「好きすぎて辛い」心理とは?彼氏&片思い相手へのNG行為も解説♡

好きな人を思うと、たまに胸が苦しくなることはありませんか?気持ちが大きすぎると、その気持ちが伝わっているのか不安になるでしょう。好きな気持ちと比例するように、辛い感情も募ります。

なぜ、好きなのに辛いと感じてしまうのでしょうか。ここでは、好きすぎて辛い心理に迫っていきます。その正体と改善方法を一緒に知っていきましょう!


目次

「好きすぎて辛い」は片思い中だけの気持ちじゃない♡



自分の思いが届かない片思い中は、好きすぎて辛いという状況になることが少なくありません。気持ちを伝えたくても伝えられない……。そんなもどかしさや苦しさが、その感情を湧き立たせます。しかし、彼がいる女性も同じ気持ちを感じることがあるのです。

好きすぎて辛いというのは、相手を思う気持ちが大きくて起きること。ですので、恋をしていれば誰にでも感じる瞬間はあります。いったい、どんな瞬間に感じやすい思いなのか。それを一緒に探っていきましょう。

「好きすぎて辛い」と感じてしまいやすい女性の特徴♡


どんな女性が、好きすぎて辛いと感じやすいのかを見ていきましょう。ある特徴を持っていると、いろんな感情や考えが強くなり、苦しい状況を作り出してしまいます。自分に当てはまることがあるかチェックしながら、見てみてくださいね。

依存傾向が強い!



彼がいないと生きていけないと思ってしまうタイプは、好きすぎて辛いという気持ちを持ちやすいでしょう。相手が求めるように行動することで、自分の存在価値を見出してしまうのです。

同時に、相手と離れている時間や期待通りに行動してくれないときに、悲しさや苦しさを感じるようになります。「こんなに好きなのに、彼は私を必要としていないのでは?」と考え、大好きな気持ちと同時にこの恋愛が苦しいもののように感じてしまうのです。

他人を優先に考えてしまう


すべて相手を優先してしまい、自分の気持ちや意見を上手く言えない人も好きなのに辛いという感情を持ってしまいます。相手が嫌な思いをしないように、気持ちを無下にしないようにと他人を優先に考えてしまう。しかし、それは自分を抑え、我慢していることに繋がります。素直に今を楽しみたいのに、それができない苦しさが、辛い気持ちを強くさせます。

自分が好きじゃない



自分が好きではない人は、自身の評価をとても低くしてしまいがちです。そのため「いつか振られる」「遊びかもしれない」と考えてしまいます。自分は魅力的な人間ではないと思っているので、愛されている自信を持てません。その結果、考えなくても良いマイナスな感情が沸き上がり、自分を追い詰めてしまいます。

嫉妬心が強い


嫉妬心が強いと、相手にネガティブな気持ちを持ちやすくなり、それが大きくなるのがきっかけで辛い気持ちを感じるようになります。「こんなに好きなのに、相手に伝わっていない」と勝手に思い込んでしまうのです。

そして、自分という存在がいるのに他の異性と少しでも関わることで「もしかして浮気心があるのかも?」と疑心暗鬼になることも。強すぎる嫉妬心が、好きすぎて辛い状況を作り出す場合もあります。

周りが見えなくなる



恋愛をすると、それが自分の1番優先すべきことになってしまいます。そのため、他のことが一切見えなくなり、恋している相手だけを追ってしまうのでしょう。いわゆる恋愛体質であり、恋が上手くいっている状態が1番の幸せだと強く思い込んでしまうタイプです。

そのため、少しでも離れていると「こんなに愛しているのに!」と自分の気持ちが相手に届いていないような気がして、不安や寂しさにかられてしまうのです。

彼氏のことが「好きすぎて辛い」と感じる心理とは?


好きなのに、辛いと思うのはなぜなのでしょうか。彼が大好きすぎるあまり、いろんな考えや感情が渦巻き、辛くなることもあるのです。そうなってしまう心理について、これからご紹介します。

失うことを考えると怖い



彼のことが本当に大好きで、これからも一緒にいたいと思うと同時に、失う怖さを感じる瞬間ってありませんか?いつまで、この幸せが続くかわからないと考えると、不安と恐怖を感じます。

心の底から相手を大切に思っているからこそ、持つ気持ちでしょう。かけがえのない存在で変わりがいない人なので、その人を愛すると同時に、失うことを考え、辛くなることもあるのです。

遠距離で会えなくて寂しい


会いたいと思ったらすぐに会える距離にいない……。そんな状態も、好きすぎて辛いという心理を作り出します。お互いに会いたいと思い合っているからこそ、この遠く離れた距離がもどかしく、辛さを募らせます。

会えないのは仕方がないことと理解していても、大好きだから会いたいと願ってしまうのです。

相手のことばかり考えてしまう



1人でいるときはもちろん、友達と一緒のときや仕事中も彼のことを考えてしまう女性もいるでしょう。「相手は同じように自分を思ってくれているだろうか」「浮気していないかな」など、そばにいない彼の行動や気持ちを想像して、不安や寂しさを感じるのです。好きすぎるあまりネガティブなことを考えてしまい、好きなのに辛いと感じてしまう女性も少なくないのです。

