【夢占い】地震の夢が表す意味とは?シチュエーション別の心理を解説!

私たちが寝ている間に見る「夢」にも、それぞれ意味があることをご存じでしょうか。状況・登場人物・自分自身の行動といったさまざまな要素から、夢に秘められた暗示やメッセージを読み解けるのです。

今回は、数ある夢の中から「地震の夢」に着目し、シチュエーション別にその意味を解説していきます。悪い夢だったときの対処法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



目次

地震の夢の意味が気になる…


地震の夢を見た経験はありますか?日本人にとって身近な自然災害の1つであるだけに、妙にリアルで具体的な内容だと「もしかして正夢……?」と不安に思ってしまう人もいるでしょう。


しかし、地震の夢が必ずしも悪い意味を持っているとは限りません。自分自身がどのような行動を取ったのか・どこで地震が起こったのか・どんな人が登場したのかなどを頼りに、その夢が持つ本当のメッセージを探っていきましょう。

地震の夢が意味するものとは?


具体的なシチュエーションに分けて見ていく前に、まずは地震の夢が持つ基本的な意味から解説していきます。夢の中で起きる地震は、何を象徴しているのでしょうか。

地震の夢が暗示するもの


そもそも地震とは、地下に溜まったエネルギーが爆発することで起きる現象ですよね。そこから転じて、夢占いにおいては「大きな変化」の象徴とされています。地震の夢を見たときには、「自分自身、もしくは身近なところで何かしらの変化が起こる」と解釈するのが一般的です。


また、シチュエーションによっては、見る人の精神状態を表していることもあります。この場合、ストレス・不満といった「負の感情」が反映された夢と言えるでしょう。

吉夢と悪夢を見分けるポイント


「地震の夢」というだけでは、それが良いものなのか、はたまた悪いものなのかの判断はつけられません。夢の意味を具体的に知るための鍵となるのが、揺れの激しさや長さ・自分自身の行動・登場人物などです。

なかでも揺れの激しさや長さは、どの夢の解釈においてもキーポイントとなります。揺れが激しく長いほど、これから訪れる変化の度合いも大きいと判断できるのです。ただし、大きな地震に見舞われる夢のほとんどは、悪い意味を持つと言われています。

地震のトラウマや恐怖心が原因の可能性も


過去に地震による被害を受けた経験がある人は、恐怖心やトラウマからこのような夢を見ることも考えられます。夢は、未来の暗示や警告だけでなく、私たち人間の深層心理を映し出すものでもあるのです。


しかし、地震の夢を見たからといって、悲観的に捉える必要はありません。なぜなら、当時の記憶を夢の中で再現することは、辛い体験やトラウマを克服しようとしている心理の表れだからです。つまり、現在のあなたは前向きな状態にある、ということですよ。

シチュエーション別!地震の夢を見る心理


ここからは、シチュエーション別に地震の夢の意味を解説していきます。あなたが夢の中で見た光景は、一体何を伝えようとしているのでしょうか。

地震から助かる夢


地震から助かる夢は、現在立たされている苦境から近々抜け出せることを示唆しています。現実世界で辛い思いをしている人ほど、大きな転機が訪れるでしょう。


また、今後何か急速な変化が起きたとき、うまく対応して切り抜けられる術(すべ)を持っているという意味にも取れます。進学・就職・結婚など人生ではさまざまな変化が訪れますが、過剰に心配する必要はなさそうですよ。

地震で死んでしまう夢


死に対して、不吉・不安といったマイナスなイメージを抱く人は多いでしょう。しかし、夢占いにおいては「生まれ変わり」を示す、いわば吉夢の象徴なのです。助かる夢と正反対かと思いきや、むしろ死んでしまう夢の方がより良い意味を持つと言われています。


これまで停滞・下降気味だった運勢が、まさに生まれ変わったかのように劇的に上昇していくでしょう。自分自身はもちろんのこと、周囲の環境や人間関係も目に見えて良くなるはずですよ。

冷静に対処している夢


地震などの自然災害に見舞われれば、多かれ少なかれ、大抵の人が動揺してしまいますよね。そのようなシーンで落ち着いて対処している夢は、現実世界で起きる問題に対しても冷静に向き合い、自力で解決できることを示しています。

