交通事故に遭う夢を見た!基本の意味や状況別の夢占いを徹底解説

自分や家族が交通事故に遭った夢を見た……。夢とは言え、気持ちの良いものではありません。日頃からよく車を運転する人にとってみれば、近いうちに交通事故を起こしてしまうのではないかと不安になるでしょう。交通事故の夢にはどのような意味が隠されているのでしょうか。シチュエーション別の夢占いを紹介します。



目次

交通事故の夢は悪い意味?




交通事故の夢を見た場合、びっくりして飛び起きてしまった人もいるのではないでしょうか。交通事故は生死に関わるものなので、予知夢なのではないかと日常生活でも常にビクビクしてしまいそうです。

交通事故の夢は予知夢や警告夢なのでしょうか、それとも良い夢なのでしょうか。夢からのメッセージを正しく受け取って、今後の生活に活かしましょう。

交通事故の夢が意味するもの




交通事故の夢には自分が事故を起こしたパターン、事故に巻き込まれたパターン、自分以外の誰かが交通事故に遭遇するパターンなど、さまざまなものがあるでしょう。シチュエーション別の夢占いを紹介する前に、交通事故の夢の大まかな意味をお伝えします。

車全般に関する夢の意味


車は夢占いで「自分自身」を象徴しています。すなわち夢の中の車の印象は、あなたの未来・希望・願望などを示します。楽しく車を運転している夢の場合は人生をエンジョイしているサイン、壊れかけた車が出てきた場合は、心身ともにストレスを抱えているサインです。



また、夢の中で一緒に車に乗っている人は、あなたにとってかけがえのない人であり、生涯をともに過ごしたいと考えている人を表しています。車の夢は目的地や運転手が誰なのか、同乗者の有無によって、夢占いからのメッセージが変わってきます。

事故の夢が暗示すること


事故の夢の意味は「トラブル」です。自分の力不足や心配事が事故の夢を見させていることが多いです。また、後ろめたさを感じているときにも見やすいですよ。どちらにせよメンタル面が不安定なときに見る夢なので注意しましょう。



交通事故に遭う夢の基本的な意味


車は、自分自身の未来や希望などを象徴し、その車が事故に遭う夢は「これまでの人生をひっくり返すくらいの大きな変化が起こるサイン」です。人生の変化は良い変化もあれば悪い変化もあります。悪い変化のメッセージであった場合は落胆せず、できる限りの対策を事前に取ることで回避できますよ。

交通事故の夢が正夢になることはある?




交通事故の夢を見たとき、正夢になってしまうのではないかと不安でいっぱいになる人も多いでしょう。結論から言いますと、この夢は正夢になることはほとんどありません。安心してくださいね。

車が事故を起こす夢は身体の具合や、そのときの精神状態が大きく関係します。メンタル面が不安定なときや発熱しているときによく見ることが多いようです。

自分が交通事故を起こした夢の意味




まず初めに紹介するのは、自分が交通事故を起こした夢占いです。何が原因で事故を起こしたのか、どんな事故だったのかをよく思い出しながら読み進めてみてくださいね。

追突する交通事故の夢の意味


追突して交通事故を起こしてしまった夢は、あなたの言い方や振る舞いによって、揉め事が引き起こされることを意味しています。気持ちが制御できない精神状態になっているようです。追突の衝撃が大きいほど、揉め事の規模も比例して大きくなります。

イライラしてストレスがたまっているのでしょう。のんびりとした時間を過ごす、スポーツをするなどして、ストレス発散してみてはいかがでしょうか。



ハンドルやブレーキが利かない夢の意味


ハンドルやブレーキが利かない夢は、正しい判断ができなくなる可能性を示唆しています。成功を手にしたい気持ちが強すぎるあまり、冷静さを欠いているようです。

冷静な判断をするためには、成功させるまでの計画をしっかり立てることが大切です。計画を立てると頭の中が整理され、気持ちに余裕ができますよね。余裕ができると何事にも冷静に対応できますよ。



人をひいてしまう夢


夢とは言え、人をひいてしまうシーンは見たくないものですよね。そんな夢を見たあなたの心には、「成功を手に入れるためには、誰かが犠牲になるのもやむを得ない」という気持ちがあるようです。無意識に誰かを苦しめている可能性があります。人を思いやる気持ちを意識的に持つようにしましょう。

自分が起こした事故によって相手が死んでしまう夢




この夢は、生まれ変わりを示唆します。心配事から解放され、新たな一歩を踏み出す暗示です。人生の節目を迎えることになります。新たな一歩が良い方向へ進むよう、普段から何をするにも前向きに取り組むようにしてみてくださいね。