自分ばかり好きな気がする


愛の大きさが同等ではなく、自分の方が大きいと感じる瞬間も辛くなってしまうことがあります。彼のことが好きすぎるからこそ、それを表に出して相手に伝えようとするでしょう。しかし、相手が同じように返してくれないときや冷めた態度や言動を取られると、一気に不安になってしまいます。「私はこれほど思っているのに、彼はこの程度なんだ」という悲しさが、苦しさを募らせます。

結婚したい



今までで1番好きな彼氏だからこそ、結婚したいと考えます。しかし、彼にその兆しが見えないと、焦りや不安を抱えてしまうでしょう。「彼は私と結婚したいと思わないの?」という気持ちが、相手との気持ちの差を大きく感じさせます。

しかし結婚に焦り、彼に迫ってしまうと負担になることも考えると、今の気持ちを打ち明けることもできず、辛さが大きくなってきてしまいます。

片思い中に「好きすぎて辛い」と感じる心理とは?


両思いでなくても、好きすぎて辛いと感じることはあります。彼への気持ちと違い、片思い中の人はどんな心理からそう思ってしまうのか。合わせて確認してみましょう。

成就する可能性がなくて悲しい



相手に好きな人がいる、1度告白したけど断られた場合、好きでいてももう気持ちは届くことはないと考えてしまうでしょう。しかし、ずっと好きだったからこそ、すぐに諦めることができません。

なかなか気持ちに踏ん切りがつかない結果、好きすぎて辛いという状況になってしまいます。諦めたくても諦められないことが、苦しくて悲しくてたまらないのです。

人に取られそうで焦りがある!


このままだと誰かに取られてしまう可能性があるとわかっていても、なかなか積極的になれない女性もいるでしょう。「どうにかしないと」という焦りが増していくほど、どんどん辛くなってしまいます。

焦ってもすぐに成就するわけではないことが、わかっているからです。他の人に取られたくないけど、すぐにどうすることもできない状態から、好きすぎて辛いという気持ちを持ってしまいます。

何もできないことへの苛立ち



好きすぎるあまり、緊張や恥ずかしさ、振られるかもしれないという恐れから何もできない女性もいます。もちろん、心の中では、このままではどうにもならないことは理解しているでしょう。それでも、何もできない自分への怒りや情けなさ、もどかしさが好きすぎて辛いと感じさせるのです。

今の関係が壊れるのが嫌


自分が告白をしてしまうと、その関係が崩れる可能性があります。相手の気持ちがわからないからこそ、1歩を踏み出せません。今がすごく良い関係だからこそ、自分の思いを伝えるのが怖いのです。しかし、このままもすごく辛い。そんな板挟みのような状態で居続けると、好きであっても辛さを感じるのでしょう。

叶わない恋だから



絶対に復縁できない元恋人や既婚者など、恋をしても成就しない相手を思っている場合も、辛いと感じることが多いでしょう。もちろん、心の中では「やめるべきだ」と理解しています。しかし、好きな気持ちをそう簡単になくすことはできないため、辛くなってしまうのです。

好きすぎて辛いときにやってはいけない行動!【彼氏編】


彼を好きすぎるあまり、やっていはいけない行動をしてしまう場合もあります。それをしてしまうと、関係にひびが入る可能性もあるのです。いったいどんな行動がNGなのか、しっかりとチェックしていきましょう。

彼にスケジュールを合わせすぎるのはNG!



大好きだからこそ、彼を優先したいと思うでしょう。しかし、それはあまり良い行動ではありません。例えば、元々友達と約束をしていたのに、彼に会えるからとドタキャンをしてしまうと、友達は怒るでしょう。「彼氏の方が大事なんだ」と思われ、友情に亀裂が入る可能性もあります。

自分の時間を取れないと、体と心を休めることもできませんよね。彼にばかり合わせすぎると、自分の時間や友達を犠牲にすることになってしまうのです。

彼の気持ちを試すようなことをする!


本当に愛されているか確認したいからと、気持ちを試すようなことは絶対にしてはいけません。男性の影をちかつかせ、嫉妬させようとする行為や別れを匂わせる行為は逆効果です。彼を傷つけ、愛情を低下させることとになりかねません。

自分で今の幸せを壊し、大好きだった彼を失うことになるのです。不安だからといって、彼の気持ちを試すような行いは絶対に避けましょう。

何でも従う



彼の言うことに何でも従い、尽くしすぎるのもNGです。あなたはそれで愛情が伝わると思うかもしれません。しかし、尽くしすぎは彼に無駄な自信をつけさせることになります。

「何をやっても離れない」と思われてしまい、大事にされるのではなく、都合の良い彼女として扱われてしまう場合も少なくありません。好きな気持ちを利用されてしまう可能性もあり、対等な関係を築けなくなってしまうのです。

見返りを求める


「○○してあげた」「好きならやって」と、愛に見返りを求める行為も良くないでしょう。何かをするのは、見返り目的ではなく、相手を心から喜ばせたい一心ですることです。そのため「自分はしてあげたのに」「してくれないのは好きじゃない」などの気持ちは、相手に負担をかけます。

心から喜ばせたいというより、不機嫌になるからしないといけないという義務になってしまうのです。見返りを求める彼女に疲れ、気持ちが離れる原因となる場合もあります。

1
2

関連記事