オフパコってどういう意味?リスクから狙ってる男性の特徴を知ってトラブルを回避!

ネット上で「オフパコ」という言葉を見たことや聞いたことがありませんか?それはいったいどんなものなのか、わからない人も多いでしょう。今回は、その「オフパコ」の実態を詳しく解説していきます。

ネットを利用していれば、オフパコに誘われる可能性も少なくありません。知らないことを理解しておくことで、自身を守ることやトラブルの回避にも役立ちますよ。


目次

「オフパコ」は手軽な一方デメリットもある!



オフパコは、あまり積極的ではない男性や恋愛経験が少ない男性でも、手軽に女性と交流をし、関係を持つことができます。しかし手軽さがある一方、いくつかデメリットも存在するのです。誘われた側ももちろん、誘う側も同等にあります。

いったいどんな欠点があるのか、知っておきたいですよね?オフパコの実態を理解し、自分の身を守り大きなトラブルに巻き込まれないようにしていきましょう。

「オフパコ」の意味やナンパとの違いをチェック♪


まずは、意味がわからない人のために「オフパコ」について詳しく解説します。ナンパとどう違いがあるかも、一緒にチェックしていきましょう。

「オフパコ」の意味



「オフパコ」は、2つの言葉を略し、それを合わせた用語です。オフはオフラインで、パコは性交渉を暗喩するものであり、最中にパコパコと音が鳴ることから用いられています。ですので、ネットのオンライン状態で知り合った相手と、オフラインで実際に会い性行為をすることを「オフパコ」と言うのです。

ナンパとの違いは?


ナンパはネット上で知り合うのではなく、実際に出会い声をかけますよね。しかしオフパコはネットを介して、女性に声をかけるものです。そして、ナンパは下心はあるものの性行為自体を目的としたものではありません。

かわいいから知り合いたい、話したいという一目惚れの要素も含まれています。しかしオフパコは性行為をすることが主な目的であるため、そこが大きな違いとなっています。

オフパコを選ぶ理由は?



あまり恋愛経験がない人や初対面の人に声をかける勇気がない人でも、ネットを介することで上手く女性と交流することができます。普段は口数が少なく、根が暗くても、実際に顔を合わせないネット上ならば饒舌(じょうぜつ)になれ、女性を口説く言葉も簡単に言うことができるからです。オタクやゲーム好きの男性やネット弁慶の男性はナンパをする勇気はないけど、オフパコなら自分にもできると思うのでしょう。

「オフパコ」狙いの男性と出会う危険な場所


では、どんな場所でオフパコ狙いの男性に遭遇してしまうのでしょうか。あなたが利用しているSNS上でも起こりうること。オフパコに出会う危険な場所をしっかりと知っておきましょう。

オンラインゲーム



オンラインゲームはオフパコにもっとも最適な場所です。同じゲームを楽しんでいるため話題も多く、「友達」になればチャットも送れます。何時間も一緒にゲームを楽しみ、ネット上の友達として早く、簡単に交流を深めることができるからです。荒野行動、PUPGといったスマホゲームはもちろん、APEXやフォートナイトのPCや家庭用ゲーム機ソフトでもオフパコ狙いの男性はいます。

一緒にゲームをし、いろんな話をしていると、会ってみたいという気持ちが高まるものです。その気持ちを利用し、オフパコに持ち込もうします。純粋にゲームを楽しんでいる人もいますが、なかにはゲームを楽しむだけではなくオフパコが狙えることを期待している人もいるのです。

Twitter


オフパコの代表的なSNSといったら、Twitterです。裏垢(裏アカウント)を使ってかわいい女性やオフパコ希望の女性を検索し、そこからリプやDMを送って交流をはかります。ハッシュタグや検索から同じ趣味の相手を簡単に見つけられ、それを通して交流すればすぐに仲良くなれるのでオフパコに誘いやすいのでしょう。

しかし、Twitterは鍵垢や相互フォロー以外DMを受け付けない設定にできます。そのため、趣味やフォロワーの多さをアピールし、警戒心を解きながらオフパコに誘わないといけません。少し時間がかかりますが、利用者も多く検索機能もあるTwitterは出会い目的に使用しやすいのです。

Instagram



実は、Instagramでもオフパコを狙っている男性はいます。気軽にDMを送れるため、知り合いではなくても簡単に繋がれるからです。「かわいいですね」「よく写真見てます」など、当たり障りないDMから始まり、交流が深まったらオフパコに誘うというのが主な手順でしょう。

女性が多く利用するSNSだからこそ、狙われやすい場所なのです。相互フォローでなくても送れてしまうTwitterと違い、鍵垢であってもメッセージリクエストとして受信されるため、その気軽さが出会い目的として利用されてしまいます。

マッチングアプリ


出会い目的で利用するマッチングアプリも危険な場所のひとつです。もちろん真剣に恋人を探している男性もいますが、そうではない男性もいます。ただ性行為がしたいがために、マッチングアプリを利用し近場の女性と手軽に出会おうとしているのです。

