オフィスカジュアルにぴったりなレディースジャケットコーデをご紹介♪

お仕事をする中で、「オフィスカジュアルでお越しください」という言葉をよく目にしますよね。でも、実際どんなコーデが適切なのかわからないという方も多いのではないでしょうか?今回は、オフィスカジュアルの基本から、おすすめアイテムのジャケットを使ったコーデをご紹介していきます。

目次

オフィスカジュアルに合うレディースジャケットはどれ?


オフィスカジュアルコーデを作るには、ジャケットを取り入れるのがおすすめです。サッと羽織るだけできちんと感が出て、ベーシックアイテムとの相性もバツグン。テーラードジャケットのようにかっちりとしたシルエットのものをセレクトすると、よりビジネス感を意識することができます。

では、どのようにコーデを組んでいけばいいのでしょうか。色別・ボトムス別・季節別に分けてオフィスカジュアルにぴったりなレディースジャケットコーデをご紹介していきます。

crazy テーラードジャケット Amazonはこちら♡

まずは「オフィスカジュアル」の基本を抑えよう



「そもそもオフィスカジュアルの定義がイマイチわからない!」という方も多いのではないでしょうか。コーデ作りを失敗しないためにも、まずはオフィスカジュアルの基本からおさらいしていきましょう!

「オフィスカジュアル」はスーツより少し崩したスタイル


スーツよりも少し緊張感を和らげて、柔らかい印象を与えるコーデがオフィスカジュアルとしてふさわしいと考えておきましょう。ジャケットのように知的なアイテムを土台にして、そこからシンプルで清潔感のあるアイテムを追加していくようにすると雰囲気が掴みやすいですよ。

私服感を出すのはNG



でも、どこまで崩していいのか、カジュアルさを出していいのか疑問に思ってしまいますよね。

基準としてわかりやすいのが、「私服感を出さないこと」です。デニムやジャージなどプライベートな印象を与える素材のアイテムは使わないようにしましょう。露出が激しいコーデもお仕事にふさわしくないので避けるのが正解。

このように、お客さまや社内の人に不快な思いをさせない、浮いてしまわないようにするのがオフィスカジュアルコーデを作るうえで押さえておきたいルールです。

会社によってOKな基準はさまざま



ここまで基本ルールをチェックしていきましたが、会社によって少し基準がゆるかったりすることもあります。基本を理解したうえで、社内の人たちがどのようなコーデでお仕事をしているのか確認してみましょう。周りに合わせるというのもオフィスカジュアルでは大事なポイントになってきますよ。

【色別】オフィスカジュアルに適したレディースジャケットコーデ


ここでは、ジャケットを使ったオフィスカジュアルコーデを色別にご紹介します。オフィスカジュアルにぴったりなジャケットの色を知っておくと、失敗しにくく応用も効きやすくなっていきますよ!

〈ベージュ〉ジャケットで柔らかい印象に


ベージュは、柔らかくて優しげな印象を与える色です。ジャケットでベージュを取り入れると、一気に親しみやすさをプラスしてくれるという効果があります。

差し色アイテムをなじませる



少し挑戦的な差し色ボトムも、ベージュのジャケットのおかげでしっかり馴染んでいます。また、ベージュは野暮ったくなりがちな色でもあるので、さりげなく透け感を取り入れてメリハリをつけると失敗しにくいでしょう。

ワントーンでおしゃれさも忘れない



同系色でまとめたワントーンコーデ。ベージュ系で統一するのは一見難易度が高く思われがちですが、こちらのようにパフスリーブやプリーツ素材などちょっとしたディティールにこだわるだけで、一気に周りと差がつくコーデに仕上がります。

〈ホワイト〉ジャケットで爽やかに


オフィスカジュアルは、手抜き感が出てしまいがちなのが難点のひとつ。そんな問題を吹き飛ばすには、ホワイトのジャケットを使うのが効果的なのです。また、顔周りを明るくしてくれるので、好印象を与えるにも持ってこいの色と言えます。

地味さを上手に回避



ブルーのノーカラーシャツ×ネイビーのテーパードパンツという、オフィスカジュアルの鉄板とも言えるコンビ。これだけでは普通になりすぎてしまうので、ホワイトのジャケットを投入して洗練されたスタイルに仕上げましょう。ベーシックな色なので、きちんと感を失うこともありません。

