相手の心に残る送別メッセージの書き方♡定番フレーズから例文まで紹介!

大人になると、職場や学校などでたくさんの出会いがありますよね。でも反対に、別れを経験することも増えるでしょう。親しくなった人と一緒にいられる最後の日には、感謝や励ましの言葉をしっかり伝えたいですよね。ここでは、新たな場所へ旅立つ人に贈るステキな送別メッセージの書き方を紹介します。心にグッとくる一言で、あなたらしいエールを贈りましょう!



目次

送別メッセージって何を書こうか悩みますよね




仲良しの同僚や頼りになる先輩に囲まれて過ごす毎日はとても楽しいですよね。でも時にはそんな大好きな人たちが、職場や学校を離れてしまう日もやってきます。そこで、「心を込めた送別メッセージを書き明るく見送りたい!」と考えている人もいるでしょう。

しかし、いざ書こうとすると、どんな内容の言葉を選べばよいのか悩んでしまいますよね。ここでその悩みをスッキリ解決しましょう。相手が嬉しくなる送別メッセージの書き方を徹底解説します。役立つ例文や、心がけたいポイントが分かりますよ。温かいメッセージで、気持ちよく送り出してあげてくださいね。

基本的な送別メッセージの書き方




まず、必ず押さえておきたい送別メッセージの基本の書き方をチェックしましょう。実際に書くときに意識すれば、きっと相手が嬉しいと思える文章になりますよ。

堅苦しくなりすぎないようにする


せっかくなら読んだ相手が自然と笑顔になれる送別メッセージを贈りたいですよね。そのためには、難しい単語ばかりの堅苦しすぎる文章にするよりも、わかりやすく柔らかい内容にしたほうがよいでしょう。同僚や後輩に向けたものはもちろん、上司や先輩のような目上の人に対しては言葉遣いに気をつけながらも、リラックスして読めるようなメッセージを目指しましょう。

今後の活躍を祈る言葉を入れる


見送る人との思い出に触れることも大切ですが、離れた後のこれからについても書いてあげるとよりよい送別メッセージになります。もう一緒に過ごすことはなくなるにも関わらず、今後のことまで考えてくれる優しさが伝わります。これからもつながりをもちたいと思ってくれますよ。



丁寧な字と言葉で伝える


言葉と違い、ずっと手元に残り続ける送別メッセージ。落ち着いた環境の中で、ゆっくりキレイな字で書きましょう。内容により真剣味が出ますし、相手も「自分のために時間をかけてくれて嬉しい」と感謝してくれるでしょう。

相手に喜んでもらう送別メッセージのポイント




次は、もらった人が喜んでくれるような送別メッセージのポイントを見てみましょう。ひと手間加えるだけで、より相手の心の奥まで響くものになります。どれもすぐにできることばかりなので、ぜひ試してみてください!

労いの言葉を添える


職場やサークル、部活のために力を尽くしてくれた人へのメッセージには、労いの言葉をしっかり添えたいですね。読んだら、送別の日に至るまでのさまざまな思い出がよみがえるでしょう。「みんなとここまでがんばってこられてよかったな」と思ってもらえますよ。



具体的なエピソードを交える


あなたとメッセージを贈る相手との具体的なエピソードを書くのもいいでしょう。クスッと笑ってしまうような出来事や、一緒に苦労を乗り越えた経験などに触れれば、懐かしさや微笑ましさ、嬉しさが一気に込み上げてきます。その人だけに向けた、素晴らしいオンリーワンのメッセージになるでしょう。

湿っぽくなりすぎないように


送別というと、どうしても寂しい雰囲気になってしまいますよね。最後のさよならのときは涙してしまう人もいるでしょう。相手がいなくなるのが辛いのを伝えることも大事ですが、今後見返すこともあるメッセージの中でそればかり書いてしまうと湿っぽくなってしまいます。なるべくポジティブな言葉を使って、未来志向のメッセージを贈りましょう。



かわいいイラストを添える


メッセージを贈る相手が後輩や気の知れた同僚であれば、かわいいイラストを添えるのもよいですね。離れることを悲しいと思う気持ちも、見た瞬間に明るくなります。絵を描くのが苦手な人でも、文末にハートやスマイルマークを書くだけでほっこりした雰囲気の文章になりますよ。吹き出しを使って、キュートな動物やキャラクターが「ファイト!」「またご飯行こうね」と言っているイラストを描くのもよいアイデアですね。


メッセージカードで豪華に


華やかなメッセージカードを使って、ずっと大事にしたくなるような送別の言葉を届けるのもいいでしょう。気の許せる親しい関係なら、ポップアップ式、開けると音楽が流れるものなどユニークなカードを選ぶのもありですね。インテリアとして飾れるような、おしゃれなデザインのものも印象深いです。



器用な人は、リボンやマスキングテープ、シールなどを使ってオリジナルカードを手作りするのもステキですね!凝ったデザインのメッセージをもらった相手は、文章の内容はもちろん、手間暇かけてくれたことに嬉しくなるでしょう。

送別メッセージに使える定番フレーズ 1.シンプルに伝える




ここからは送別メッセージにぜひ取り入れたい定番フレーズを紹介します。最初にシンプルに伝える方法を見てみましょう。どんなシチュエーションでも使えるので、いろいろな例を覚えておくと便利です。どれも、ストレートにわかりやすく気持ちが伝わりますよ!

