映画館のおすすめ座席はどこ?選び方や各席からの見え方を徹底解説!

友達や彼氏と映画館へ行くとき、何の映画を観るのかには悩んでも、座席は適当に決めている人は多いのではないでしょうか。実は、同じ映画を観ていても、座席によって見やすさや迫力などが変わります。せっかく鑑賞するなら世界観を思う存分に楽しみたいですよね。

そこで、今回は映画の種類別・一緒に見る相手別におすすめの座席をご紹介します。ポイントを押さえて迫力満点の世界観や役者さんの演技など、映画を丸ごと楽しみましょう!


目次

映画館の席でおすすめなのはどこ?



自分のお気に入りの座席がある人は、もちろんその席で映画を楽しんでもいいのですが、気分転換もかねてスクリーンの大きさやジャンル、誰と観るのかによって座席を変えてみませんか?席にこだわりがない人は、これを機会にお気に入りのポジションを探してみるのも面白いかもしれません。

それぞれの基準から座席を選ぶポイントをご紹介しますので、お気に入りの座席探しの参考にしてみてくださいね。

映画館の席を選ぶ際の基準



上映される時間帯によってスクリーンは変わりますよね。「大迫力で観たいから大きいスクリーンが良い!」と思っていても、都合がつく時間には大きいスクリーンで上映される予定がない場合もあるかもしれません。

しかし、必ずしも大型スクリーンならどこに座っても楽しめる!という訳でもありませんし、小型スクリーンでもポイントを押さえた位置に座れば、大迫力で映画を楽しめます。スクリーンの大きさや映画のジャンルによって席選びの基準が変わってきますので、確認していきましょう。

スクリーンは大型?小型?


まず、大型スクリーンの席による見え方の特徴から見ていきましょう。大型スクリーンの場合、前方席に座るのはおすすめできません。最前列に近くなればなるほど視界に入る観覧者が減るため、映画に集中しやすくはなりますが、スクリーンを見上げる角度が上がるので首が痛くなりやすいです。

また、中央席に座ると見えやすさは抜群ですが、周囲の人が気になったり、トイレに行きづらかったりと不便なところもあるでしょう。小型スクリーンの場合は大型スクリーンよりも傾斜がないので、前方列の席に座っても、首を痛めるようなことはありませんが、座高の高い人が前の席に座ると見えにくさを感じてしまうかもしれません。

どんな映画を見る?



どんな映画をどのように見たいのかによっても映画館の座席選びのポイントは変わってきます。それは、大迫力を体感したいのか、ゆったりと落ち着いて鑑賞したいのか映画のジャンルによって求めるものが違うからです。そこで大事にしたいのが座席の前後位置です。なぜ、ジャンルによって前後位置を決めると良いのかは映画館でおすすめの座席【映画別】の項目でご紹介しますね。

映画館の座席レイアウトと見え方



上記でスクリーンの大きさによる見え方に少し触れていましたが、「結局どの席が良いの?」と思った方もいるのではないでしょうか。映画館ではスクリーンの大きさに合わせて、どの席に座っても楽しんでもらえるように座席のレイアウトが組まれています。

しかし、その中でも「大型スクリーンならここの位置であればバランス良く見える!」「小型スクリーンならここ!」と狙っていただきたい座席がありますので、ぜひチェックしてみてください。

大型スクリーンは収容人数250人以上


大型スクリーンは収容人数が多いことから、新作映画や人気アニメ、3D作品が上映されるときに使われます。場所によって違う場合もあるかもしれませんが、縦はA列からG列、通路を挟んでH列からP列まであり、中央に20席ほど、サイドに各列2~5席で構成されています。

その中で「全体が視野に綺麗に収まりつつ、映画館で味わえる迫力も楽しみたい!」というバランス重視の方は、スクリーン幅と同じ距離だけ離れた位置がベストです!先きほど挙げたレイアウトで言うと、サイドの席以外であれば、J列です。大体の場所で言うと、中央よりもやや後列(1~2列ほど後ろ)あたりを指します。J列が埋まってしまっている場合は、I列やK列を狙いましょう。前後1列ずつであれば大きな差は出ないと思って良いです。

