おすすめ黒リュック10選♡取り入れるメリット&選び方を徹底解説!

どんなコーディネートにも合わせやすい黒リュックは、大人女子のカジュアルコーデにおすすめのアイテムです。各種ブランドから展開されているからこそ、その選び方は悩みどころでもありますよね。おしゃれな大人女子はどんなアイテムを選んでいるのでしょうか?

今回は黒リュックの選び方とそのおすすめについてご紹介します。これから黒リュックを取り入れたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



目次

どんなコーデにもマッチする黒リュック♡



おしゃれな女子たちがこぞって選ぶ黒リュック。使い勝手が良く、どんなコーディネートにもマッチやすいのがその魅力ですが、実際に選ぼうとしてみるとその種類の多さに逆に迷ってしまう方も多いことでしょう。日常使いできるアイテムですから、自分が一番使いやすく、デザインも気に入るものを選びたいですよね。

黒リュックを取り入れるメリット


黒リュックと言うと無骨で、一見おしゃれなイメージとは遠いと感じてしまうかもしれません。ですが実際に街中を見てみると、おしゃれにファッションに取り入れている大人女子がたくさんいます。

どうして黒リュックを選ぶ女子が増えているのでしょうか?まずは黒リュックを普段のコーディネートに取り入れるメリットをチェックしていきましょう。

どんなコーデにも合わせやすい



黒リュックはデザインがとてもシンプルです。シンプルだからこそ、合わせるファッションアイテムの色や系統を選ばなくていいのがまず大きな魅力でしょう。黒の無地はどんなカラーや柄物、素材にも合わせられます。

カジュアルなコーデにはもちろん、大人っぽくシンプルなコーデやガーリーなコーデにも相性抜群で、カバン選びに悩む必要がありません。毎日さまざまなファッションを楽しみたいおしゃれな女子は必見ですね。

幅広いシーンで使える



おしゃれのためだけでなく、使うシーンを選ばないことも魅力のひとつです。プライベートでお出かけをするときにはもちろん、通勤・通学用のバッグとして使っても問題ありません。荷物がたくさん入るものも多いので、ちょっとした旅行や出張に出かけるときにも活躍してくれます。

どんなシーンにも合わせやすいからこそ、バッグ選びに迷ったときもとりあえず黒リュックを背負っておけばOKです。その毎日のコーデに気軽に取り入れやすいところも、大人女子に人気の理由なのでしょう。

多くのブランドから販売されている



リュックは数々のブランドから展開されていますが、そのほとんどのブランドが黒色を展開しています。男女問わず選びやすいので、レディースブランドだけでなくアウトドア・スポーツブランドやメンズ向けのファッションブランドからも選べますよね。そうなれば、より多くの選択肢からあなたが使いやすいものを選べます。

また実用性が高く、素材や機能性に力が入れられたものも豊富なのもその特徴です。だからこそデザインだけでなく、使い勝手の良さでも自分に合ったものを選びたいですよね。実用性に優れたものを選べば毎日の通勤・通学やお出かけがさらに快適になり、外出のストレスを減らせるでしょう。

季節やトレンドに左右されにくい



その年によってトレンドのカラーや柄には違いがあり、その時々のトレンドで選んでしまうと次のシーズンには合わせられない場合があります。ですが、黒リュックはシンプルだからこそトレンドに左右されません。

トレンドのコーディネートにも合わせられるのはもちろん、いつどんな人が持っていても時代遅れな印象にならないのもその魅力です。なかには数年に渡って背負えるような丈夫なものも多いので、いつどんなときも使えるデザインだととても便利ですよね。

季節に左右されないところも大きな魅力で、夏服はもちろんアウターを着込む冬の季節でも黒リュックは問題なく合わせられます。どんな季節でも快適におしゃれに取り入れられるのも便利なところです。

自分で自由にカスタマイズできる



シンプルな黒リュックはもちろんそのまま使うのも良いですし、バッグチャームなどで自由にカスタマイズできるのも大きな魅力です。お気に入りのバックチャームやバッジなどをつけて、好きなものを背中でアピールすることもできますし、スカーフを巻いてさりげなくアクセントを加えるのも良いでしょう。