「今までありがとうございました」


これまでの感謝の気持ちを見せたいときには、「今までありがとうございました」というフレーズを使いましょう。誰もが喜ぶお役立ちフレーズです。お礼をしっかり言うためにも欠かせない言葉ですね。

「あっという間の〇年間でした」


親しい人との楽しい時間は、思っている以上に早く過ぎると言いますよね。それが本当であることを伝えられるのが「あっという間の○年間でした。」という一文です。関係が長ければ長いほど、このフレーズはより強く胸を打つでしょう。読めば走馬灯のように、これまでの数年間のことが頭を駆け巡ります。



「どうぞこれからもお体に気をつけてください」


忙しい職場やサークル、部活の中心になって活躍してくれた人にぴったりな言葉です。メッセージをもらった人は、体のことを労ってくれる優しさに癒されます。読んだだけで、元気が出てきそうですね。

「またいつかお会いできる日を楽しみにしています」


「またいつかお会いできる日を楽しみにしています」というフレーズからは、「これで終わりにしたくない」、「再会を望んでいる」という願いが汲み取れます。贈る相手との関係によって「また絶対会いましょう」など、カジュアルな言い方にもできます。実際に約束を取り付ければ、送別の後でも絆を深めていけそうですね。



「いつでも待っています」


このフレーズは、「ここはずっとあなたの居場所だ」と言ってくれているような感じがしますね。今の職場や学校に訪れる機会ができたときも、これまでと変わらず温かく迎えてくれそうだと思ってもらえるでしょう。また顔を見せにきてくれるかもしれませんよ。

「○○さんとの思い出は忘れません」


個人的な強いつながりを感じられるのが「○○さんとの思い出は忘れません」というフレーズです。同じチームでがんばってきた、特に仲がよかった人に贈るのにベストです。これから別のところでがんばることになるけれど、共有した思い出を胸に、何事にも前向きに取り組めるでしょう。



「ずっと応援しています」


心強いエールを贈るメッセージも送別の場面にふさわしいです。辛いことがあったときも、この言葉が書かれた送別メッセージを読み返せば、相手はあなたの励ましの声がどこからか聞こえてくるような気がします。困難にも負けないで乗り越えようと思うでしょう。

送別メッセージに使える定番フレーズ 2.仕事でお世話になった人に




送別メッセージを贈る機会が多い場所と言えば、やはり職場ではないでしょうか。送別の日には、ここまで一緒に働いてきた仲間に向けた思いやりのある言葉を用意したいですね。仕事でお世話になった人たちへの送別メッセージの定番をチェックしましょう。相手との関係や共に歩んできた道のりを思い浮かべながら、ふさわしい言葉を選んでくださいね。

「一緒に働くことができて楽しかったです」


時に辛く、責任も負わなければならないのが仕事です。でもその人がいてくれたことで喜びを感じることもできたというメッセージになるのが「一緒に働くことができて楽しかったです」というフレーズです。


毎日を充実した日々にしてくれたことへの感謝の意味も込められています。あなたの気持ちを明るくしてあげられたことに、相手も喜びを感じるでしょう。

「また一緒に働けることを楽しみにしています」


「また一緒に働けることを楽しみにしています」という言葉からは、また仕事仲間になりたいという熱い思いが見えますね。一緒に働く中で、いい関係になれたこともわかります。きっと相手も同じ気持ちでいてくれるでしょう。

「いつも助けてくださり、ありがとうございました」


ミスをカバーしてもらった、悩んだときにアドバイスをもらったという人は、相手にぜひ「いつも助けてくださり、ありがとうございました」というフレーズを届けてください。シンプルですが、協力や助け合いの大切さについて教えてもらえたことへのお礼がきちんと伝えられます。



「指導していただいたこと、これからも活かしていきます」


直属の先輩や上司への送別メッセージにうってつけなのが「指導していただいたこと、これからも活かしていきます」というフレーズです。相手から学んだことを忘れずに、自分の成長のためにしようという姿勢に感心してもらえるでしょう。遠くからも、ずっとあなたの活躍を見守ってくれますよ。

1
2

関連記事