おすすめの結婚祝い15選!贈る相手別にベストなギフトとマナーを紹介

結婚祝いに何を贈ったらいいのか悩むことはありませんか。結婚祝いはマナーや贈り方にも気を配りたいものですよね。きっと贈って喜ばれるおすすめの結婚祝いギフトとともに、縁起を大切にする結婚祝いだからこそ知っておきたいマナーも紹介していきましょう。



目次

喜ばれる結婚祝いを贈りたい♡


結婚祝いには、どんなギフトを選びますか。一生の大切な節目となる結婚祝いなので、心に残って喜ばれる品を贈りたいですよね。

金額の相場から品物選び、渡すタイミングまで、贈り方も意外と難しいのが結婚祝いです。お祝いのマナーもふまえて相手にきっと喜んでもらえる結婚祝いにしてみませんか。

そもそも結婚祝いって何?


結婚祝いとはどういうものなのでしょうか。いつも親しくしている人が近々結婚するという話を聞いたときには、「お祝いを贈らなくては」と考えるかもしれませんね。しかし、どう贈ったらいいのかと悩むことも多そうです。

人生の節目となる結婚祝いには、他のお祝いとは違って贈る際に気をつけたいこともあります。結婚祝いの意味から贈る際のマナーまで、知っておくと役立つ知識を紹介していきましょう。

結婚祝いとは


結婚祝いとは、結婚する人にご祝儀や品物を贈ることでお祝いの気持ちを伝えるものです。もともとご祝儀には慶びを支え合う意味があり、自宅での婚礼の宴には人々が酒などを持参していました。現代では結婚式や披露宴のスタイルが変化していますが、結婚祝いを贈る際にまず気をつけたいのは、結婚式や披露宴に招待されているかどうかです。

結婚式や披露宴に招待されている場合には、当日に現金を包んだご祝儀を持参して受付で渡します。特に親しくしている親戚や友達にご祝儀とは別に結婚祝いの品を贈るという場合もありますが、一般的に披露宴に招待されている場合には、それとは別に結婚祝いの品を贈る必要はありません。

結婚祝いの相場【贈る相手別】


結婚祝いとして品物を贈る場合の相場は、新郎新婦との関係や立場によって変わってきます。友達や職場の同僚の立場であれば、5,000円から1万円程度が一般的です。自分の立場を考慮しつつ、相手がお返しをしなければならなくなることも考えて、あまり高額すぎるお祝いは控えましょう。

親戚の立場であれば5,000円から3万円程度が相場になります。親戚同士のつきあいはその家ごとに違っているものです。普段から親しくしている甥や姪に対して、本人の希望を聞きながら高額なお祝いを贈る場合もあるでしょう。一方、目上の人に高額なお祝いを贈るのは失礼にあたりますので気をつけます。



連名で贈ることもある


会社の同僚や友達グループの連名で贈ることも多いのが、結婚祝いです。1人では少額になってしまって望みの品に手が届かない場合でも、数人集まれば少し高額な品を贈れます。「みんなからの祝福の気持ち」とするために相談して贈ることでより喜んでもらえることもあるでしょう。

連名での結婚祝いには、贈られた側のお返しの負担が軽減できるメリットがあります。結婚祝いともらったときには、結婚式後に「内祝い」としていただいた額の3分の1から半額程度の品をお返しするのがマナーです。高額なお祝いに対してはそれに見合ったお返しを考えるものですので、かえって相手にとって負担になることもあるのです。



現金を包む場合


結婚式や披露宴に招待されていない場合には、結婚祝いとして現金を包んで渡すこともあります。その場合の金額の相場は、友達や同僚であれば1万円程度が一般的となります。

しかし、お祝いの金額は、相手とのこれまでの関係によっても違ってきます。たとえば、自分の結婚祝いに3万円のご祝儀をいただいていたけれど今回相手の披露宴には招待されてないという場合には、食事や引き出物の出費がないことから1万円から2万円程度のお祝いを贈るのが一般的です。一方、この場合に「いただいた金額と同額を」という考えから同額を包む場合もあります。

