もうまぶたのむくみで悩まない!簡単にできる解消法で目元スッキリ!

化粧のりが悪い、まぶたが重い、目が腫れぼったく見えてしまう。まぶたがむくんでしまうと、見た目にもさまざまな影響が出てしまいます。せっかくの楽しい外出が憂鬱になってしまうこともありますよね……。

今回は、女子の大敵である「まぶたのむくみ」を解消する方法を見ていきます。むくみの原因や予防法、おすすめのアイクリームまで紹介します。忙しいときでも、パッとできるような簡単なものばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!



目次

まぶたのむくみをなんとかしたい!



 
朝起きてまぶたが重いと思ったら、目がむくんでいた。そんな経験をしている方はかなりいらっしゃるのではないでしょうか。目の周りがむくむだけでも、かなり違った顔になってしまいますよね。

今すぐにでも元に戻したい!と焦っている方も、安心してください。数分ケアするだけでもむくみは和らげることができます。目元をすっきりさせて、自信が持てる楽しい一日を過ごしませんか。それでは、目の周りをすっきりさせる方法を順番に見ていきましょう。

まぶたのむくみの原因は?




そもそもむくみは、老廃物や水分が滞っているため起こってしまいます。むくんでしまう原因を5つあげました。なぜむくむのかを知ることで、今後の対策にもつながりますよ。まぶたのむくみで悩んでいる方は、まず原因から1つずつ探っていきましょう。

うつ伏せで寝ている




うつ伏せで寝ると、目のくぼみに水分が溜まるのでむくみの原因になってしまいます。また、枕が低すぎる場合もむくみやすくなってしまうので注意が必要です。顔が全体的に見て低い位置になってしまうと、よくないようですね。

かなりの頻度でまぶたがむくんでしまうという方は、あおむけで寝る、枕を高くするなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

塩分やアルコールを多く摂っている




夜にカップラーメン、ポテチなど塩分が多いものを食べてしまうと、翌朝むくんでしまいます。体内の塩分濃度を一定に保つために、体が水分を溜めこむからです。また、体質にもよりますがアルコールの多量な摂取もむくみの原因になります。

翌朝の大事な用事がある場合は、適度な量にとどめておくことを心がけてみましょう。ただ、どうしてもお酒が飲みたいという日もあると思います。そのときは、アルコールを摂る前にコップ1杯分の水を飲んでおくと、むくみ予防につながりますよ。

まぶたを無意識にこすっている


まぶたをこすると、その刺激でむくみの原因になることがあります。アレルギーを持っている、よく泣いてしまうという方はまぶたをこする機会が多いと思います。

しかし、むくむ可能性もあるため、極力摩擦で刺激することを控えましょう。アレルギーの方であれば、かゆみをおさえる薬を処方してもらうなど対策をねっておくといいですね。

運動不足である




運動不足がむくみの原因になっている可能性もあります。血行不足や基礎代謝の低下により、むくみの原因である老廃物や水分が滞ってしまうからです。

仕事の関係で長時間座っている、授業を受けるために座る時間が長い。そんな方は、散歩でもいいので適度な運動を意識してみてはいかがでしょうか。気分転換に1駅分歩く、自転車を使っていた場所を徒歩にしてみる。日常生活を少し変えるだけでも、かなりいい運動になりますよ。

生理前である


生理前にはいつもよりむくみやすくなってしまいます。女性ホルモンの関係で、体の中に水分を溜めこみやすくなるからです。少しでもむくみをよくするには、体を動かしたり生活習慣をかえてみたりするといいですね。

女性なら誰でも起きてしまうものなので、あまりに症状がひどい場合には病院に行ってみるのも1つの手です。薬のおかげでよくなることもあるようなので、辛い方は医師に相談してみてはいかがでしょうか。

今直したい!まぶたのむくみを解消する方法




むくんでしまったときに大切な用事が入っているということもあるでしょう。そんなときは、すぐにすっきりした目元へ戻りたいですよね……。忙しいときでも簡単にできる、むくみ解消法を紹介します。気軽にできるケアなので、実際に試して自分にピッタリな方法を探してみてはいかがでしょうか。

