集中力を高める方法を伝授!続かない原因を解明して仕事・勉強を効果的に

「明日の試験のために暗記したい」「仕事を完璧に仕上げたい」人生には失敗できない状況がたくさんありますよね。しかし、集中力がなかなか続かず「集中力を高めるにはどうしたらいいの?」と思う場面も多いのではないでしょうか。その特徴を詳しく知れば、ここぞというときに集中力を発揮する方法が見つかるかもしれませんよ。



目次

「集中力が続かない……」と悩んでいませんか?




もっと集中したいのに他のことに気をとられてしまう……、という悩みは、きっと誰にでもあるでしょう。大切な場面を乗りきるために全力を注ぎたいのに、うまくできない。この悩みはどうしたら解消できるのでしょうか?

集中力がほしいのはどんなとき?




「効率よく業務を進めたい」「試験までに暗記しなければならない」「最大限の実力を発揮したい」集中力がほしいと感じる場面は、意外とたくさんあるかもしれませんね。具体的に例をあげていきましょう。

眠気を感じるとき


寝不足の日や疲れているときはもちろん、何かに集中しなくてはならないときになると、なぜか襲ってくるのが眠気です。そんなときには「この眠気を振り払ってどうにか集中しなくては」と思うでしょう。



間違ってはいけないとき


細かな作業や難しい計算をするときにも集中力がほしいと感じます。この場合、集中しないと間違ってしまうので、集中力は必要最低限のスキルになってきます。

試験が近いとき


「限られた時間でできるだけ暗記したい」「クリアな頭で問題を解きたい」試験勉強をするときも集中力がほしいですよね。短時間でいかにたくさん覚えられるか、いかにスムーズに問題を解けるかは、試験前と試験当日の集中力にかかっています。



仕事や授業のとき


1日中すわって仕事や勉強をしていると、誰でも途中で集中力が切れてしまうことでしょう。どんなに優秀な人であっても、ずっと同じ集中力を長時間を続けることはできないのではないしょうか。



「もっと集中力があればいい仕事ができる」「集中力がずっと続けば講義の内容をその場で頭に入れられるのに」と思う状況は誰にでもありそうです。

運転をしているとき


自動車やバイクを運転しているときには、集中力が必要です。道路を通行する際には周囲の状況に注意を払って運転しなければならず、まさに集中力が求められます。特に単調な道や同じ速度で長時間走行するときは、集中力が途切れないようにしなければなりません。



本番で力を出したいとき


舞台の本番やスポーツの試合など、ここぞという場面にも集中力がほしいと思うのではないでしょうか。「最高のパフォーマンスをしたい」「このワンプレーに集中しないと負けてしてしまう」という状況では、どれだけ集中できるかで、これまでの努力が報われるかどうかを分けることにもなりますよね。

集中力が続かない原因




人生にはこんなにたくさん集中力がほしい場面があるのに、どうして思うようにその力を発揮できないのでしょうか。その理由を解明するために、集中力が続かない原因がどこにあるのかに迫っていきましょう。

気が散ってしまう


追い詰められたときに限って、他のことに関心がいってしまうことはありませんか?「学校のレポートや仕事の期日が迫っているのに、ダラダラとドラマを観てしまう」「試験勉強しようと意気込んだのに、部屋の片づけをはじめてしまう」こんなときには、スイッチを切り替えるようにすぐに集中できたらどんなにいいだろう……、と思ってしまいますよね。

疲れている


疲れているときには、人は誰でも集中力が衰えます。いつもならできることができなくなり、ぼんやりとして失敗も増えることも。そんな状況では、効率のいい勉強や仕事は残念ながらできないでしょう。



絶好調ではない時間帯


人には生活のリズムがあり、いつもとは違った時間帯に行動すると、うまくできなくなることがあります。朝型の人が頑張って徹夜をしても眠くてはかどらない、夜型の人が朝活をしたら1日中ぼんやりして過ごすなど……。集中して何かを行うときには、自分にとって調子のいい時間帯を生かすことも考えてみましょう。



習慣になっていない


「歯を磨く」「お風呂に入る」など、おそらく子どものころは親や周りの大人に言われて毎日やっていたでしょう。大人になれば当たり前のことですが、コツコツと努力しながら習慣づけられたものなのです。

あなたの集中力が続かないのは、集中する習慣がないだけなのかもしれません。自分自身を育てるつもりで、集中する習慣をつけてみませんか。

集中力を高める方法♪仕事・勉強に生かそう




集中力を高めるためには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。もし集中力を高める方法を身につけられたら、仕事や勉強にも存分に生かせそうですよね。