結婚祝いの贈り方・マナー



結婚祝いには古くからのしきたりや風習があって、贈るのも難しいと感じてしまいそうですね。結婚は人生の大切な場面なので、礼節やマナーに適った贈り方で相手に喜んでもらいたいものです。

ここではお祝いを贈るタイミングや熨斗紙のかけ方など、結婚祝いを贈る際に気をつけたいマナーを紹介していきます。

結婚祝いを贈るタイミング


挙式直前は何かと忙しいため、結婚祝いの品を贈るなら結婚式や披露宴の1週間前頃に贈るのがベストです。また、お祝いは遅れて渡すより早めに渡すほうがよいとされます。

結婚を知らなかった場合には、あとから贈ることもできますが、挙式後は新婚旅行に出かけることもありタイミングを逃しがちです。祝福の気持ちがきちんと伝わる時期に、相手の都合をふまえて贈るようにしましょう。



結婚祝いの熨斗


結婚祝いなどの大切な贈り物には、熨斗紙(のしがみ)をかけます。熨斗とは「のしあわび」の略で、古くからお祝いの品が新鮮であることを示すために生ものを添えたことに由来します。近年の掛け紙は、折りたたんだ紙の熨斗がつけられているか、事前に印刷されています。

掛け紙には水引を結びますが、現在では水引も掛け紙に印刷されています。慶事の水引の色は、赤白や金銀が一般的です。水引にはいくつかの形があり、結び方にも意味がありますので気をつけましょう。一度きりであってほしいお祝いには「結び切り」「あわじ結び」を選び、結婚祝いはこれらの水引を選びます。

一方、入学祝いや出産祝いなどの何度あってもいいお祝いには、何度でも結び直せる「蝶結び」などを選びます。蝶結びの水引は一般的ですが、結婚祝いには使わないことを覚えておきましょう。

結婚祝いのラッピング


結婚祝いのギフトですから、ラッピングも華やかにしたいですよね。きれいなラッピングなら祝福する気持ちがより伝わって、贈る相手の喜ぶ様子が目に浮かびそうです。

「おしゃれなラッピングには熨斗紙をかけられないのでは?」と思うかもしれませんが、ラッピングの下に熨斗紙をかける内熨斗にすることもできます。正式なお祝いには熨斗紙をかけるものなので、内熨斗にできるかどうかをお店の人に確認してみましょう。

表書きの書き方


結婚祝いの熨斗紙には、水引の上部に表書きとして「寿」「御結婚祝」と書き入れ、水引の下部には氏名をフルネームで記入します。薄墨は弔事に使うものなので、文字は筆で濃い墨で書くように気をつけましょう。

お店でギフトを購入する場合には、熨斗紙はお店でかけてくれます。その際に「表書きはどうしますか?」「お名前はどうしますか?」と尋ねられますので、結婚祝いとして贈る旨を説明するとそれにふさわしい熨斗紙をかけて包装してくれますよ。

結婚祝いの渡し方


結婚祝いの品は、お祝いの言葉とともに相手に直接渡すようにします。訪問する際には事前に相手の都合を確認してからにしましょう。品物は風呂敷で包んで持参して、一旦自分側を正面にして風呂敷を開いて確認し、相手に正面になるように向きを整えてから渡します。「お祝いを渡すのは吉日の午前中がよい」という風習がありますので、知っておくとよいでしょう。

お祝いの品は、持参できない場合には配送することもできます。その際には、祝福の気持ちを綴った手紙を添えて贈りましょう。ギフト選びの際に手紙を持参すれば、配送する際に一緒に送付してもらえますが、お祝いの品と手紙が別になってしまう場合には、手紙が少し先に到着するようにお送ります。

引っ越しなど相手の状況への配慮


結婚祝いを贈るときに気をつけたいのが、転居の有無です。結婚が決まり遠方に引っ越しするような場合に大きなギフトをもらっては、困ってしまいますよね。まずは相手の状況を把握して、贈る品物やタイミングを選ぶことも大切です。

