不器用ボブさんでも簡単に♡カーラーの巻き方とヘアカタログを一挙公開

広い世代に人気の「ボブヘア」。今回は、不器用さんでも簡単にできる、ボブ向けのカーラーの選び方や、かわいい巻き方をご紹介します。大人っぽいかきあげスタイルや、カジュアルな外ハネなど、いろんなアレンジを楽しんでくださいね♪



目次

ボブヘアだとカーラーの巻き方って難しい?


あご辺りまでのレングスのボブは、アレンジもマンネリになってしまいがちです。カーラーを使ってアレンジを楽しんでみたいけど、ロングヘアのようにうまくいかないと悩んでいる人も多いかもしれません。

でも、カーラーの巻き方のコツさえつかめば、ボブでも巻き髪ヘアが簡単に作れますよ。ボブだからできる外ハネや、内巻きなど、かわいい巻き方をマスターして、ボブスタイルを楽しんでいきましょう!



巻き方簡単♡ボブヘアにはカーラーがおすすめ


巻き髪を作るアイテムといえば「コテ」を思い浮かべる人も多いでしょう。実はボブにはカーラーのほうがおすすめなんですよ。ロングヘアよりも後ろ髪が巻きにくいというボブの悩みもヘアカーラーを使えば解決します!

ヘアカーラーとひと口に言ってもその種類もさまざまです。まずは、カーラーの種類を見てみましょう。

簡単で使いやすいマジックカーラー


マジックカーラーは、マジックテープのようにカーラーの表面に髪の毛をくっつけて使います。表面に髪の毛がしっかり絡まるので、かための髪質の人にもおすすめです。

クリップなどを使わずに固定できるので、自分では見えにくい後ろ髪にも簡単につけることができますよ。外ハネや内巻きなどのヘアスタイルも短時間で完成させられます。



寝る前ならスポンジカーラーが便利


スポンジカーラーは、スポンジでできたカーラーに髪の毛を巻きつけてクセづけします。丸いものから、棒状のもの、ロールタイプなど、形状もさまざまなので、自分の髪に合ったものを選べますね。棒状のものなら全体に細かいカールができ、丸いタイプのものは前髪のふんわりとカールさせるのに向いています。

やわらかい材質なので寝ている間に使用でき、忙しい朝の時間を節約できるでしょう。

しっかりクセづけするならホットカーラー


ホットカーラーは、伝熱で温めたカーラーに髪の毛を巻きつけて使います。温めて使いますが、コテよりも温度が低いので、やけどの心配が少なくて安心です。カーラーの太さや巻き方によってさまざまなヘアスタイルが作れるのも便利ですね。

毛先にしっかりワンカールつけたいときや、全体的にカールを作りたいときにおすすめです。充電式の携帯できるホットカーラーもあるので、外出先で髪型が崩れたときのために持っておくのもいいかもしれません。



前髪カーラー


前髪専用の細めのカーラーも発売されています。巻き方も簡単で、クリップのようになっていて、前髪を挟んでから巻きつけておいておくだけ。ボブヘアは前髪をふっくらカールさせるだけでも雰囲気が変わるので、まずは前髪カーラーから取り入れてみるのもよいかもしれませんね♪



ボブでも簡単!基本のカーラーの巻き方


カーラーのいちばんの魅力は、巻いておいておくだけで簡単にカールができることです。巻いている間には両手が空くのでメイクもできちゃいます。コテよりもゆるくて自然なカールが作れるのも魅力のひとつ。まずは基本の巻き方をマスターしましょう。

マジックカーラー


カーラー初心者におすすめしたいのがマジックカーラー。髪の毛をしっかりキャッチしてくれるので、まずはマジックカーラーからトライしてみましょう。



マジックカラーの基本の巻き方


1.髪全体をくしでとかす
2.巻きたい部分をオイルや水で軽く湿らせる(クセをつけやすくするため)
3.薄めに幅5cmほどの毛束をとる
4.毛束をまっすぐに伸ばし、髪の毛を引っ張りながら毛先から髪を巻きつけていく
 巻いているときに左右にずれないようにまっすぐに巻く
5.全体に巻けたらクセがつくまでしばらくおいておく
6.カーラーをとって全体のバランスをととのえたら完成!