お互いにオフパコが目的ならば、利害が一致するためトラブルにはなりにくいでしょう。しかし、真剣に恋人を探している人からしたら騙されたと感じることも多いので、相手を見極めることも必要になります。

オフ会やイベント



動画配信者とユーザーが実際に交流できるオフ会やイベントは、まさに出会いの場所にうってつけです。配信者がかわいいファンを狙う場合もありますし、ファン同士の交流の際に狙われる場合もあります。なかにはオフパコ目的で配信者になる人も少なからずいるのです。

共通の趣味を持っているファン同士だと話しやすく、交流もしやすいでしょう。好きな相手と交流できたら、嬉しくてオフパコ目的であっても繋がりたい思う女性も少なくありません。ですので、オフ会や大規模イベントはオフパコ狙いの男性からしたら最適な場所といえます。

「オフパコ」のリスクとデメリット


気軽に繋がれる出会いには、リスクやデメリットが生じる場合もあります。もちろんすべての出会いがそうではありません。しかし、ネット上でしか知らない相手だからこそ起きてしまうトラブルや問題もあるのです。いったいそれはなんなのか、一緒に見ていきましょう。

病気に感染する可能性が高い



相手はオフパコをあなた以外の人ともしている可能性もあります。複数の人と性行為をしている可能性を考えると、病気のリスクも高くなるでしょう。そのため、オフパコはあなたにもそのリスクが降りかかります。

しっかりと避妊具を付けないと本当に危険です。性的な病気は治すまでに時間もお金もかかり、症状が進行すると最悪の場合不妊に繋がることもあります。相手が拒否をしてもそれに流されず、避妊は必ずしないといけません。

相手が未成年かもしれない!


相手のことをネット上でしか知らないからこそ、本当に成人済みか確認することができませんよね。年齢を偽ってオフパコに乗ってくる女性も一定数います。もちろん、偽った相手も悪いのですが、こちらが知らなくても未成年と性行為をしたら犯罪と見なされる可能性があります。

知らぬ間に犯罪行為をしてしまい、たくさんのものを失ってしまう可能性もあります。そのリスクを頭に入れておかないと、最悪の場合自分の人生を棒に振る結果になってしまうのです。

犯罪に巻き込まれる可能性もある


誘拐やストーカー、行為中の写真を撮られるなどの犯罪トラブルに巻き込まれるケースも少なくありません。実際に会った際、自分の身の上話や住んでいる場所などを話してしまうことはあるでしょう。

相手も割り切った関係を望んでいると思っても、体の関係を結んだ=交際と考える人もいないわけではありません。相手の身分や本心がわからないからこそ、ネットのやり取りだけで信用するのは危険なのです。

騙されることも



顔を見られないため、SNSを使用する人の中には性別を偽ってオフパコに誘ってくることもあります。騙すことを楽しむことにより、SNSの炎上を狙っているのです。それに騙されてしまうと、やり取りがさらされてしまう場合や実際に会いに行ったのに会えなかったなど、悲惨な結末になることもあります。

アイコンはネットで拾ってくることができ、文章だけなので口調も変えられるでしょう。実際に会うことがないため、簡単に相手を騙すことも可能です。

SNSの炎上


オフパコをしたこと、誘う際のやり取りなどをSNS上でさらされると炎上の元になります。オフパコの際や後の態度や遊び目的、避妊をしなかったなどの行為が原因で、相手がそれをさらしてしまう可能性もあるのです。そうなれば、SNSを削除しなければいけなくなることもあるでしょう。

リアルな友達にもバレてしまい、恥ずかしい思いをする可能性も低くありません。自身が配信者だった場合は、ファンを失い活動をやめるまで追いつめられてしまう場合もあるのです。

「オフパコ」を狙う男性の特徴【アイコン編】


ここからは、オフパコ狙いの男性の特徴をご紹介します。まずはアイコン編から。こんなアイコン設定をしているアカウントがあったら要注意ですよ。

自撮りのキメ顔



自分に自信がある男性は、自撮りをアイコンにして女性を狙います。かっこいい容姿ならば、女性に興味を持たれると思うからです。なかにはアプリで少し加工をした自撮り写真をアイコンにする男性もいます。ですので、その写真が実物と同じかどうかはSNS上では判断が難しいでしょう。

プリクラ


盛れるプリクラは、自分をかっこよく見せてくれます。少し容姿に自信がない男性であっても、盛れているプリクラなら自信を持てるのです。体型も細く写るため、自身のリアルな姿は相手にわかりません。そのため女性に好意を持ってもらえる可能性も高くなり、オフパコに誘いやすくなります。

芸能人



自分に似ている芸能人や自撮り風の芸能人画像の顔だけを隠して、アイコンにしている男性もいます。この画像は自分という雰囲気を出して、女性に興味を持ってもらおうとしているのです。似ている芸能人ならば、その会話をきっかけに相手の気を惹くこともできます。かっこいい雰囲気を出せば、女性に簡単に近づけると思い設定しているのでしょう。

アニメ画像


好きなキャラや女性に人気が高いキャラを使用していることも。やり取りをしているうちに、そのキャラが話しているような感覚になるため、女性側が「かっこいいかも」と思い込みやすく男性側は誘いやすくなります。容姿に自信がない、アニメが好きでそれをきかっけに繋がりたいと思う男性は、アニメアイコンに設定していることが多いでしょう。

