ウエストダイエットの効果的な方法をご紹介!くびれ美人になろう♡

くびれのある美しいウエストは、誰もが憧れるボディラインですよね。しかし、鏡で自分の体を見てみると、無駄なお肉が付いていてくびれなんて程遠い体形……。モデルのように美しいボディラインに憧れてダイエットをしたけれど、ウエストだけ痩せない!なんてこともありますよね。

なぜ、ウエスト周りにはぜい肉が付きやすいのでしょう。くびれができるウエストダイエットには、どのような方法があるのか知りたいですよね。そこでこの記事では、お悩みを解決するべく、くびれに効果的なダイエット方法を紹介していきます!


目次

ウエストダイエットで憧れのくびれを手に入れよう♡




体重を落とすのと体のラインをきれいに見せるのでは、実はダイエット方法が少し異なります。基本的に食生活や生活習慣を見直せば体重は落とせますが、ウエストや足、二の腕などの各部位を細く見せたい場合には筋トレをしたり姿勢を正したりと、体の基本から見直す必要があるのです。

そこで、憧れの美しいくびれを手に入れるために、おすすめのウエストダイエットの方法を紹介していきます。なぜウエスト周りが太くなるのか、何に気を付けたらいいのかを重点的に解説していくので、参考にしてみてくださいね。

どうして?ウエスト周りが太る理由




「リバウンドを繰り返して、お腹周りのお肉がとれなくなった」「出産したらくびれがなくなってしまった」など、なぜかウエスト周りだけが痩せられない人はたくさんいます。食事制限や腹筋でなんとかしようとしても、なかなかうまくいかないこともありますよね。

そこでまずは、ウエスト周りが太ってしまう原因として当てはまるものをいくつか紹介していきます。原因が分かれば改善するべき点もわかってくるので、まずは自分に当てはまるものを考えてみてくださいね。

食生活が乱れているから




ウエスト周りだけではないですが、ダイエットを必要としている人が1番注意すべきなのが食生活の乱れです。1日3食しっかり食べることや摂取カロリーが消費カロリーを超えないこと、だらだら食べ続けないことなど、気を付けるべきポイントがたくさんあります。

食生活をきちんと整えれば無駄なぜい肉が落ちやすくなるので、ウエスト周りが太ってしまった人は、まず最初に食事を見直してみるのが得策ですよ。

運動不足で代謝が低下しているから




食べる量を調節していても、運動不足であれば痩せられないでしょう。運動をすることで血液の巡りが良くなり代謝がアップするので、カロリーが消費されてダイエットにつながるのです。

とくにウエストや骨盤周りの筋肉は、運動のときに体を支えるために使う部分でもあるので、動いて代謝をアップさせればかなり効果が期待できるでしょう。

姿勢が悪いから




ウエスト周りが太りやすい原因には、実は姿勢も関係しているのです。上記でも少し触れましたが、ウエストや骨盤周りの筋肉は体を支えるのに重要。

猫背になっていたり、スマホの見過ぎで顔が前に出ている体勢を続けていると、ウエスト周りに負荷がかかって上手く筋肉が使われなくなってしまいます。姿勢の悪さは、ウエスト周りにぜい肉が付いてしまうことと関係が深いと言えるでしょう。

過度なストレス




ストレスを溜め込むこともダイエットには大敵です。ストレスで暴飲暴食をしていませんか?上記でも紹介した通り、食生活の乱れはもちろんウエスト周りのぜい肉の原因となってしまいます。

さらにはストレスを感じると分泌されるストレスホルモンには、代謝の低下や食欲増進の作用があると言われています。肉体的なものだけでなく、精神面でのストレスも太る原因の1つとなってしまうのは驚きですよね。


ウエストダイエットで意識すべきポイントとは




ウエスト周りが太る理由について解説しましたが、それを踏まえたうえで、次はウエストダイエットのために意識して行うべきポイントを紹介していきます。ただ漠然とダイエットを始めるのではなく、ウエストのぜい肉を落とすためのポイントを知っておくことで、しっかりと計画を立てて痩せられますよ。

基礎代謝を上げる




まずやっておきたいことは、やはり基礎代謝を上げることでしょう。基礎代謝を上げるには筋トレでインナーマッスルを鍛えたり、体幹を鍛える必要があります。有酸素運動で汗をかくことも大切ですが、まずは基礎代謝を上げて脂肪を燃やしやすい体を作ることから始めることが大切です。

基礎代謝が上がればお腹や腰回りの血行が良くなって痩せやすくなるだけでなく、多くの女性の悩みである冷え性も改善されますよ。

ヨガやストレッチを取り入れる




ヨガやストレッチで、凝り固まった筋肉をやわらかくほぐすこともダイエットには重要です。筋肉に柔軟性を持たせることで関節の可動域が広がるので、よりウエストダイエットに役立つ運動での効果がアップしますよ。

さらには、ヨガやストレッチには腰をひねる動きやお腹に力を入れる動きもあるので、インナーマッスルが鍛えられて内臓脂肪燃焼の手助けをしてくれることも期待できるでしょう。