時間がないときは、カーラーを巻いたあとにドライヤーをあてると早くクセがつきます。そのときに温風と冷風を交互にあてると、形がしっかり残りますよ。

きれいにしあげるポイントは、毛束を少しずつとって巻いていくこと。毛束が太すぎると、カールの大きさにばらつきがでてしまいます。

ホットカーラー


続いてホットカーラーを使った巻き方をご紹介します。ホットカーラーは温度が低めなので、ヘアアイロンに比べて髪へのダメージが最小限ですみますよ。太めのカーラーを使えば、ふんわりと優しいカールが作れるのも魅力ですね。


ホットカーラーの基本の巻き方


1.ホットカーラーを温めておく
2.髪全体をくしでとかす
3.巻きたい部分をオイルや水で軽く湿らせる(クセをつけやすくするため)
4.薄めに幅5cmほどの毛束をとる
5.毛束をまっすぐに伸ばし、髪の毛を引っ張りながら毛先から髪を巻きつけていく
 巻いているときに左右にずれないようにまっすぐに巻く
6.付属のクリップでカーラーを留める
7.全体に巻けたら5〜10分ほどおいておく
8.カーラーをとって全体のバランスをととのえたら完成!

よりカールをキープしたい場合は、カラーを外したあとドライヤーの冷風で髪を冷やしておくとよいでしょう。温まった髪の毛は、冷えるときにクセがつきます。

また、巻き方によってはカーラーが足りなくなる場合もあるので、ホットカーラーを選ぶ際は、別売りで買い足せるものがベターです。

スポンジカーラー


100均でも手に入るスポンジカーラー。前日のお風呂上がりに巻いておいてそのまま寝られるのが最大の魅力です。カールの加減も調整しやすいのも特徴ですね。スポンジカーラーは形がさまざまですが、今回は100均でも人気のかんざし型のスポンジカーラーの巻き方をレクチャーします。


スポンジカーラーの基本の巻き方


1.お風呂上がりに髪をタオルドライしておく(あまり強いカールをつけたくない場合はドライヤーでしっかり乾かす)
2.髪全体をくしでとかす
3.髪全体を6〜8つの毛束にわける
4.わけた毛束を毛先から巻いていき留める(留め方は商品によって異なるので注意)
5.翌朝、カーラーをとって、全体のバランスをととのえたら完成!

もちろん、出かける前に巻いてもクセがつきます。その場合は、カーラーを巻いたあとにドライヤーを当ててしっかりクセづけしましょう。スティックタイプなども同じように使えます。

ボブにおすすめ♪カーラーの巻き方スタイル集


基本の巻き方をマスターしたら、いろんなアレンジを楽しんでみましょう。ボブスタイルはカジュアルもモードも楽しめます。さまざまな巻き方でヘアアレンジして、おしゃれに磨きをかけてくださいね。

かきあげバングボブスタイル



スタイリッシュでモードのあるかきあげバングも、カーラーで作れます。巻き方も簡単なので、ワンレングスボブの人や前髪伸ばしかけの人はぜひトライしてみましょう。

1.前髪を前方にひっぱりながら、外側にカーラーをあてる
2.毛先からカーラーを巻いていく
3.カーラーを固定したらドライヤーを前からあてて、根元に立ち上がりをしっかり作る
4.カーラーをとって、ドライヤーで前髪をなじませたら完成!

カーラーは太めを使いましょう。立ち上げる強さなどは全体のバランスを見ながらととのえてくださいね。

外ハネ切りっぱなしのナチュラルボブ



切りっぱなしボブとは、毛先を切りそろえたボブスタイルのこと。ブラントカットとも呼ばれ、ナチュラルな印象があります。そんな切りっぱなしのボブには、外ハネカールでトレンド感のあるスタイルを目指します。

1.少量の毛束をとる
2.カーラーを添えて髪の毛を引っ張りながら外ハネになるように毛先を半周〜1周巻きつける
3.クセがつくまでおいておく
4.カーラーをとって、バランスをととのえたら完成!

仕上げにワックスなどで束感を作るとぬけ感が生まれます。カーラーの太さは、髪の毛の長さや理想のカールに合わせて選びましょう。

外ハネ内巻きミックスのこなれボブ



レイヤーのはいったボブの人におすすめなのは、外ハネと内巻きをランダムに巻いた無造作ボブ。毛先に動きがでるので、カジュアルで柔らかな印象になります。きれいに巻けなくても様になるので不器用さんにおすすめ。

1.少量の毛束をとる
2.カーラーを添えて髪の毛を引っ張りながら毛先を半周〜1周巻きつける
3.髪の毛全体の毛先を外巻きと内巻きランダムに巻いていく
4.クセがつくまでおいておく
5.カーラーをとって、バランスをととのえたら完成!

