自分に合ったストレス発散法はどれ?原因を把握して悩みを吹き飛ばそう!

ストレス社会と言われている現代において、ノーストレスで生きることは難しいですよね。ストレスを受けないで生きる方法よりも、受けたストレスを上手に発散する方法を学ぶべきだと言えるでしょう。「最近ストレスが溜まっている気がする……」「自分に合ったストレス発散方法が知りたい」という人は、ぜひ最後までご覧ください!



目次

簡単にストレス発散できる方法が知りたい!


やる気が起きない、体がだるくてしょうがない……、ストレスが溜まると心身に悪い影響が出始めます。無理にやり過ごそうとすると、鬱っぽくなったりと病気で体調をくずしたりと、後々大変なことに。



ストレスの要因やストレスを受けやすい人の特徴、また簡単な発散方法などについて、詳しくご紹介しますね。ストレスを解消し、悩みを吹き飛ばしましょう。

そもそもストレスとは?




今では当たり前のように使われている「ストレス」という言葉。日本において、この言葉が社会的に定着したのは1980年代だったそうです。

1980年代と言えばバブル期。我先にと人々が率先して働いていた時代です。景気が良くなる一方、心と体はどんどんと疲弊していき、自然とストレスという言葉が浸透していったのかもしれませんね。では、そもそもストレスとは何なのか、改めて確認しておきましょう。

外的環境の変化やプレッシャーで起こる負担


ストレスとは、外的環境の変化やプレッシャーで起こる負担のことを言います。丸く膨らんだ風船を、指で押すところをイメージしてみてください。指で押し部分が凹みますよね。凹んだ部分が「ストレス」、押した指がストレスの要因「ストレッサー」です。



外からの刺激、圧力が無ければ、風船の形が変わったり自然に割れたりする可能性は少ないでしょよね。外的環境があなたに与えるダメージは、思った以上に大きいようです。

ストレスが溜まると体にどんな影響が出る?


風船が凹んでいるということは、それだけ負担がかかっているということです。風船を指で押し続けると、最終的には割れてしまうでしょう。人も同じで、ストレスを受け続けると病気になる可能性が出てきます。

ストレスが溜まると、眠れない、めまいがする、胃が痛い、下痢気味、体がだるくて重いなど、さまざまな症状があらわれます。ストレスによる心身への影響を、軽視しないようにしてくださいね。



実は良い面も!ストレスを感じるメリットとは?


「ストレス=悪いもの」というイメージが強いですが、実は良い面もあります。困難を乗り越えたり、ピンチに備えたり、緊張感を持って物事に取り組めたりするのも、すべてストレスが存在するからです。

ストレスを感じるからこそ、人は成長できるとも言えます。ストレスを味方につけ、上手く付き合っていきたいですね。

ストレスの要因




体や心に外から影響を与えるものをストレッサーと呼びます。どんなものがストレッサーとなるのでしょうか?例を挙げて、ご紹介しますね。

職場の環境


働いている人にとって、職場の環境はとても重要です。偏屈な上司がいる、同僚が仕事をしないなど職場の人間関係で悩む人も多いですよね。仕事内容に対する不満や心配、通勤時間のトラブルやオフィスの空調設備、毎日の積み重ねで、大なり小なりそれらがストレッサーとなって心身に影響を及ぼします。

睡眠不足


一日の睡眠時間はどれくらいですか?よく、健康のためには8時間睡眠がいいと言われていますが、忙しい人が毎日8時間眠るということは簡単ではないでしょう。平均で6時間くらい、なかには3時間程度しか眠らないショートスリーパーも存在します。



睡眠をとると、体はもちろん、心も休めることができます。寝不足でイライラしてしまう……、という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。睡眠不足になると、生産性や思考能力も低下し、それが新たなストレスとなり、悪循環を繰り返すことに。

人間関係


生きていると人間関係の悩みはつきませんよね。考え方や感じ方は人それぞれなので、合う人もいれば合わない人もいて当然です。人を傷つけたり、人に傷つけられたりすることは、人間である以上避けて通れないものでしょう。



しかし、頭ではそう分かっていても、気持ちがなかなか追いつかず、イライラしたり深く悩んだりすることもありますよね。「どうしてあんな風に言うんだろう?」「私のこと嫌いなのかな」などと考え、落ち込むこともあるのではないでしょうか。

