コーヒーのかすをそのまま捨てないで!効果的な使い道や乾燥方法を紹介

お気に入りの豆をドリップして飲むコーヒーは、リラックスできるひとときをもたらしてくれますよね。でも、必ず残って処理に困るのがコーヒーのかすです。「使い道がないから」とただ捨てていませんか?

実は、コーヒーかすにはさまざまな使い道があるんです。この記事では、上手に再利用して無駄なく使う利用法を一挙にご紹介します。



目次

コーヒーかすは飲んだ後でもまだまだ使える!


1日の始まりや仕事のおともに選ばれるコーヒー。香りも味わいも心地良い気分を与えてくれますが、残ったかすにお困りの人も多いのではないでしょうか?

今愛用者の間で、コーヒーかすの幅広い使い道が話題となっています。その意外な利用法について、効果をアップする使い方とともにまとめました。自宅のあらゆる場所で再利用できるコーヒーかすで、生活をより快適にしていきましょう。



コーヒーかすの利用法【消臭剤】


良い香りを立たせるコーヒーですが、かすになると消臭剤としての役割を果たしてくれます。作り方や使い方のポイントをご紹介します。

コーヒーかすの消臭剤効果


なぜコーヒーかすに消臭効果があるかと言うと、焙煎された豆には小さな孔がたくさんあり、その孔がニオイを吸着するからです。挽いて細かくなっているため、表面積が広がってより効果が高まります。さらに、一度水分を含むことでニオイの吸収力がアップするので、効率的に消臭してくれますよ。

その効果の高さは、消臭剤として多く用いられている活性炭の約5倍とまで言われています。市販の消臭剤を買うよりも経済的なのも嬉しいですね。



コーヒーかすの消臭剤の作り方


消臭剤として使う場合は湿っていても使えますが、カビが生える可能性があり日持ちもしません。完全に乾燥させてから使いましょう。

あとは、乾燥したコーヒーかすを不織布のお茶パックや、目の細かいガーゼの袋に入れるだけです。ニオイの気になるところに置いて使ってみてくださいね。



おすすめの利用場所は?


コーヒーかすはアンモニアのニオイの消臭力が高いので、トイレは最適な利用場所と言えます。特にアンモニアは水に溶けやすい性質があるため、トレイなどの容器に軽く水分が飛んだコーヒーかすを広げておくだけでも抜群の効果を発揮しますよ。

キッチンでは、冷蔵庫の中に入れたりゴミ箱のフタの裏に貼ったりすると効果的です。冷蔵庫で使う際はコーヒーかすが庫内の空気としっかり触れることが重要なので、フタのない瓶に入れるておくといいでしょう。

また、雨や汗で湿った靴のニオイが気になる玄関にも使えます。靴箱に置くだけでなく、靴の履き口に入れて一晩玄関に出しておけば、翌朝にはニオイが消えているでしょう。



使用期限は約1ヶ月


完全に乾燥させたコーヒーかすが消臭剤の効果を十分に発揮できるのでは、約1ヶ月です。1ヶ月に一度のペースで交換しておけば、家の中の嫌なニオイを気にせず過ごせますね。

ちなみに、湿ったまま使う場合、カビが生えずに衛生的に使えるのは2日程度です。乾燥している方が長持ちするとはいえ、忘れずに交換してくださいね。



コーヒーかすの利用法【洗剤】


真っ黒なコーヒーが服のシミになって困ることがありますよね。一方でかすは、洗剤としても効果を発揮します。活用したい6つの使い方をまとめました。

鍋やフライパンの消臭


毎日の料理に使う調理器具は、ニオイが染みついて気になることがあります。そんなときは、消臭したい鍋やフライパンに水を張り、コーヒーかすを入れて沸騰させましょう。

2~3分煮立たせてから冷まし、水で流してから火にかけて完全に水分を飛ばします。こうすれば、ニオイと一緒に油汚れも落としてくれますよ。



フライパンに残った油の処理


調理で多めに使った油の処理は結構面倒ですし、洗うのも大変ですよね。洗う前のフライパンにコーヒーかすを入れて混ぜると、油の凝固剤の代わりを果たします。市販の凝固剤を切らしているときにも助かりますね。

しつこい油汚れには、コーヒーかすと重曹を1:1の割合で混ぜてペースト状にして、全体に塗り広げます。あとは水洗いすれば、汚れが落とせてヌメリ防止にも一役買ってくれるんです。



魚焼きグリルの油汚れ落としと消臭


魚焼きグリルを使うと、どうしても油とニオイが残ってなかなか落ちないですよね。調理が終わったら、グリルの底にまだ水分を含んだコーヒーかすを敷いておきましょう。ニオイの原因となる油を吸収してくれます。

その後、コーヒーかすを入れた袋や使ったコーヒーフィルターで、全体をこすり洗いしてください。洗剤もスポンジもなしで、焼き網までキレイになりますよ。



ポットや水筒の汚れ落とし


普段よく使うポットや水筒は隅々まで洗いにくく、水垢が残りやすいものです。お困りなら、水とコーヒーかすを入れて振ってみてください。

水の力でコーヒーかすが手の届きにくい底や隅まで入り、汚れをかき出してくれます。特に汚れが気になる場合は、食器用洗剤も少し入れて振りましょう。



排水口のヌメリ落とし


排水溝のヌメリが気になっていても、わざわざ専用掃除道具を用意するのは面倒です。乾燥したコーヒーかすをお茶パックに入れれば、スポンジと洗剤の代わりになります。使い終わったらそのまま捨てられるので、衛生的であることも利点です。



