ショートカットが似合わない人の特徴は?顔の形別に解決策をご紹介♡

お手入れやスタイリングが楽で垢ぬけた印象がすてきなショートカット。その魅力のせいか近頃は短髪の女性も増えましたが、髪を短くしたことがない人にとって、思い切ってショートカットにすることは、なかなかに勇気がいることです。

目次

『ショートカットが似合わない』どうしたらいい?


いざ勇気を出して美容室で髪を短く切ってもらったものの「似合わなかった……」と後悔してはいませんか?ショートカットは似合う似合わないがはっきりしているように見えて、実はポイントを抑えることができれば誰にでも似合う髪型です。

いろいろ試さずして、ショートカットが似合わないと嘆くのはもったいないです!

ショートカットが似合わないと感じる人の特徴・原因



ショートカットが似合う自分になる為にも、まずはショートカットが似合わないと感じてしまう人の特徴や原因をご紹介します。

エラ張り・下膨れの顔型


エラが張っているベース型の顔型の方や、頬が下膨れのフェイスラインをお持ちの方はショートヘアに苦手意識のある方が多いです。ショートヘアは顔回りがすっきりとしたヘアスタイルなので、フェイスラインへの誤魔化しが効かないと考えられているためでしょう。

首が太く短い


ショートカットは首周りが完全に露出するヘアスタイルなので、首が短かかったり太い人はショートカットが似合わないと感じる人が多いです。実際には首が短めの人に似合うショートカットも存在するのですが、それに気づかないままあきらめてしまう人も少なくありません。

顔・頭のサイズが大きい



顔や頭のサイズが大きめであることもショートカットが似合わないと感じている人に多い特徴です。ショートカットは髪のボリュームが抑えられたヘアスタイルなので、顔や頭の大きさが目立ちやすいことが予想されるためです。

髪質に合ったスタイルにできていない


髪の量や太さ、くせの有無など髪質は人によって違いますが、それぞれの髪質に合ったショートカットというものが存在します。自分の髪質に合ったショートにできなかった人もショートが似合わないと感じてしまいます。

思ったようにボリュームが出なかった、髪の毛が多く見えて頭が大きく見えてしまった、などという人は、似合わないと感じた原因はここにあるかもしれません。

自分の顔の形に似合うショートカットに出会えていない



一口にショートカットといってもさまざまなスタイルがあります。シルエットやボリュームの出方、フェイスライン周りの髪の長さも多種多様です。

自分では「私はショートカットが似合わないんだ……」と思っているだけで、単にいろいろな種類のあるショートカットのなかで自分に似合うショートカットに出会えていないだけの場合も多々あります。

見慣れてないだけ


初めてショートカットに挑戦したという人の場合に多いのが、ただ見慣れていないだけという事象。髪が長い自分に見慣れているので、周りから見ると凄く短い髪が似合っているのに似合っていないと思ってしまうのです。

ただ見慣れていないというだけで、ショートカットをあきらめてしまうのは非常にもったいないですね。

ショートカットが似合う人の特徴



今まではショートカットが似合わないと感じる人の特徴についてご紹介しました。続いては、ショートカットが似合う人の特徴をご紹介します。自分に当てはまるところがあるかチェックしてみてくださいね!

耳たぶ~あご下の長さが5.5cm以内


耳たぶの下から、あごの先端までの長さが5.5cm以内の長さの人はショートカットが似合いやすいとされています。ご友人やご家族にお願いして、机にあごをつけて耳たぶから机までの長さを測ってもらいましょう。

いかがでしたか?この条件を満たしている場合は、ショートカットが似合わないのはただの思い込みかもしれませんよ。

華やかな顔立ち



パーツが大きく目鼻立ちがはっきりした華やかな顔立ちをした人もショートカットが似合いやすいです。髪が短いと顔回りがすっきりするので、きれいな顔立ちがより際立ちます。美人さんのショートヘアーは周囲をハッとさせる魅力があります。

もともとの顔立ちが華やかというわけでなくても、顔立ちの華やかさはメイクで作ることができるので、現在ショートカットが似合わないと感じている方はメイクを見直してみると似合うようになるかもしれませんよ。

華奢な人


ミニマムなシルエットが特徴のショートヘアーは華奢な体型の人が良く似合います。線が細い人のショートカットは非常にバランスが良く見え、その人のスタイルの良さを引き立ててくれます。

また、身体が華奢な人はフェイスラインもすっきりしている場合が多いので、それも華奢な人にショートカットが似合いやすい理由です。

おしゃれな人



ショートヘアーはシンプルなヘアースタイルで、少し奇抜と思えるような個性的な服装や派手なアクセサリーなどがとても映えます。そんなショートカットを活かせるおしゃれができる人もショートカットが似合う人であるといえます。