体の写真


自慢の筋肉をアイコンにしている男性もいます。その体で女性の興味を惹こうとしているのでしょう。なかには、性器を堂々とアイコンにしている危ないアカウントも。オフパコ希望がすぐにわかるようにし、無駄な会話や交流を省いて、すぐに誘えるように体の写真をアイコンにしています。

「オフパコ」を狙う男性の特徴【コメント編】


続いてはコメント編です。オフパコ希望の男性は女性の気を惹こうとあらゆるコメントを残します。その主な言葉を一緒にチェックしていきましょう。

「かわいいですね」



1番多いコメントが、この「かわいいですね」です。この言葉で女性の気を惹けると思っているため、とにかくかわいいとコメントします。タイプの女性には同じコメントをたくさん残し、反応があればオフパコに誘うというのが手段です。いっぱい褒めて女性を嬉しくさせれば、落とせると考えているのでしょう。

「僕も行ってみたいです」


出掛けた際の写真をアップしたとき、行ってみたいとコメントしてくるのは下心の可能性が高いでしょう。写真をきっかけにして遠回しにデートに誘っています。女性側から「じゃあ一緒に行きましょう」というコメントを期待している場合も。相手の楽しかった場所に行きたいといえば乗ってくれると考えているのです。

「いつも見てます」


女性のファンを装って近づこうとする男性もいるでしょう。いつも見ていると言われると、やはり発信している側からしたら嬉しくなりますよね。その気持ちを利用し交流を深めていこうという魂胆です。たまたま目に入ったのに常に見ていると嘘をついて近づくこともあるので、そのコメントを真に受けすぎないようにしてください。

「一緒にゲームしませんか?」



趣味を通じて繋がろうとする場合は、このコメントで気を惹きます。同じ趣味ということで、警戒心を薄め、仲良くなろうと近づいてくるのです。女性とわかるアカウントにゲームをしていることをアップすると、下心を持った男性が、ゲームをきっかけに寄ってくることもあります。「教えてあげます」というコメントも、近づきたいための口実である可能性が高いです。

「芸能に興味ありますか?」


歌手やアイドル志望など芸能に興味がありそうな女性には、スカウトを装って近づくことがあります。しかし、スカウトはSNSですることはほとんどないと考えてください。あったとしても、きちんとした公式アカウントから連絡をするでしょう。この場合は、女性の夢を利用しオフパコをしようとする男性の手段ですので要注意です。

「オフパコ」を狙う男性の特徴【メッセージ編】


最後はメッセージ編です。オフパコに誘いたいとき、男性はそれを匂わせる発言をしてきます。どんなセリフなのか、こちらもあわせて確認してくださいね。

「彼氏いるんですか?」



恋人の有無を聞き出し、チャンスがあるかうかがうようなメッセージを送ってきます。いないと言うと、彼氏になりたいアピールを積極的にしてくることもあるでしょう。性行為を最近していないから、自分としてくれると考えているのかもしれません。彼氏がいると言えばそのまま関係が切れる場合もあるので、めんどうならばそう答えた方がいいでしょう。

「おっぱい見せてください」


ストレートに女性の体を見せてと要求してくる場合もあります。遠回しに言うよりも、ストレートに言った方が見せてくれると考えているのかもしれません。いろんな女性におねだりをしている可能性も少なからずあります。相手にしないよう無視をするか、または度が過ぎている場合は通報することも考えましょう。

「近くに行くよ」


どうしても会いたいという気持ちを伝え、こちらが断ってもしつこく会おうとしてくる男性もいるので要注意。「家の近くまで行くよ」「最寄り教えて」など、個人情報を聞き出そうとしてきます。しかし教えてしまうととても危険です。どんなに遠くても会いにくる男性もいるので、簡単に住んでいる場所や最寄りの駅は教えないようにしてください。

「好きかも」



会ったこともないのにネット上の絡みだけで好意を伝え、女性をその気にさせようとします。「会ったら告白したい」など、好意を利用して実際に会おうとしてくることもあるでしょう。その本心は、好きと言えば女性と体の関係を持てると考えているだけ。オフパコへの誘い文句として使います。

「会いたいな」


とにかく、実際に会いたいことを主張してくる男性もいます。やり取りを何度か続けた後、すぐに会いたいと言ってくるのです。「直接話した方がわかりやすい」「顔が見てみたい」など、いくつか理由をつけてくるでしょう。しかし、本心は会いたいのではなく、性行為をしたいなので気をつけてください。

オフパコの意味を知り、トラブルを回避しよう



気軽な出会いを求めている男女にとって、オフパコは悪いことではないでしょう。しかし、リスクや欠点がいくつかあるため、トラブルが起きてしまう可能性もあります。あなたがそれを回避したいと思うならば、きちんとオフパコの意味や誘う男性の特徴を理解し、自衛することが大切です。軽く考えず、リスクや危険性を頭に入れて、誘いを受けるか判断してくださいね。

(まい)

関連記事