朝活のメリットや効果は?朝の時間を有意義に過ごす行動を紹介♡

○○活という言葉がたくさん造られるようになりましたが、朝活もそのうちのひとつです。朝の時間に活動するという意味の朝活ですが、すでに実行している方もいるかもしれません。

ですが、まだまだ朝活している方のほうが少ないのではないでしょうか?「朝活って早起きすること?」「早く起きて何をしたらいいの?」と疑問に思っている方のために、朝活のメリットや成功させるコツなどを詳しくみていきたいと思います。



目次

朝活で毎日をもっと楽しもう♡


早起きしないといけないイメージのある朝活なので、朝は苦手、もっと早く起きるなんて無理、と朝活を断念している方もいることでしょう。

ハードルが高く感じるかもしれませんが、朝活をするといろいろなメリットもたくさんあります。朝が弱い人ほど、一度試してみると毎日の生活がより良く変化していくのを実感できることでしょう。



朝活とは


よく耳にすることも多い朝活ですが、実際朝活って何をすることなのか、どういった意味なのかわからないことも多々あります。朝型の生活イコール朝活なのでしょうか?

朝活の意味や内容、いつどのように朝活が広まっていったのかを調べてみました。



朝活ってどんな意味?


朝活とは、朝活動を省略して造られた言葉です。会社勤めの方たちや仕事に子育てに追われる主婦、学生まで、自由な時間がほしい人たちが、時間を作るために朝時間をもうけて活動することをいいます。

活動の内容は、資格のための勉強であったり、受験勉強、読書、運動など幅広くあります。誰にも邪魔されず、さえた頭で活動できるのが朝活の魅力です。



朝活が広まったのはいつ?


朝活は、ツイッターなどのSNSの広がりとともに急速に広まっていきました。朝活という言葉が出始める前から、朝型の人たちは朝早く起きて読書をするなど自分の時間にあてていたのが、SNSを通じて活動を共有できるようになったのです。

SNSで自分が朝どんな活動をしているのか報告しあったり、SNSで声をかけて実際に集まって一緒に朝活したりと、活動の幅も広がりました。個人で行うのが当たり前だった朝活でしたが、みんなで共有し、仲間ができたことで楽しくアクティブなイメージとなり、現在も活動は広がっています。



朝活の効果やメリット


朝活がどんなものかはわかったけれど、朝活をするとどんなメリットがあるのか疑問に思っている方もいるでしょう。早く起きて朝活に励むことで、たくさんの良い効果やメリットがあります。

実際にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。



生活のリズムが整う


朝活のためには、やはり早く起きて朝の時間帯に余裕を作らなくてはいけません。早く起きるのはもちろん大切ですが、それ以上に早く寝るのが肝心です。

これまで同様、夜は遅く寝て早く起きるだけだと、睡眠時間が減ってしまい睡眠不足になってしまいます。それを防ぐためにも多少早く寝る工夫をしなければなりません。

日本は先進国の中でも特に睡眠が不足していると言われています。早寝早起きで睡眠不足を解消して、朝から余裕のある、豊かな生活を送りましょう。



心身の余裕が生まれる


生活のリズムが整い調子が良くなると、心にも体にも余裕が生まれます。体の調子が良いと、心にも余裕ができ、気持ちも穏やかになります。仕事や家事も効率良く進めることができ、ストレスなく生活できるようになります。

ストレス社会でストレスを溜めないようにするには、いかに心に余裕を持つかがカギです。余裕のある毎日にするためにも、朝活で1日のスタートを気持ち良く始めましょう。



時間を有効に使うことができる


それまでより1時間早く起きると、その分自由な時間が増えます。今まで挑戦したかったことを始めたり、ゆっくり読書をしたり、ジョギングをしたり、自分だけの時間が過ごせます。

朝からいろんな活動ができるので、時間を有効に使ったという充実感もあります。充実感や目的をやり遂げた達成感を感じることで、気持ちよく1日を始められるでしょう。



集中力が上がる


人間の脳は、昼間に得た情報を寝ている間に整理して記憶するので、朝起きると脳の中で情報が整理され、すっきりした状態になっています。

すっきりした状態なので、頭は冴え、集中力が増し、効率も上がります。1日活動して疲れたあとに勉強や読書をするよりも、寝ることで脳をリセットして朝起きてから活動するほうが集中できるのでおすすめです。