映画の世界観にがっつり入り込みたい方はスクリーン幅の半分の距離にある座席がベストです。列で言うと、サイドの席を除いたD列やE列が当てはまります。大体の場所で言うと、中央よりもやや前列(1~2列ほど前)あたりを指します。これより前の席に座ってしまうと、上記の見出しで紹介したように首が疲れてしまうので気をつけましょう。

小型スクリーンは収容人数100人前後


小型スクリーンはマイナー映画やホラー映画、上映終了が近い作品など、大型スクリーンに比べると見込み集客が少ない作品に使用される場合が多いです。小型スクリーンの場合はレイアウトがそれぞれのスクリーンルームによって違いますが、縦は大体A列からJ列まで、中央に10席ほどあって、サイドに各列2席ほどで構成されています。

このような小型スクリーンで鑑賞する場合や、大型スクリーンでも肩こりがある人や目が疲れやすい方はスクリーン幅の1.2倍にあたる位置がおすすめです。小型スクリーンのレイアウトで言うとF列やG列、大体の場所で言うと、中央列よりやや後列が当てはまります。少し離れてスクリーンを見られるので、首が疲れを気にせずに映画鑑賞ができますよ。

映画館各席の見え方


ここでは、各座席の位置からの見え方の特徴を紹介していきます。特徴を押さえておけば、そのときの空席状況によってどこが1番楽しめる席であるか絞りやすくなりますよ。

最前列



最前列は、スクリーンの大きさを一番体感できる場所です。そのため、ホラー作品など作中に驚くようなシーンがある場合には手に汗を握るほどの大迫力を感じるでしょう。ただスクリーンとの距離が近すぎるためスクリーンを端から端まで見渡さなければならず、首や肩、目が疲れやすいのであまり、おすすめはできません。

サイドの席


サイドの席は、左右のどちらかに寄りすぎてしまうと、映像が不自然に見えてしまう場合や、字幕が追いかけにくいなど見え方に多少デメリットがあります。しかし、中央付近の座席で左右に人がいる場合は、なかなか座席のひじ掛けって使いにくいですよね。

「ゆったり落ち着いて映画鑑賞がしたいな」というときは、自分が右寄りに椅子にもたれかかるのか、左寄りにもたれかかるのかに合わせて、サイドの席を選ぶと楽な姿勢で映画鑑賞が楽しめますよ。

後ろ側の列



後ろ側の列は劇場によっても差があるかもしれませんが、大型スクリーンであってもスクリーンが遠く、小さく見えるため、すこし迫力に欠ける可能性があります。そのため、アクション映画を見るのには少し向いていないかもしれません。

しかし、恋愛映画やアニメ映画を見る際や、「ゆったり映画を楽しみたい!」「後ろの座席の人に気配りするのが疲れる……」と、考えている方は一番後ろの列、もしくは後列寄りの席を選ぶと良いでしょう。

2階席


2階席がある大きな劇場で鑑賞する場合は、2階席の中でも最前列の中央あたりの席を確保しましょう。こちらの席だと目線の高さとスクリーンの高さがちょうど良いので首や肩が疲れることなく落ち着いて映画を楽しめます。

しかし、2階席の後列あたりを選んでしまうと、スクリーンをかなり見下ろさなければならず、前のめりの姿勢で鑑賞しなくてはいけません。そのため、腰が痛くなってしまう可能性がありますので気をつけましょう。

とは言っても、2階席を備えている劇場は少ないので、2階席に座れただけで少し特別感やワクワク感を楽しめるでしょう。機会があればぜひ、2階席での鑑賞を楽しんでみてください。

列の中央


列の中央席はスクリーン全体がしっかりと見えやすいため、人気が高く、早い段階で埋まりやすい席です。また、映画の音響も十分に味わえるので、どのジャンルの映画でも楽しめますよ。

デメリットがほぼない席ではありますが、あえて挙げるのであれば、トイレへの行きづらさです。この点は、映画鑑賞前にきちんとトイレを済ませておけば問題はないのですが、トイレが近くなりやすい人や子供を連れて鑑賞しに行く場合は避けた方が良いでしょう。

