「ドヤ顔」の意味を画像付きで解説♡似た意味を持つ類義語や例文は?

「ドヤ顔」という言葉を耳にしたことはありますか?実際に使っている人もいれば、よく聞くけど使ったことはない人もいるでしょう。そこで今回は、この言葉の意味と由来、使い方を解説します。見せる相手とタイミングを間違わないように気をつけながら、この表情をうまく使いこなしましょう。



目次

「ドヤ顔」は使いどきが大切♡




使い方次第ではその場を楽しく盛り上げることができるのが「ドヤ顔」です。しかし、逆効果になってしまう例もあり、知らず知らずのうちにこの顔つきになっていると恥ずかしい思いをすることも。この記事では、どんなときにその顔をするのが効果的か、どこで使うと失敗するのかをまとめました。

「ドヤ顔」の意味や英語での表現方法とは?




それでは、この言葉の意味や使い方をご紹介します。「ドヤ顔」が使われるようになった起源や、英語での表現にも注目してみました。

「ドヤ顔」の意味


「ドヤ顔」とは、「どうだ!」と言わんばかりの顔のことです。よくこの表情になる人は、自己顕示欲が強いことが多いです。特技や実力をアピールしたい、成功を知らしめたい、自分のしたことに自信があるといった人は、「どうだ、かっこいいだろう」「どう?すごいでしょう」という気持ちが溢れ、表情に出るようです。



「ドヤ顔」の由来とは?


関西方面の方言で、「どうや!(標準語訳:どうだ)」と言いたげな表情が起源ではないか、とされています。どのような経路で全国に広まったのかは諸説あります。2000年以降、関西出身の芸人やお笑いタレントがテレビ番組で印象的に使ったのがきっかけではないか?とする説が有力ですが、それを裏づける証拠は見つかっていません。

「ドヤ顔」の英語表現は?


「ドヤ顔」のことは、英語圏ではどのように表現したら伝わるのでしょうか?「ドヤ顔」に相当する英語がないので細かいニュアンスは異なりますが、近い意味の言葉をご紹介します。



「smug face」


「ドヤ顔」は、「smug face」または「smug look」と訳されるケースが多いです。「smug」は「自己満足の」「ひとりよがり」といった意味の英語です。他人の反応はおかまいなし!といったニュアンスも出せますよ。



「bragging face」


「自慢」のことを英語で「brag」と言い、自慢げな顔のことは「bragging face」と表現します。どちらかと言えばネガティブな意味で、思い上がったような高慢そうなイメージはありますが、自尊心の高さがうかがえる表情だと言えます。



「triumphantly」


「triumphantly」は、「勝ち誇った」「得意満面の」という意味です。勝利や成功を確信したかのような様子を表すのにぴったりの言葉です。関西弁で「ドヤ!」と言っている雰囲気に近いのではないでしょうか。

「snob」


ちょっとすました、鼻もちならない表情のことを「snobbish face」と言います。お高くとまっている、気取っているという意味の「snob(スノッブ)」は、カタカナ英語として日本人にも浸透していますね。たとえば、ワイン通を気取る人がうんちくを語るときの表情に対して、スノッブあるいはスノビッシュと言いたくなります。



嫌味なニュアンスがあるため、使うタイミングに気をつける必要はあります。ただその一方で、ファッション性が高い、文化的、趣味的、愛好家らしいといった使い方もされています。その分野にくわしくない人からのねたみを見越したかような、微妙な含みも感じさせる表現だと言えます。

「ドヤ顔」の使い方とは?例文をピックアップ!