その日のコーデに合わせてバックチャームも変え、トータルコーディネートするのも楽しいですね。さまざまなカラーやデザインを難なく合わせられるので、おしゃれを存分に楽しめます。

黒リュックの選び方のポイント


では、黒リュックはどのように選ぶのが良いのでしょうか?選び方のポイントを押さえることで、「買ってよかった!」と思えるひとつに出会うことができます。

まずはあなた自身がどんなものが欲しいのかを思い浮かべてみてください。その条件と合わせて、これらのポイントについて細かく考えながらあなたにマッチしたものを見つけてみてくださいね。

素材



リュックはその商品やブランドによって素材に違いがあります。同じ黒色でも素材の違いで印象や使い勝手が大きく変わるので、好みのファッションに合わせて素材にもこだわってみましょう。

定番はナイロンやポリエステルです。丈夫で水に強いので、通勤・通学用としても選びやすいです。アウトドアブランドやスポーツブランドからも、これらの素材を使った丈夫なリュックが豊富に展開されています。

特に軽さと耐久性に優れたコーデュラナイロンは、バッグで人気の素材です。耐久性を優先して長く使えるリュックを探している方は素材にも注目してみてください。デザイン性で選ぶのであれば、スウェットやレザー素材など変わり種の素材も良いですね。どんなコーデにも合わせやすいだけでなく、素材でコーデにアクセントを加えられます。

シルエット



シルエットについても様々です。かっちりとしたスクエア型か、丸みのあるラウンド型かによって後ろ姿の印象は大きく変わります。素材と合わせてこれらシルエットについてもチェックしておきましょう。

好みのファッションに合わせてシルエットにこだわるのも良いですし、使う場所を想定して持ち物に合わせたサイズ感のものを選ぶのも良いですね。ノートやPCなどを持ち運ぶなら大きめのサイズを、休日に財布などだけを持ち歩くならミニサイズなど、実際に使っているところを思い浮かべるのも選ぶときのコツですよ。

ランチボックをはじめとした厚みのあるものや立体感のあるものを運ぶなら、マチの広さをチェックしておくのもポイントです。

収納力



リュックを選ぶうえで見逃せないのが収納力です。実用性に優れたものが多いですが、その商品ごとにどれだけの荷物が入るかはアイテムによって異なります。丈夫で重いものを入れても問題ないか、小分け用のポケットが豊富に作られているかなど、欲しい機能や特徴をピックアップしてみてください。

特にノートPCやタブレット端末など、持ち運ぶものが決まっている場合は、必ずそれが入るサイズかどうかを確認しておきましょう。実際に購入して使ってから不便を感じないようにしたいですよね。

また、大きさに注目したい場合、各ブランド・メーカーが提示している容量に注目して選ぶのもおすすめです。収納できる荷物の量の目安として多くのメーカーは「L(リットル)」の単位を使用しています。

休日のお出かけや普段使いなどそこまで荷物が多くない場合は20L以下、通勤・通学目的やちょっとした旅行・遠出に使えるものを選ぶなら30L前後のものを目安に選ぶと良いでしょう。

背負い心地



意外と見落としがちなのがその背負い心地です。アイテムによって背負い心地は大きく異なり、なかには重いものを入れても負担がかかりにくいように設計されているものもあります。特にアウトドアブランドやスポーツブランドの商品にはその傾向が強いです。

特に毎日重いものを持ち運ぶ予定があるのであれば、肩ベルトが太めのものを選びましょう。肩ベルトの内側や背面がクッション素材になっていると、身体を痛めにくいのでおすすめですよ。外を歩く機会が多いなら、真夏の炎天下で背中が蒸れないように背面がメッシュ素材になっているものを選ぶのもコツです。