結婚祝いの選び方


結婚祝いには、どのようなものを贈ったら喜ばれるのでしょうか。「記念になるものを贈りたいけれど好みがわからない」「実用品は誰かからすでにもらっているかも」と悩むのが、結婚祝いのギフト選びです。結婚祝いの品の選ぶ際に気をつけたいポイントを紹介していきましょう。



新生活に役立つものを選ぶ


結婚祝いのギフトには、これからスタートする新しい生活に役立つものを選ぶのがよいでしょう。新居で使えるテーブルウェアやキッチン用品など、実用的でありながら自分ではなかなか購入できないちょっぴり高価な贈り物が喜ばれるでしょう。

生活に必要な品は、すでに持っている場合もあります。その一方で、意外なものがないということもありますので、本当に必要なものは何かを日常会話の中でさりげなく聞いてみるのもおすすめです。

相手がほしいものを選ぶ


結婚祝いを購入するときには、自分が贈りたいものではなく相手がほしいと思うものをよく考えながら選ぶことが大切です。生活必需品だと思って選んだ品でも、新居のインテリアと調和しない場合にはもらって困るものになってしまうことがあるのです。

結婚後に暮らす新居には、2人の夢や理想が詰まっています。インテリアや部屋の色調にまでこだわっている場合がありますので、新居の雰囲気をさりげなく聞いておくと、ギフト選びに役立ちそうです。

新郎新婦の趣味にちなんだものを選ぶ


これから結婚する2人でも新居に引っ越すようなことがなければ、生活に必要なものはすでにひととおり揃っている場合もあります。また、親戚や他の人からのお祝いと被らないようにするために、あえて生活必需品ではないものを選ぶこともあります。

あなたが新郎新婦と同じ趣味を楽しんでいるのなら、趣味にちなんだ品を選ぶものおすすめです。お祝いのギフトには、自分では購入しない高級な品やペアで使えるこだわりのグッズを選ぶと、記念にもなり、ずっと大切にしてもらえそうですね。

親しい間柄であれば希望を聞いてもOK


結婚祝いは他の人からの贈り物と被りがちなので、本当に親しい人へのお祝いであれば直接ほしいものを聞いてから贈ることもできます。「引っ越しの準備は順調?」「何かほしいものはある?」と聞けるのは、親しい間柄ならではですね。

結婚には生活スタイルの変化が伴うため、結婚が決まったときには新居の準備をしていることが多いはずです。必要となるものが多く、高額な出費もあるために本当に必要なものが揃わないということも起こりがちです。親しい人にお祝いを贈るなら、現実的に必要なものを選ぶという選択もきっと喜んでもらえます。

【友達・同僚】に贈るおすすめの結婚祝い5選


おしゃれで役立つ実用品は、結婚祝いに喜ばれるギフトです。デザインもこだわったキッチン用具なら、新生活を始める2人にもぴったり。人気の商品から選ぶ友達や同僚への結婚祝いのギフトを紹介していきましょう。



Toffy/コンパクトホットプレート


テーブルの上で調理ができるホットプレートは、朝食からパーティーまで多彩に活躍してくれる調理器具です。コンパクトサイズで邪魔にならず、かわいらしいデザインで贈り物にも人気のホットプレートは結婚祝いのギフトにぴったりです。

朝は目玉焼きとトーストを一緒に調理、夜はテーブルの上で会話を楽しみながら鉄板焼きをするなど、日常で便利に使えることも、贈って喜ばれるギフトのポイントです。


Toffy/コンパクトホットプレート Amazonはこちら♡

Tiffany & Co./ ブルーリボン ペアマグカップ ボックス


ジュエリーブランドのアイテムで祝福を伝える、新婚の2人にきっと喜んでもらえる結婚祝いです。一緒にコーヒーやミルクを飲む大切な時間に、幸せ気分を味わえる贈り物になりそうですね。

憧れのティファニーブルーにかわいいリボンをあしらったマグカップをペアで贈る結婚祝いです。幸せいっぱいな2人にぴったりな結婚祝いのギフトですね。


Tiffany & Co./ ブルーリボン ペアマグカップ ボックス
Amazonはこちら♡


1
2

関連記事