朝食をとる


朝食は、頭と体を目覚めさせてくれます。脳のエネルギーになるのはブドウ糖ですので、朝は脳にも栄養補給をしてあげましょう。朝食にはブドウ糖だけではなく、体温を上げて作業効率をアップするためのバランスのとれた食事が最適です。

体のリズムを整えるためにも朝食は大切な習慣です。朝が苦手だと感じている人こそ、朝食をとるのがおすすめです。



作業を区切る


膨大な量の業務があると、果てしなく続くその作業に気力が負けそうになりますよね。そんなときには、作業を区切って小さな目標を目指してみませんか。「ここまでは頑張ろう」「ここまでやったら、5分休憩しよう」と考えると、それまでは集中して全力を発揮できるようになります。

また、区切ることでダラダラと作業するのを避けられます。集中して一生懸命にやれば、気づいたときには短時間で作業が終わっていたということもあるのです。

音楽を聴く


自動車の運転をするときには、周囲の状況に気を配らなければなりません。どうしても眠くなってしまう状況もありますが、好きな音楽を聴くだけで運転に集中できるようになることも。



また、スポーツの本番の前には音楽を聴いて自分をリラックスさせて、集中力を高める場面もあるでしょう。こんなときに聴きたいのは、好きな曲や自分を勇気づけてくれる曲です。大切な本番の前、自分を理想の状態にするためにヘッドフォンやイヤフォンを使えば、雑音をシャットアウトできますよ。

環境をつくる


「仕事に集中したいからBGMを消す」「あえて人のいない時間や場所に行く」「皆が勉強をしている図書館を利用する」など、集中して何かを行いたいときには環境づくりからはじめるのもおすすめです。



自分の体調や精神力以外に集中力を途切れさせるものとして、外的要因があります。「人に話しかけられる」「電話の対応をしなければならない」「楽しいテレビやゲーム」は、集中力を途切れさせる要因です。集中力を途切れさせる要因に気づいたら、それらをあえて排除した環境をつくるようにしてみましょう。

体を動かしながら勉強する


勉強中に集中力が途切れてしまったときには、体を動かす同時作業してみませんか。「ノートに書き出す」「声に出して読む」「部屋を歩きながら覚える」など、気分転換になるとともに記憶力もアップする自分なりの方法をとりいれるようにします。



軽い運動をすると気分がすっきりして、途切れた集中力も回復できます。また、日中の運動は、夜もぐっすりと眠れるようになって体内のリズムが整うのでおすすめです。生活に運動を組み込むと、集中力アップにもつながります。

終わったあとを楽しみにする


「ここまでやったら少しだけテレビを見よう」「家に帰ったらあのお酒を飲もう」などのささやかな目標から「試験に合格してプロになる」というような大きな将来設計まで、これをやってしまえば楽しいことが待っている!と思うと俄然やる気がでてきますよね。



漠然と続けていると、努力がただの習慣のようになってしまいます。前向きな目標や将来の夢があることで、やる気も高まるのです。日々小さな目標に向かって集中するようにすると、毎日小さな達成感を感じられるという楽しみも生まれますよ。

ベストな時間帯をみつける


規則正しい生活は理想ですが、自分にとって一番集中できる時間を見つけるのも集中力アップの1つの方法です。「朝の15分を活用する方法よりも、自分には夕方の30分のほうがいいかも」というときには、自分に合ったルールや習慣にアレンジしましょう。



大切なのは集中する習慣をつくることです。毎日同じ時間に少しずつ行う習慣、それをコツコツと積み重ねることこそが、いずれ大きな力となりますよ。

仮眠をとる


「疲れていて集中できない」「作業をしたいのに眠くなってしまう」というときには、思い切って仮眠をとるのもおすすめです。授業中や就業時間にはできないかもしれませんが、昼休みなどを利用して15分程度の仮眠をとると集中力も回復できます。

いくら気力で頑張ろうとしても、疲れているときには体力が伴わずにウトウトしてしまうことがあります。集中力のあるいい状態を保っている人は、うまく休むことに気を配っています。いいパフォーマンスをするには、コンディションを整えることも大切なのです。

自分自身を追い込む


「この試験を受ける」「ダイエットをする」と周囲に言う人がいますよね。このような人は、もし実現できなかったら恥ずかしいと感じる心理を自己実現のモチベーションに活用しています。



どうしても実現したいことがあるなら、まずはそれを公言してみませんか。黙っていれば誰にもわからないのだからと逃げ道をつくらず、あえて自分を追い込むことで自分の本気を引き出し、集中力を高める方法です。

1
2

関連記事