すっきりと短い髪に、個性的な服やアクセサリーを身にまとった女性……想像するだけでもすてきですよね。

【丸顔さん向け】ショートカットが似合わない人の解決策


「自分の顔の形に似合わないショートカットにしてしまった」という人も、似合わないと感じてしまう原因の1つであるとご紹介しましたね。ここからは、顔の形別にショートカットが似合わないのを解決する方法をご紹介します。

まずは、ショートカットが似合わないと感じている丸顔さんへの解決策をご紹介していきたいと思います。

顔周りの毛を長めに残すことで顔型をカバー



ふっくらとした頬は丸顔さんの顔型の特徴の1つです。丸顔さんの魅力である柔らかいキュートさを出してくれるポイントなのですが、そこに自信が持てない人も多くいると思います。

そんな頬の丸みが気になる丸顔さんのショートは顔回りの毛を長めに残すことがポイントです。前下がりのシルエットのショートヘアーやセンター分けの前髪のスタイルなどは顔回りをカバーしてくれるのでおすすめです。

ひし形のシルエットを作る


髪のサイドに少しボリュームを出し、頭全体がひし形に見えるようなシルエットのスタイルは小顔効果が期待できるスタイルです。柔らかい印象をかもし出すことができるので、丸顔さんの雰囲気にもなじみます。

パーマをかけて顔型をカバーする



ゆるくパーマをかけて毛先を遊ばせることで、フェイスラインをぼかすスタイルもおすすめです。ゆるやかなウェーブは丸顔さんのイメージにもぴったりでかわいい印象が強い髪型になるでしょう。

また、パーマをかけなくても、ヘアアイロンで少し動きをつけることで同じ効果が得られますよ。

【面長さん向け】ショートカットが似合わない人の解決策


続いて、顔の縦幅が長めの面長な顔型を持つショートカットが似合わない人の解決策をご紹介します。面長さんは一般的にショートカットが似合わないとされていることが多く、ショートが苦手だと思っている人も多いので、当てはまる方は必見ですよ。

前髪を作って長めにする



面長さんのショートカットは前髪を長めに作って、顔の縦幅を短く見せることで各段に似合うようになります。ぱっつん前髪や短めで斜め分けの前髪などがおすすめです。

子供っぽくなりがちなぱっつん前髪のショートでも、大人っぽい印象のショートにできるのが面長さんの魅力です。

横幅を強調


面長さんは顔が細く長いのが特徴なので、横幅を強調できるスタイルにするとバランスがとりやすくなります。ふんわりとしたパーマをかけたり、ワイドバンクにするなどの工夫をしたショートスタイルがおすすめです。

あごのラインは思い切ってさらけ出す


面長さんは顔がシュッとしているのであごのラインがとてもきれいです。あえてショートカットの中でも短めのスタイルで、ほっそりとしてきれいなあごのラインを見せるのがおすすめです。

気になるところはカバーしながら、良い点を活かしてすてきなスタイルを目指しましょう。

【ベース型さん向け】ショートカットが似合わない人の解決策


続いては、エラの張ったフェイスラインが特徴のベース型の解決策をご紹介します。一見ショートが似合わないと思われがちなエラの張っている顔型でも、似合わせるポイントはあるので、お悩みの方は必見です!

前髪を流す



ベース型さんのショートカットは、前髪を斜めに流すスタイルがおすすめです。前髪を流しておでこを見せることで縦のシルエットを強調しすっきりと見える効果があります。

また、さらに縦幅を強調したセンターパートの前髪もベース型さんには良く似合います。

トップにボリュームを持たせる


トップにボリュームを持たせたスタイルもまたベース型さんにおすすめのスタイルです。トップにボリュームを持たせることで縦幅と横幅のバランスを取ることができます。

また、トップにボリュームを持たせることで視線を気になる顔回りから上の方にそらせる効果も期待できます。

顔回りに髪をかぶせる


顔回りに髪をかぶせてエラをカバーするのもおすすめです。顔回りに髪をかぶせるといっても、あくまでもエラにふんわりと髪がかかるくらいのスタイルがおすすめです。

エラがちょうど隠れるくらいの髪の長さにしておくとエラはカバーしつつも、ベース型さんのしっかりした骨格由来のきれいなあごのラインを強調することができます。

【その他の悩み別】ショートカットが似合わない人の解決策


これまでは、顔型別にショートカットが似合わない人へ向けての解決策をご提案してきました。しかし、顔型以外にもショートカットが似合わなくなってしまう原因はあるものです。

続いては、顔型以外の悩み別にショートカットが似合わない人の解決策をご紹介していきたいと思います。

【くせ毛】あえてパーマ風にする



「私はくせ毛だからショートは似合わない」と思ってはいませんか?一見難しそうなくせ毛のショートスタイルは、あえてくせ毛を矯正したりはせずにパーマ風のスタイルにすることで、あなたの魅力を最大限に活かせます。

パーマが必要になるようなおしゃれなスタイルがパーマをかけずにできるなんて、なんだか得した気分になってしまうこと間違いなしですよ!

1
2

関連記事