人間関係の悩みは、自分だけで解決するのが難しいでしょう。ストレス解決策やはけ口が見つからないと、心と体に大きな負担をかけることになってしまいます。

恋愛


トキメキが感じられる恋愛は楽しい出来事ですが、時には大きなストレスになることもあります。ずっと片思いのままだったり、彼氏の態度が冷たかったり、会いたいのに会えなかったり、告白したのに振られたり……、要因は人によってさまざまです。



好きになればなるほど、喜びと同時に不安や心配も感じてしまうもの。恋愛にストレスは付きものだと言えるでしょう。

健康問題


「いつまで元気でいられるかな?」「病気になったらどうしよう……」などと、健康でいられるかどうかが気がかりで、ストレスを感じてしまう人もいます。健康を心配しすぎて病気になっては本末転倒ですが、健康志向の人はちょっとした体の変化にも不安を感じてしまうようです。

経済状況


金銭問題や経済状況も、ストレスの要因となります。借金があったり給料が大幅に下がったりすれば、誰でも不安を感じるでしょう。

今現在お金に困っていなくても「もしこの先会社をリストラされたら?」「将来年金がもらえなっかたら?」など、もしもの状況を想像してストレスを感じる人もたくさんいます。

将来への不安




多くの人が将来に対して何らかの不安を感じています。「親の介護はどうしよう?」「好きな人と結婚できなかったら……」と具体的な不安を感じている人もいれば、「私は将来どうなるんだろう」と漠然とした不安を感じている人もいます。

将来への不安がストレスとなり、心身に不調をきたすケースも少なくありません。先のことを考えても仕方がないと頭では分かっていても、ついつい悩んでしまいます。

ストレスに弱い人の特徴は?




世の中に「ストレスに弱い人」と「ストレスに強い人」の二通りのタイプが存在します。どちらのタイプに当てはまるか、チェックしてみてください!まずはストレスに弱い人の特徴をご紹介しますね。

思ったことを言えない


思ったことが言えず他人の意見を優先させてしまう人は、ストレスに弱い人といえるでしょう。嫌われたくない、その場を和やかに収めたい、などの心理が働き、自分の感情や思いを抑えることで知らぬ間にどんどんストレスを溜まてしまいます。

自分に自信がない


自分に自信がない人は、他人の顔色を伺いがち。常に気を使い、神経を研ぎ澄ましているので精神的に疲弊していきます。また、自分の行いに対して「あれで良かったのかな?」「もっと他に方法があったかも」と考えすぎて、ネガティブになってしまうことも。



完璧主義


何事も完璧にこなそうとする完璧主義者は、ストレスに弱い場面があります。妥協できず細かいことにまで配慮し、なかなか他人に頼ることをしないので、心身ともに疲弊しやすいです。

「ま、いいか」「これくらいでOK」と思えれば良いのですが、なかなかそんな風には考えられないのです。真面目すぎるがゆえに、自分自身を苦しめてしまう傾向があります。

他人と自分を比較する


他人との比較癖がある人は、ストレスを感じやすいです。「あの人と比べて私はダメだ……」「なんで彼女みたいにできないんだろう?」と事あるごとに考え、ストレスを溜めていきます。

ストレスに強い人の特徴は?




では次にストレスに強い人の特徴を見ていきましょう。自分の特徴と違っても、うまくストレスをかわす方法やポイントが隠れているかもしれませんよ。

思い通りにならなくてもうまく流せる


思い通りにならならくてもうまく流せる人は、ストレスが溜まりにくいです。たとえ失敗したとしても、「なんとかなる!」「頑張ったからOK」とポジティブに捉えることができ、心に負担をかけません。



趣味や没頭できることがある


ストレス発散には、自分の好きなことをするのが一番だと言われています。趣味や没頭できることがある人は、それをすることによって自然とストレスを解消しています。多趣味であればあるほど、ストレスを溜めにくいと言えるでしょう。

いつも笑顔


笑顔になると脳内でセロトニンという物質が分泌されます。別名「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンには、高いストレス発散効果があるとされています。いつも笑顔の人がストレスに強いのは、そのためでしょう。



マイペース


マイペースな人はストレスを溜めにくいと言えるでしょう。自分にとって最適で、心地良いペースで行動するので、ストレスを感じにくいのです。ただ他人にストレスを与えやすいので、過度のマイペースは慎んだほうが良いかもしれません。

1
2

関連記事