ドヤ顔の意味は分かったけれど、この言葉は会話でどのように使うのでしょうか。具体的な例を挙げてご紹介します。

「ドヤ顔になってるよ!」


本人も気づかないうちに得意げな顔になっている仲間には、この表現でさりげなく注意をうながすことができますよ。言い方にもよるのですが、厳しく責めるのではなく冗談めかして指摘できるのがメリットです。



「ドヤ顔してる場合じゃないよ!」


些細なことを堂々と自慢している、大げさすぎるという場合、この言い方で指摘できます。こちらも言い方によりますが、どことなくユーモラスな表現ですので、相手に恥をかかせずにすむのではないでしょうか。



「あの芸人さんのドヤ顔ネタ面白いよね」


テレビ番組や動画では、「ドヤ顔」が変顔の一種として披露されることがあります。芸能人が面白おかしく見せる顔芸を、友達同士で話題にする機会もあるでしょう。

「あの人、ドヤ顔で自慢してくる」


自分語りが好きな人、アピールが激しい人、知識をひけらかす人は、こんな言い方で皮肉られることがしばしばあります。「ドヤ顔」はネタに使ってこそ楽しめるのであって、本気で自分に酔っている人には反感を持たれる原因になってしまうので要注意です。



「このドヤ顔かっこいい!」「ドヤ顔がたまらない!」


謙虚にふるまうことが求められる日本の社会では、得意そうなそぶりは尊大な印象を与えてしまう可能性も否めませんが、好感度の高い「ドヤ顔」もあります。



たとえば、スポーツ選手が称賛に値するプレーの直後に見せる「ドヤ顔」のパフォーマンスは、「かっこいい!」「たまらない!」と賛辞を送られることが少なくありません。誰もが誇りに思うほどの偉業を成し遂げた人物なら、そんな態度も認められるでしょう。ただし、短時間でポーズをとる程度が好ましいようです。

「ドヤ顔してくるわが子が可愛い」「ドヤ顔してくる姪っ子がほほえましい」


子どもやペットは、ちょっとしたことに成功しただけで得意げな表情をします。「ほめて!」という気持ちが顔全体にあふれた「ドヤ顔」は、見ていて愛おしくなりますね。

「ドヤ顔」に似た意味の表現方法をチェック♡




もともとは方言ですから、この言い方が広まる前は全国的には違った表現をしていたはず。また、現在でもこの言葉を使うことに違和感をおぼえる人がいるかもしれません。ほかにはどんな言葉でこの顔を言い表せるでしょうか?

自信満々


容姿や能力に自信がある、自らが正しいと信じて疑わないという人は、「自信満々」な顔をしています。極端な誇張や根拠のない自信をアピールしすぎると、周りの人たちから引かれてしまうことも。しかし、自信に見合った能力がある、本人が努力を惜しまないといった特徴があれば、その表情の裏付けとなるでしょう。



得意満面


得意そうな気持ちが顔いっぱいに溢れ出ていれば、この言葉でも表現できます。この顔はひんぱんに見せると煙たがられますが、たまに見せる程度なら無邪気なイメージもありますね。

勝ち誇ったような顔


自分がすぐれていることを誇示するような表情は、「勝ち誇ったような顔」とも言い表します。自らを誇る気持ちをかくそうとしない顔です。奢った気持ちから出た表情だと印象はよくありませんが、わざとその顔をして見せるような茶目っ気があれば、周囲の人を笑顔にできますよ。



ご満悦


「ご満悦」は、満足そうな様子を丁寧に表現する言葉です。現在の状況に納得していて上機嫌だ、喜びにひたっている、といったニュアンスが出せます。ご満悦の人は精神的な余裕があるため、周囲の人たちにちょっぴり優しくなることもあります。



天下をとったような顔


「すべてが私の思い通りだ」とでも言うような傲慢な顔は、このように表現します。もしこの言葉をかけられてしまったら、「礼を欠くことのないように」というアドバイスと受け取りましょう。

「ドヤ顔」だけじゃない!「〇〇顔」表現とは?




自慢げでいばった顔のことを表す日本語は、まだたくさんあります。一般的には「ドヤ顔」と言うのが伝わりやすいようですが、たまには違った「○○顔」の表現も使って語彙力をアップさせましょう!

「したり顔」


「ドヤ顔」に最も近い標準語は「したり顔」です。「うまく行ったぞ」「してやったり」というような表情を意味します。「ドヤ顔」とは意味がほとんど同じですので、スムーズに言い換えられます。



1
2

関連記事