腸内環境を整える




下腹やぽっこりお腹を撃退するためのポイントとしては、腸内環境を整えることが重要。便秘気味の人はもちろん、毎日お通じがある方でも腸内には宿便が溜まっていることがあるのです。

そのため、不純物を排出できるように腸内環境を整えることを意識すれば、ぽっこりお腹が解消されてウエストにくびれができやすくなるでしょう。

簡単にできる!おすすめのウエストダイエットをご紹介




次は、実際に運動でウエスト周りの筋肉を鍛えて、くびれを作る方法を紹介していきますよ。

なかなか辛い運動もありますが、辛いということはウエストにかなり効いている証拠でもあるので、諦めずに挑戦してみてくださいね。

サイドブリッジ


くびれを作るのに重要となるわき腹を鍛えるのにおすすめなのが、「サイドブリッジ」です。片肘を立てた状態で横向きに寝転がり、腰部分を持ち上げて体勢を30秒ほどキープします。肩に力が入らないように肘は肩の真下になるようにして、頭から足先までがきれいな一直線になるように意識してくださいね。

30秒でもわき腹にかなり効果のあるトレーニングで、慣れてきたら上にある足を開いたり、腰を上げ下げするのも効果抜群ですよ!

フラフープ




腰を回す動きで脂肪燃焼できるのが「フラフープ」です。フラフープを落とさずに回し続けることでしっかりと腰を回す動きができるので、体幹のトレーニングになりますよ。

さらにはフラフープの直接の刺激も受けるので、ウエスト部分のマッサージも兼ねられます。楽しみながらできるおすすめのダイエット方法ですよ。

ツイストクランチ




お腹全体の筋肉を鍛えてウエストを細くできるのが「ツイストクランチ」です。仰向けに寝転がり両手を頭の後ろに添えるようにして、足は90度に曲げましょう。右肘と左膝、左肘と右膝を交互に付けるようなイメージで腹筋をしてください。

常に上半身を少し浮かした状態で、肘と膝を付けるときにわき腹をねじるので、かなり腹筋に効果がありますよ。

ツイストプランク




インナーマッスルとわき腹のぜい肉に効くのが「ツイストプランク」です。通常のプランクにひねりをプラスする方法なので、お尻や足の筋肉にも効果が期待できます。

うつ伏せのプランクの体勢から、お尻を左右に振っていきましょう。足が床につかないギリギリのところまで行うと、さらに効果的です。お尻で半円を描くようなイメージでやるとうまくできますよ。

有酸素運動




脂肪を燃焼させるためには、軽いランニングやダンスなどの「有酸素運動」が最適です。息が上がるほどきつい運動ではなく、じんわりと汗をかく運動を20分以上行うことで脂肪が燃焼されるのです。

また、酸素をたくさん取り込むことでも血液の循環が良くなるので、ランニングやダンスができない人はゆっくりと腹式呼吸やウォーキングを行うのがおすすめですよ。

足上げ腹筋


たるんだ下腹のぜい肉をしっかり落としたいときには「足上げ腹筋」が効果的です。寝転がって、伸ばした両足を90度になるように上げる動作を繰り返します。

かなりつらいですが、足を下げたときに床ギリギリで止めておくとさらに効果が期待できるでしょう。しっかりと足を伸ばして行うことで、足の裏の筋肉も伸びるので柔軟体操としての役割もあります。

上半身ひねり




お腹周りが冷えているという人は「上半身ひねり」で、お腹を温めて脂肪を燃焼させやすくするのもおすすめです。両足を肩幅に開いて立ち、両手を90度で肩の高さまで上げます。あとは正面を向いたまま腰を左右にひねるだけ!

簡単な動きなのに、ひねりの動作でウエストのぜい肉に刺激を与えられますよ。筋トレや有酸素運動の準備運動としても行われている方法です。足を上げてツイストクランチのように右肘と左膝、左肘と右膝を当てるようにするのも効果的でしょう。

ドローイン


お腹をへこませる運動で、いつでもどこでもできるのが「ドローイン」です。背筋をまっすぐに伸ばした状態で腹筋を使ってお腹をへこませる動きを繰り返します。ゆっくりと腹式呼吸を行ったり、逆に息を吸うときにお腹をへこます動きを繰り返すのも効果的ですよ。

姿勢が悪いと効果が半減するので、真っすぐ前を見て背筋を伸ばし、腰が反らないように自然な体勢で行うようにしましょう。

スクワット




ウエストからお尻にかけて、美しいくびれを作るには「スクワット」もおすすめですよ。スクワットは足やお尻に効果的な筋トレとして有名ですが、実はウエストにも効果があるのです。

足を広めに開いて足先を外側に向け、かかとに力を入れてスクワットをすることで、内ももやお尻の筋肉にアプローチしてくれます。このときに体幹も一緒に鍛えられるので、体全体の脂肪燃焼ができるほか、背中からお尻にかけての後ろ側の筋肉に効果がありますよ。

1
2

関連記事