自分が巻き込まれた交通事故の夢の意味




自分が原因で事故が起こったのではなく、巻き込まれた場合の夢の意味にはどのようなものがあるのでしょうか。夢からのメッセージを確認してみてくださいね。

交通事故を目撃した夢の意味


残念ながら事故を目撃する夢は警告夢で、心の中で思っていることに間違いがあることを暗示しています。間違いに気づかないままでいると、揉め事の原因となる可能性があります。思考に間違いがないか、見落としていることはないか、いま一度確認することが望ましいでしょう。

車にぶつけられた夢の意味


あなたの計画が妨害される恐れがあることを示唆しています。同時に計画がうまくいかないのではないかと思い、焦りの気持ちがあることも示しています。いまならまだ回避できるかもしれません。計画の練り直しをしてみてはいかがでしょうか。



ひき逃げされる夢の意味


この夢は警告夢で、近しい人からダメージを与えられる可能性を暗示しています。いままでにも同じようなことがあった場合は、その人との今後の付き合い方を見つめ直す必要があることを夢が伝えてくれているのです。あまりにひどい場合は距離を置くことをおすすめします。

交通事故に巻き込まれて怪我をする夢の意味


交通事故に巻き込まれて怪我をする夢は、ストレスや悩みによって、心身に影響が残ることを暗示しています。わかりやすく言うと、夢の中で足を痛めた場合は行動力がなくなり、目に傷を負った場合は注意力が散漫になるでしょう。すぐにでもゆっくりのんびり過ごす時間が必要と言えます。



交通事故に遭ったが怪我をしなかった夢の意味


車にぶつけられたけれど怪我もせずに済んだ夢は吉夢で、運気上昇のサインです。いまが苦しい時期であったとしても、近い将来自然と解決の道へと進みますよ。同時にラッキーな出来事が起こる前兆でもあるので、楽しみに待っていましょう。

うまく避けてぶつからなかった夢の意味


困難をうまく乗り越える暗示です。乗り越えられると聞いても「本当に?」と思う人もいるでしょう。運勢が上向きなので自信を持って対応すれば、きっと乗り越えられます。



うまく避けたときに誰かからのサポートがあった夢の場合は、困難を乗り越えるために信頼できる人に相談するほうが良いというメッセージです。確実に困難を乗り越えるためにも、心から信じられる人に連絡を取ってみてくださいね。

自転車で交通事故に巻き込まれる夢の意味


交通事故は車だけではありません。自転車に乗っているときに事故に巻き込まれた夢を見た場合は、現実の世界で焦りを感じているサインです。誰よりも早く目標を達成しようとする焦りの気持ちがあり、うまくいかなくなる可能性があるので注意が必要です。

目標を達成するために積極的に取り組むことはすばらしいことですが、焦りの気持ちがあるとちょっとしたミスを起こしやすくなります。準備期間をきちんと作り、焦らず確実にゴールへと突き進みましょう。

乗っている電車が事故に巻き込まれる夢の意味




電車は定刻に出発・到着する乗り物です。そんな乗り物が事故に巻き込まれる夢は、プランが延期、または白紙に戻るメッセージです。人間関係の揉め事によって、そのような事態になるでしょう。あなたの周りにプランを快く思っていない人や邪魔しそうな人はいませんか?

もし振り回すような人がいる場合は、この先も付き合っていくか見極めたほうが良いでしょう。電車が脱線してしまった夢ならば解釈は異なります。仕事で重大なミスをする暗示です。何か見落としがあるのかもしれません。いまのうちにミスにつながるようなことをしていないか確認しましょう。

自分以外の人が交通事故を起こす夢の意味




交通事故の夢にはあなた以外の誰かが起こすパターンもあるでしょう。夢で事故を起こしたのは家族でしたか?友達でしたか?対象の人物別に夢占いを紹介します。

家族が交通事故を起こした夢の意味


家族が交通事故を起こした夢は、家族との不仲を表しています。家族との関係が悪かったり、不満を抱えていたりするのでしょう。絶縁しないためにも話し合いの場を作ってみてはいかがでしょうか。相手の話に耳を傾ける、冷静な態度で素直に話すことを心がければ、きっとわかり合えるでしょう。

彼氏が交通事故を起こした夢の意味


この夢は彼氏への不満を意味します。イライラが募り、かなりのストレスを抱えているようです。これ以上ストレスを抱えると大きな喧嘩に発展する恐れがあります。関係にヒビが入る可能性もあるので、冷静に不満を打ち明けてみましょう。



1
2

関連記事