フケが出る理由って?原因と対処法を知って健康的な頭皮になろう♪

日ごろの身だしなみとして、女性はとても髪に気を使っています。しかし、どれだけ髪を綺麗にセットしていてもフケが出ていたら台無しに……!「ちゃんと洗っているのにフケが出る」とお悩みの方もいるかもしれません。フケの原因と対処法を学んで、健康的な頭皮を手に入れましょう!



目次

ちゃんと洗っているのにフケが出る!その理由は?




フケと聞くと、どうしても不潔なイメージが浮かびますよね。しかし、しっかりと洗ってるのにフケが出ることもあります。清潔にしているのに、フケが出るのはなぜなのでしょうか?その理由を見ていきましょう。

そもそもフケとは?


フケとは、漢字で「頭垢」と書き、文字通り頭から出る垢です。白くウロコのような形をしていて、新陳代謝により頭皮の角質細胞が剥がれ落たものを指します。原因はさまざまなのですが、ストレスや気候、ホルモンの変化なども受けるので、原因を特定するのは難しいと言われています。

フケには2種類ある!




簡単にいうと、フケは頭皮の角層だということがわかりました。そんなフケには種類があるのをご存知ですか?ひとつずつ解説していきます。

乾性フケ


文字通り「乾いたフケ」のことを言います。サラサラとしていて細かく、風に舞うようなものが多いです。冬場にみられることが多いタイプのフケです。

脂性フケ


こちらも文字通り、脂でベトッとしていて「湿っているフケ」のことを指しています。乾性のフケがサラサラと舞うのに対し、髪の毛の根本にベッタリと付着しています。また、脂性のフケが出る場合は「脂漏性皮膚炎」という病気にかかっている可能性があります。気になる方は一度皮膚科を受診することをおすすめします。

ちゃんと洗っているのになぜ?フケの原因とは




フケにお悩みの方は「ちゃんと洗ってるのになぜ?」と思っている方が多いです。ほとんどの方は不潔にならないように気を使っているはずなのに、どうしてフケが出てしまうのでしょうか?2種類のフケ、それぞれの原因を紹介していきます。

乾性フケが出る原因


まずは乾性フケが出る原因を見ていきましょう。自分の生活スタイルに当てはまるか、チェックしてみてください。心あたりがあるかもしれませんね。

冷暖房のきいた部屋に長時間いる


頭皮が乾燥していると、乾性フケがる原因となってしまいます。頭皮が乾燥する原因は色々ありますが、冷暖房のきいた部屋に長時間いると乾燥の原因に。身体は快適かもしれませんが、頭皮は悲鳴をあげているかもしれません。



1日に何回もシャンプーする


フケが気になってしまい、頭皮が汚れていると思って1日に何回もシャンプーをしてしまう方もいるでしょう。フケが気になるあまり、物理的に洗い流しているつもりが頭皮の保湿に必要な分の皮脂まで洗い流していることも。余計に頭皮の乾燥を招き、さらに悪化してしまうことも少なくありません。



また、シャンプーを洗い流すときに熱いお湯で洗っていませんか?40度以上のお湯は頭皮の皮脂を落としてしまい、頭皮の乾燥に繋がります。

自然乾燥させている


髪の毛の短い人や暑い夏場には、髪の毛をブローしないという人もいるでしょう。頭皮が濡れたままの状態だと、雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。



菌が繁殖すると頭皮の新陳代謝の邪魔をしてしまい、頭皮の乾燥を招きます。だからといってしっかり乾かそうとドライヤーを頭皮に近づけすぎると、頭皮にダメージを与えてしまうので注意が必要です。

食生活が乱れている


フケが出る原因は、外的要因だけとは限りません。普段の食生活を思い出してみてください。食事で摂った栄養が血液で運ばれることによって、頭皮は健康な状態を保っています。食生活が乱れると頭皮に充分な栄養がまわらず、頭皮が乾燥状態になってしまいます。



脂性フケが出る原因


では逆にべったりとした脂性フケが出てしまう原因を見ていきましょう。乾性フケとは違う原因が隠されています。

皮脂の過剰分泌


フケが脂っぽくなってしまう原因は、皮脂が過剰に分泌されているからです。皮膚には常在菌である「マラセチア菌」というカビの一種がすんでいます。

誰の頭皮にも存在する菌ですが、皮脂をエサにして増殖する性質があります。マラセチア菌が増えるとは皮脂を分解して頭皮の新陳代謝を早めるので、結果フケの量が増えてしまうのです。

頭皮に汚れが残っている


髪の汚れが残っていたり、シャンプーがすすぎきれていなかったり、ヘア剤をつけたまま寝たりすると頭皮に汚れが付着します。頭皮が汚れることで新陳代謝を妨げ皮脂が多く分泌されるので、脂性のフケが出る場合があります。