セットアップでこなれ感UP



ホワイトのジャケットとボトムスを使った、セットアップ風コーデです。全く同じ素材のアイテムをただ合わせるだけではスーツのようになってしまうので、ここはあえて色味を少し変えてセットアップ風にするということを忘れずに。インナーに暗めの色のアイテムを持ってきて、しっかり引き締めているのもポイントです。

〈ネイビー〉ジャケットなら凛々しい姿に


ネイビーのジャケットは、知的な印象を持たせてくれるので、オフィスカジュアルで大活躍すること間違いなし。着回し力も高く、1枚は持っておきたいところです。

シンプルなワンピースを知的に格上げ



ホワイトのベーシックなワンピースに、ネイビーのジャケットを加えてより知的にブラッシュアップ。たったひとつプラスするだけで、ワンランク上のオフィスカジュアルを叶えてくれるのは魅力的ですよね。

ネイビーでまとめるなら重くならないように



こちらはインナーのワンピースもネイビーで統一しています。でも、地味さや重苦しさをを感じないのは、ウエストマークや胸元のレース素材で抜け感を意識しているからです。暗い色でまとめるときは、ジャケット以外のアイテムで華やかな印象を与えるようにしてみましょう。

〈カーキ〉ジャケットも合わせ方次第で使える!


カジュアルでラフな印象が強いカーキのジャケットも、使い方次第では重宝できるアイテムです。オフの日も使いやすいので、オフィスで浮かないコーデ術を身につけておくと便利ですよ!

ホワイトと組み合わせれば失敗知らず




Hodarey ショートジャケット Amazonはこちら♡

カーキジャケットを上手にオフィスカジュアルで取り入れるには、相性のいいホワイトを主役にするのが近道です。また、ノーカラージャケットなどシンプルできれいめなデザインを選ぶようにすると、よりカジュアルさを軽減できます。

上品な素材でカジュアルさを軽減



基本はベーシックカラーを使うのがオフィスカジュアルのルール。ですが、少し自由がきく場合はこのように挑戦的な色を取り入れてみるのもアリです。

タイトスカートの上品なシルエットやレース素材できちんと感を出しているので、悪い印象を与えることはありません。カーキのカジュアルさもしっかりとカバーできています。

【ボトムス別】オフィスカジュアルに適したレディースジャケットコーデ


オフの日のコーデでヘビロテできるデニムがNGということもあり、オフィスカジュアルではボトムス選びに迷ってしまいますよね。ここからは、オフィスでも浮かないレディースジャケットコーデをボトムス別にご紹介します。

〈スカート〉×ジャケット


スカートとジャケットの組み合わせは、女性らしさをしっかりとアピールすることができます。オフィスカジュアルに適したコーデをぜひ参考にしてみてください。

タイトスカートならハズさない



タイトスカートのきちんと感溢れるシルエットは、オフィスカジュアルにしっかりマッチします。過度な露出にならないよう、丈は膝からふくらはぎあたりまでのものをチョイスするようにしましょう。また、ベーシックな丈のジャケットとも好バランスをキープすることができます。

華やかなシルエットで仕事後のデートコーデにも♡



フレアスカートも、オフィスカジュアルコーデを作るためにはワードローブに入れておきたいところです。華やかで愛らしいシルエットは、男性ウケバツグン。さらにジャケットを羽織れば、媚びすぎないモテコーデの完成です。お仕事終わりのデートコーデにぴったりなのも嬉しいポイントですよね!

柄スカートは主張しすぎないものを選んで




Hodarey テーラードジャケットレディース Amazonはこちら♡

オフィスカジュアルでは、派手にならない無地のアイテムを使うのが主流と思われがちですが、主張しすぎない柄を選べば問題ありません。

例えば、こちらのコーデに使われている細ストライプ柄。水色と白の繊細な細ストライプ柄が、むしろ好印象を与えています。トップスとジャケットはトーンを合わせて、あくまでスカートを主役として取り入れるのが正解コーデのカギになります。

〈パンツ〉×ジャケット


かっちりしたジャケットにパンツを合わせれば、知的でハンサムなスタイルを実現できます。甘すぎるのが苦手という方にもおすすめですよ。

ベージュ合わせで女性らしいハンサムスタイルに




AquaGarage カラーレステーラードジャケット Amazonはこちら♡

ベージュのパンツ×ジャケットに愛らしいピンクのブラウスをプラスして、女性らしさを忘れないハンサムスタイルに。派手な色味のトップスですが、他のアイテムをベージュでまとめているので不自然になりません。