精神的にも安定し、エネルギーに満ちている状態です。困難を乗り越えられるだけでなく、新しい物事にチャレンジするのにも良いタイミングと言えるでしょう。

慌てて逃げ惑っている夢


夢占いにおいて、逃げるという行為は「目の前の問題から目を背けて逃げ出してしまいたい」気持ちの表れとされています。思い通りに物事が進まず、焦りや不安を感じているのでしょう。


あるいは、もうすでにストレスや不満が限界まで達し、あなたの心が悲鳴を上げているのかもしれません。逃げられる問題からは思い切って逃げてみたり、信頼できる誰かに相談したりするのが良さそうです。

周囲の人を助けている夢


周囲の人を助けている夢は、自分以外の人への気遣いもできるくらい、今のあなたの心に余裕があることを表しています。揺れが激しければ激しいほど、十分な余裕がある状態と解釈できるでしょう。いつも以上に頭がさえるため、勉強や仕事の成績もアップしそうですよ。

また、あなたの周囲に味方がたくさんいるという暗示でもあります。トラブルや困難に見舞われたとしても、仲間と協力し合うことで被害を最小限に抑えられるでしょう。

周囲の人に助けられる夢


周囲の人に助けられる夢は、現実世界においても誰かから手を差し伸べてもらえることを示唆しています。困っていることがあれば1人で抱え込まず、周囲に相談してみるのが良いでしょう。想像以上の手厚い支援を受けられるかもしれません。



家の中で地震が起きる夢


家は、家庭や家族の象徴です。そのような場所で地震に見舞われるということはすなわち、家庭や家族に何らかの変化が訪れると解釈できます。家族の誰かが病気やケガをしたり、家族間でトラブルが勃発したりする可能性があるので要注意です。

また、家は「日常的なテリトリー全般」を示すものでもあります。この意味で解釈するなら、今のあなたは、心のよりどころにしている場所・環境・記憶などが奪われることに対してこの上ない不安を感じている状態です。このような心理に陥る原因として思い当たるものがあれば、早めに解消しておいた方が良いでしょう。

学校やオフィスで地震が起きる夢


学校は学業、オフィスは仕事を表します。地震の夢の基本的な意味は「変化」ですが、この場合には現在の精神状態を反映している可能性が高いでしょう。つまり、学業や仕事に対してストレスや不満を抱えているというサインです。


この夢をみたときには、1度しっかりと休んでリフレッシュしましょう。負の感情を抱えたままでは、本来の力を発揮できません。また、社会人の場合には転職を考えるのもアリです。今の職場で働き続けたいと思うのであれば、スキルアップのために資格の勉強を始めて見ましょう。

エレベーター乗車中に地震が起きる夢


地震と同様、エレベーターも変化を象徴するものですが、「悪い方向への変化」を示唆するケースが一般的です。不安定・解決口の見つからない不安な状態という意味も持ち、見る人に危険を知らせる、いわゆる「警告夢」に多く登場します。

この夢は、予想外のトラブルによって大きなショックを受ける、あるいはすでに困難に直面し疲弊している状態であることを伝えています。前者の場合は、いつトラブルが起きても冷静に対処できるよう、心身を休ませておいた方が良さそうです。後者の場合は、できるだけ早く誰かに相談しましょう。

階段で地震が起きる夢


夢占いにおいて、階段はゴールや目標に至るまでの「道のり」を表すものです。階段を上り下りしている最中に地震に見舞われる夢は、現在進行中の計画に大きな変更が生じることを示しています。ここで重要なのは結末です。


揺れによって階段から落下してしまったのなら、しばらくは足踏み状態が続くでしょう。最悪の場合、計画自体が白紙になってしまう可能性もあります。いつも以上に慎重に、物事に取り組みましょう。揺れがすぐに収まった場合には、変更による多少の混乱があったとしても最終的には良い方向へ向かいそうです。

車の中で地震が起きる夢


車が象徴しているのは、前進するエネルギーや性的な欲求です。車の中で地震が起きる夢は基本的に恋愛面での大きな変化を示唆しますが、異性と乗車していたのであればより一層その可能性が高いと言えるでしょう。


