飲むことで胃もたれや胸やけを防ぎ、消化の働きを助けてくれる効果があるとされています。

また抗菌、抗ウイルス作用があるため、風邪のひき始めに飲む習慣をつけておくと健康維持に活躍してるハーブティーです。

目の疲れには「クランベリーティー」



甘酸っぱさとフルーティーさが魅力のクランベリーティーは、クランベリーにアントシアニンが含まれているので、網膜に働きかけ目のトラブルから守ってくれる効果が期待できます。デスクワークなどで日常的に目の疲労を感じる方におすすめしたいハーブティーです。

冷え性に効果抜群「ジンジャーティー」



女性の悩みとして多い冷え性。冷え性の方は、ショウガには身体を温めてくれる成分が豊富に含まれていることをご存じの方も多いのではないでしょうか?

そのショウガの根や茎を乾燥させてつくられたジンジャーティーも、ピリッと辛みのあるジンゲロンという成分が血行を促進させ、身体の中から温めてくれる効果が期待されています。

整腸効果のある「カモミールティー」



万能なハーブとしてヨーロッパで愛され、リンゴのようなフルーティーな甘さで日本でも馴染み深いカモミールティー。カモミールティーには抗炎症作用があるとされるアズレンという成分が含まれており、腹痛やおなかの張りなどを緩和してくれる働きがあります。

消化促進の作用もあるので、腸の調子が悪く食欲がおちているときには、カモミールティーを飲んでみてくださいね。

ほっと一息つくなら「ジャスミンティー」



甘く優しい香りでリラックス効果が高いといわれているのが、ジャスミンティーです。また抗酸化作用や脂肪の燃焼を助ける働きもあるとされているので、女性がすすんで飲みたいハーブティーですよね。

疲れた日にはジャスミンティーをゆったり味わって、自分を癒す時間をつくるのがおすすめです。

健やかな眠りにつける「ラベンダーティー」



アロマオイルなどでも定番のラベンダーは、リラックス効果の高いハーブとして人気がありますよね。緊張やストレスを緩和し、血行を促進させてくれるので健やかな眠りにつけるサポートしてくれる効果があるといわれています。

また抗うつ作用があるとされているので、身体の疲労だけでなく、心の疲労を感じたときにもラベンダーティーでゆったりとした時間を過ごして、身も心も癒してあげてくださいね。

生理痛やPMSを緩和する「ラズベリーリーフティー」



ヨーロッパキイチゴの葉を乾燥させてつくったラズベリーリーフティーは、あっさりとしていて緑茶やほうじ茶のような味わいが楽しめます。ヨーロッパでは昔から安産のためのお茶と呼ばれていて、妊娠中の方はもちろん、女性にうれしい効果のあるハーブティーです。

ラズベリーリーフティーには、骨盤の周りや子宮の筋肉収縮を正常に保ち、痛みを和らげる効果があるとされています。

また神経を刺激し血の巡りを悪くしてしまうとされるカフェインも含まれていないので、生理痛が重い方は、コーヒーや緑茶を控えてラズベリーリーフティーに切り替えてみるといいかもしれませんね。

抗酸化作用の高い「ハイビスカスティー」



酸味のあるハイビスカスティーは、古代エジプトの女王クレオパトラが美を保つ秘薬として飲んでいたといわれており、美容効果がとても高いハーブティーです。ビタミンCを多く含んでいるので、老化をすすめてしまう活性酸素から肌を守ってくれる働きが期待できます。

またハイビスカスティーに含まれるクエン酸やリンゴ酸は、肌のコラーゲン再生を助ける効果があるとされているので、肌を若々しくきれいに保つ効果が期待できますね。

ストレスを感じたら「シナモンティー」



甘く温かみのある香りが特徴のシナモンティーは鎮静作用が気持ちを落ち着かせ、ストレスや不安な気持ち、孤独感などを癒してくれる効果が期待できます。

また落ち込んだ気持ちを癒すだけでなく、無気力な状態のときに、やる気やモチベーションを高めてくれる働きもあるとされています。

ダイエットにおすすめ「フェンネルティー」



女性にうれしいさまざまな効果が期待できるとして、注目を集めているフェンネルティー。最大の魅力はダイエット中にうれしい効果が期待できることです。おなかの中からきれいになれるデトックス効果や、発汗と利尿を促すことで、皮下の脂肪をつきにくくする効果があるとされています。

また女性ホルモンと同じ働きをするといわれているフィトエストロゲンが豊富に含まれているので、生理痛やPMSにも効果を発揮するといわれています。


1
2

関連記事