ホットタオルと冷水でケア


むくみを解消するにはホットタオルと冷水を交互にあてるとよいでしょう。そもそもむくみとは、老廃物や水分が滞っている状態です。そこに温かいものと冷たいものを繰り返しのせることで、血行がよくなり老廃物や水分が流れやすくなります。

ホットタオルの作り方は、水にぬらしたタオルを電子レンジで温めるだけです。ホットタオルを顔にのせて1~2分放置した後、冷水を顔に当てて引きしめましょう。この動作を繰り返せば、徐々にまぶたがすっきりしてきますよ。

マッサージをする


むくみの原因となる老廃物や水分の滞りは、マッサージで解決することも可能です。リンパの流れをよくすればむくみも軽減されます。まぶたのむくみだけでなく顔全体のむくみも改善されるマッサージを選ぶと、小顔効果も期待できますよ。



やり方は、まず目尻に指をあてて目の周りを下から上に1周なぞります。次に、あごの先端から耳の横まで指をもっていきます。最後に目頭から頬に向けて流します。

ポイントは軽く押しつつリンパを流すことです。朝のすきま時間に軽く行うだけで、見た目もだいぶ変わってきますよ。マッサージは、乳液などを顔に塗り滑りやすくしてから行ってくださいね。

目元用の美容液を使用する


目元に使用するための美容液を塗ることでむくみ解消につながります。マッサージを同時に行えば、さらに変化が現れますよ。目元は繊細なため、マッサージの際は注意してくださいね。メイクの上でも使用できるものであれば、昼間でも気になる部分をケアすることができます。



塗るときは、力を入れないように優しく指を滑らせるといいでしょう。目の周りはデリケートな部位なので、こすりすぎないように心がけてくださいね。

顔のストレッチをする


顔のストレッチを取り入れて、むくみをよくすることもできます。眼輪筋を使い血行をよくすることで、むくみの原因である老廃物や水分を流しましょう。まずは鏡をあごで挟みます。このとき鏡の面を上に向けてください。

次に、視線を思いきり下に向けて鏡を見てみましょう。顔は動かさないようにしてくださいね。上まぶたが伸びている状態になっていれば正解です。目の周りにある筋肉を使い、むくみを和らげましょう。

白湯を飲む




白湯を飲むとむくみがよくなる可能性があります。温かいものを飲むことで代謝が上がり、老廃物や水分が流れやすくなるためです。

朝は忙しいと思いますが、ゆっくりと落ち着きながら飲みましょう。時間をかけることで飲みすぎ防止にもつながります。美肌効果や便秘解消も期待できるので、メリットもかなり多い方法ですよ。

まぶたのむくみを予防する方法【朝夜のケア編】




まぶたのむくみを繰り返さないためにも、予防方法を知っておくと便利です。朝夜の短時間でもケアすることで、むくむ可能性は低くなりますよ。今回は道具なしでもできる方法を2つ紹介していきます。難しい手順はないので気軽に取り組んでみてくださいね。

ツボ押しケア


ツボ押しでむくみを解消しましょう。ツボのポイントは「眉頭の下」「こめかみ」「目頭の下」の3つです。それぞれの場所に指をあて、3秒ほど押してみてください。ポイントは薬指を使うことです。

目元はとてもデリケートなので、力が入りすぎないように押してみましょう。むくみだけでなく疲労も解消してくれる便利なケアなので、目が疲れたときにもぜひ試してみてくださいね。

化粧水と乳液後にアイクリームでケア




洗顔し化粧水、乳液を塗った後にアイクリームで目元をケアすると、むくみ防止につながることもあります。実はアイクリームそのものにむくみを和らげる成分はない可能性が高いです。アイクリームにプラスしてマッサージも同時に行うと、血行がよくなり効果が出やすくなりますよ。

