「フェロモン」を醸し出す女性になりたい♡特徴やおすすめ香水を紹介!

「フェロモン」のある女性と言うと、色気たっぷりでいかにもモテそう!という印象がありますよね。でも、いざ自分がフェロモンを醸し出す魅力的な女性になろうとすると、ハードルが高くそうだと感じて臆してしまっていませんか?

ですが、フェロモンは努力でも身にまとうことができるのです。この記事ではその方法をご紹介していきます。大人っぽくなりたい人や、気になっている男性を振り向かせたい人は必見ですよ!



目次

フェロモンが出ているような色気のある女性になりたい♡


大人っぽい色香は生まれ持ったものだから、今から努力して手に入れるのは難しいのかも……、と諦めてしまいがちですが、そんなことはありません。顔立ちや身長や声など、今後変わることのない部分以外で身につけられるものなのです。

そもそも「フェロモン」ってなに?



目に見えるものではないので、具体的にどんなものなのか想像がしづらいですよね。詳しい定義を知らない人も多いかもしれません。では、その実態はいったいどんなものなのでしょうか?

フェロモンとは


フェロモンとは、もともと同種の生き物の間で効果を与え合う化学物質のことを言います。相手が分泌した化学物質を受け取ることで、特定の反応を引き起こすのです。

実は、蜂の巣で女王蜂が働き蜂に指示を出す方法もフェロモンによるものなんですよ。蜂に限らず、昆虫や動物の生態にはフェロモンが大きく関わっています。言語が無い代わりに、フェロモンで意思疎通をしているのです。

人間にもフェロモンがある!?



私たちが言う「フェロモン」は匂い立つような色気がある様子のことを指す場合が多いですね。昆虫や動物のように生態に影響のあるフェロモンなんて人間にはなさそうですが、人間にもフェロモンが存在することが研究によって明らかになっています。

女性の中で、一緒にいることが多い同性の家族や友人と生理周期が重なることはありませんか?これはプライマーフェロモンというフェロモンの1つの作用で、「寄宿舎効果」と言います。この効果は人間だけでなく、ネズミなどの哺乳類でも確認されていますよ。

人間とフェロモンの関係はまだ研究が進んでいないところも多くありますが、もしかすると身近なところに潜んでいるのかもしれませんね。

「フェロモン」が出ている女性の特徴♡


さて、ここからは色気の方のフェロモンの話に戻りますね。意識すれば、大人の女性にステップアップできますし、気になる男性へのアピールにも役立つこと間違いなしです。

そんなフェロモンを持つ女性にはどのような特徴があるのでしょうか?さっそく見ていきましょう!

痩せすぎず、女性らしい体型



モデルのようにスラリと痩せた体型は、女性なら誰もが憧れるものですよね。でも、痩せたいからと言ってダイエットのしすぎは厳禁です。行きすぎた食事制限は引き締めたいところ以外まで痩せてしまいがちで、メリハリのない体型になってしまいます。

筋肉質な体の男性とは対称的に、女性は丸みのある柔らかい体型が特徴ですよね。特有の色気を出すためには適度な脂肪も必要です。フェロモンのある女性は、締まった体でありながらもほどよくむちっとしていて、そんな色気が男性を惹きつけます。

ハリツヤのある肌・髪の毛


美しい肌とキューティクルの輝く髪は、女性としての魅力を底上げしてくれます。肌と髪のツヤを見れば丁寧にお手入れして身だしなみを整えているとわかりますよね。特に顔は、初対面のときに1番見られるところです。肌や髪をいつでも綺麗に保っておくことで、よい出会いにも導いてくれますよ。

柔らかい表情を意識する



どんなときでも微笑みを絶やさない女性は、優しく親しみやすそうでもありますが、同時にかすかな色気を感じませんか?揺らぐことのない微笑みが、表情の柔らかさとは裏腹に、凛とした印象も与えてくれます。