鏡の曇り除去


毎日使う鏡は、放っておくと水垢やヘアスプレーで汚れて曇ってきます。コーヒーかすの入ったお茶パックで拭いていくと、曇りがすっきり晴れますよ。ついでに鏡のふちや台も一緒に拭き上げて、清潔に保ちましょう。



コーヒーかすの利用法【美容グッズ】


コーヒーかすの意外な使い道として、美容グッズも挙げられます。美しくありたい女性たちにぜひ試してほしい6つの利用法をご紹介しましょう。

スキンケア


コーヒーに含まれるカフェインは、硬くなった肌を柔らかくほぐして滑らかにする働きを持ちます。さらに、ポリフェノールがメラニンを抑える働きをし、2つの成分で美肌効果を期待できますよ。

フェイスケアには、コーヒーかすと無糖ヨーグルトを2:3の割合で混ぜ合わせたものを使います。顔全体に塗って、10分ほど放置しましょう。このとき、肌をこするとコーヒーかすの粒で強く肌を刺激してしまうので、優しく塗り広げるのがベストです。

そのまま流すと排水溝に詰まるので、全体を拭き取ってから洗い流すか、排水溝にネットを付けてください。最後にいつも通りのスキンケアをして完了です。



ヘアケア


コーヒーかすの有効成分と油分は、髪の健康にも役立ちます。シャンプーの後、適量のコーヒーかすを髪全体に揉み込んで洗い流し、コンディショナーをしてください。時間をかけたくない場合は、シャンプーに混ぜても大丈夫です。

さらに、頭皮マッサージにコーヒーかすを使うと、頭皮の状態を整えてくれるため、フケ防止にもなりますよ。髪に使う際、髪色が明るいとコーヒーの色が移る可能性があるので注意しましょう。



入浴剤


コーヒーの香りが持つリラックス効果は、疲れを癒して気分をリフレッシュさせてくれます。同じくリラックスできるお風呂で入浴剤として使うなら、より心地良いひとときになるでしょう。

コーヒーかすを目の粗い袋に入れてから、使い古しのタイツやストッキングに入れて固く縛っておきます。浴槽に入れて湯を張っていくと、浴室中が良い香りで満たされますよ。油分が肌をコーティングして、しっとりと保湿までしてくれます。



ボディソープ


もっとコーヒーかすの美肌効果を感じたいなら、ボディソープに混ぜてみてください。実はカフェインには脂肪を分解する働きがあるので、ボディラインの引き締めやむくみ取りの効果を期待できます。

手作り石けんに使うという手もありますよ。グリセリンソープを細かくカットして耐熱容器に入れ、500Wの電子レンジに20秒ほど入れて溶かしたら、コーヒーかすを入れます。あとは型に流して固めるだけで、簡単にコーヒースクラブ石鹸のできあがりです。



マッサージ


コーヒーかすを、セルライトやたるみが気になりやすい脚や二の腕のマッサージに使うのもおすすめです。黒ずみも薄くしてくれるため、定期的にコーヒースクラブでケアしてツルスベ肌を目指していきましょう。

コーヒーかすとオリーブオイルを1:1の割合で混ぜます。気になる部位に塗りながらマッサージをし、10分ほど放置してから拭き取ります。古い角質が取れて肌が敏感になっているので、保湿ケアをしっかり行ってくださいね。



かかとの角質ケア


サンダルを履く夏もタイツが必需品の冬も、かかとの角質ケアは大切です。きれいなかかとをキープするために、脚や二の腕のマッサージと合わせてかかとも一緒にケアすると効率的ですね。

また乾燥しやすいかかとには、コーヒースクラブに保湿効果の高いハチミツを加えて使ってみてください。もしオイルのヌルヌルしたテクスチャーが苦手なら、オリーブオイルのかわりにヨーグルトを使ってみても効果が高いですよ。



コーヒーかすの利用法【屋外】


コーヒーかすが持つ効果は、屋外でも幅広く活用できます。ガーデニングや家庭菜園をより楽しむために、効果的な6つの活用法をチェックしましょう。

《1年目》庭や畑の除草剤


カフェインとポリフェノールは体に良いだけでなく、土にとっても良い作用をもたらしますよ。「発芽阻害物質」や「植物育成阻害物質」と呼ばれ、土に混ぜることで雑草を生やさないようにする効果があります。植物を枯らすことはないので、ほかの花や野菜に優しいのも助かりますね。

あらかじめ除草した庭や畑に乾いたコーヒーかすを混ぜてから約1年間は、除草剤としての役割を果たします。まだ雑草が生えてこない春先に混ぜ込んでおくと、その年はほぼ雑草の影響がないでしょう。途中で生えてきたら効果が切れた証拠なので、新しくコーヒーかすを足して対処してください。



1
2
3

関連記事