肩ベルトにクッションがついていないもの、幅が細いものは、重いものを入れると肩に負担が掛かりやすいので注意しましょう。ただ、財布など軽いものだけを入れる場合はデザインを重視して肩ベルトの細いミニサイズを選ぶのも良いですね。

おすすめ黒リュック10選


黒リュックは各種ブランド・メーカーが展開しており、その種類は膨大です。だからこそ選ぶのに迷ってしまう人も多いですよね。それならまずは、多くの愛用者のいる有名なブランドのアイテムからチェックするのもおすすめです。

ここでおすすめの黒リュックについて10アイテムご紹介します!それぞれの特徴を押さえたうえで、お気に入りのひとつを見つける参考にしてみてくださいね。

patagonia(パタゴニア)『アーバー・クラシック・パック 25L』



patagonia(パタゴニア)『アーバー・クラシック・パック 25L』 
Amazonはこちら♡

タウンユースでも人気のアウトドアブランド・patagonia(パタゴニア)の展開している黒リュックは実用性抜群。シンプルな蓋つきなのでキレイめなコーディネートにもおしゃれに合わせられます。

ボディ全体が黒色ですがさりげなくロゴが入っているのがポイントで、ひと目でpatagoniaのアイテムだということがわかります。14cmのたっぷりめのマチでたくさん収納でき、内側やフタの部分にも大きめのポケットが付いているので、小物をきっちり分けることも可能です。

Manhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)『Washington SQ Backpack』



Manhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)『Washington SQ Backpack』
Amazonはこちら♡

Manhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)の人気の理由はシンプルなデザインとその耐久性です。Washington SQ Backpackに使われているコーデュラナイロンという素材は防水、耐久性に優れているので、毎日の通勤・通学用のバッグにも向いています。

リュックのフタを開けると口が大きく開くので中に入っているものが取り出しやすく、A4サイズのノートやPCもラクラク入れられます。表面の黒色に対して裏地はロゴデザインと同じビビッドな赤色が選ばれているところもおしゃれです。

THE NORTH FACE(ザ ノースフェイス)『コーデュラバリスティック バークレー』



THE NORTH FACE(ザ ノースフェイス)『コーデュラバリスティック バークレー』
Amazonはこちら♡

こちらはシンプルなラウンド型の黒リュック。ロゴデザインも控えめですが、シンプルなデザインだからこそどんなコーディネートにも合わせやすいのが魅力で、大人女子からの人気が高いです。

耐久性に優れた「高強度コーデュラバリスティックRナイロン」と呼ばれる素材が使われており、重いものを入れやすいことはもちろん、クッション性に優れた肩ベルトで身体に負担が掛かりにくいです。ファスナーの部分に牛革が使われていて大人っぽいところも、おしゃれな女子から支持されています。

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドア プロダクツ)『452U ナイロンデイパック』



OUTDOOR PRODUCTS(アウトドア プロダクツ)『452U ナイロンデイパック』
Amazonはこちら♡

人気アウトドアメーカーのOUTDOOR PRODUCTS(アウトドア プロダクツ)では非常に豊富なカラーのバッグが展開されていますが、最も人気が高いのはやっぱり黒色です。シンプルなラウンド型の黒リュックは口を大きく開けるファスナーが付いており、シーンやコーデを選ばずに使うことができます。

男女問わないカジュアルなデザインのバッグでマチもたっぷり。強化ナイロンが使われていてたっぷり物を入れられるだけでなく、クッション素材の使われた肩ベルトで背負い心地快適です。重いものを運ぶストレスをしっかりと軽減してくれる、荷物の多い大人女子ですよ。

KELTY(ケルティ)『SHERMAN』



KELTY(ケルティ)『SHERMAN』 Amazonはこちら♡
実用性に優れた無骨なデザインの黒リュックを探している方におすすめのブランドがKELTY(ケルティ)です。アウトドアにはもちろんタウンユースも想定して作られているので、デザインがシンプルなのがポイントです。

特徴は側面と底面で厚みの違う2種類のナイロン素材を使っていることで、丈夫なのに軽い背負い心地を実現しています。肩ベルトと背面にはパッドが入っているので、重いものを長時間持ち運んでも負担になりにくいですよ。