合わせやすいホワイトパンツは鉄板




テーラードジャケット Amazonはこちら♡

ホワイトのクロップドパンツは、どんなカラーのジャケットとも合わせやすいです。すっきりとしたシルエットなので、オーバーサイズのジャケットにもマッチするでしょう。足首が見える丈を選ぶと、肌感が増して手抜き感も軽減することができますよ。

【季節別】オフィスカジュアルに適したレディースジャケットコーデ


季節感を意識すれば、もっとジャケットを使ったオフィスカジュアルを楽しめるでしょう。春夏と秋冬に分けておすすめコーデをご紹介します。

〈春夏〉涼し気な素材や色合わせで爽やかに


コーデに爽やかさを出したい春夏。オフィスカジュアルでも、素材や使う色にこだわってみましょう。清潔感があって、好印象な仕上がりになりますよ。

パステルカラーを主役に♡



春夏といえば、パステルカラーが映える季節ですよね。オフィスカジュアルでもぜひ取り入れてみましょう。パステルピンクのワンピースを主役にして、あとはシンプルなジャケットを引き立て役として合わせるだけ。とても簡単にコーデが決まるので、困ったときにも便利な組み合わせです。

爽やかな素材で季節感を持たせて



涼し気なさらっとした素材でまとめて、季節感とこなれ感を兼ね備えたスタイルに。色も寒色をセレクトして、暑苦しさを感じさせないようにしているのがポイントです。

ホワイト×チュールで春夏らしさを引き上げ



定番のホワイトのワンピースも、チュールや刺繍といったディティールを盛りこめばワンランク上のコーデに仕上がります。そのままだとチュールの透け感が目立ってしまうので、ここはジャケットを使ってオフィスカジュアルをしっかりと意識しましょう。

淡い寒色を投入してマンネリを解消




[ルナー ベリー]シングルボタンジャケット Amazonはこちら♡

ネイビーやベージュのパンツは合わせやすいですが、季節感を取り入れるならカラーをアップデートするのがおすすめ。こちらのように淡めの寒色なら、ジャケットと合わせても違和感なくまとまります。

〈秋冬〉トレンドを取り入れてデキる女性を演出


秋冬は、比較的落ち着いたカラーや素材のアイテムが豊富。オフィスカジュアルにも合わせやすいものが多いので、トレンドを意識したコーデが組みやすい季節です。

ツイード素材を使うなら意外性を狙って



ツイード素材は、秋冬の定番ですよね。暗めのカラーを使ったアイテムが多いですが、ここは差をつけるためにあえてホワイトのツイードワンピースをチョイス。同じくホワイトのジャケットをプラスすれば、季節感はあるのにどこか洗練されたオフィスカジュアルコーデの完成です。

アースカラーで統一して上品カジュアルに



ジャケットを取り入れて、リラクシーになりすぎないアースカラーコーデを実現。トップスには清潔感のあるホワイトを採用して、オフィスカジュアルを意識しているのがポイントです。

メンズライクなジャケットで差を付ける



落ち着いた雰囲気がほしい秋冬だからこそできる、メンズライクなジャケットを使ったオフィスカジュアルコーデです。鉄板の組み合わせに足すだけで今っぽくなるのが嬉しいですよね。

秋冬らしいカラー使いで季節をしっかり意識



秋冬らしいカラーのジャケットに挑戦して、トレンド感たっぷりのオフィスカジュアルコーデに。代表的で取り入れやすいのは、深みのあるボルドー系です。大人な色味なので、ビジネスシーンでも違和感のない着こなしになります。

インナーとボトムスはモノトーンで統一すると、よりオフィスカジュアルにふさわしいスタイルになっていきます。

ジャケット使いでオフィスカジュアルを楽しもう♡



レディースジャケットを使った、さまざまなオフィスカジュアルコーデをご紹介してきました。ちょっと遊び心のあるアイテムを取り入れたり、トレンドを意識して楽しんでも、使い方次第ではお仕事に適したコーデに仕上がるでしょう。

どうしても、オフィスカジュアルというといつもと同じになりがちですが、ちょっとした工夫でおしゃれを楽しむことは十分できますよ。ぜひ、日々のコーデの参考にしてみてくださいね!

(まい)
1

関連記事