朝活の注意点やデメリット


朝活にはいろんなメリットがあると同時にデメリットもあります。朝活を行ううえでの注意点もいくつかありますので、朝活をスタートする前に確認しておきましょう。

何事にもメリット、デメリットはありますので、デメリットも理解したうえで朝活を効果的に行えるようにしましょう。



日中眠くなる


朝活のために早起きし始めると、昼間に眠くなってしまう人もいるでしょう。それまでより早く起きなければいけないので、多少は仕方のないことではあります。

ただし、朝活は早く起きれば良いわけではありません。早く起きるためには、やはり早く寝ることが肝心です。やみくもに眠る時間を削って朝早く起きようとすると、生活リズムが良くなるどころか、慢性的な睡眠不足でリズムも不規則になります。

早く起きるためには、まず夜寝る時間を早めて、睡眠時間を確保することです。仕事の終わる時間が遅くて早く寝るなんて無理、早く寝るなんて時間がもったいないと思われる方もいるかもしれません。

でも一度早く寝る習慣をつけてみると、意外にできるようになります。寝る時間が惜しいと思われるかもしれませんが、潔く寝て十分な睡眠を取ってから朝活動したほうが効率も上がり、結果的にはより良い成果をあげることができるはずです。

急に何時間も早く寝るのは難しくても、30分だけでも早く寝るよう心がけ、少しずつ変えていければ大丈夫です。徐々に早寝早起きのリズムを作って時間が確保できるようになれば、朝活動することの爽快感に目覚めることでしょう。



家族と生活時間がすれ違ってしまう


一緒に生活する家族がいると、自分だけ朝活しようとするには難しい面がでてくることがあります。夫婦で生活していくと、朝活のために早く出かけてしまってはパートナーと一緒に過ごすことが難しくなります。

就寝時間についても、1人で早く寝てしまっては家族と団らんする時間が減ってしまいます。起床時間、就寝時間が夫婦間や家族間でバラバラでは、すれ違いの原因になりかねません。

解決策としては、家族も朝活に巻き込んでしまうのが1番です。夫婦そろって朝ジョギングにでかけたり、ゆっくりコーヒーを飲んだりするのも良いでしょう。お子さんも誘って一緒にやってみるのも良いですね。



朝活を成功させるコツ♡【寝る前にやること】


朝活を成功させるには、ちょっとしたコツがあります。朝活を3日坊主で終わらせず、続けていくためにもコツを覚えて、毎日の生活に良いリズムを作りましょう。



朝起きてやりたいことをメモしておく


朝起きてすぐに活動できるように、前日の夜寝る前に、朝起きてやりたいことをメモしておくと良いです。書くことは、頭の中を整理することにもつながります。

朝起きてやりたいことをメモすることで、朝活する具体的なイメージを頭の中に描くことがきます。そうすると、朝起きてから行動するときにスムーズに動けます。メモとして残しておけば、朝起きて何をしようとしたのか忘れることもないので、おすすめです。



朝活することを宣言する


朝活で次の日の朝することを周りに宣言してしまいましょう。一緒に住んでいる家族や、友人、SNSで宣言してみるのも良いかもしれません。宣言することで自分に軽いプレッシャーを与えることができます。

眠気に負けて朝起きれそうにないときに、周りに宣言したことを思い出すと頑張って起きられるのではないでしょうか。どうしても二度寝してしまって起きられないという方におすすめします。



寝る前の携帯ゲームやパソコン作業は避ける


携帯やパソコンのブルーライトは目の健康に悪いほかに、寝る前にブルーライトを浴びることで、脳が覚醒してしまって眠れなくなってしまう影響が出てきてしまいます。

寝る前は携帯やパソコンを使うのはやめてリラックスして過ごし、気持ちの良い睡眠をとることができるように心がけましょう。



寝る3時間前までに食事を終わらせる


仕事の関係で、そんなに早く食事を食べることができない、という方も少なくないかもしれません。ですが、なるべく寝る3時間前までには食事を終わらせるのがベストです。

食後間もなく寝てしまうと、睡眠中にも胃腸が活動して、休まりません。それでは体が休まらず、胃もたれの原因にもなってしまいます。

どうしても難しい場合は、夜はなるべく消化の良いものを食べて胃腸をいたわりましょう。心も体も十分に休めることで質の良い睡眠につながります。



朝活を成功させるコツ♡【朝起きたらやること】


次に、朝活を成功させるために朝起きてからすると良いことをご紹介します。目覚めてから朝のルーティーンにすると、きっと朝活を成功に導いてくれるはずです。



窓を開けて新鮮な空気を入れる


朝起きたらまず部屋の窓を開けて、朝の新鮮な空気を入れましょう。空気を入れ替えることで、部屋も気持ちもすっきりします。

朝の澄んだ空気を部屋にも体にも取り込むことで気持ちがシャキッとして、目覚めを手助けしてくれます。すっきりした気持ちで朝活を行う準備をすることができるので、ぜひやってみてください。



1
2

関連記事