Drifter(ドリフター)『リュック バックパック』



Drifter(ドリフター)『リュック バックパック』 Amazonはこちら♡
Drifter(ドリフター)の黒リュックはほかのナイロンリュックに比べると薄手ではありますが、だからこそ軽量で、長時間快適に使用できる特徴があります。あまり重いものを普段から持ち運ばない、疲れにくいものが欲しいと思っている大人女子におすすめです。

ファスナーはかなり幅広なので大きなものも入れやすく、マチも広めです。その収納力の高さから、普段使いはもちろん、マザーズバッグとしてDrifterのリュックを選ぶ方も多いですよ。

anello(アネロ)『口金リュック REGULAR』



anello(アネロ)『口金リュック REGULAR』 Amazonはこちら♡
マザーズバッグと言えばanello(アネロ)という方も多いのではないでしょうか?シルエットは小さめのスクエア型ですが、口金によって口が大きく開くのが特徴で、中に入っているものを取り出しやすいのがその魅力です。カラーバリエーションが非常に豊富ですが、やっぱりどんなコーディネートにも合わせやすいのは黒色でしょう。

カジュアルにもキレイめにも合わせやすいリュックなので、マザーズバッグとしてはもちろん、通勤・通学用、普段使い用として使うのにもおすすめです。

marimekko(マリメッコ)『Metro バックパック』



marimekko(マリメッコ)『Metro バックパック』 Amazonはこちら♡
marimekko(マリメッコ)と言えば北欧調の柄物をまず思い浮かべる方が多いですが、リュックは違います。Mertoバックパックはシンプルな無地で、実用性が抜群。ファスナーが「コ」の字型に開くので出し入れがラクラクで、たっぷりと物を入れることができます。

肩ベルトは絶妙にカーブをした形に設計されているのもその特徴で、これによって肩に負担がかかりにくくキレイに背負うことができるので、コーディネートにも響きません。さりげないロゴデザインがおしゃれなのはもちろん、前から見てもおしゃれな黒リュックです。

adidas(アディダス)『リュック EPS 2.0 バックパック 40L』



adidas(アディダス)『リュック EPS 2.0 バックパック 40L』 Amazonはこちら♡
スポーツブランドから展開されている黒リュックも見逃せません。adidas(アディダス)のリュック EPS2.0は背の高いデザインでかなりの大容量。通勤・通学用としてはもちろんちょっとした旅行や出張にも持っていくことができます。

ポリエステル素材で防水性にも優れている上、ポケットも豊富。ノートなどを収納できるホルダーはもちろんスマートホンや貴重品を小分けして収納できるミニポケットまでついているので、必要なときに必要なものをすぐに取り出しやすいですよ。

LOGOS(ロゴス)『大型デイパック リュック バックパック』



LOGOS(ロゴス)『大型デイパック リュック バックパック』 Amazonはこちら♡
ポリエステル製で探しているのならLOGOSのリュックもおすすめです。A3サイズまで折らずに収納できる大きめのサイズながらかなり軽量。どんなシーンにも取り入れやすいカジュアルなデザインです。

軽量ながら背面や肩ベルトにはクッション性や通気性に優れた素材が使われており、長時間背負っていても身体に負担がかかりにくいように設計されています。フロント部分のポケットには仕切りもたくさんつけられているので、小物類を整理して入れやすいのも便利なところです。

黒リュックを背負って楽しくお出かけしよう!



黒リュックはどんなコーデにも使いやすい便利なアイテム。実用性や耐久性に優れたアウトドアブランドのものから、キレイめデザインで大人女子でも選びやすいデザインのものまで、そのアイテムによっても特徴が異なります。

季節やトレンドに左右されずどんなときも使えるのも魅力のひとつです。数ある商品の中からあなたにとって一番使いやすく、デザインもお気に入りのひとつを見つけてくださいね。

(まい)
1

関連記事