映画館でおすすめの座席【映画別】


スクリーンの大きさを基準に選ぶと「この辺りが良い」「この位置から映画を見るとこんな風に見える」などさまざまな基準から映画館の座席選びのポイントを紹介しましたが、映画のジャンル別に座席を選ぶ方法もあります。

先ほども少し触れたのですが、映画のジャンルによって座席の前後位置を決めると見え方や楽しみ方が変わるので面白いですよ!ぜひ、映画のジャンルごとに座る席を変えてみてくださいね。

字幕映画を鑑賞



字幕映画を鑑賞する場合は、後方列寄りの真ん中あたりの座席を選びましょう。字幕映画を鑑賞するとき、役者さんが喋るスピードに合わせて字幕を読みながら、今その画面で何が起きているのかを観ますよね。後方列寄りの真ん中の席であれば、スクリーンが視界に綺麗に収まるので字幕を追いかけやすく、内容も頭に入ってきやすいです。

しかし、前方寄りの座席の場合、スクリーンとの距離が近くなるため、文字と役者の動きを観るために目を動かす範囲が広くなり、疲れやすくなってしまいます。また、スクリーンに対して端の座席を選ぶと字幕に遠近感が生じてしまいますので、読みにくくなってしまいます。

視力が悪い人であれば、遠近感をこらえながら文字を読まなければならないので、映画どころではなくなってしまうかもしれません。

アクション・SF・ファンタジー・3D作品を鑑賞



これらのジャンルの映画は「大迫力」を感じられるかが大事になってきますよね。そこでポイントになってくるのがスクリーンとの距離感と音響です。

まず、スクリーンとの距離感ですが、やはり離れすぎたり、壁が近くなってしまったりするとテレビで鑑賞しているのと差がない状態になってしまいます。そのため、視界に綺麗にスクリーンが収まるか、少しスクリーンの方が視界からはみ出ているぐらいの距離感が望ましいです。

また、大迫力を感じたいならやはり音響が良いポジションを押さえるのが重要なポイントになってきます。やはり左右のどちらか一方から音が大きく聞こえるよりはバランスよく聞こえる方が良いですよね。これらを組み合わせた条件に当てはまるのが中央列1~2列前の真ん中の席です。

吹き替えやアニメ・邦画を鑑賞


これらのジャンルの映画の場合は、比較的どの座席でも鑑賞を楽しめますよ。吹き替え作品であれば、字幕映画のように文字と役者さんを追いかけなくて済むので、比較的落ち着いて鑑賞を楽しめます。

アニメ・邦画も同様で、英語を聞くわけでも字幕を追いかけるわけでもないため、どの座席でも鑑賞に集中することが可能です。しかし、アニメや邦画の中でもアクションやSF、ファンタジーなどジャンルがありますので、そのジャンルに合わせて座席選びをするとより一層映画ならではの世界観が楽しめるでしょう。

映画館でおすすめの座席【上映状態別】



「映画の上映状態?」と、思われた方もいるのではないでしょうか。上映状態とは、音響や映像技術、エフェクトなどにこだわり、豊かな映画体験ができるためのシステムのことです。なかには、映画の上映中にお客さんが声援を送ったり、劇中のセリフを唱和したり、ペンライトを持ってライブのように楽しんだりできる上映もあります!

さまざまな上映状態がありますが、今回はメジャーなIMAXデジタルシアターと4DXスクリーンで鑑賞する場合のおすすめの座席位置や、それぞれどのような特徴があるのかについてもご紹介しますね。

IMAXデジタルシアター


まず、IMXデジタルシアターは以下のような工夫が凝らされた上映状態のことを指します。


IMAXデジタルシアターは、映画を構成する「映像」「音響」「3D」「作品」という5つの要素を、IMAX社の独自の最新テクノロジーで最高水準まで高めたプレミアムシアター。

シアター全体がIMAX仕様にカスタマイズされており、高品質デジタル映像と大迫力のサラウンドシステム、床から天井、左右の壁いっぱいに広がるスクリーンにより、まるで映画館の中にいるようなリアルな臨場感を体験できます。
TOHOシネマズ IMAXデジタルシアターとは?