揺れが短く冷静に対処をしているシチュエーションは、良い方向への変化を示唆するものです。恋人との絆が深まったり、素敵な出会いのチャンスが訪れたりするでしょう。一方で、揺れが長く慌てているシチュエーションは、大切な人との別れを暗示するものです。2人の間に溝ができているなら、早めの修復を心がけてくださいね。

津波が発生する夢


地震発生後、最も気をつけなければいけない二次災害が津波ですよね。津波が押し寄せてのみ込まれてしまう夢は、今後苦境に立たされることを意味しています。あるいは、それに対するあなたの不安を反映している可能性もあるでしょう。

このような時期にはがむしゃらに突き進むのではなく、再出発に向けて十分な休息を取ったり準備を整えたりするのが吉です。津波から無事に避難できた夢は現状が好転する兆しなので、何も心配することはありませんよ。

火事・噴火が発生する夢


火事や噴火の夢を見るのは、溜め込んでいたストレスや不満を発散できている証拠です。炎やマグマの勢いが強ければ強いほど、良い夢だと言われています。強い意志を表す夢でもあるため、「現状を変えたい!」と思っている人は積極的に行動に移してみましょう。


ただし、火事や噴火によって黒い煙が発生していた場合には注意が必要です。負の感情が上手く発散できず、依然として溜まり続けていることを示唆しています。ストレスから目を背けるのではなく、きちんと原因を探り、根本的な解決を目指した方が良さそうです。

建物が倒壊する夢


夢占いにおいて、建物は「信頼」の象徴とされています。高ければ高いほど周囲から信頼を寄せられているという意味になりますが、問題はその建物が地震によって崩壊してしまう点です。夢の中の建物と同じように、あなた自身の信頼が一気に崩れ去ってしまうような、重大な出来事が起きるかもしれません。

この夢を見ている段階では、まだあなたに信頼が寄せられている状態です。人間関係や仕事の計画を見直し、トラブルの芽になりそうなものは早めに摘んでおきましょう。そうすれば、周囲からの信用を失う心配はなくなりますよ。

停電になる夢


夢に登場する電気は、見る人の心を映し出します。電気が消える夢には2つの意味があり、自分から電気を消した場合には吉夢、何らかの理由で勝手に消えてしまった場合にはトラブルを表す警告夢です。地震による停電はもちろん、後者に含まれます。


この夢を見たあとは、あなたの身の回りで、突発的なアクシデントや急激な変化が起こりそうです。それによって自信が失われ、不安な気持ちが次第に大きくなっていくでしょう。これまで順調だった人ほど、落ち込みの度合いは激しくなります。運気自体も低下の傾向にあるため、無理な行動は控えるのが吉です。

警察官や消防士が出てくる夢


警察官や消防士は、事件・事故・火事のみならず、地震をはじめとする自然災害の発生時にも活躍してくれますよね。こうした職業の人が登場する夢には、何かに対して思い悩み、感情や欲求をコントロールしようとする気持ちが反映されています。

何事もなく解決に向かってくれれば良いのですが、うまく対処しきれず絶望感や焦りなど負の感情が大きくなってしまう可能性もあるので要注意です。溜め込みすぎて自暴自棄になってしまわないよう、感情を紙に書き出したり好きな音楽を聴いたりして、1度心を落ち着けましょう。

家族や恋人が出てくる夢


家族や恋人と一緒にいるときに地震が起きる夢は、その人との関係に変化が訪れる兆しです。夢の結末がどうなったのか、よく思い出してみてください。


相手が死傷する場合には、関係が悪化することを暗示しています。これまでに溜め込んできた不満が爆発する恐れがあるので、最悪の事態に陥る前に2人で話し合いましょう。相手と一緒に災害を乗り切った場合には、2人の仲がより一層深まりそうです。

地震速報の夢


実際に地震が起きたわけではなく、その発生を知らせる地震速報が印象的な夢は、人生に大きな転機が訪れるというメッセージです。恋人がいる人であれば結婚が決まる、転職中の人であれば理想的な会社から採用されるなど、良い意味での変化に期待できますよ。あなた自身ではなく、身近な人のもとに幸せが訪れることも考えられます。

1
2

関連記事