どんなときも自分を保てる女性には誰もが憧れるものです。周囲から尊敬されるような魅力のある女性からは、自然と人を惹きつけるフェロモンが発せられています。

指先まで気をつかった仕草


指先まで綺麗に揃った仕草はとても女性らしいですよね。雑で荒っぽい仕草ではフェロモンを醸し出せません。焦らず、ゆったりとした行動や仕草は、周囲から見ると大人の余裕に映ることでしょう。その余裕が大人の色香になっていくのです。

言葉づかいで内面から美しく



「言霊」という言葉があるように、口から出た言葉はその人を形づくる一部になります。乱暴な言葉は避けて、優しく穏やかな言葉を選ぶようにしましょう。このとき、落ち着いた声のトーンで話すと、より大人な印象を与えられます。また、多くは語らないミステリアスさもフェロモンに繋がりますよ。

メイクはマットよりほどよいツヤ感


肌はマットよりもツヤがあった方が色っぽく見えますよね。このとき、ツヤは「ほのかなツヤ感」であることが鍵になってきます。内側に輝きを秘めた柔らかそうな肌は、男性も思わず触りたくなってしまうことでしょう。触れたいと思わせられる、引力のような魅力こそ、フェロモンだと言えます。

「フェロモン」を醸し出すためには?


女性らしい魅力がフェロモンに繋がることはわかりましたが、実際に身につけるためにはどうしたらよいのでしょうか?ここからは具体的な方法を伝授していくので、一緒にチェックしてみましょう!

栄養バランスのよい食事をとる



フェロモンを醸すためには、健康的な体つきであることが大切です。先述のとおり、程よく柔らかな肉感が女性らしさの第一歩でもあります。また、栄養バランスが整っていると肌や髪もイキイキとした美しさになります。ますは食事から見直してみるのもいいかもしれませんね。

落ち着いた行動を心がける


慌ただしい、そそっかしい、せっかちという印象はフェロモンのある女性とはまったく逆のものですよね。そういった行動をおさえるために、焦りそうになったときはひと呼吸置くようにしてみましょう。心に余裕が生まれて、落ち着いた大人の女性になれますよ。

睡眠時間はしっかり確保


寝不足の状態では何事にも集中できなくなってミスが増えるほかにも、体調を崩す原因になったり、肌の調子が悪くなったりします。そんなボロボロで余裕のない状態では女性としての魅力も半減してしまうでしょう。



うまく入眠できないという人は、寝る前にスマホを見ないようにする、ホットミルクを飲んだり湯船にちゃんと入ったりして体をあたためるなど、寝る前の習慣を見直してみてください。良質な睡眠は生活にゆとりをもたらしてくれます。

フェロモンをまとうには、健康的な体であることと、心に余裕があることが必要です。どちらが欠けても魅力ある女性にはなれないでしょう。まずは日頃の生活から改善してみてくださいね。

メイクでポイントを掴む


日頃のスキンケアでベースを整えたら、メイクはすりガラスのようなセミマット肌に仕上げましょう。カラーメイクでは、じゅんわり色づいたような頬や、ぷっくりしている涙袋を意識してみると一気に色っぽくなりますよ。

また、唇のケアにも気をつけてみてください。グロスでツヤを持たせたところで、唇の皮がむけていたり、ごわごわしていたりすると、せっかくのツヤも活きてきません。ぷるんとした柔らかそうな弾力に見せることが重要なので、リップケアは怠らないようにしましょう!

服装には清潔感がマスト



色気=露出という安直な発想はNGです。控えめな露出で清潔感もある女性らしさの中でうっすらと感じるような色気こそ、フェロモンと言えるでしょう。体のラインが出るようなピッタリとしたファッションである必要もありません。清潔感を重視することでギャップも狙えますよ。

いい香りを身にまとう♡


「フェロモンと言えばやっぱりいい香り!」という人も多いのではないでしょうか?

香りはそれだけで同性も異性も振り向かせてしまう、とても大きな魅力のひとつです。シャンプーなどのヘアケア用品やボディーソープ、香水、はたまた洋服の洗剤や柔軟剤など、日常的にまとうことができる部分はたくさんあります。種類もさまざまですので、お気に入りのものを見つけてみましょう!