脂漏性皮膚炎にかかっている


脂漏性皮膚炎とは頭皮だけではなく、顔や脇などの皮脂の分泌が活発な部分に現れる病気です。頭皮が脂漏性皮膚炎にかかった場合、フケが多く出てきて頭皮が赤くなります。まずは自分の頭皮をチェックしてみてください。



脂漏性皮膚炎にかかっている場合は病院での治療が必要になります。脂漏性皮膚炎もマラセチア菌との関連性が深いとの指摘もあるので、考えられる原因を潰していってもなおフケが多く出る場合にはこの病気を疑い、早めに皮膚科に受診した方がいいでしょう。

フケが出やすい人の特徴




フケが出る原因がわかったところで、さらに深くフケが出やすい人の特徴を見ていきましょう。あてはまる数が多いほどフケが出る原因を多く抱えていることになります。改善できる部分は積極的に改善していきましょう!

洗浄力の強いシャンプーを使っている


さっぱり感を求め、洗浄力が強いシャンプーを使っていませんか?あまりに洗浄力と頭皮にダメージを与えてしまいます。必要な皮脂まで洗い流してしまうことで頭皮の乾燥を招きます。



シャンプーのしすぎ


髪を大事にする女性のなかには、1日の間に小まめに何回もシャンプーをしている方もいるのではないのでしょうか?もしかしたら逆効果になっているかもしれません。

シャンプーのしすぎは必要な皮脂を洗い流してしまうだけではなく、シャンプーの洗い残しに繋がります。そうなるとフケの原因を自分で作ってしまうことになるのです。

食生活が乱れている




食生活の乱れは頭皮の乱れに繋がります。栄養が頭皮に行き渡らないと乾燥のもとになり、新陳代謝の妨げます。

屋外で活動することが多い




外で仕事をしている方や、部活動やスポーツで外にいることが多いと、紫外線のダメージを受けてしまいます。髪の毛があるとはいえ紫外線は頭皮にも降り注いでいます。

フケを防止する方法




フケが出てしまう原因がわかったところで、気になる防止方法を見ていきましょう。ひとつずつ改善することがフケ解決の近道といえるでしょう。

シャンプーを見直す


まずは毎日使うシャンプーをチェックしてみてください。洗浄力が強すぎるとフケを招いてしまうのは、前述したとおりです。



頭皮に優しいシャンプーや、フケを防止する薬用シャンプーなどもあります。まずは近くのドラッグストアで探してみるといいでしょう。ドラッグストアならお手ごろ価格の商品もたくさんラインナップされていますよ。香りやコスパ、毎日使うものなので自分の好みに合うものをみつけましょう。

食生活を見直す


食生活の乱れもフケが出る原因かもしれません。規則正しく、バランスよく食べましょう。また、頭皮にいい食べ物も摂取しましょう。ビタミン群は頭皮の血液の循環を促し、頭皮の乾燥を防いでくれる栄養素です。なかでもビタミンAとEがとくに頭皮にいいと言われています。



例えばレバーは髪の主成分であるタンパク質を含むだけでなく、頭皮の環境を整えるビタミンを多く含んでいます。少し意識してビタミンを摂ってみるとフケが改善されるかもしれません。

睡眠をしっかりとる


人間は寝ているときに、身体の回復と修復を行っています。しかし髪や頭皮の修復は優先順位が低いので、重要な器官が修復されるまで後回しになってしまうのだとか。



睡眠時間が短いと頭皮の回復の順番が回ってこず、栄養供給が不足してしまいます。頭皮だけではなく、髪のためにも良質な睡眠をとりましょう。

ストレスをためない




難しいことですが、健康な頭皮のためには大事なことです。ストレスが溜まると抵抗力が落ちてしまい、頭皮のトラブルを招きます。ストレスを完全に避けることは難しいですが、せめて溜めこまないように努力しましょう。気分転換をしたり、時には自分にご褒美をあげたりするような時間を作るのもいいですね。

フケを出にくくする洗髪のポイント




シャンプーの洗浄力以外にも、洗い方にも気を配ってみましょう。ひと手間かければ汚れもしっかりと落としつつ、健康な頭皮に繋がりますよ。

洗う前にコームやブラシで髪をとく


まずは洗う前の準備をしましょう。コームやブラシで髪をといて絡まっている髪の毛を解します。見た目には絡まってなくても、髪の毛は案外絡み合ってるものです。頭皮を洗いやすくするためにしっかりととかしておきましょう。

髪と頭皮をしっかり濡らす




お湯でしっかりと髪と頭皮を濡らしていきましょう。しっかりと濡らすことで、その後のシャンプーの泡立ちが変わってきます。指の腹で頭皮をマッサージするようにすれば、その時点で汚れがかなり落とせますよ。頭皮マッサージを兼ねて入念に行ってください。

1
2

関連記事