このIMAXデジタルシアターの良さを思いっきり感じられる席は、中央からやや前列よりの座席です。もちろん中央列や、やや後列寄りの座席もスクリーンを見渡しやすくて良いポジションではあります。

しかし、中央から1列2列前の座席であれば、巨大なスクリーンに視界全体が包まれるので、映画の世界を実際に体験しているかのような感覚を味わえるので、世界観に没入できますよ。

4DXスクリーン



4DXスクリーンとは、上映されているシーンに合わせて、席が前後左右に動いたり、水や風、香りを実際に感じられたりするなど、リアルな演出が施され、映画の世界を体感できるような技術が凝らされている上映状態のことを指します。

そんなリアルに映画の世界観を体感できる4DXスクリーンを楽しめるおすすめの座席位置は最前列の真ん中の席です。「最前列は首が痛くなったり、字幕が読みづらかったりでおすすめできないんじゃないの?」と、思った方もいるのではないでしょうか。

実は、通常の映画館の座席はスクリーンと座席の間に余裕がないので上記のようなデメリットが生まれてしまうのですが、4DXスクリーンの場合はスクリーンと座席の間に十分な空間があるため、最前列に座っても問題ありません。そのため、視界を遮るものがないので、映画の世界を体感することだけに集中して楽しめるのです。

映画館でおすすめの座席【観る相手別】


どのジャンルを鑑賞するかで座席の前後を決めると良いという話をしましたが、席の左右の位置は誰と見るかで決めてみましょう。字幕作品ですと多少影響されますが、横方向の座席の違いによって作品の見え方が大きく異なることは少ないですよ。

恋人と観る



恋人と一緒に観るときは、相手にお気に入りの席がないか、手をつないだり、腕を組んだりして密着したいかどうかが席選びのポイントです。相手にお気に入りの座席がある場合は、そちらに座ってゆっくり見ても問題ありません。

「映画を見ながらちょっとイチャイチャしたいなぁ……」という場合は、サイドにある2人席や一番後ろの席を選びましょう。なかにはカップルシートを設けている映画館もありますので、そちらに座って鑑賞してもいいですね。今挙げた席であれば、鑑賞中に恋人とくっついていても人の邪魔になりにくいので、2人の世界感を楽しみながら、映画も楽しめちゃいますよ!

一人で観る


一人で鑑賞する場合の席選びは自由です!最後のエンドロールまでしっかり見る!という人であれば、視界を邪魔されない中央寄りの席、トイレが近い人は通路側の席、映画のジャンルに合わせて鑑賞する位置がある場合はそちらに座って鑑賞しましょう!

子連れで観る



子どもを連れて鑑賞する場合は、トイレへの行きやすさ、着席のしやすさから通路側の座席を確保しましょう。通路側の席であれば、子どもがトイレに行きたくなったとき、座っている人を跨がずにスムーズに移動できます。

また、上映時間ギリギリに滑り込みした場合であっても通路側の席であれば、すでに座っている人の邪魔にならずに座れますし、人を跨いで通っているときに子どもがほかのお客さんの飲み物やポップコーンをこぼしてしまうという事態も避けられます。

座席選び1つで映画の見え方や楽しみ方が変わる!



今回は映画別・上映状態別・一緒に見る人別におすすめの映画館の座席をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

普段何気なく映画館の座席を選んでいた方も、この記事を読んで「アクションを見るからこの席にしよう!」「恋人と行くからこの席にしよう!」など映画の内容だけでなく、座席選びの時間も楽しんでもらえると映画の魅力がさらに広がるかもしれません。

また、もし映画好きの友達や恋人と一緒に見に行く機会があれば「この座席から見る映画どうだった?」など感想を言い合うのもいいですね。お気に入りのポジションを見つけて、映画の世界観を思う存分に味わいましょう。

(まい)
1

関連記事