まぶたのトレーニングでケア


まぶたのトレーニングを行って眼輪筋を動かし、血行をよくしましょう。目を大きく開いた後に目をかたく閉じる動作を繰り返すことで、老廃物や水分の滞りが解消されます。

眼球を上下左右に大きく動かすことも効果的ですよ。朝食をとりながらでもできる簡単な方法なので、ながら運動として取り入れてみてもいいですね。

まぶたのむくみを予防する方法【生活習慣編】




いつもなにげなくやっている行動が、まぶたのむくみにつながることもあります。すっきりした目元を保つためにも、今一度生活習慣を見直してみましょう。自分がやっていた行動がいくつかあるかもしれませんよ。気をつけていれば朝鏡を見たときにがっかりする頻度が少なくなるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

寝る前にベッドでスマホを見ない




寝る前にうつぶせの状態でスマホを見ていませんか?顔の方に水分が流れて目の疲労もたまるので、むくみやすくなってしまいますよ。暗い部屋で操作していると、目も疲れやすくなってしまいます。

次の日に大切なお出かけやデートなどがある際は要注意です。ベッドでスマホを長時間使用している人は、ぜひ気をつけてみてくださいね。

水の飲みすぎ・控えすぎに注意する




水を1日のうちに大量摂取してしまうと、体内の水分量が多くなってしまうのでむくみやすくなります。しかし、水をあまりに飲まなければ体が水分を溜めようと必死になり、むくみやすい体質になることも。

水分不足はお肌や健康の面でも大敵です。適度に、そして小まめに摂取することを心がけましょう。ネット上で自分の活動量や体格にあった水分量を知ることができるので、ぜひそちらも活用してみてくださいね。

体を冷やさないようにする




血流をよくするためにも、体は冷えないように気をつけましょう。冷えは血の巡りを滞らせるため、まぶたがむくんでしまう可能性もあるからです。

老廃物や水分を流すためにも、体が冷えないようにカイロやブランケットなどのグッズを使用してみてくださいね。家では靴下をはく習慣がない方も、はいてみると足の冷えなどがよくなりますよ。

寝る前には飲み物を大量に飲まない




夜のうちに水分を大量に摂取してしまうと翌朝むくむことがあります。水分の摂りすぎはむくみの大敵です。もちろん普段から飲みすぎないことも大切ですが、翌朝に影響するので特に夜は注意しましょう。

お茶やジュース、お酒なども飲みすぎないようにしてくださいね。また、塩分を摂りすぎると水を飲みたくなってしまうので、塩っ辛いものなどは避けるといいでしょう。

まぶたのむくみを塗って解消!おすすめコスメアイテム




どうしてもむくんでしまった日は、コスメアイテムでカバーするという手段もありますよ。こちらでは、おすすめの商品を3つ紹介していきます。コスメアイテムを使うことで、むくみ以外のお悩みも解決できるかもしれませんよ。目の周りに効果的な商品を使って、美しい目元を手に入れてみませんか。

ESTHEDERM(エステダム)『シクロプラス アイクリーム』



ESTHEDERM シクロプラス アイクリーム Amazonはこちら♡

こちらのアイクリームは、むくみやクマがよくなるだけでなく目元にハリをもたらしてくれます。使い方は、朝と夜にクリームを正しい手順で塗るだけです。疲れサインもケアしてくれるので、継続することができればきれいな目元が手に入りそうですね。

CLARINS(クラランス)『グラン アイセラム』



CLARINS グラン アイセラム Amazonはこちら♡

まぶたが重くなりがちなアジア人女性向けに開発されたアイクリーム。塗ることで目元が引きしまり、肌をワントーン明るく見せてくれます。また、植物エキスもぜいたくに配合されています。自然の恵みをたっぷりとブレンドした、女性に優しいアイクリームです。

innisfree(イニスフリー)『グリーンティーシード アイ&フェイスボール』



innisfree グリーンティーシード アイ&フェイスボール
Amazonはこちら♡


まぶたのむくみが軽減されたとSNSでも話題になった商品です。1本持っておけば、いつでもどこでも目の疲れをよくすることができます。ローラーボールがついているので、マッサージもできる優れものです。

まぶたのむくみを解消して素敵な1日を過ごそう




いかがでしたか。今回はまぶたのむくみを解消する方法について紹介しました。まぶたのむくみで悩んでいる方は多いと思うので、少しでもお役に立てれば幸いです。マッサージなどですっきりした目元に変身して、今日も充実した1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

(まい)
1

関連記事