前髪がある人は、前髪もワンカールすることで、全体にまとまりがでますよ。カーラーの太さも変えてランダムに仕上げてもかわいいです。

内巻きワンカールボブ



ボブアレンジの定番、内巻きワンカール。オイルなどを使って全体をタイトにまとめましょう。カーラーの太さは好みに合わせて選んでくださいね♪

1.少量の毛束をとる
2.カーラーを添えて髪の毛を引っ張りながら内巻きになるように毛先を1周巻きつける
3.クセがつくまでおいておく
4.カーラーをとって、バランスをととのえたら完成!

仕上げはオイルでツヤ感を出しましょう。どの年代の人にもおすすめのアレンジです。

トレンド顔♡ウェーブボブ



コテを使わなくてもウェーブボブは作れます。華やかな印象になるので、ちょっとしたドレスアップにもぴったりです。

1.少量の毛束をとる
2.カーラーを斜めに添えて髪の毛を引っ張りながら斜め上に向かって耳の上くらいの高さまで巻いていく
3.巻きの方向や、カーラーの太さを変えながらランダムに髪の毛全体を巻いていく
3.クセがつくまでおいておく
4.カーラーをとって、バランスをととのえたら完成!

前髪がある人は前髪も巻いたほうが全体のバランスがよくなります。細いカーラーを使ったほうがウエーブ感が強くでます。

オケージョンにも♪ハーフアップアレンジ



結婚式や二次会など、ボブヘアだとアレンジに困ることも。そんなときもカーラーを使えば簡単にパーティ仕様のヘアスタイルに♪

1.少量の毛束をとる
2.顔周りの毛束をとり、カーラーを斜めに添えて髪の毛を引っ張りながら斜め上に向かって耳の上くらいの高さまで巻いていく
3.後ろの髪は、外ハネになるように毛先を1周巻きつける
4.クセがつくまでおいておく
5.カーラーをとったら2で巻いた顔周りの髪の毛を残して、わけ目を隠すようにざっくりとハーフアップにする
6.結び目を押さえながらトップの髪を少量つまんでほぐす
7.全体のバランスを見ながら、結び目や耳の横などを指先でぼぐしたら完成!

結び目の位置はたかすぎないほうがトレンド感があります。前髪がある人は前髪も巻いて華やかさをアップしましょう。カチューシャやヘアアクセサリーで華やかさをプラスするのも素敵ですよ。

ボブにおすすめ♡巻き方に合わせてカーラーを選ぼう


ボブの人にも使いやすいカーラーをご紹介します♪マジックカーラー、スポンジカーラー、ホットカーラーは種類によって巻き方が異なるので、選ぶときの参考にしてくださいね♪



アイビル『サーモローラー VAR-3 40mm ブルー』


世界中のヘアアーティストに愛されているカーラーです。マジックカーラーでしっかりと髪の毛をキャッチできます。また、セラミックコーティングもなされていて、セラミックから発生する微量のマイナスイオンで、ツヤのある巻き髪をつくることができます。
前髪やふんわりカールに使いやすい40mmは、初心者さんにもおすすめの太さです。

【アイビル】サーモローラー Amazonはこちら♡

フルリフアリ『寝ながらカーラー』


巻いて寝て、翌朝はととのえるだけでヘアスタイリングが完成するゴム製のカーラー。つけても痛くないふわふわの素材もうれしいポイント♪カーラーの中心にワンタッチテープがついているので、巻きやすいのも魅力です。
ワンタッチで固定できるので、不器用さんにおすすめ。ウェーブヘアを作りたいときに活躍してくれます♪

フルリフアリ 寝ながらカーラー Amazonはこちら♡

コイズミ『ヘアカーラー KHC-V120/P』


カラーサイズ4種類入ったホットカーラーです。同時に6本温め可能なスタンドがセットになっているのもうれしいポイント。付属のクリップも留め跡が残りにくくなっています。

また、カーラーが足りないと感じたときには、別売りのヘアカーラーもあります。旅行などにも持っていきやすいコンパクトなケースに入っているのもうれしいですね♪

コイズミ ヘアカーラー12本入り Amazonはこちら♡

カーラーでボブヘアをもっと楽しもう♪



今回は、カーラーを使ったボブヘアの巻き方をご紹介しました。ボブヘアは、年代問わず似合うヘアスタイルです。だからこそ、ヘアアレンジで他の人と差をつけたいですよね。

コテやアイロンはハードルが高いと思っている人も、カーラーなら、安価で安全に使えますよ。カーラーも最初はちょっと巻き方が難しいと感じるかもしれませんが、慣れればとても簡単です!

巻いている間はメイクをしたり、朝ごはんを食べたりできるので、朝の準備の時間も有意義に過ごせるようになるはず。ぜひ、カーラーで巻き髪ボブにトライしてみてください♪

(まい)
1

関連記事