【結婚式の持ち物】ゲストが持っておくべきアイテムを一挙ご紹介!

結婚式に招待されたとき、何を持っていけばいいのか悩んだことはありませんか?持ち物だけじゃなく、普段あまり着る機会のないフォーマルな服装や守るべきマナーなど、お祝いするために必要なことがたくさんあって悩んでしまいますよね……。

そんな悩みを少しでも軽くするために、今回は結婚式にゲストとして参列する際の必要な持ち物を重点的に紹介します!



目次

結婚式にお呼ばれ♡必要な持ち物ってある?



結婚式に必要な持ち物は、絶対に必要なものから持っていると安心なものまで、たくさんあります。いざ結婚式本番で「これ持ってきていればよかった……」とならないように、1つ1つ詳しく紹介していきます♪

【男女共通】結婚式の参列時に必要な持ち物



結婚式は友達や知り合いの晴れ舞台、万全の状態でお祝いしたいですよね。そのために、まずは必須の持ち物から見ていきましょう!

ご祝儀



ご祝儀は、結婚式に参列するゲストが絶対に忘れてはいけないものです。忘れた場合、結婚式場や近くのコンビニで用意できますが、ご祝儀にはいくつかマナーがありその場で用意するには少々時間がかかります。そのため必ず前日までに準備して、バッグに入れておきましょう。

ご祝儀のマナーについては、番外編で詳しくお話しします。

ご祝儀を入れる袱紗(ふくさ)



袱紗とは贈り物を包む四角い布のことで、ご祝儀は袱紗に包んで持参するのがマナーとされています。ハンカチでも代用できますが、1,000円から購入できますので持っていない方はこの機会に購入しておくのも良いでしょう。

結婚式のマナーとして、袱紗の色は赤色や紫色など華やかなものが良いとされています。紫色の袱紗は慶弔両方に使えるのでおすすめです。黒などの暗い色はお葬式などで使われるものなので、お祝いの席では避けましょう。

招待状



招待状を忘れてしまっても、結婚式に参列することは基本的には可能です。ですが、招待状には「結婚式が行われる場所」「日時」「連絡先」などの情報がつまっているので、持っていないと会場に着くまでの道のりでトラブルがあったときに困ってしまいます。招待状を忘れないように、前日までにバッグに入れておきましょう。

財布



予定より早く会場に着いたときの時間つぶしや、二次会までの空き時間に旧友とお茶したりなど、ご祝儀以外にもお金が必要になるときがあります。ほかにも財布がいる場面は多々あるので、必ず持っていきましょう。

「普段使っている財布が大きくて結婚式で使うバッグに入らない!」という場合は、小さめの財布を用意して、必要最低限のお金やカードだけを入れて持って行くことをおすすめします。

スマートフォン



こちらは普段から忘れず持ち歩いている方がほとんどですが、たまに忘れて家を出てしまうときもあるでしょう。一緒に参列する友達との待ち合わせや、写真撮影、久しぶりにあった人や結婚式で仲良くなった方との連絡先交換など、必要になる場面がたくさんありますよね。忘れないようにしっかり身につけておいてください。

また、挙式や披露宴中に音が出ると迷惑になってしまうため、マナーモードにすることも忘れないようにしましょう。

ハンカチとティッシュ



感動的な場面が多い結婚式で涙を拭くときや化粧直しのためにハンカチやティッシュも必須です。ハンカチはタオル地のものやキャラクターものなどは避けて、コットンやリネンの物を用意して、丁寧にアイロンがけをして持ってきましょう。

普段慣れない場所での食事は、緊張して料理や飲み物を服にこぼしてしまう可能性もあるので、ティッシュは多めに持っていくと安心です。

【男女共通】二次会でも役立つ♪あると便利な結婚式の持ち物



結婚式の後に二次会まで参加するとなるとなかなかの長丁場、帰るまでに思いがけないトラブルが起きることもあります……。ここからは、そんなトラブルを回避できる便利な持ち物を紹介していきます。

カメラorビデオカメラ



スマートフォンでも写真やビデオも撮れますが、それとは別でカメラやビデオカメラを持っている方は、持参することでスマートフォンの充電残量を気にせずに撮影できます。

きれいに撮影できたら、プリントやダビングをして新郎新婦にプレゼントするのもいいですね♪

たためるエコバッグ



結婚式では引き出物のほかに、ブーケを受け取ったり、二次会のゲームで景品をゲットしたりと、思ってた以上に荷物が増えることがあります。そんなときのために、小さく折りたためるエコバッグを用意しておくと便利です。

充電器



結婚式でのスマートフォンの使用頻度は高いので、いつの間にか電池が切れていた……、ということがあります。そんなときのために充電器を持参すると安心です。スマートフォンだけでなく、カメラやビデオカメラを持っていく方は、予備バッテリーも持っていくことをおすすめします。

筆記用具



ご祝儀に記入漏れがあったり、披露宴や二次会で新郎新婦へのメッセージの記入を求められることがあります。筆記用具は式場で用意されていますが、大勢の方が一気に使うため順番待ちになることもあります。自分用の筆記用具を持っていると便利です。

ヘアケア用品



完璧にセットした髪型でも、時間が経つとだんだん崩れていきます。崩れた髪型でいろいろな人の写真に残ってしまうのは嫌ですよね……。そんなときに小さなヘアワックス、女性の場合はヘアピンなどがあると便利です。結婚式と二次会の隙間時間で、髪型をセットし直しましょう!

履きなれた靴



普段履きなれないパーティー用の靴を1日中履いていると、疲れやすいのはもちろん足を痛めてしまうこともあります。結婚式場によっては靴を預けることもできますので、そんなときは行き帰り用の履きなれた靴を持っていくことをおすすめします。

靴の中敷き



車で行くことも結婚式場に預けることもできず、替えの靴を持参できないという方は、足に合う靴の中敷きを用意しましょう。靴擦れや足の疲れを軽減できるのでぐんと過ごしやすくなること間違いなしです。

口臭用タブレット



料理を食べてお酒を飲んだ後は、口臭が気になることもあります。口臭対策は大事なエチケットですので、ミント系などの口臭用タブレットを持っていると安心ですね。

常備薬



披露宴の豪華な料理をたくさん食べて胃がびっくりしたり、緊張して頭が痛くなったり、慣れない場所では不調を起こしやすいです。そのため、胃腸薬や下痢止め、痛み止めなどの常備薬を用意しておくと、いざというとき助かります。周りに持っている方がいるかもしれませんが、自分に合う飲み慣れた薬を持っていたほうが良いでしょう。

1
2

関連記事