いい香りには「フェロモン香水」を使おう♡


手っ取り早くフェロモンが欲しい!という人には「フェロモン香水」がピッタリです。でも、フェロモン香水とはいったいなんなのでしょう。普通の香水とは何が違うのかも解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

フェロモン香水とは



「オスモフェロン」や「オスモフェリン」、「ヒトフェロモン」などのフェロモンに、男性に好まれる香りを混ぜたものをフェロモン香水と言います。フェロモンは無臭のものですので、それだけでは匂いを感じられません。まずは誰でも感じやすい香りで惹きつけて、さらにフェロモンで男性をうっとりさせるのです。

フェロモン香水とモテ香水の違いは?


香水にフェロモンが含まれているかどうかが大きな違いになります。モテ香水は嗅覚にだけ働きかけますが、フェロモン香水は嗅覚と本能に訴えかけます。相乗効果によって気になる彼も振り向いてくれますよ!

色気のある女性に♡おすすめのフェロモン香水をご紹介


人気のフェロモン香水をご紹介します。香水は特に体温の高いところにつけると、香りはもちろん、フェロモンも高く匂い立ちます。上手に使いこなして、彼を魅了しましょう!

【フェロモン香水ラボ】ラブアトラクション・シークレット



【Love Attraction(ラブ・アトラクション)】 イランイラン・ローズ
Amazonはこちら♡

イランイランとローズの香りにヒトフェロモンを配合した、男心をくすぐるような色香を感じさせる香水です。香りの変化はないので、相手に「私=この匂い!」と印象付けたい人はぜひこの香水を使ってみてくださいね。

【scentnations(セントネーションズ)】ジュテームH



【scentnations(セントネーションズ)】ジュテームH Amazonはこちら♡
透明感がベースにありながら、どこか異性を惹きつけてやまない小悪魔的な香り。みずみずしいピーチの清純さが、ジャスミン、ムスクと、時間とともに大人っぽく変化していきます。誰でも身につけやすいので、香水を使ったことがないという人にもおすすめですよ。

【コスメサイエンス】サクラ202 パンドラ



【コスメサイエンス】サクラ202 パンドラ Amazonはこちら♡
フルーティーな華やかさから大人なウッディ―に変わっていくのを身近で感じたら、男性はパンドラの箱を開けるような未知を体験することになるでしょう。魅惑的に香って、彼を夢中にさせること間違いなしです。

【Re:ose(リオーズ)】Laulala



【Re:ose(リオーズ)】Laulala Amazonはこちら♡
ベルガモットとオレンジで爽やかさを演出しつつ、徐々にダマスクローズやラベンダーなどで華やかに。最後はアンバー、ムスクでエキゾチックに香ります。トップ、ミドル、ラストで違った印象を与えられるように成分を配合しているので、男性にいろいろな表情を見せられるでしょう。

【LCラブコスメ】リビドー ロゼ



【LCラブコスメ】リビドー ロゼ Amazonはこちら♡
甘酸っぱいフルーティーベリーのトップノートからジャスミン、イランイランへと移り、情熱的な顔を見せてくれます。「リビドー(性衝動)」という名前のとおり、この香水が彼を情熱的にさせてくれるかもしれません。ベッド用の香水もあるので、雰囲気作りにも最適ですよ。

フェロモンたっぷりの色っぽ女性に大変身♡



フェロモンについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?いかにも大人な雰囲気の女性になるコツは掴めましたか?「童顔だから色気なんて出せない……」「私に色っぽさは似合わないかも」と思っていた人も、この記事を読んで小さなことから挑戦してみてください。

普段の立ち振る舞いや身だしなみはもちろん、フェロモン香水で直接身にまとってみるのもおすすめです。清潔感や可愛らしさの中に滲むような色香は、あなたに魅力をまとわせてくれます。もしかすると、素敵な出会いを呼んでくれるかもしれません。

大人の色気たっぷりのフェロモンを醸し出す女性になって、素敵な時間を過ごしてくださいね。

(まい)

《参考》
脳科学辞典編集委員会「脳科学辞典(フェロモン)」
KAKEN「霊長類の「匂い」によるコミュニケーション:生殖生理および配偶者選択への影響」
1

関連記事